イカリソウ
b0133243_063382.jpg

ジューンベリーの木陰でしっとりと雨に濡れたキバナイカリソウ。
ハート型の葉っぱが可愛らしい植物。春の新芽は透き通る黄緑に、赤みがかった模様が入り、とても綺麗。雨の雫がついた姿は特にキュートです。僕のお気に入りの植物の一つです。
b0133243_064875.jpg
b0133243_0204971.jpg

イカリソウはメギ科の多年草で、花の形が和船の錨(いかり)に似ていることから、この和名がつきました。この花、面白い形をしていまよねぇ。この形には自然界で生き抜くための秘密が隠されています(そんな、大げさではないか)。
イカリソウの花の、四方に突き出た角のような部分を「距(きょ)」と言うそうです。この部分は袋状になっていて、中に甘い蜜が含まれています。花粉を媒介する昆虫をおびき寄せるための作戦です。まんまとおびき寄せられた虫達は、花から花へと花粉をつけて飛び回り、無事に種子がつくられます。子孫を残すための工夫なんですね。実は種子にも秘密が...。それは、また別のお話(ドラマ“王様のレストラン”より)。
というわけで、植物たちは子孫を残し、生息分布を広げるため、自らに工夫を凝らし、虫や風、鳥等を上手く利用し、自然と共生しているんです。植物の不思議な生態を知れば知るほど、自然の支配者たろうとする人間とは、なんて愚かな生き物なんだろうと思い知らされます。
人間も自然の一部です、自然と共生できる道、自分の出来る範囲で、自分なりに見つけていこう。
# by eilakuyagarden | 2008-04-23 00:29 | 岐阜の庭 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








困った虫たち
植物の芽吹きの季節は、ちょっと困った虫たちが動き始める季節でもある。無農薬で育つ庭は、虫たちにとっても天国。岐阜の庭でも、既に沢山の虫たちが活動中。虫嫌いな人は、ご遠慮下さい。
b0133243_1911293.jpg
これは、刺さない毛虫“オビカレハ”というガの幼虫。無毒で、毛も柔らかく、刺さないのに、りんごの枝の股にテントを作って群れるその様子がどくどくしくて、歓迎されない毛虫。とわいえ、大発生すると、りんごの木は丸坊主にされます。
刺す毛虫の代表といえば、チャドクガとイラガ。庭仕事の大敵。チャドクガに刺されると蕁麻疹のように皮膚が赤く腫れ、かゆくてたまりません。刺され過ぎると熱もでて危険です。今時期は、一枚の葉裏に群れていますから、大きなビニール袋に葉や枝ごと切り落とし、口をきつく結んで捨ててください。イラガは葉裏に隠れる、緑の忍者。刺されると、とにかく痛い。昔から、イラガに刺された時「シカっとするって」いいますが、この表現ぴったりだと思いません?僕だけかな。痛みは比較的早く引きますが、とにかく、痛いのでご用心を。
b0133243_19112834.jpg
こちらは、モクセイ科の植物を好んで食害し、特にオリーブの木に加害する“オリーブアナアキゾウムシ”。樹の内部に食い入る最も問題な虫。見つけて捕殺するしかありませんが、硬い殻がオリーブの樹皮にそっくりで、忍者のようにオリーブの幹に溶け込んでいます。こいつに食害されたオリーブはこの通り穴だらけ。
b0133243_1911488.jpg
でも、こんな虫たちのお陰で、それを餌とする、蜂、カマキリ、トカゲ、ヤモリ、鳥達がたくさんやってきます。いろんな生き物が共生し、自然の循環が成り立っているこの庭、バランスのよい僕の理想の庭になってきてます。
# by eilakuyagarden | 2008-04-21 19:17 | 岐阜の庭 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








ヤマブキ(山吹)
b0133243_153052.jpg

枝垂れた枝に、たくさんの山吹色の花をつける“ヤマブキ”。
僕の大好きな花の一つです。実家の庭のヤマブキは八重ヤマブキ。一重咲きのヤマブキの園芸品種。
ヤマブキの魅力はなんといっても、その花色。鮮やかでありながら、独特の深みのある黄金色を山吹色と云い、日本独特の和色の一つです。大きく張り出し枝垂れた緑の枝に、たくさんの山吹色の花をつけ、風に揺れる姿は本当に素敵です。和名の山吹は、そんなしなやかに風に揺れる姿に“山振”と名付けられたところからきています。

b0133243_151345.jpg

ヤマブキと最初に出会った場所は、京都の松尾大社。松尾大社は酒造りの神様。境内は酒蔵の酒樽が沢山奉納されています。
日本酒好きの僕が、漫画“夏子の酒”で松尾様を知り、松尾大社を訪れたのは、十数年前のちょうど今時期。境内を流れる水路の両脇に咲く、満開の八重ヤマブキに感動。周りの景観と見事に調和したその花姿が一目で好きになりました。本堂の奥の山の斜面にも、一重、八重のヤマブキに白ヤマブキが群生し、見事な景観を作り出しています。京都に行ったら、一度訪れてみてください。
# by eilakuyagarden | 2008-04-21 01:11 | 岐阜の庭 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ











  長野,軽井沢,岐阜 風景に溶け込む雑木の庭自然な庭造りと里山園芸
by 永楽屋garden
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
about 永楽屋garden
山野草、雑木、愛すべき日本の里山風景。そんな自然な庭を愛するあなたへ...

人と自然、植物が触れあえる“ 住まう庭づくり ”


永楽屋garden では...
そこにある自然を生かしたナチュラルガーデンのデザイン、施工、メンテナンスを行っています。

「花木と語らう緑の園芸教室」も不定期に開催。
ガーデニングの基本、お庭、植物と触れ合う楽しさをお伝えしています。


長野県, 軽井沢, 八ヶ岳, 岐阜県で主に活動していますが、ご依頼があれば日本全国どこへでも伺います。まずはご相談くださいね。

お庭造りに関するご相談
お問い合せはこちらまで

mail:
eilakuya_garden@polka.ocn.ne.jp
Tel/Fax:
0267-32-0253
Mobile:
090-2346-6877
※日中は不在にしていることが多いので、mail,Mobileでのお問い合わせが確実です。

カテゴリ
全体
永楽屋ガーデン
里山林の庭
インドアグリーン
木の物語
息抜き
岐阜の庭
大山桜を守る会
追分宿の庭
庭造りいろいろ
園芸教室
浅間山
散歩道
イベント
野草の暮らし
メディアなど
スタッフ募集
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧