T邸南側:森の庭づくり 〜はじめの一歩〜

森の庭づくり。
ここの庭に関わりはじめたのは2015年の早春だった。
b0133243_19291768.jpg

建屋周りの庭空間一面に生えるクローバーと大量のホスタが庭を占拠し、混み合った庭木が空間を圧迫する。
素敵な既存木があるのに何故?

どう手を入れて良いのかわからなくなり、春から秋は庭に出たくないし出られない。
草花が枯れ、真っ白な雪に覆われた冬だけが癒しの庭。
一応、建物の建設時にデザインされ、作庭された庭である。

勿体ない。施主様とお話しした時一番にそう思った。
そして何故?とも思った。

素敵な空間があるのに、ちゃんと計画して、土を作り、光を落とし、草木を適切に置いてあげれば絶対素敵な庭になる。
次にその思いが込み上げた。

いい庭にしてあげたい。

一年を通じて庭に関わり、庭の草木、環境、土を理解する。
そこから始める。

2015年の6月末。
夏も近くなると手放し状態だった庭はその凶暴性を現わす。
b0133243_19302632.jpg

クローバーが庭を埋め尽くし、背の高いヨモギがあちこちで壁となる。
b0133243_19302947.jpg

地面はオオバコやタンポポ、ありきたりの草で覆われる。
巨大になった大量のホスタが庭と空間を圧迫し、庭をより一層狭く見せる。
足の踏み場もない。確かにこれでは庭に出たくもなくなって当たり前。

でも、よく観察すると良い野草も沢山いる。

こうやって庭に対する理解を深めていく。

そう、まずはクローバーを駆除し、残すべき草と取り除くべき草を分けていく。でも大量のクローバーを全て抜くのはちょっと骨が折れる。
この時、先に北側の庭を作庭することにしていたから、北側の庭は手作業でコツコツクローバーを駆除しはじめていて、南側の庭まで全て同じようにやるには時間も人も足りなかったからだ。

だから、こうした!
b0133243_19304275.jpg

樹木の株元だけを丁寧に手作業で草取りする。
残ったクローバーは地上部を地際まできつく草刈りする。
そして庭全体に防草シートと麻袋を敷き、地上部に光が当たらないようにしっかり遮光してしまう。
b0133243_19310564.jpg

2018年の作庭まで約3年このままで放置して、暴力的に増えてしまったクローバーを駆除する。
時間と忍耐。

一応、この間も庭を庭として楽しめるように、シートを張らずあけておいた樹木の株元に野草を植栽して小さな花壇を作った。
お客様にとっては我慢の日々。
慣れてくると「このままでも良いかもね」などという気にも正直なったりした。

こうやって気長に信じて、待っていただけた3年。
お客様に感謝。

そして、2018年5月末。
いよいよ、作庭開始。

まずはこの3年間、防草シートで覆われた庭を楽しませてくれた野草たちのお引越し。
b0133243_19314754.jpg

庭ができるまで、ちょっと別処にいてもらう。
b0133243_19313613.jpg

大量のホスタに、僕たちが植えた山野草。皆で手分けして掘り上げて運び出す。
思った以上に沢山あって引越し先は満員御礼。

現場が綺麗になって、サッパリした。
b0133243_19314309.jpg
b0133243_19315454.jpg


綺麗に整えたら、さあ、いよいよ防草シートを外してみようか。
b0133243_19320427.jpg

ちょとドキドキする。

3年経っても麻袋はまだ原型をとどめていた。
b0133243_19320701.jpg
まだまだ使えるように見えるけど、持ち上げるとボロボロと崩れる。
b0133243_19321583.jpg

再利用は無理だね。諦める。

防草シートと麻袋を綺麗に剥がした庭。
b0133243_19322175.jpg


クローバーはすっかり消えて綺麗な地面が姿を表した。
b0133243_19323584.jpg

分かっていたけど、やっぱりこの姿を見るまではドキドキした。
そしてホットした。

b0133243_19323877.jpg
庭の下ごしらえ完了です。

森の庭づくり。

さあ、ここから。
はじめの一歩。

ここからイメージを形に、四季を通して楽しんでもらえる庭へ!











by eilakuyagarden | 2018-07-10 19:48 | 里山林の庭 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








<< 夏の涼を誘う花「ナツツバキ」 それでも、それでも >>



  長野,軽井沢,岐阜 風景に溶け込む雑木の庭自然な庭造りと里山園芸
by 永楽屋garden
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
about 永楽屋garden
山野草、雑木、愛すべき日本の里山風景。そんな自然な庭を愛するあなたへ...

人と自然、植物が触れあえる“ 住まう庭づくり ”


永楽屋garden では...
そこにある自然を生かしたナチュラルガーデンのデザイン、施工、メンテナンスを行っています。

「花木と語らう緑の園芸教室」も不定期に開催。
ガーデニングの基本、お庭、植物と触れ合う楽しさをお伝えしています。


長野県, 軽井沢, 八ヶ岳, 岐阜県で主に活動していますが、ご依頼があれば日本全国どこへでも伺います。まずはご相談くださいね。

お庭造りに関するご相談
お問い合せはこちらまで

mail:
eilakuya_garden@polka.ocn.ne.jp
Tel/Fax:
0267-32-0253
Mobile:
090-2346-6877
※日中は不在にしていることが多いので、mail,Mobileでのお問い合わせが確実です。

カテゴリ
全体
永楽屋ガーデン
息抜き
里山林の庭
岐阜の庭
庭造りいろいろ
木の物語
野草の暮らし
失われゆく植物たち
インドアグリーン
浅間山
散歩道
追分宿の庭
園芸教室
大山桜を守る会
イベント
メディアなど
スタッフ募集
未分類
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧