<   2018年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








立て!立つんだ " 佐藤錦 "

丘の上のシンボルツリー。
サクランボ ” 佐藤錦 ”。
b0133243_22404260.jpg

樹高3-4mで植えてから3年が過ぎ、しっかり根を張って、樹高も5-6mぐらいに育っていた。この三年間、何度かの台風や大雪にも耐え、全く倒れることもなかった木だったが、先月7/28の台風12号の激しい風雨で倒れてしまった。ちょっと想定外だった。台風12号が異例のコースで東から西に進んだこともあって倒れてしまったのだと思う。木にとっても、このコースはこれまで伸ばした風雨に耐える根とは逆だったのかもしれない。ちょっと不運だった。

完全に折れて倒れたのでなく、根張りの弱かった方向の根が持ち上がり枝の重さを支えきれなくなって倒れていた。

このまま立て直し、支柱をして元通りにすることもできたのだけど、今年の台風本番はまだまだこれから。立てなおして台風が来るまでに根を張り直せるわけも無いし、また想定外のコースや強さだったりするかもしれない。木自体は元気だし、株周りには沢山のひこばえが出てきている。まあ、ここは思い切って切り戻して一からやり直すのも手である。

倒れた木の枝葉を落とし、
b0133243_22415208.jpg

地上部から高さ50㎝ぐらいまでを残して主幹を切って、幹と根を立てなおして、ここから株を作り直していくことにした。
b0133243_22430109.jpg

数年、サクランボの果実を収穫できなくなるけれど、この方がもっとしっかり根を張って、シンボルツリーとしてこの丘を守っていってくれるようになるだろう。

幹を起こして、持ち上がった根を埋めるため、株元の草を綺麗に抜いてから土を掘って根を整理する。
b0133243_22435353.jpg

ポーズとってカッコつけてるんじゃないよ。今日の軽井沢も暑すぎて外仕事には辛いのです。サクランボの木にもたれ掛かってひと休みってところです。

持ち上がった根を掘り出してみる。
b0133243_22462417.jpg

ほら、真っ白な若々しい根があるじゃない!うん、いい根だ。
b0133243_22464356.jpg

きっとこの根が幹を育て、沢山の枝葉を出して、倒れる前よりも立派なサクランボの木に育ててくれるはず。

根が乾かないうちに、さっさと幹を立て直して、根を埋め戻す。
b0133243_22480057.jpg

また、真っ赤に熟れた美味しそうな果実を早く実らせてくれるといいなぁ。
b0133243_22485361.jpg
この高さならヒヨドリに全部とられる前にサクランボを食べられるだろうし、楽しみ、楽しみ。

さあ、立て!立つんだ ” 佐藤錦 "。
b0133243_22491221.jpg

今度は台風に負けない立派な木に育ってくれ。頼むよ!








by eilakuyagarden | 2018-08-27 22:55 | 里山林の庭 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








夏空、神社、百日紅。

真っ青な夏空と百日紅(サルスベリ)。
b0133243_00112319.jpg

サルスベリにはお寺と青空がよく似合う。

サルスベリって日本の木だと思っている人もいると思いますが、実は在来種ではなくて江戸時代以前に中国から渡来した外来種。
でも、もはや夏の日本を代表する木になっている。

和の組み合わせが美しいサルスベリ。綺麗だよねぇ。

by eilakuyagarden | 2018-08-26 00:13 | 木の物語 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








名が体を表さない "イボクサ "

イグサの穂が赤茶けて秋の色が濃くなってきた湿地に純白の花が咲いていた。

見たことあるような花だけど、こんなに真っ白な湿原の花は知らない。
でもよく見れば、白いけど、これはどうやら ” イボクサ " だ。
b0133243_18572302.jpg

本来の花色は真っ白でなく淡い紅色をした三弁花なのだけど、これはどうも白花変種した個体のようだ。
白花変種とは、本来は色がついた花なのに、花びらで色素が作られないで真っ白に見える花のこと。花びらの細胞の葉緑体が発達しなかったから実際は透明に近いのだけど、雪と同じで光が乱反射しているから白く輝いて見える。だからとっても白く見えるし、雨露に濡れると花びらが透明になる。

イボクサは湿地や水辺に生えていて、多肉質の茎の節々から根を出して地面にへばりつき広く広がっていく。抜こうとすると節々でプチプチ切れるから一度生い茂ると抜くのも大変だ。かなり広範囲に繁茂するので、田んぼで繁殖するとその重さで稲を倒伏させてしまう。コメ農家さんからしたら傍若無人な厄介者っていう存在。ちょっとかわいそうな気もする。

イボクサの名の由来もちょっとかわいそう。
昔の民間療法が名前の由来で、この植物の葉や茎をちぎると透明な粘り気のある液が出てくるのだけど、それを疣(イボ)に擦り付けるとイボが取れると信じられていた。だからこの名前がついたのだけれども、なんか可愛くないし、疣のイメージが悪すぎてちょっと可哀想な名前だ。しかも、それなりにイボ取りの効果があるならいいのだが、イボ取りのイメージは名前の由来だけでその効能はないという、なんとも踏んだり蹴ったりな名前なのだ。

イボクサはツユクサ科の植物なので、仲間にはムラサキツユクサって素敵な名前の植物もいるのに、コメが主食の日本人にとって米づくりの厄介者の名前は可愛くなくてもいいのかもしれない。

ちょっとかわいそうなイボクサの花。
b0133243_18572670.jpg

でもね、純白のイボクサは花も姿も綺麗なのです。
みかけたら愛でてあげてください。





by eilakuyagarden | 2018-08-24 19:07 | 野草の暮らし | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








酷暑ふたたび

束の間の秋でしたね。

連日発生する台風。
日本列島の西を通るか東を通るかでその後の季節が決まってくる。

近ずく台風が並列して西日本を直撃するおかげで暑い南の湿った空気を連れてきて、秋が押し戻されて再びの夏。

強い日差しにさらされ、浅間山も少し夏の顔に戻った。
b0133243_17285588.jpg

田んぼを抜ける風が少し爽やかで気持ちい良いけれど、刺すような日差しが痛い。

でも、実りの秋は確実に近ずいている。
b0133243_17285845.jpg

暑さが続いたからイネの生育も良好だね。

しっかり伸びた稲穂に花が咲いて、美味しいお米を育む。
b0133243_17285853.jpg

酷暑に耐えたあとに、美味しい物が食べられるなら少し救いかもね。


酷暑ふたたび。

今年の残暑はちょっと厳しくなりそうです。







by eilakuyagarden | 2018-08-22 17:33 | 永楽屋ガーデン | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








涼しき響き ” エゾスズラン ”

蒸し暑い。軽井沢なのに熱帯のような蒸し暑さ。
日中はエアコンがないとたまらない、夜の蒸し暑さも里の暑さと遜色ない。

軽井沢の別荘はエアコンの無い家が多いけど、この暑さが続くと避暑に来てるのに避暑にならない。そんな暑さだ。

赤道付近のジェット気流が、今、ヨーロッパと日本付近で北の方まで蛇行していて、熱帯の熱い空気が運ばれて来ているというが、これが毎年のことになったのなら、もう軽井沢も避暑地でなくなってしまう。多分、植生も大きく変わってきてしまうかもしれない。バナナが育ったりして(笑)。でも、笑い事でなくなりそうで怖い。
そんな想像が湧いてきてしまうくらい暑い、そんな今年の夏なのです。

そんな暑い中だから、可憐な植物でも眺めてちょっと涼んでもらいましょう。

花を見なくても、名前を聞くだけでチョット涼しくなる植物に先日初めて出会った。

つぼみの時に見た花姿で、なんか見たことがあるぞって思った。
b0133243_18514751.jpg

多分、ランの仲間だよなぁ。
b0133243_18512540.jpg

花が咲いて、ん? 見たことある顔だけど、緑の花? なんだ?
b0133243_18515772.jpg

調べてはじめてその名前を知った。
この花の名は ” エゾスズラン ” 。
b0133243_18520286.jpg

スズランて名前にあるけどスズランの仲間では無いし、似てもいない。

これは近縁の ” カキラン ”。
b0133243_18520771.jpg

花の色が柿に似ているからカキラン。

エゾスズランは緑のカキランというぐらい花姿がそっくり。
名前の響きも涼しげだけど、緑の花色が視覚的に涼しくて爽やかだ。

それぞれ好きな生存環境も違う。カキランは水辺が好き。 ” エゾスズラン ” は比較的明るい林の縁にひっそりと咲いている。

林の中にいるとひっそりと佇んでいるから、周りの緑に同化して気がつきにくい。
ランの花っていうと艶やかで派手な印象があるけれど、こんなにひっそり咲く地味なランもいいでしょ!

涼しい響きの夏向けな ” エゾスズラン ”。

多分ちょっと恥ずかしがり屋さんだから、みつけてもそっとしておいてあげてください。







by eilakuyagarden | 2018-08-12 18:58 | 野草の暮らし | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








酷暑を乗りきる プチ贅沢

暑い!暑いのです。

週末と同じぐらいの気温だったけれども、湿度が高くて、もはや熱帯のように不快。
ここは軽井沢なのに、岐阜の梅雨時期の不快感に似ている。
b0133243_20580449.jpg

今日の外作業は過酷で、昼過ぎに、ちょっとクラっとして、少し手に力が入らない感じになる。
慌てて日差しの下から逃げて水分補給。そして、クールダウン。

飲んだ水はすぐに汗になってでていく。
どれだけ飲んでも満たされない。
そんな変な乾きが体の疲労感をどんどん増していく。

帰宅して体重を測ると、出かける時より2kg減っている。
一日でそれぐらい水分が体から抜けている。
怖いものです。

辛い外仕事を頑張った自分へのご褒美に、酷暑を乗りきるための プチ贅沢!

お気に入りのシェラカップにまだまだ高価な シャインマスカット 。
最近ハマっている 南アルプス天然水の炭酸水。
b0133243_20580742.jpg

うん、黄金コンビ!

優しい甘さと、シュワシュワの炭酸水でホッと一息。
あ〜ぁ、生き返る。
男一人リラックスタイム。
ちょっと寂しいけど、楽しいのだ(笑)。

う〜ん、美味しいコーヒーも飲みたくなってきたなぁ。

それはまた今度で、さぁ、今日は寝るか!
これで明日も頑張れそうだ。






by eilakuyagarden | 2018-08-06 21:03 | 息抜き | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








失われてしまう小さき緑を救うため

素晴らしい技術があって、素敵な建物がたてられるのに、何故その土地の環境に、この場所の未来に目を向けられないのだろう。なんか勿体無くて、寂しくて、残念になる。

この場所を理解し、この庭に向き合うため、植物の成長を見守りながら会話して、草取りしながら土の素性を観察して、この土地の未来を想像する。

建物を建てる時に盛り土として持ち込まれた素性の知れない土が、元の豊かな緑を覆い隠す。
b0133243_21145244.jpg

そこに成長した緑の草たちは、もともとこの蓼科の林の中に群生した ヤマドリゼンマイ、クマザサ、ミヤマニガイチゴたちの中はいない、もっと低地の草薮に生える外来種の植物たち。
b0133243_21284620.jpg


それが運び込まれてしまった土の中で繁殖し、元々の林の環境を脅かそうとしている。

ここから、この草たちが広がって、この林の生態系を脅かすことになるって何故考えないのか?豊かな自然を少なからず破壊して家を建てさせてもらうなら、最低限、破壊された自然が、林が少しでも元の環境に回復できるような配慮をしないのだろう?全ての建物を建てる人たちがそうではないのだけれど、こういう建築士さんや工務店がいるって思うとなんとも悲しくなる。

脅かされた豊かな自然。
少しでも救うために、時間も手間もお金もかかるけど、今ならまだ間に合うって思う。だから、酷暑もなんのそので頑張ってみようって思う。

草の種類、生え方、特徴を見極め、まずは根が浅くて抜きやすい草を抜いていく。
b0133243_21151806.jpg

b0133243_21190415.jpg

もちろん、この林の自然の回復に必要な種は見極めて残していく。

重機でガバッと掘って抜けば簡単なように思うけれども、それは土を掻き回して草が見えなくなるだけで少ししたらまたほぼ元どおりになる。草刈りも同じ、一時しのぎでなんの解決にもならない。やっぱり、一つ一つ見極めながら、草の性格に合わせて抜き方を考えて抜いていく。効率よりも大事なのは効果。

まずは根が浅くて抜きやすい、ヒメジョオン、メヒシバ、エノコログサなんかをどんどん抜く。赤白のクローバーも、広く広がっていなければ元をしっかり持ってグッと抜けば抜ける。赤いクローバー(アカツメクサ)の方が根が深いので、切れそうなら少し掘って抜くといい。蔓ではびこるヤエムグラは、深く根を張る元の部分を残して、長く絡んだ蔓を丸めるように集めて切る。蔓を集めるだけで草取りはグッとやりやすくなる。

そう、草取りには段取りと草の性格に合わせた抜き方がある。何でもかんでも抜けばいいものではない。その草を知って、理解する。たかが草取りじゃないんだよ、草取りは立派な科学なんです。

浅い草が抜けたら直根を深く伸ばしたタケニグサ、ヤエムグラ、エゾノギシギシなどの草や、
b0133243_21195473.jpg
(写真はタケニグサ)

土中深くにある根茎から伸びてきている、コーンフリーや
b0133243_21210298.jpg

イタドリなどの草を抜く。
b0133243_21215339.jpg

余談だけど、イタドリは繁殖力が強くて蔓延るから忌み嫌われるけれども、花軸が赤くて綺麗で小花もこんなに可愛いい。
b0133243_21245841.jpg
蔓延らなくて小さな株として使えるならなぁ〜。こんなにカワイイのに勿体無いとも思う。


こうやって周りが綺麗になったらスコップで深く土をほって、しっかり根を追いかけて、切らないように慎重に抜く。

例えばコーンフリー。
b0133243_21260611.jpg

小さく細切れになった大小の根茎からこうやって生えている。
地上部だけを引っ張って抜いても、土の中の根茎が残り、また来年ここから復活してしまう。


また、例えば、イタドリ。
b0133243_21271625.jpg

自生している場所では根茎が1m以上もの深さにいて、そこからか細い茎を伸ばし地上部に出て葉を広げ花を咲かせる。
だから本来抜くのは大変で、正直諦めたくなるし、真剣に戦いたくもない。
ただ、今回は元の林の地面にある程度の厚さで盛られた土に中にいるので、頑張って追いかければ広がりきる前に全て抜くことができる。

このイタドリも、地下30-40㎝のところにあった長い根茎からたくさんの芽を伸ばしていた。
b0133243_21274765.jpg

右方向に伸びた茎は地中を縫うようにか細い茎を伸ばし白い新芽を地上部に向かって伸ばしている、こうやって広く、遠くへ勢力を拡大して、群生していく。地上部の葉や茎を引っ張っても、根茎のところで切れるだけで栄養を蓄えた一番の原因は取り出せない。掘って根茎を見つけても、折れたり切れたりして数センチの根茎が残っても、そこからしっかり芽を伸ばし、葉を広げ根茎を肥やし、花を咲かせて種を作り勢力を広げてしまう。だから、深く掘って、根茎を切らないように最後まで慎重に追いかけて掘り出す。いくつかのイタドリを慎重に掘ってみて、得た確信。大変だけど、今ならまだ間に合う。だから、頑張る。

昨年、多分タネをこぼしてしまったこの場所では、小さなタケニクサが発芽してタケニグサ畑になっている。
b0133243_21305504.jpg

小さいなこのぐらいのタケニグサなら、山菜堀や移植ゴテなんかで土をほぐして抜くことができる。一本一本丁寧に向き合って、深く根を張ったコーンフリーとイタドリだけが残る。
b0133243_21313005.jpg



最後はスコップで格闘し、ほら、この通りだ。
b0133243_21322402.jpg

こうやって丁寧に、草と、土と、庭と抜き合えば、失われた森の小さな緑を見つけることができる。

蔓延った野蛮な緑を取り除くとスギゴケで覆われた元の林の地面が出てくる。
b0133243_21334483.jpg

そこには、ほらこんなに可愛いフデリンドウが居るんだよ。
b0133243_21343332.jpg

こっちには 小さなイカリソウとアカショウマが残っていた。
b0133243_21350818.jpg

運び込まれてしまったならず者の緑に覆われ、かろうじて命を繋いでいた小さな緑たち。

この小さな緑を救うことで、元の林の緑が復活し、豊かな環境が救われる。
b0133243_21354076.jpg

だから僕たちは、失われてしまう小さな緑を救うため、今日も自然の回復力を信じて庭と向き合い、草を抜く。
b0133243_21360695.jpg

どんなに辛くても、酷暑でも、この庭の未来を信じて、林の緑を取り戻せ!

小さな緑たち。頑張れ!













by eilakuyagarden | 2018-08-05 21:49 | 里山林の庭 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ











  長野,軽井沢,岐阜 風景に溶け込む雑木の庭自然な庭造りと里山園芸
by 永楽屋garden
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
about 永楽屋garden
山野草、雑木、愛すべき日本の里山風景。そんな自然な庭を愛するあなたへ...

人と自然、植物が触れあえる“ 住まう庭づくり ”


永楽屋garden では...
そこにある自然を生かしたナチュラルガーデンのデザイン、施工、メンテナンスを行っています。

「花木と語らう緑の園芸教室」も不定期に開催。
ガーデニングの基本、お庭、植物と触れ合う楽しさをお伝えしています。


長野県, 軽井沢, 八ヶ岳, 岐阜県で主に活動していますが、ご依頼があれば日本全国どこへでも伺います。まずはご相談くださいね。

お庭造りに関するご相談
お問い合せはこちらまで

mail:
eilakuya_garden@polka.ocn.ne.jp
Tel/Fax:
0267-32-0253
Mobile:
090-2346-6877
※日中は不在にしていることが多いので、mail,Mobileでのお問い合わせが確実です。

カテゴリ
全体
永楽屋ガーデン
息抜き
里山林の庭
岐阜の庭
庭造りいろいろ
木の物語
野草の暮らし
失われゆく植物たち
インドアグリーン
浅間山
散歩道
追分宿の庭
園芸教室
大山桜を守る会
イベント
メディアなど
スタッフ募集
未分類
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧