カテゴリ:永楽屋ガーデン( 316 )


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








秋晴れ

秋晴れ、快晴。

用事があって軽井沢をでて蓼科山の懐まで出かけた。

b0133243_17204023.jpg

蓼科高原牧場付近からは、黄葉したカラマツ越しに真っ白な噴煙をあげる浅間山が綺麗にみえる。

木々の紅葉がピークになり始めている軽井沢よりも半月ほど早い蓼科山付近の紅葉。

b0133243_1721858.jpg

大きな白樺は落葉し...

b0133243_17211090.jpg

カラマツは真黄色に紅葉する。

b0133243_1721599.jpg

雨粒のように降ってくるカラマツの葉っぱに秋のフィナーレを感じる。

秋。いいな。
by eilakuyagarden | 2015-10-12 17:22 | 永楽屋ガーデン | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








月の力 スーパームーン

本当に久しぶりの更新になってしまいました。

いつもと同じ素敵な景色や植物が沢山あって、そんな素敵なものをいつものように見ていました。でも、目で見ていても、いつものように心が震えません。心に写らない景色はつまらない写真にしかならないし、それを見ても言葉が出てきません。まぁ、そんな感じです。人間とは本当に難しい生き物だなぁ。

でも見上げた夜空のこの月には、何かしらの力がありました。
久々に撮りたいと思ってカメラを向けたこの一枚。

中秋の名月 「スーパームーン」。

b0133243_22574881.jpg


心の闇に優しい光が届きますように。
目に映る全てに優しい光が射しますように。
心に響きますように。
by eilakuyagarden | 2015-09-28 23:00 | 永楽屋ガーデン | Comments(2)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








お花見 ランチ

初夏の陽気に植物たちが一気に動き出した。
岐阜の苗畑の植物たちも一斉に目覚め始めたから、連日花苗の手入れにおおわらわ。
完全に目覚める前に終わらせないと動き始めた野草たちが弱ってしまう。焦ります。

春なのに、この暑さ。体がついていかずにかなりばてています。

この暖かさが桜の動きを加速させ、開花からあっという間に満開になってしまった。
b0133243_2316114.jpg


明日から天候が崩れてしまうから、今日は 『 お花見 ランチ 』 で疲れを癒すことにした。
でも、東海地方の桜の名所はどこも大混雑。岐阜の庭の近くにある 日本さくら名所100選 にも選ばれている 新境川堤の桜(百十郎桜)も大勢の花見客で周辺の道路は大渋滞。でも、大渋滞なのは市民公園付近の屋台が立ち並ぶ川の両岸周辺。新境川堤の桜は5kmに渡って植えられていて、南北の端っこは屋台もなく、僕が子供の頃から変わらない風景が続いている。


堤防のなんていうことのない歩道。ここに座ってお花見ランチ。
b0133243_23161292.jpg

皆がシートを広げて座っている場所。実は僕の中学時代の通学路。

ここから見る景色はちょっと綺麗に整備されたが、この堤も歩道もあの頃と何も変わっていない。とても懐かしい風景。今、その場所に座ってお昼を食べている。なんだかちょっと不思議な感じがする。

b0133243_2316275.jpg

いいなぁ。何も変わらない景色の中。大きな桜の木の下で、今、大切な人たちとご飯が食べられる。それだけで幸せだ。


桜の花びらがヒラヒラ舞う。
木漏れ日が、風が、気持ちいい。

なんだか昔の僕が、今の僕の体をすり抜け、走っていった気がした。
お〜い、今の僕も頑張ってるぞ!


だれかが忘れて行った タンポポ の花飾り。
b0133243_2318038.jpg

もしかして、過去からやってきた落し物 ? な わけないか(笑)。

この場所は今も変わらない。

変わって欲しくない。
by eilakuyagarden | 2015-03-31 23:20 | 永楽屋ガーデン | Comments(2)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








たまには旅行記など 2(四国宿毛、足摺岬)

今回の旅の目的地は四国。
弟家族の暮らす高知県宿毛市(すくもし)。四国の西の端。

魚の養殖を生業としているから、弟家族の生活圏は海辺の町。
僕の暮らす長野とは全く違った環境。

たまに行くもなにも、仕事の仕入れの移動途中で高速から海を眺めることはあっても、海へ遊びに行ったことは、この8年間で記憶にないのです。それほど僕にとって海辺の暮らしは縁遠い。

宿毛での2日間は姪っ子の小学校の卒業式と母の誕生日が重なっていてイベントづくし。独り者の僕にとって小学校の卒業式などに出席なんて考えたこともなかったが、なんだかとても懐かしく、そして新しく旅立っていく子供達の姿は僕を大いに刺激してくれるものだった。新しい出発。今年の永楽屋Gardenはまさにそんな年となるので、姪っ子の卒業と旅立ちを祝いながら、自分も新たに気合をいれる良いきっかけになった。卒業式の写真を沢山撮ることもできて、少しだけ親の気持ちを感じることができた? とても良い卒業式だった。宿毛で過ごした二日間はとても特別な日々になった。


そんな2日間の滞在で、皆んなで出かけたのが 『 足摺岬 』。
四国最南端として認知されているが、実は最南端ではないらしい。


断崖絶壁の突端に立つ灯台。
b0133243_2126363.jpg



迫力の岩礁とうちつける波。
b0133243_2126063.jpg



美しい 海の景色。
b0133243_21174120.jpg



でもやっぱり気になるのは、この厳しい環境の中に生きる植物たち。
もはや職業病ですな。

ヤブランを中心に数種類の草花が群生している。
b0133243_21254196.jpg

こういう姿は直ぐにできそうでなかなかつくれない。やはり自然には勝てません。


林に自生する “ 浜木綿(ハマユウ) ”。
b0133243_2120354.jpg

東京に暮らしていた時、練馬のある小学校の花壇に植栽されているのをみたけど、なんだか似合わないなぁって思っていた。やはり、自生地の浜木綿は素敵だ。花が咲いた姿も見てみたかったなぁ。


関東より西の地域では道端に普通に生える野草 『 キケマン 』 。
b0133243_21201431.jpg

旅先の林で見ると特別なものに見えるから不思議だ。


岬の海辺の林は強い潮風にさらされるから、長野の雑木林のように高木の林ではなく、樹高を低くし、複雑に曲がりくねって絡み合うように木々が生い茂り、面白い林を形成している。
b0133243_21213394.jpg


備長炭の原料として知られる “ ウバメガシ ” や “ ヤブツバキ ” などの常緑の照葉樹林。その下に出来た遊歩道。気持ちのいい樹のトンネルだ。


そろそろ咲き終わりの 『 ヤブツバキ 』 。
b0133243_2121228.jpg


日本の侘び寂びを感じる綺麗な一輪。
海辺の林も楽しいな。

b0133243_2121252.jpg


こんなに遠くまで母を連れてこられて本当に良かった。
思い出に残る、いい旅になりました。
by eilakuyagarden | 2015-03-29 21:32 | 永楽屋ガーデン | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








たまには旅行記など 1(姫路城)

永楽屋ガーデンを開業して8年。
初めて仕事の範疇を外れて旅をしてきた(少し仕事がらみもあったが...今回は撮影禁止だったので、面白かったけど仕事がらみは割愛)。

親孝行旅行で四国の弟家族に会いに行く途中、ずっと行ってみたかったところへ一日一箇所。旅に出ると食べ過ぎてしまうので、一日一万歩を目標に、昼ぐらいに着き、午後は宿を拠点に観光しながらとにかく歩く! 母には辛かったかもしれないが、いい運動になったと思う。


旅の初日は、明日(3/27)に天守閣改修後の一般公開が始まる 『 国宝 姫路城 』へ。

b0133243_22163194.jpg

オープン前の平日。

b0133243_22161615.jpg

グランドオープン前で一部規制区域があり、天守には上がれなかったが、美しい姫路城の姿と広大な城内をゆっくり歩けただけで大満足。

駅前からお城までの街並みも素敵だ。
さすが世界遺産ですね。

b0133243_22175100.jpg



想像以上の美しさと壮大さに感激。

b0133243_22163334.jpg


僕としてはお城の中のこんなところや...

b0133243_22174260.jpg
b0133243_22174844.jpg


あんなところ...

b0133243_22175263.jpg

b0133243_22175048.jpg

時の経過を感じられる造りがとても気になりました。
カメラを下向けてやたらと熱心に撮影してるから、なんだ ? みたいに見られていましたが、怪しいものではありません(笑)。

美しい天守閣はまた次の機会の楽しみにとっておきます。
次は歴女でお城好きの姪っ子を連れてきてあげようかな。

b0133243_22163679.jpg

明日からは人混みにもまれ、ゆっくりお城も見ていられないほど混雑するのだろうから、オープン前の平日にゆっくり、のんびりと観光できて良かったなぁ。オープンのほとぼりが冷めたぐらいに、また来てみたい素敵なお城でした(夜ふらりと立ち寄った姫路おでんの店にもまた行きたいなぁ)。
by eilakuyagarden | 2015-03-26 22:01 | 永楽屋ガーデン | Comments(2)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








さあ、動き出せ !!


まだまだ雪深い軽井沢の庭。

でも、春は確実に動き出している。


b0133243_21443059.jpg


雪に負けない強さをもった、小さな小さな春の使者 “ スノードロップ ” 。

その小さな花に、しっかり、元気もらいました!

そろそろ僕も ...   さぁ、動け、動き出せ !!!
by eilakuyagarden | 2015-03-05 21:49 | 永楽屋ガーデン | Comments(2)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








雪の新年

あけましておめでとうございます。

2015年が始まりました。
雪の新年。
b0133243_12154943.jpg
岐阜の庭は雪に覆われて真白。

真冬が足早にやってきた長野では昨年末から見慣れた景色ですが、暖かな岐阜で雪が降るとなんだか心が躍ります。やっぱり冬が好きだなぁ。


雪をかぶった “ キバナイカリソウ ”。
b0133243_12161937.jpg
茶がれた葉っぱが綺麗。


寒さに負けない “ スイセン ” 。
b0133243_12163822.jpg
可愛い花に元気をもらえます。


アガパンサスの固い葉っぱにやさしく包まれた “ パンジー ”。
b0133243_12171987.jpg
いつも優しく、さりげなく、大切な人を守り、輝かせる男でいたい。


冬の妖精 “ スノードロップ ”。
b0133243_12173299.jpg
毎年庭の中で一足早く満開になるこの仔達。
やっぱり雪の衣装が似合います。

庭、植物、大切な仲間たち。たくさんのものを守りながら、たくさんの人と繋がり、たくさんの人に助けられながら、2015年も沢山のお庭を育てていきます。

どうぞ、今年も 永楽屋ガーデン をよろしくお願いいたします。

永楽屋ガーデン
ガーデナー 岡田英人

by eilakuyagarden | 2015-01-01 12:19 | 永楽屋ガーデン | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








ばかばかしくも、こつこつと
土を掘って山を積む。
どうやって積む?

バックフォーという大きな重機を使い、大きなバケットと呼ばれるショベルでごっそり土を掘ってどんどん積み上げていく。
自分に持たされた力だけを使って、昔ながらにスコップで土を掘って、一輪車に積んで、運んで、山に積み上げていくか。


できる山の形は一緒。

でも、前者は効率良く、早く作業できる。
作業人数も少なくて、慣れた作業者なら疲れる事も無い。何かあった時の災害リスクはあるけれど、安全に気おつけて、ルールを守って作業できればこれほど楽な事は無い。

後者は時間がかかる。
時間を短くしたければ大勢の作業者で作業すれば良いのだけれど、それだけ作業者に支払う費用が増えて、コストは重機を使う場合と同じ位、規模によっては重機を使うよりも高くなる。作業者の疲れも尋常ではなくて、真夏や真冬の過酷な環境だと、想像以上に辛い作業になる。


ならば…、迷わず重機で山を積めばいいじゃない。
普通はそうなのだけれども、僕ならスケジュールに縛られていないならば後者を選ぶ。

なぜ? ばかばかしい。
人にはそう言われる。

そう、ばかばかしいのだ。
普通はやらない。

でもね、積まれた山には違いがあるんだよ。

重機の大きなバケットで掬った土。
大量に掬えるからこそ中には何が入っているか見えない、わからない。
効率よく、早く積み上げるから、見極める暇もなく、どんどん山になる。
表面に出た要らない物だけ拾って、見栄えを整えれば奇麗な山の完成だ。

でも、小さなスコップで掬った土ならば中に何が入っているか良くわかる。
要らない物をこつこつと拾った奇麗な土を、こつこつと積み上げる。
時間はかかるがこつこつやれば、必ず大きな山になる。
どんな山なのか、山の事も良く理解できている。

できた山の形は同じでも、多分、結果は全く違う。

ばかばかしいと思われる事を、こつこつと。
結果の為に、手間がかかっても、“ 過程を大事にする ”。

それが僕の、永楽屋ガーデンの庭造り。

2007年10月24日にはじめた “ 永楽屋ガーデン ” 。
ばかばかしいことを 7年間も こつこつ と 頑張ってきた山の上に立っている。
こつこつと七年。よく頑張ってるなぁ。ちょっとだけ自分を褒めてあげたい。

b0133243_00051404.jpg


これからも こつこつ と山を積み上げていく。
今日も、明日も、明後日も。

いつまでも 『 ばかばかしくも こつこつ と 』 そんな庭造りを続けていきたい。

ちょっと遅くなったけど…
8年目に入った 永楽屋ガーデン。
これからも、どうぞよろしくお願いします。







by eilakuyagarden | 2014-11-04 00:10 | 永楽屋ガーデン | Comments(3)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








“ ヤマユリ ” に願いをこめて

盛夏

満開 “ ヤマユリ ”

b0133243_23051983.jpg


毎年 同じように季節は巡り

同じように季節はやってくる

b0133243_23031083.jpg


どんな事があっても
何かが変わっても

来年も …

いつものように この花が見られますように

b0133243_23031351.jpg


“ ヤマユリ ” の花に願いをこめて

なにとぞ! なにとぞ!




by eilakuyagarden | 2014-08-04 23:07 | 永楽屋ガーデン | Comments(2)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








台風が去って

列島各地に大きな被害をもたらした台風8号。

b0133243_19431794.jpg
万全の準備で構えていたのだけれども、コブシの葉を大量に落としただけで、無事に北へと去っていきました。

台風一過の抜けるような青空に、真綿のような雲。
久しぶりに訪れたお気に入りの場所から望む浅間山は …

b0133243_19432475.jpg
すっかり夏山になっていました。
もうこんなにも季節が進んでいるんだねと改めて実感させられます。


長期間ブログの更新がないから
『体調崩しているんじゃないか?』とご心配かけたりしているようです。
本当に申し訳ないです。

5月末にブログを更新して以来、仕事のスケジュールに空きがなく、毎日とても忙しくて、ブログを書く時間と余力が全くありませんでした。忙しすぎて心身ともに疲れは溜まっていますが、身体の調子は昨年よりもすこぶる良く、ついつい無理してしまいます。

無理が続いて、少しドライアイと眼精疲労の症状が悪化したので、先日久しぶりに眼科を受診しました(あっ、きちんと3ヶ月ごとの眼科の定期受診は続けていますからご安心ください)。原田病の完治後もずっと経過観察してくれている主治医の先生に『こんなに疲れをためると再発しても知らないよ。しっかり休みをとって、身体を休めないといけないよ!』と強く言われて少し反省しました。

そんなこんなで、少し仕事のスケジュールに休みを強引に入れてペースダウン。
同時に現在施工中の庭工事も植物の住処となる外構部分の工事に終わりが見えてきて、一昨日くらいからかなり心身ともに楽になってきました。

で、この二ヶ月なにをしていたかというと、

b0133243_19445227.jpg
こんなところを

b0133243_19450592.jpg
こうして、

b0133243_19451378.jpg
ああして、

b0133243_19453300.jpg
そうして、

b0133243_19455529.jpg
こんな感じの 『 ボーダー花壇 』 を広い駐車場に布設しています。

b0133243_19461282.jpg

台風8号の上陸を懸念して、枕木の木柵にはまだ横板が張れていないのだけれど、工事全体の半分が完了。ここまでは協力してくれた職人さん達に頼るところが大きかったのだけれども、ここからの作業は “ 永楽屋ガーデン ” が主役。
芝の緑しかないこのボーダー花壇に、沢山の木と野草を植えて、いろいろな植物を楽しめる緑の木柵に仕上げていきます。
夏が終ってからの作業になりそうなので、ボーダー花壇の完成はもう少し先ですが、選んできた植木や野草達を早く連れてきたいなぁ。


また、少しずつブログも更新していきますので、気楽に待ちながら、ときどき覗いてみてください。

b0133243_19463792.jpg
これからも軽井沢の爽やかな高原の風をお届けしていきます。






by eilakuyagarden | 2014-07-11 19:52 | 永楽屋ガーデン | Comments(2)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ











  長野,軽井沢,岐阜 風景に溶け込む雑木の庭自然な庭造りと里山園芸
by 永楽屋garden
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
about 永楽屋garden
山野草、雑木、愛すべき日本の里山風景。そんな自然な庭を愛するあなたへ...

人と自然、植物が触れあえる“ 住まう庭づくり ”


永楽屋garden では...
そこにある自然を生かしたナチュラルガーデンのデザイン、施工、メンテナンスを行っています。

「花木と語らう緑の園芸教室」も不定期に開催。
ガーデニングの基本、お庭、植物と触れ合う楽しさをお伝えしています。


長野県, 軽井沢, 八ヶ岳, 岐阜県で主に活動していますが、ご依頼があれば日本全国どこへでも伺います。まずはご相談くださいね。

お庭造りに関するご相談
お問い合せはこちらまで

mail:
eilakuya_garden@polka.ocn.ne.jp
Tel/Fax:
0267-32-0253
Mobile:
090-2346-6877
※日中は不在にしていることが多いので、mail,Mobileでのお問い合わせが確実です。

カテゴリ
全体
永楽屋ガーデン
里山林の庭
インドアグリーン
木の物語
息抜き
岐阜の庭
大山桜を守る会
追分宿の庭
庭造りいろいろ
園芸教室
浅間山
散歩道
イベント
野草の暮らし
メディアなど
スタッフ募集
未分類
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧