庭の変遷(里山林の露天風呂)
先週末、愛知県から遊びに来た友人達と亀清旅館に泊まりました。昨年施工した露天風呂の庭を見ながら、源泉掛け流しの心地良いお湯に癒されていると、以前ここがプールだったとはとても思えません。頭の中に庭造りの変遷が浮かんできます。友人達には見えなかった僕の頭の中の回想を、今日は写真で紹介します。
2007年の7月、今、露天風呂のある場所は、使われなくなったプールがまだ寂しい姿をあらわにしていました。
b0133243_2034412.jpg

露天風呂を亀清旅館の青い目の若旦那タイラーさんが手作りし、僕がその周りの庭をデザインして作庭します。日米合作の露天風呂。テーマは里山林に囲まれた露天風呂。有機無農薬の庭で沢山の生き物が共生する自然の中の露天風呂です。
b0133243_207499.jpg
b0133243_2074381.jpg

田土に、腐葉土と有機肥料をたっぷり鋤き込んで土作り。川石でアプローチをつくり、盛り土をして、四季を感じる事ができる沢山の樹木を植え、多くの多年草を植栽しました。
b0133243_20125725.jpg
b0133243_20133344.jpg

そして、2008年の春、以前のプールは、こんなにも緑豊かな里山林の露天風呂に生まれ変わりました。
b0133243_20141973.jpg

大きな露天風呂ではないけど、若旦那のおもてなしの心が沢山つまった手作りの露天風呂。優しいお湯につかり、温泉街の中にある里山の風景を味わいに来てください。


■亀清旅館

http://kamesei.sakura.ne.jp/

# by eilakuyagarden | 2008-05-14 20:28 | 里山林の庭 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








おじいさんの林とヤマユリ
b0133243_2011872.jpg

ここ数日冬に逆戻りの寒さ。暖かさに慣れた身体には応える寒さだ。
それでも、お昼前の晴れ間に見えた5月の浅間山。どんどん緑が濃くなっている。
畑では、3月末に植え付けていた高原レタスが、もうこんなに大きく育っている。この時期の植物の成長は本当に早い。少し見ないうちに大きく様変わりする。
そうだ、おじいさんの林はどうなっているかな?と思い立ち、軽トラを走らせ林に向かった。

b0133243_2023176.jpg

3年前に始めて入った林は、おじいさんの植えたモミの木が陽の光を遮り薄暗く、落葉樹も針葉樹も下枝が枯れ上がり、下草がもやしのようにひょろひょろ生えていた。モミやスギの木を毎年少しずつ間伐したり、昨年の台風で沢山の木が倒れたおかげで、林の中に陽の光が入るようになり、もみじ、コブシ、コナラ、山桜、ダンコウバイ等の広葉樹が生え、林床の植生が蘇ってきた。その証拠がこれ“ヤマユリ”である。

b0133243_2035078.jpg

ヤマユリは日本特産のユリであり、その美しさは、まさにユリの王様。2年前には2〜3本しか生えていなかったヤマユリ。日が射すようになって、林の中のあちらこちらに生えて来た。
b0133243_204385.jpg

コナラの株元にはヤマユリの一枚葉が沢山生えている。2年前、この辺りにヤマユリの種をばら撒いた。落ち葉が厚く堆積したフカフカの腐葉土のベットの中で、すくすく育ったヤマユリの種。今年、こんなに沢山発芽してくれた。
開花までにはあと3年くらいかかるが、毎年元気に育って必ず開花するはずだ。楽しみに待ちましょう。

b0133243_20114741.jpg

ヤマユリも絶滅危惧されている植物の一つ。里山の手入れが行き届かなくなって生育に適した明るい林が激減したり、花の美しさに魅せられた心ない人々によって大量に掘り採られたりして、年々その自生地は減少している。ヤマユリは生育環境適応性が非常に小さい植物。庭に植えても、自生地の生育環境に近い環境が造れないと上手く育たず、消えてしまいます。自生地でも、樹木や下草が茂りすぎて林の中に日光が差さなくなると、茎立ちしなくなり、球根のままで10年〜20年も生き続けます。しかし、生い茂る樹木が伐採され、下草が刈り取られて林床に光が入るようになると、眠っていたヤマユリは一斉に生育し、開花します。
ヤマユリの開花は、林に人の手が入り、健全な植生が再生されたバロメーターの一つ。少しずつ回復しつつあるお爺さんの林。これからも守り続けて行きたい里山の林。
# by eilakuyagarden | 2008-05-13 20:35 | 里山林の庭 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








道端
b0133243_18553388.jpg

庭畑につづく砂利の小径。
石組を覆う黄緑色のセダムの中から、こんもりと育ったオダマキが奇麗な薄紫色の花を咲かせている。

b0133243_18554333.jpg

その横に黄色い花が3株。なんだろう?奇麗な道草だ。

b0133243_1856082.jpg

もう少し上の生け垣の下。コゴミが芸術的な姿で、奇麗なライムグリーンの葉を開こうとしている。
いつもなにげに歩いている道端、足しても、引いてもいけない自然の造形の美しさ。
脱帽。
# by eilakuyagarden | 2008-05-12 19:03 | 永楽屋ガーデン | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ











  長野,軽井沢,岐阜 風景に溶け込む雑木の庭自然な庭造りと里山園芸
by 永楽屋garden
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
about 永楽屋garden
山野草、雑木、愛すべき日本の里山風景。そんな自然な庭を愛するあなたへ...

人と自然、植物が触れあえる“ 住まう庭づくり ”


永楽屋garden では...
そこにある自然を生かしたナチュラルガーデンのデザイン、施工、メンテナンスを行っています。

「花木と語らう緑の園芸教室」も不定期に開催。
ガーデニングの基本、お庭、植物と触れ合う楽しさをお伝えしています。


長野県, 軽井沢, 八ヶ岳, 岐阜県で主に活動していますが、ご依頼があれば日本全国どこへでも伺います。まずはご相談くださいね。

お庭造りに関するご相談
お問い合せはこちらまで

mail:
eilakuya_garden@polka.ocn.ne.jp
Tel/Fax:
0267-32-0253
Mobile:
090-2346-6877
※日中は不在にしていることが多いので、mail,Mobileでのお問い合わせが確実です。

カテゴリ
全体
永楽屋ガーデン
里山林の庭
インドアグリーン
木の物語
息抜き
岐阜の庭
大山桜を守る会
追分宿の庭
庭造りいろいろ
園芸教室
浅間山
散歩道
イベント
野草の暮らし
メディアなど
スタッフ募集
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧