人気ブログランキング |
カテゴリ:永楽屋ガーデン( 328 )


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








花苗に囲まれる幸せ!

新緑から、深緑に移り変わる前のこの時期の岐阜の庭の木漏れ日が好きだ。
b0133243_20302451.jpg

明る過ぎず、暗過ぎず。ほどよい日差しが木陰から射し込む庭。木漏れ日の下の野草たちも心地よさそうな姿がいいな。

岐阜の花苗の手入れなどもあって、この週末は岐阜に帰っていた。
b0133243_20303709.jpg

この時期になると岐阜の苗畑では全ての苗の葉が展開しているので、冬の間にポットに刺さっていた府が抜けて、連休前には芽生えていなかった「この苗なんだ?」って子たちの姿が明らかになる。それらをみて、苗を整理整頓。府を付け直し、草取りして、一日中、花苗に囲まれて過ごす幸せ。

今日は真夏日になって、日中の苗畑は30度近くまで気温があがった。軽井沢の涼しさに慣れた体にはかなり辛い暑さだったのだけど、花苗に囲まれているとそんなこともすっかり忘れてしまっている。大変だけど、それ以上に楽しいのです。

今が見頃の “ 口紅シラン ” 。
b0133243_20303324.jpg

綺麗だよねぇ。見とれてしまう。

庭に植えた口紅シラン(下の写真の真ん中)は、なぜか紅を刺さなくなって “ 白花シラン ” になってしまった。
b0133243_20302729.jpg

居場所が決まっていて、何処かにもらわれて行く心配がないから、もうお化粧する必要もないのかもしれない(笑)。


色とりどりのホスタ達。
b0133243_20303162.jpg

大きさも、色も形も様々なホスタの葉。この組み合わせの美しさに惚れ惚れする。いつか、お客さんの庭でこの美しさを実現させたい。ホスタが主役の庭づくり! ぜひ、ご依頼をお待ちしております(と、ちょっと宣伝してみる。笑)。


大量の花苗の手入れ(草取りがほとんど)。
b0133243_20303508.jpg

時間も忘れて夢中になって作業していたら、いつしか夜になっていた。花苗に囲まれているだけで楽しくて時間を忘れてしまう。やっぱり、植物と過ごしている時間は幸せだ。何者にも変えられない、大切な時間。

庭づくりを仲間達に任せる時がきたら、庭づくりからはスパッと引退して、花苗に囲まれて生きていきたい。

こんな木漏れ日の庭の中に作った苗畑で、毎日、お庭で使ってもらうためだけに、朝から晩まで花苗を育てよう。苗に囲まれながらお茶できるスペースを作って、本当に育てた植物を大事にしてくれる人達だけの為のシークレットガーデン。時間も区切って、限られた方だけに最高の珈琲をネルドリップして、お茶しながら沢山の苗をみてもらって、お菓子食べながらその花苗達の育て方なんかを話して、気に入った子達を連れ帰ってもらう。そして、花苗に囲まれながら、眠るように死ねたら、きっと、このつまらない人間の、小さな人生も幸せだろう。

花苗に囲まれる幸せ!
できたらいいなぁ。
いや、きっと実現させるのです!






by eilakuyagarden | 2019-05-11 20:52 | 永楽屋ガーデン | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








令和元年 仕事初め

令和元年 五月一日。
正月、年明けのような空気感が世の中に漂っていて、なんだかちょっと変な気分にとらわれる一日。

そんな世の中の空気感とは全く関係なく、永楽屋ガーデンは今日も平常運転。
令和初日はお客さまとの打ち合わせでスタートでした。

早朝に御代田を出発し、久々に白樺湖を超えて八ヶ岳の麓のお客様のお庭にスタッフとともに向かう。大型連休中に白樺湖を越えなければならないので、もしかしたら途中で混んでいるかもと思い、いつもより一時間ほど早く出発。でも、大した混雑もなく、このままではお約束の時間よりもかなり早く着いてしまう。

ならばと、時間調整も兼ねて白樺湖手前の女神湖周辺を皆で散歩することにした。
b0133243_23400671.jpg

天気は曇り。でも風はなく、湖面は静まりかえっていて、鏡のように蓼科山をうつしていた。気持ちがいいよね。池の畔にはミズバショウも咲いていた。水中ではヨシの新芽が上がりはじめている。標高1,540mの女神湖でも春がようやく動きはじめたようだ。


でも、動きはじめているのは植物だけじゃないのです。
池を周遊する道路脇の草原には、動物の形跡があちらこちらにみられる。

道端に転がった新しい鹿のフン。
b0133243_23400913.jpg

こんなに人の近くまで、平気でやってきているんだ。


そして、池の周りの遊歩道の脇に植えられたカエデの幹に残るこの傷痕。
b0133243_23401289.jpg
ちょうど人の背丈ほどのところについた、まだ真新しい引っ掻き傷。これはクマの爪痕だ。こんな所に...、怖くなった。

女神湖の周辺には沢山の宿泊施設や別荘がある。散歩できる歩道もある。人の生活圏の近くにある木の幹に残る真新しいクマの爪痕。もし出会ってしまったらって考えるだけで身震いする。多分、人間の寝静まった夜間に活動しているとは思う。でも、もし早朝だったのなら、散歩している時に出会ってしまう可能性も高い。特に、早朝に犬を連れ散歩したりしていたのなら、犬がクマを連れて戻ってきたりして危険だ(昔、野尻湖の畔の森の中での仕事を手伝った時「犬連れての湖畔を散歩する観光客が何人も、犬が連れて帰ってきてしまったクマに襲われたって話をよく聞かされた)。だから、野生動物の生活圏で都会の暮らしと同じように過ごすことは、本当に用心したほうがいい。

自然の濃い山や林の近くは、人間の生活圏でなく、野生動物達の生活圏なのだと、改めて思い知った令和元年初日の仕事初めでした。







by eilakuyagarden | 2019-05-01 23:51 | 永楽屋ガーデン | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








心の風景

桜だけが並ぶ堤より、いろんな木の中に置かれた桜の方が好き。
b0133243_20491491.jpg

満開の桜より、どこにでもある田舎の畑の景色の方が気持ちが和む。
b0133243_20493241.jpg

年々、満開の桜に感動しなくなっている。
同じ時期に咲く、沢山の美しい草花を知っているから。
沢山の木々が折り重なってつくる里山の春に心揺さぶられたから。

いやいや、歳をくったからだよって言われるかもしれない。

でも、多分、心和む田舎の風景が、里山の景色が、僕の心の原点なんだろう。

流行りに流され、いろんな庭を旅して、沢山の庭をつくって。
そして、今、原点回帰。

心の風景を忘れずに、これからも心安らぐ景色をつくっていこう。





by eilakuyagarden | 2019-04-04 20:52 | 永楽屋ガーデン | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








2019年 あけましておめでとうございます!

あけましておめでとうございます。

新しい年、2019年が始まりました。

昨夜はやたらと「平成最後の〜」という言葉が飛び交っていましたが、僕自身は正直あまり意識する事なくいつも通り。
年越しのちょっと贅沢な食事を食べ、笑って年末を過ごせました。
皆さんはいかがだったでしょうか?
b0133243_15332611.jpg

一夜明けて新年を迎えると、なぜだかやっぱり気分が改まります。
リセットして、さあここから!って気持ちが高ぶるから不思議です。

かといって特に書き初めしたりなんて事はないけれど、年末のバタバタで出せなかった年賀状が気にかかることと、今年はあーしたい、こーしていきたいと、この一年という時間をどう過ごし、どう育てていくか、そんな思いだけが先走ります。

今年もたくさんの庭を作り、育て、守っていこう。
ガーデナーの道を迷いながらも歩きはじめたスタッフ達に、もっと庭、植物、自然との関わりの楽しさを伝えていこう。そして、自信を持ってガーデナーとしての道を歩けるようになって欲しいなぁ。遅れても、立ち止まってもいいから、さあ行こう!って皆で歩いて行きたい。
そして、もっと沢山のお客さんに庭の大切さ、植物の癒しと、それを育て、愛でることの素晴らしさを知ってもらいたい。


考えればどんどん溢れ出てきます。

まずは、今、ここから、この一日からスタートです。

これからもブログでもっと沢山の思いを伝えていかなきゃ!
頑張ります。

それでは、本年も " 永楽屋ガーデン " をどうぞよろしくお願いいたします。

2019年元旦 
永楽屋ガーデン 岡田英人









by eilakuyagarden | 2019-01-01 15:59 | 永楽屋ガーデン | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








空 見上げれば

久々の更新になってしまった。

秋の終わりから例年になく忙しい日々が続き、ブログで日々を振り返る余裕もなかった。
語りたくとも、向き合う気力もないほど毎日疲れていた。

やらなければならないことに忙殺されすぎて、いろいろと新しいことを考えるゆとりも、日々を振り返るない余裕もない。そんな時間の過ごし方って自分らしくないなぁって思いながらも、案外そんな毎日がリズミカルで心地よかったりもするから不思議。

でも、やっぱり空を見上げて、季節の変化を感じ取ることもできない毎日ってよくないですね。

遅れていた今年の庭の冬支度も全て終わって、やっと落ち着けている。
といっても、まだまだ年末までにやることはいっぱい。
ただ違うのは自分のペースでゆるりと進めていること...。

空 見上げれば。
風の冷たさにふるえ、太陽の暖かさに微笑み、夕焼けの美しさに心ほっと癒される。
b0133243_20075883.jpg

太陽、空、雲、山、木... etc.
目にする景色に多くの要素を認識し、一つの画として捉えていく。
ちゃんと見るっていうだけのことだけれども、案外余裕がないとできない、本当に当たり前のこと。

それができているのが嬉しい。
うん、気持ちがいい!
やっと僕らしい心が感情が戻ってきた。

そんな今日この頃です。

少しずつ、この一年の庭仕事を振り返り、話しそこねてしまったお話を少しづつ綴っていきます。
長い目で、よろしくお願いします。




by eilakuyagarden | 2018-12-19 20:23 | 永楽屋ガーデン | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








永楽屋ガーデン " 11周年 "!

また一年が過ぎて、美しい彩りに森が染まる。
毎年、美しい紅葉にお祝いされて迎えるこの日。
b0133243_19014770.jpg

今日で永楽屋ガーデンは11周年。

この一年は、これからの10年に向けての再スタートの年だった。
スタッフが一新して、これまでと違ったアプローチで庭と向き合うチャレンジの年。
とても新鮮な気持ちで動き回った。開業当時、毎日一人であれがしたい、これがしたいとワクワクしていた頃の新鮮な気持ちと不安な気持ち。久しぶりにそんな気持ちを思い出した。でも、今はあの頃のように一人じゃない。

まだまだ成長途中だけど、真剣に庭、植物と毎日向き合う仲間達がいる。
新しいスタッフを楽しくも厳しく育て、とにかく庭づくりに夢中になってほしい。植物を好きになって欲しい。そう思って春から一緒に汗水流して庭と向き合った。あいにく、厳しい気象条件が続く辛い一年目になってしまった。想定外の酷暑の中での作業、草だらけのお庭の手入れ、自然とストイックに向き合わなければならない悪条件がてんこ盛り。台風の倒木処理や木の伐採もここ数年にないほど多かった。素人からの転職で、最初の一年としてはかなりハードで、辛い時もあったと思う。でも、弱音をはかず、しっかり付いてきてくれて、今は、戸惑いと不安だらけの春とは違う頼もしい姿がある。本当にありがとう。

庭づくりを助けてくれる職人さんたちとあれやこれや言いながら作り上げていく庭。
もう、僕一人じゃない。それが本当に嬉しい。

草を減らすため防草シートで覆われたとある庭。
b0133243_19015953.jpg

悩んで、悩みぬいて、珈琲片手にくつろいでいる瞬間に生まれた庭のイメージ。
b0133243_19020264.jpg

すぐに絵にして、頭の中でつくりあげた空想の庭。

それが沢山の人達の力で、現実の庭で形になる。
b0133243_19021254.jpg
この瞬間が好きだ。


でも、これはまだまだ最初の一歩、二歩。お客さんにも、連れてくる木にも喜んでもらえるかなって思いながらを大切な一本を選ぶ。
b0133243_19021788.jpg

そうして、生まれたてのこの庭に、2年前から気に入っていた木をようやく連れてくることができた。
この瞬間が楽しい。

これから沢山の野草達がこの庭にやってきて、庭はどんどん周りの自然と同化していく。
その瞬間が嬉しい。

そうやって生まれた庭という自然を育て、守っていく。
そして森へと還していく。
それが永楽屋ガーデンの庭づくり。
b0133243_19013958.jpg

これからも、大切な仲間達と一緒にこうやって一つ一つの庭と真剣に向き合っていこう。
沢山のお客さんに、植物と触れ合い、空間を楽しんでもらえる庭をつくっていこう。
また一年、また一年。

明日も庭に出る。
植物たちが待っている。
庭が呼んでいる。

また一年。
これからも " 永楽屋ガーデン " をどうぞよろしくお願いいたします。

永楽屋ガーデン  岡田英人


by eilakuyagarden | 2018-10-24 19:11 | 永楽屋ガーデン | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








染め色は " 果実色 "

台風で倒れたサクランボ " 佐藤錦 " を立て直す時に切った大量の枝。
b0133243_21442932.jpg

枝を粉々にして、庭の土に還ってもらうでも良かったのだけれど...。
やっぱり、なんだか勿体無いなぁ。

そう思っていた時、タイミングよく入ってきた一本のメール。

そうだ草木染めに使って貰おう!


で、倒れた佐藤錦の命は、美しい草木染めへと生まれ変わる。


b0133243_21442934.jpg

綺麗で優しい色だ。


岡さんから届いたお便りからの抜粋

〜 染色、媒染、染色と、染め工程を2回にしてみました。
花も実も終わり、一年のエネルギーを使った後ですから、濃い色素ではないかと思い、2回にしました。
煮出した液はオレンジがかって、甘酸っぱい香りでした。でもやはり赤味は布に行くほどではなく、さくらんぼの中身のようなほんのりしたイエローが染まりました。
他の染料植物とはまた異なる優しい色、ジューシーで美味しそうな色です。〜


煮出した液の甘酸っぱい香りに包まれた工房の香りを嗅いでみたかったなぁ。

サクランボの皮の赤じゃなくって、染め色は ” 果実色 "。

ジューシーで優しい果肉色。

あは!首に巻いたら甘酸っぱい香りに包まれそうです。

良いなぁ、草木染め。

僕もいつか教えてもらって、まっさらな布に草木の命の色を映しだしてみたいです。








by eilakuyagarden | 2018-09-18 21:49 | 永楽屋ガーデン | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








酷暑ふたたび

束の間の秋でしたね。

連日発生する台風。
日本列島の西を通るか東を通るかでその後の季節が決まってくる。

近ずく台風が並列して西日本を直撃するおかげで暑い南の湿った空気を連れてきて、秋が押し戻されて再びの夏。

強い日差しにさらされ、浅間山も少し夏の顔に戻った。
b0133243_17285588.jpg

田んぼを抜ける風が少し爽やかで気持ちい良いけれど、刺すような日差しが痛い。

でも、実りの秋は確実に近ずいている。
b0133243_17285845.jpg

暑さが続いたからイネの生育も良好だね。

しっかり伸びた稲穂に花が咲いて、美味しいお米を育む。
b0133243_17285853.jpg

酷暑に耐えたあとに、美味しい物が食べられるなら少し救いかもね。


酷暑ふたたび。

今年の残暑はちょっと厳しくなりそうです。







by eilakuyagarden | 2018-08-22 17:33 | 永楽屋ガーデン | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








台風接近にご用心を!

予想外の進路で接近してきた台風12号。
最近、雨が少なかったのでありがたくも感じていたけど、やはり予想外の動きが怖くもあります。

軽井沢の西隣りの御代田町も雨風がこれまでになく強くなって、アパートが揺れます。
b0133243_20421630.jpg

横なぶりの雨と強い風に公園の高いアカマツは激しく揺さぶられ、強い風音が鳴り響いている。正直ちょっと怖いです。庭も大丈夫かなぁ、心配です。

これまで大丈夫だったからが通じない、想定外の台風。
長雨に経験したことのない酷暑、激しいゲリラ豪雨に大雪。
当たり前にすごしてきた日本の四季が変わってきている。

庭仕事を通じても、子供の頃から経験してきた日本の当たり前の季節感が大きく変わってきてしまっているんだなと強く感じるこの頃です。

どうか進路にあたる地域の方は最大限の警戒を。





by eilakuyagarden | 2018-07-28 20:46 | 永楽屋ガーデン | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








Good " moo〜 " ning な通勤路

今週は毎朝いつもより一時間早く家を出て、蓼科の麓まで山越え。
片道1時間半だから、毎日プチトリップ気分。
(まぁ、最初の内だけかもしれないですけれど)

軽井沢を離れた場所での庭に関わるのは久しぶりに事なので、とても楽しみ。
八ヶ岳山麓での庭仕事は僕がこの仕事に転職した時の最初の学びの場であり、その後の数年間で庭づくりのイロハを経験させてもらった思い出の場所。軽井沢の空気とは全く違う八ヶ岳山麓の乾いた空気感がとても懐かしく、気持ちがいい。仕事の往路はいつも今日の作業はどうするべ?などと考えながら行くのだけれども、今は昔を回顧しながらあんな事、こんな事を思い出してとても楽しい時間になっている。

それに、高原の朝にはこんな Good ” moo〜 ” ning な楽しみがある。
毎朝出会う 牛達が朝にちょっとした癒しの時間をくれる。
b0133243_19594011.jpg


巨大な牛達が、すぐ目の前でバリバリ草を食む。
b0133243_19595487.jpg

その音と、豪快な食べっぷりは見ていて爽快!ちょっと愛嬌すらある。
b0133243_19595071.jpg

遠くにいる牛達にカメラのレンズを向けると、興味深げにこっちを向いて、
b0133243_20032516.jpg

ノッシノッシと近づいてくる。
b0133243_20031605.jpg

全く怖がらない。
b0133243_20002435.jpg

カメラの前で インスタ映えをねらう?!
b0133243_20031969.jpg

次々に牛たちがやってくる。
b0133243_20035438.jpg

ん、あれ、けっこう早い? 早いぞ!
b0133243_20035425.jpg

駆け足で真っ直ぐ近ずいてきて、ぬっと顔をだす。
b0133243_20035453.jpg

さすがにたじろいで、少し後ずさりの一枚。
b0133243_20035497.jpg

ピンボケだね、自分の慌てっぷりがわかりますね(笑)。

でも、その人懐っこい仕草と表情がとても可愛くて、見飽きない。

こっちはみんな同じ首の角度で食事中。
並んで、草を食む。食む。食む。
b0133243_20040140.jpg
他の子の邪魔をしない。行儀いいなぁ。
なんとも可愛いいじゃないですか!

仕事がなかったら、朝飯食いながらずっと牛達を見ていたかもしれない。
b0133243_20000467.jpg

今年から加わったスタッフが前職で乳牛の搾乳の仕事をしていたので牛に詳しい。働き始めて間もなくした頃、動物ロス(牛ロス)になっていたくらいだ。スタッフに「牛って人懐っこいんだね!」って話したら、「いい育てられ方をされているんですね!」って返ってきた。人間に対して警戒感があるとやはりあれほど無警戒に人には近づいてはこないそうだ。なんでも、育て方、接し方一つなんだねぇ。また一つ学びました。
b0133243_20040408.jpg

さて、さっき Good ” moo〜 ” ning って書いたけど、牛達は朝ごはんに夢中で ” moo〜 ” と鳴いている子は一匹としていない。よほどお腹が空いるらしく、ひたすら草をムシャムシャと食む。暑くなったら木陰に入りたいし、それまでが勝負だしね。

僕たちも酷暑の毎日、熱中症にならないように日中の作業はできれば日陰の場所を探してするようにしている。僕たちと一緒だね。

よし癒された。満足。そろそろ行くとしますか。
また明日、会いましょう。

さて、この後である(ちょっと古いが、王様のレストランの森本レオのナレーション風に)。
無事に作業をはじめ順調にメンテナンスが進んでいた時、それは不意に起こった。
僕にとって、かなり痛く、でも気がつかないうちに起こってしまった出来事なのだが... 。
それは、また別の話。










by eilakuyagarden | 2018-07-19 20:27 | 永楽屋ガーデン | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ











  長野,軽井沢,岐阜 風景に溶け込む雑木の庭自然な庭造りと里山園芸
by 永楽屋garden
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
about 永楽屋garden
山野草、雑木、愛すべき日本の里山風景。そんな自然な庭を愛するあなたへ...

人と自然、植物が触れあえる“ 住まう庭づくり ”


永楽屋garden では...
そこにある自然を生かしたナチュラルガーデンのデザイン、施工、メンテナンスを行っています。

「花木と語らう緑の園芸教室」も不定期に開催。
ガーデニングの基本、お庭、植物と触れ合う楽しさをお伝えしています。


長野県, 軽井沢, 八ヶ岳, 岐阜県で主に活動していますが、ご依頼があれば日本全国どこへでも伺います。まずはご相談くださいね。

お庭造りに関するご相談
お問い合せはこちらまで

mail:
eilakuya_garden@polka.ocn.ne.jp
Tel/Fax:
0267-32-0253
Mobile:
090-2346-6877
※日中は不在にしていることが多いので、mail,Mobileでのお問い合わせが確実です。

カテゴリ
全体
永楽屋ガーデン
息抜き
里山林の庭
岐阜の庭
庭造りいろいろ
木の物語
野草の暮らし
失われゆく植物たち
インドアグリーン
浅間山
散歩道
追分宿の庭
園芸教室
大山桜を守る会
イベント
メディアなど
スタッフ募集
風景
未分類
以前の記事
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...
タグ
(15)
(12)
(12)
(11)
(8)
(7)
(5)
(5)
(5)
(4)
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧