カテゴリ:野草の暮らし( 115 )


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








涼しき響き ” エゾスズラン ”

蒸し暑い。軽井沢なのに熱帯のような蒸し暑さ。
日中はエアコンがないとたまらない、夜の蒸し暑さも里の暑さと遜色ない。

軽井沢の別荘はエアコンの無い家が多いけど、この暑さが続くと避暑に来てるのに避暑にならない。そんな暑さだ。

赤道付近のジェット気流が、今、ヨーロッパと日本付近で北の方まで蛇行していて、熱帯の熱い空気が運ばれて来ているというが、これが毎年のことになったのなら、もう軽井沢も避暑地でなくなってしまう。多分、植生も大きく変わってきてしまうかもしれない。バナナが育ったりして(笑)。でも、笑い事でなくなりそうで怖い。
そんな想像が湧いてきてしまうくらい暑い、そんな今年の夏なのです。

そんな暑い中だから、可憐な植物でも眺めてちょっと涼んでもらいましょう。

花を見なくても、名前を聞くだけでチョット涼しくなる植物に先日初めて出会った。

つぼみの時に見た花姿で、なんか見たことがあるぞって思った。
b0133243_18514751.jpg

多分、ランの仲間だよなぁ。
b0133243_18512540.jpg

花が咲いて、ん? 見たことある顔だけど、緑の花? なんだ?
b0133243_18515772.jpg

調べてはじめてその名前を知った。
この花の名は ” エゾスズラン ” 。
b0133243_18520286.jpg

スズランて名前にあるけどスズランの仲間では無いし、似てもいない。

これは近縁の ” カキラン ”。
b0133243_18520771.jpg

花の色が柿に似ているからカキラン。

エゾスズランは緑のカキランというぐらい花姿がそっくり。
名前の響きも涼しげだけど、緑の花色が視覚的に涼しくて爽やかだ。

それぞれ好きな生存環境も違う。カキランは水辺が好き。 ” エゾスズラン ” は比較的明るい林の縁にひっそりと咲いている。

林の中にいるとひっそりと佇んでいるから、周りの緑に同化して気がつきにくい。
ランの花っていうと艶やかで派手な印象があるけれど、こんなにひっそり咲く地味なランもいいでしょ!

涼しい響きの夏向けな ” エゾスズラン ”。

多分ちょっと恥ずかしがり屋さんだから、みつけてもそっとしておいてあげてください。







by eilakuyagarden | 2018-08-12 18:58 | 野草の暮らし | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








ソバナ の " 菜 " は食通の証

見た目だけで涼やかな気分になれる野草がある。

木漏れ日が気持ちいい深山の林の中。
漏斗型の青い小花をたくさん吊り下げた ” ソバナ ”。
b0133243_20365740.jpg
可愛い小花が林を抜ける風にゆらゆら揺れている。

名前の由来には「蕎麦菜、岨菜、杣菜(そまな)」などの三つの説がある。
茹でる時に蕎麦の香りがするから " 蕎麦菜 " 。
険しい岨道(そばみち)に生えているから " 岨菜 " 。
山で仕事をする樵(きこり)を ” 杣人(そまびと)”と言い、彼らが好んで食べたから " 杣菜(そまな) " がなまって " ソバナ " 。

名前の由来は様々で面白い。

食べたことはないけれど ” ソバナ ” の ナ は、食用になるから菜であって、杣人が好んで食べるのだからさぞ美味しいのだろうけれど、こんなに綺麗ではどんなに美味しくても食べられないよねぇ。
b0133243_20370312.jpg

和名の由来は本当に面白い。
こんなに綺麗なら、その美しさが名の由来になっていてもいいものなのだが...。

ソバナ の " 菜 " は食通の証。
日本人は食いしん坊だ!








by eilakuyagarden | 2018-07-30 20:43 | 野草の暮らし | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








夏のさし色 フシグロセンノウ

手入れを終えた夏色の庭。
b0133243_11480617.jpg

眩しい緑をより美しく引き立てる夏の花達。
個性的なホスタ、淡いピンクのチダケサシに濃いピンクのキョウガノコ、青紫のシオン、キキョウの青花は夏の定番。
それぞれがあまり主張しないくらいのボリュームで、庭にちょっと彩(いろ)を添えるくらいの方が涼しげでイイ!

でも、この花色を視覚的にグッと一つにまとめて、さらに全体を美しく魅せてくれている花がいる。わかりますか?



それがこの " フシグロセンノウ "。
b0133243_11481257.jpg
蛍光オレンジの少し鮮やかなフシグロセンノウの花。
優しい草姿なのだけれども、緑の草原や、少し薄暗い林の中に自生している姿は、たった一輪でもココに居るよってわかるくらい個性が強い。


この夏の庭には、まだたった3輪しか咲いていないけれども、この夏のさし色が入るだけで庭がグッと引き締まって、全体の彩をまとめてくれる。
b0133243_11481595.jpg
写真を見ながらこの花がいない場合の庭色をちょっと頭で想像してみてください。
ねっ、少し間が抜けて、色が広がって、寂しい感じがしないですか?

色のバランス、形の組み合わせ、その大きさや個性、もちろん植物の好きな住環境。
それらを考え、成長した数年後の庭の姿を想像して植栽をデザインし、その季節ごとのさし色を考えたり。これがガーデナーの腕の見せ所。腕が鳴ります。


夏のさし色はやっぱり ” フシグロセンノウ " がいいな。
b0133243_11481770.jpg

さし色だから増えすぎたら減らして、ポイントで咲くようにすることも大事です。

皆さんの夏色の庭にもフシグロセンノウのさし色を一輪、いかがですか?










by eilakuyagarden | 2018-07-27 11:55 | 野草の暮らし | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








夏色ピンクの ” ヤナギラン "

梅雨が明け、やってきた夏日。厳しい暑さに辟易していた。
雨でも降って少しは涼しくなってくれないか!なんて言ったからなのか、連日の記録的な大雨。各地で発表される大雨特別警報。心配だ。

しかし、ここまでの雨は想定外。
今週で終われそうだったT邸の建屋南側の庭工事もこの雨で足止め状態だ。
b0133243_20575668.jpg

あと一歩でゴールがラインがくぐれない。ヤキモキします。

梅雨明けはなんだったのだろう?
本当に早くやんでくれないものか。
雨の庭を見ながらため息が出ます。

でも、お天道様には逆らえない。焦らずじっくり待つしかない。

そんな時は、建屋北側の夏色の庭でも見てリラックス。
b0133243_20575947.jpg

2016年に作庭した北側の庭。
2度、冬を越した植物たちはやっと本来の個性的な姿を現してきた。

昨年は小さかった ” ヤナギラン "。
b0133243_20580151.jpg

今年は十分な高さに伸びて、夏色ピンクの花を咲かせている。

優しい花姿が炎天下には涼を運び、雨の日には煌めく光を連れてくる。
優しい風にユラユラする姿がなんとも可愛い。
暴力的に増えるのだけがちょっと困りものだけど、明るく広いスペースに群生させることができるなら、それは見事な景色をつくってくれる。

ヤキモキした気分をスッと浄化してくれる、夏色ピンクのヤナギラン。
b0133243_20580351.jpg

使い方次第なのだけれど、高原の夏にはオススメです。





by eilakuyagarden | 2018-07-06 21:04 | 野草の暮らし | Comments(2)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








妖精の舞 ” ミツバシモツケ ”

小さな白い妖精がふわふわと舞い踊っているような花姿。
b0133243_19581638.jpg
可愛いですよね。

春と初夏の間。
ちょっと花が少なくなるこの季節。
緑の葉が重なるボーダー花壇の中で満開になった ” ミツバシモツケ "。
b0133243_19554678.jpg

日本の野草ではなくて、北アメリカが自生地。
でも、ミツバシモツケは、日本のナチュラルな庭にもよく似合う。
b0133243_19554748.jpg

花も葉もとっても優しい。

梅雨の雨もよく似合う。
b0133243_19555796.jpg

白い妖精達の美しい舞は、今が見頃です。









by eilakuyagarden | 2018-06-16 20:00 | 野草の暮らし | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








矢車 に込めた思いのように

去年(2017年)の六月初旬。
2012年に植えてから、5年かかってようやく一輪の花を咲かせた ” ヤグルマソウ ” 。
b0133243_23511791.jpg
やっとみられたこの花に昨年は感動をもらった。


そして、今年のヤグルマソウ。
b0133243_23512543.jpg
葉の形が鯉のぼりの柱の頂につけられた「矢車」に似ているからと、名前の由来にもなった巨大な葉っぱ。5枚の小葉が手のひらを大きく開いたように広がった葉は大きいものだと外接円の直径が50㎝にもなった。昨年よりも一回り大きくなり、数も増えて、ここの群落もさらに大きくなった。う〜ん、見事だ!


そして、1m近く伸びた花の茎の先に咲いた花。
昨年一本だけだった花は、今年、6本になった。
b0133243_23512070.jpg

昨年よりも大きな花序には、小さな白花がたくさん咲いて、見事な花姿をつくる。
b0133243_23512830.jpg
b0133243_23513131.jpg


先端がクルンって丸まった姿が愛らしいでしょ。
b0133243_23513541.jpg

適度な湿り気と強い日差しを避けられる環境でないとここまで株が大きくなることも、巨大な葉も、ましてや沢山の花なんて見ることはできない。でも、植物自体はとっても強いので、都会の暑い花壇でも、厳しい日光が避けられるのなら、綺麗な葉っぱを毎年楽しむことはできる。

花でなく葉を楽しむ植物として使うことが可能だから、実際、厳しい都会の環境の中でも良く使われていますけど...。

だけど、やっぱりこういう植物は、植物が心地よく暮らせて、大きく、元気に育って、仲間を増やせて、綺麗な花をイキイキとつけられる環境でこそその個性が生きると思うんですよ。
b0133243_23513097.jpg
大きなものは大きく、小さなものは小さく、無理なく自然に育てることができるような場所。そんな場所を選んで育てて欲しい、植えて欲しい。そう思うんですよ。

さて、来年はいくつの花がつくだろう。
b0133243_23513372.jpg

その名前の由来にある矢車に込められた、健やかな成長への願いのように、また一回り大きく元気に育って欲しいな。







by eilakuyagarden | 2018-05-26 23:59 | 野草の暮らし | Comments(2)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








大っきくなちゃった!

3月末。とある庭の一角。
雪どけをまって、純白の仏炎苞をたてる姿が印象的な " 水芭蕉(ミズバショウ)" 。
b0133243_20530615.jpg
早春の水辺の妖精という感じをもっている人がほとんどだと思います。

しかぁ〜し!
花も終わるとビックリ。

大きくなっちゃった!
b0133243_20530357.jpg
周りのスゲやショウブも大きくなってきているけれど、水芭蕉の姿の変貌ぶりには知っていても驚かされる。その名前の由来どおりに、芭蕉のような巨大な葉である。スタッフに横に立ってもらえばその大きさが良くわかる。身長156㎝ぐらいのスタッフの腰ぐらいまで大きくなった巨大な葉っぱ。う〜ん、凄い!

巨大化した葉を見ると、これがミズバショウなの?って驚く人は多い。
もはや早春の可憐さは皆無。
群生地では花も終われば、美しい景色というよりは恐竜の時代を思わせるようなちょっとオドロオドロしさすら感じる。

特に今年は抜群に綺麗な形のまま大きくなったから、その迫力は見事としか言いようがない。

まあ、この姿を知っているから、余計に早春の姿が可憐にも見えるのだけど。

大っきくなっちゃった姿も水芭蕉の個性。
覚えておいてあげてください。








by eilakuyagarden | 2018-05-24 21:01 | 野草の暮らし | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








エールを送る 満開 ” カタクリ "

永楽屋ガーデンの新しい仲間たち。
世間よりちょっと遅いけど、昨日が初出勤日。
b0133243_23500986.jpg

これまで軽井沢で作庭してきたから沢山のお庭を巡って、まずは庭、植物とじっくり、どっぷり向き合っていく。あまりに沢山の植物と接していかないといけないので、はじめは戸惑いが大きいと思いますが、きっとすぐに仲良くなれるはず。

自然を愛し、季節を愛でる心。
なんでも興味を持って向き合っていく精神力。
そして、なによりも、ありったけの笑顔で毎日庭と向き合って欲しいな。


そんな仲間を迎えてくれた10年目のK邸の庭。

成熟した庭で新しい仲間達を迎えてくれたのは、満開のカタクリ。

b0133243_23501479.jpg

10年前植えた時はまだまだ隙間の多かった場所も、今では零れ種で増えたカタクリが隙間なく広がり美しい景色を作っている。

b0133243_23501265.jpg

綺麗だなぁ。

b0133243_23501632.jpg

『さあ、頑張れ!』って カタクリ からのエールが聴こえてくる気がします。

今は見ているだけの庭の景色だけど、いつか自分のイメージで庭を作り育てて欲しい。
自然と庭と対話できる、素敵なガーデナーに育って欲しい。

そして、新しい庭を、また次の世代につなげていけたなら素敵だなぁ。

繋いでいく庭。
そこでも、きっと、こんな満開のカタクリが迎えてくれるはず。

みんな、頑張れ!







by eilakuyagarden | 2018-04-13 00:02 | 野草の暮らし | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








モゾモゾ、ソワソワの春

まだまだ3月なのに、今日の軽井沢は春本番の陽気。
この時期にここまで暖かくなるとちょっと体の調子が狂ってしまう。

植物たちはどうなんだろう?
平気なのかなぁ?
なんだか心配になります。

昨日は三月三日。 桃の節句。
男三人兄弟だったので、お雛様とは縁遠い暮らしでしたが、昨日立ち寄ったお店で飾られていた段飾りをみると、日本の暮らしはいいものだなぁってしみじみ思いました。

とはいえ、流石に軽井沢では桃が開花するほどには暖かくなっているわけもなく、木々の冬芽は固い衣を纏ったままで、春本番をじっと待っています。


でも、庭の中で陽あたりの良い地面には小さな春の野草がもう花を咲かせています。

2月には咲き始めたスノードロップが庭で満開に。
b0133243_21530308.jpg

毎年春一番に清楚な姿を見せてくれて、何も無い冬の庭を明るく元気にしてくれます。




そして、春二番手で庭を彩るのが、小さな小さな ” セツブンソウ " の花。
b0133243_21530712.jpg

本当に小さくて、セツブンソウ を探す眼にならないとなかなか見つけられません。
でも、一度目が慣れ、その姿が捉えられたのならば、腐葉土の布団を押しのけて、葉を広げ、花を咲かせた セツブンソウ が庭のあちこちで背伸びしているのがわかります。

春の訪れを知らせてくれる野草たち。

モゾモゾ、ソワソワの春!

そろそろ、庭も僕もせわしなくなってきました。









小さい春、みーつけた!



by eilakuyagarden | 2018-03-04 21:58 | 野草の暮らし | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








早起きの スノードロップ!

んン?  春?

って勘違いしそうな暖かさ。
まだ1月半ばなのに、国道18号線沿いの温度計は +10℃ を表示。
軽井沢でですよ。
信じられない暖かさです。
風もないので、日差しの下では体感はもっと暖かい。

ここまで暖かくなると体がウズウズして外に出たくなる。
それは、人間も植物も同じに違いない。
こうなるとジッとしていられない。
庭に花を見つけにいきたくなる。

だから行ってみた。

そう、今時期なら「セツブンソウ」か「スノードロップ」のどっちが先か。例年ならまだまだだけど、結構晴天な日が続いていたからもう顔を出している子もいるはずです。

で、待ちきれなくて顔を出していたのは、こちら!!

b0133243_15370564.jpg

そう、スノードロップ。
でも、顔を出していたのはこの一輪だけ。
やはり、そこまで勘違いな子も沢山はいませんでした。

セツブンソウはまだまだフカフカの腐葉土の下で睡眠中。
目覚めはもう少し先ですね。

この暖かさも今週末まで、来週はまた真冬に戻ります。

早起きのスノードロップ!
風邪ひかないようにきおつけてください。







by eilakuyagarden | 2018-01-16 15:38 | 野草の暮らし | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ











  長野,軽井沢,岐阜 風景に溶け込む雑木の庭自然な庭造りと里山園芸
by 永楽屋garden
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
about 永楽屋garden
山野草、雑木、愛すべき日本の里山風景。そんな自然な庭を愛するあなたへ...

人と自然、植物が触れあえる“ 住まう庭づくり ”


永楽屋garden では...
そこにある自然を生かしたナチュラルガーデンのデザイン、施工、メンテナンスを行っています。

「花木と語らう緑の園芸教室」も不定期に開催。
ガーデニングの基本、お庭、植物と触れ合う楽しさをお伝えしています。


長野県, 軽井沢, 八ヶ岳, 岐阜県で主に活動していますが、ご依頼があれば日本全国どこへでも伺います。まずはご相談くださいね。

お庭造りに関するご相談
お問い合せはこちらまで

mail:
eilakuya_garden@polka.ocn.ne.jp
Tel/Fax:
0267-32-0253
Mobile:
090-2346-6877
※日中は不在にしていることが多いので、mail,Mobileでのお問い合わせが確実です。

カテゴリ
全体
永楽屋ガーデン
息抜き
里山林の庭
岐阜の庭
庭造りいろいろ
木の物語
野草の暮らし
失われゆく植物たち
インドアグリーン
浅間山
散歩道
追分宿の庭
園芸教室
大山桜を守る会
イベント
メディアなど
スタッフ募集
未分類
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧