僕の道を歩く!

日々暮らす長野から、岐阜に帰省して一週間。

慣れない暑さやらもあって、今年前半の疲れが一気に吹き出し心身ともに疲弊していた。蒸し暑すぎてエアコンの効き過ぎた部屋に籠って思考も停止状態。

こんな時間もないからいいんですって自分に言い訳していたけど、なんだか自分がどんどん腐っていく気がして、こんな時はやっぱりブワぁっと汗かかないと、動かないと、歩かないと!

やっぱり僕には考えるより、動けなのです。
そう、動かないと、緑と触れ合っていないとどうも自分らしくないのです。

で、いつもの散歩道をゆっくり歩く。


” 大木 ”
b0133243_21074634.jpg

各務原市民公園のメタセコイヤの林たち。
大きな木に寄り添うと心身ともに癒される。
b0133243_21074973.jpg

まっすぐに伸びたこの大木を見ていると、僕も思うままにまっすぐ生きなきゃと思う。

やっぱり大きな木はいいなぁ。
ちっぽけな自分を優しく包み込んでくれる。
b0133243_21074253.jpg

なんでも言ってごらん!って囁かれているような気がして、
言葉を交わさないおしゃべりを楽しむ。

そして、また歩く。
学びの森の広大な広場へどんどん歩く。


” 雨宿り ”

雨雲。
少しどんよりした空。
いきなり降り出した雨。
b0133243_21153738.jpg
みな大慌てで大木の傘の下へ駆け込む。


大はしゃぎする子供達を大木は優しく見守る。
b0133243_21150401.jpg


僕も大イチョウの木の下へ。
b0133243_21164657.jpg

見上げる。
大きな枝が幾重にも重なる。
b0133243_21223406.jpg

なんだか優しく包み込まれてあったかい。
なんだろう、この安心感。
いつも軽井沢の森で働いている時の感じ。
一つ一つの枝に見守られているような...。

心がスーッと落ち着いていく。

大きな幹にもたれかかって、しゃがみこむ。
心地いいなぁ。

言葉を交わさない会話を楽しんで、ボーッと遠くを見つめて。
そんな時間が心地いい。

草の斜面が明るくなって、太陽が顔を出した。
b0133243_21235439.jpg

風に乗って雨と草の香りが漂う。
自然に包み込まれる。
ここから動きたくないなぁ!

けど、歩きだす。


” 青空 ”

雲が晴れて、風が乾いた空気をはこんできた。
青空が爽やかさをつれてきた。
b0133243_21310150.jpg

森の木々が一気に動き出した気がする。
下がっていた水を吸い上げるような、そんな勢いを感じる。

緑がまぶしい。

大木、緑、雲と青空。
b0133243_21333398.jpg

この景色だけあったら何にもいらない。
ビルなんていらない。
やっぱり都会には暮らせないなぁって思う。

そして、また歩く。


” 水 ”

水辺。
b0133243_21450711.jpg
なんだろう、やっぱり水辺は心安らぐ。
渇きを癒してくれる、そんな安心感がある。

水があるから緑も育ち、木々も大きくなれる。
水が万物の命を支えてくれている。
たぶん、その安心感なんだろうなぁ。

水辺で遊ぶ親子。
b0133243_21451338.jpg

水辺にはそんな微笑ましい風景が広がる。
いつか、僕も、こんな広大な水辺の景色を作ってみたい。
たくさんの笑顔が集うように。

そうだね。
この景色を創るために、歩かなきゃ。
まっすぐに、一途に!
b0133243_21451840.jpg

もとめてくれる人達がいる。

だから、自分を信じてまっすぐに歩き続けなきゃ。

庭づくりの道を!
僕の人生を!




# by eilakuyagarden | 2017-08-12 21:57 | 散歩道 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








緑に包まれて

光と影

緑に染まる木立
b0133243_20483432.jpg

丁寧な仕事が見えるお庭


たまにはこんな景色に包まれてみるのもいいなぁ


日本庭園の美しさ
b0133243_20483048.jpg
魅了されます





# by eilakuyagarden | 2017-07-17 20:50 | 息抜き | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








なにおもう 月

月明かり

気持ちが安らぐ

b0133243_23203262.jpg

この月みて なにおもう

うん、いい月だ!





# by eilakuyagarden | 2017-07-10 23:21 | 息抜き | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








木漏れ日パラソル

梅雨の晴れ間

パラソルを濡らす雨もひと休み

お日様が木の葉の影を落とし、揺れるパラソルに降りそそぎます

b0133243_21245782.jpg

木漏れ日パラソル

あ〜した天気になぁ〜れ!





# by eilakuyagarden | 2017-07-09 21:25 | 息抜き | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








朽ちた木柵とカシワバアジサイ

ようやく梅雨らしい雨が降りました。
年々季節感が薄れていくような気がしますね。

昔は梅雨といえばシトシトと雨が降り続き、紫陽花の葉の上にカタツムリっていうのが梅雨の風景だったよなぁ。
それが今では、梅雨の雨も豪雨となり、土砂災害が心配になるほどの降り方。葉の上をのんびりと移動するカタツムリの姿を見ることも稀になってきました。ここ数年見たことがないんじゃないのかなぁ。なんだか寂しいですね。

雨の振り方は変われども、やはりこの時期に元気なのは ” アジサイ ” ですね。
やっぱりアジサイには雨が似合います。


岐阜の庭にはいろいろなアジサイがいますが、色褪せた枕木の木柵とカシワバアジサイの組み合わせがとても綺麗で、僕のお気に入りです。
b0133243_18191697.jpg

ここ数年で灰色に色褪せてボロボロになってきた木柵。
作庭から15年も経っているのだから木柵としての姿を長く保っている方です。


木柵に寄りかかって花房を垂れた ” スノーフレーク ” 。
b0133243_18192685.jpg

緑の葉と八重咲きの花がとてもいい雰囲気です。


その後ろには 一重咲きの白花が円錐形にまとまった ” スノークィーン ” 。
b0133243_18192304.jpg

もうこの場所で15年暮らしていて、本当に立派な株に育ちました。
b0133243_18192056.jpg

スノーフレークが横に広がり、木立性のスノークィーンが高さを出しているから、まるで一株に見えます。特徴の違うカシワバアジサイを上手に配置できれば大きな空間を豪華に彩ってくれます。どちらも高さ30㎝くらいの小さな株でしたが、長い年月をかけてこの場所をスッポリと覆い隠す大株にまで育ちました。地植えにするとこんなに大きな株に成長しますから、寂しいからといって沢山植えないでくださいね。

朽ちた木柵とカシワバアジサイの大きな緑と綺麗な白花。
僕が寄りかかれば壊れそうな木柵なので、危ないからそろそろ直したいのだけれど...。

b0133243_18190691.jpg


この色合いがとても素敵で、時を経た枕木と木板の美しさが庭の植物を引き立てるから、どうも直す気にはなりません。風雨にさらされ、時に削られたこの風合いはやはり人工的には出せません。今が一番素敵だもの!

勝手に朽ち果てるまで暫くこのままにして、優しく寄りかかる植物たちをもう少し楽しもうかなって思います。

時を経た庭の美しさを、もっともっと感じていたいなぁ。






# by eilakuyagarden | 2017-07-01 18:31 | 岐阜の庭 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








いい顔してる!

庭を作る時、数年先の庭の顔を考えて植物を植える。
季節ごとに、高さを変え、彩を変え、花を変える、庭の顔。

それを見つけてあげるのもガーデナーの仕事。


この庭はいつの季節に一番いい顔を見せてくれるかな。
成長した庭を見て、思い描いた顔を見つけられたら、僕の顔も笑顔になる。

この庭のいい顔はここだよなぁ!
b0133243_22420640.jpg
クガイソウ、ヒマラヤユキノシタ、ユキノシタ、ホタルブクロ、ブルースゲ、マルバノキ、などなど。 いいね。いい庭になってきた。

イブキジャコウソウが輝いて、ホスタを優しく包み込む。
b0133243_22420321.jpg
こんな景色を見ていたら、きっとみんな笑顔になれるよね。

うん、いい顔してる!








# by eilakuyagarden | 2017-06-28 22:49 | 里山林の庭 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








つないでいく庭へと...

2002年、まだ会社員だった頃から独学で始めた庭づくり。
今では庭づくりが職業になり、僕の理想の庭づくりをさせていただけている。

これまでの道のりは長く、そして辛いこともあったけど、それ以上に楽しい思い出の方が多い。

岐阜の庭はそんな僕の庭づくりの思いをいっぱいに詰め込んだ大切な庭。
b0133243_22285028.jpg

独学でいろいろやるには、本やテレビで見聞きしたことを実践する場所が必要になる。得た知識を自分なりの解釈で噛み砕き、それが通用するのか?何が正しくて、何が自分にとって必要な情報なのか?前職が研究員だったこともあって、自分で研究テーマを決めて探求するのはとても楽しい作業だった。

最初は当時はやりのイングリッシュガーデンからこの庭は始まった。
b0133243_22294108.jpg

とにかくバラ、バラ、バラ。
バラとハーブに囲まれた庭だった。

バラを綺麗に咲かせるために、完全防備で夜中に農薬を散布して病害虫を防ぎ、そのおかげで気分が悪くなることも度々。

教科書通りに肥料をやり、剪定をして、確かに毎年綺麗にバラが咲き誇っていた。

でも、その一方で、花のために散布する薬剤は、虫や小動物を殺していく。無理矢理作る美しさというのは、アンバランスな自然の上に成り立っていて、それがどんどん過剰になると、庭全体もアンバランスになっていくし、なんだか自分自身が息苦しくなってくる。

だから、まず農薬をやめた。
そしたら、バラに悪い虫が増えて、バラは虫食いだらけになった。
花数も減った。

でも、その代わりいろいろな虫が増え、益虫も増えていった。
b0133243_22323077.jpg

今までこなかった蝶が何種類も来るようになり、トンボもやってくるようになった。夏にはウルサイくらいにセミが増え、ハチもやってきて巣を作る。虫を追いかけていろいろな鳥もやってくるようになった。

手をかけすぎないと花を咲かせないいくつかの植物は枯れて消え、その代わり日本の山野草が自生地さながらに育つ庭へと変わっていった。

木々がどんどん大きくなり、自分が入りたいようにその空間に枝葉を広げていき、庭全体にたくさんの木漏れ日が増えた。
b0133243_22295442.jpg

陰陽のバランスが変わっていくたび、その下で育つ野草も自然淘汰され、今の環境にあった野草が自分の居場所を決めて庭の緑を作っていく。
b0133243_22295136.jpg


僕の庭づくりの考え方とともに、庭は大きく変わっていった。
そして、今の僕が考える庭の作り方、関わり方を体現した良い庭へと成長した。

b0133243_22293015.jpg

無理してないから、ちょっと下草を綺麗にするだけで、いつも気持ちの良い庭が維持できる。春と秋に大きく手をかければ、日々の簡単なお世話で一年中庭は気持ち良く管理できる。
b0133243_22294822.jpg


手をかけない訳じゃない。
手間いらずな庭はないし、できれば積極的に手をかけるべきだ。
不要な草をきちんと抜いたり、増えすぎたものは間引いたり、日照や乾湿の変化に合わせて植物を移植したり。できるなら、しっかり手をかけるべき。

だって自然じゃなくて、ここは庭なんだもの。

僕のブログを訪ねてくれる人の検索ワードで多いのが 「 手間いらずな庭 」。
何度も言うようですが、そんな都合のいい庭はありません。
多少なり手をかけないと庭への愛情もわきません。

庭は手をかけ、目をかけ、言葉をかわすことで、作った人の愛情を感じて、その人の願う形に育っていく。その過程で、困ったら是非声をかけてください。

僕がお庭の声を聞いて、通訳します。
そして、一緒に庭の声を聞いて、育てていきましょう。

b0133243_22295870.jpg


岐阜の庭。ここは僕の学びの庭。

未来につないでいきたい思い出の庭です。








# by eilakuyagarden | 2017-06-24 22:43 | 岐阜の庭 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








” ヤグルマソウ ” の花レストラン

ハナバチたちの次なる行列店は、ココ。

” ヤグルマソウ ” のお店。
b0133243_20260790.jpg

この庭に植えてから5年。
今年初めて花を咲かせた ” ヤグルマソウ ” 。



ヤグルマソウは深山の湿り気のあるところに生える多年草。
僕はお庭の植栽によく使うのですが、大抵お客さんにお話しすると ヤグルマギク と勘違いされる。

ヤグルマソウは葉っぱの姿がとても美しい。

早春に紅い葉っぱが芽吹いて、
b0133243_20264324.jpg


それが梅雨時期には緑になって大きく広がる。
b0133243_20261707.jpg

自生地は湿った場所だけど、結構都会の植栽にも使えて、東京とかでもよく見ればどこかにいるはず。ただし、都会の乾燥した環境ではまず花は咲かない。葉っぱを鑑賞するためだけに使うことが多い。

でも、ちゃんと環境が合えば葉っぱの大きさは直径50㎝ぐらいにもなる。戸隠森林植物園 などに行くとまるで恐竜が住んでいた時代にタイムスリップしたような大きなヤグルマソウの群生を見ることができる。


その大きな葉の中から出る花茎は、高さ1mにもなり、先端に線香花火のように広がる円錐状の花を咲かせます。
b0133243_20263771.jpg

とっても美しい花です。

実は、僕が自分で植栽したヤグルマソウが花を咲かせるのは初めてのこと。
だからとっても嬉しくて感動しました。
b0133243_20264014.jpg


今年は一輪だけでしたが、来年はもっとたくさん咲いてくれるかな?

楽しみだなぁ。






# by eilakuyagarden | 2017-06-19 20:33 | 野草の暮らし | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








「 サンショウバラ 」の花レストラン

2011年に作庭したお客様のお庭の庭畑。
畑の周りの木組みの中に、沢山の小さな花木の苗を一人で頑張って植栽したのが2012年の秋。あれから5回冬を越してまた緑の季節を迎えた。

植物はすっかり自分の居場所を見つけ、それぞれが立派な株に成長している。どんどん僕の頭の中にある完成形に近づいている。

そんな庭の一角に住む 「サンショウバラ」。
b0133243_18584307.jpg

昨年初めて花を咲かせてたけど、咲いたのはほんの数輪。
でも、今年はこんなに沢山の花を咲かせている。

b0133243_18583104.jpg


植えた時の草丈は30-40センチくらい。
それが今は僕の背丈をはるかに超えて2.5mくらいの高さになってくれた。

b0133243_18582652.jpg

周りのコブシ、シラキが大きくなっても、サンショウバラはこの高さのままで木々の株元をこれからも飾っていってくれると思う。サンショウバラの株元に生える黄金斑入り風知草やツルコケモモ、ヤマアジサイ、オカトラノオなどと一緒にこの場所の景色を作っていく。


綺麗なピンクの花は一重咲き。
1日咲いたら翌日にはハラリと散ってしまう。

その前に甘い蜜の香りに誘われてハナバチがせわしなくやってくる。

b0133243_18584009.jpg

多分、今、この庭で一番繁盛している花のレストランだ。

庭畑周りの花レストランは季節ごとに場所を変え、その数を年々増やしている。
ハチ、チョウ、ホタル、トンボにカブトムシなどなど、沢山のお客さんがご来店。

さあ、次はどの店に行こうか、虫たちも迷うぐらいになってきたかな?
いいなぁ。花レストラン。

次は、反対側に今年初めて咲いたあの花へ...。

この花レストランの話は、また後日。







メンテナンスのアルバイトスタッフ募集

“ 永楽屋garden ” では、軽井沢の自然の中で、お庭のメンテナンス作業など、一緒に働いてくれる仲間を募集いたします。



アルバイトスタッフ募集の詳細は コチラ
# by eilakuyagarden | 2017-06-11 19:11 | 木の物語 | Comments(2)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








初夏のにおい

最近の天気はよくわかりません。
昨夜は激しい雷雨(だったらしい。ぐっすり寝ていて気がつかなかった)。
今日も昼までは強い風と叩きつけるような雨。

天気予報は晴れなのにと恨み節。

でも、お昼が過ぎると強い風が雨雲を吹き飛ばして、午前中の雨が嘘だったかのような綺麗な青空。

空気中のチリやホコリが洗われて、濁りのない澄んだ冷たい空気。
あぁ〜気持ちいい。


田植えを終えた田んぼの向こうには、緑濃くなった雄大な浅間山。
b0133243_20593327.jpg
なんて綺麗なんだろう!

病んだ心を浄化してくれるお山の景色。いつもこの景色に救われる。
あぁ〜、こんなところで立ち止まっていられないなぁ。
大きな景色の中一人立っていると、なんだか色々な悩みがちっぽけに思えてきます。


田植えで土がかき回された田んぼからは、風にのって水田の土と水の香りがします。
子供の頃から慣れ親しんだ田んぼのにおい。

初夏のにおい!
どこでも同じなんだなぁ。

うん、頑張るぞ、負けないぞ!
夏はもうそこまで来ています。

植物たちも待っている。
さあ、元気に前に歩こう。
突き進もう!







メンテナンスのアルバイトスタッフ募集

“ 永楽屋garden ” では、軽井沢の自然の中で、お庭のメンテナンス作業など、一緒に働いてくれる仲間を募集いたします。



アルバイトスタッフ募集の詳細は コチラ
# by eilakuyagarden | 2017-06-02 21:07 | 浅間山 | Comments(2)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ











  長野,軽井沢,岐阜 風景に溶け込む雑木の庭自然な庭造りと里山園芸
by 永楽屋garden
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
about 永楽屋garden
山野草、雑木、愛すべき日本の里山風景。そんな自然な庭を愛するあなたへ...

人と自然、植物が触れあえる“ 住まう庭づくり ”


永楽屋garden では...
そこにある自然を生かしたナチュラルガーデンのデザイン、施工、メンテナンスを行っています。

「花木と語らう緑の園芸教室」も不定期に開催。
ガーデニングの基本、お庭、植物と触れ合う楽しさをお伝えしています。


長野県, 軽井沢, 八ヶ岳, 岐阜県で主に活動していますが、ご依頼があれば日本全国どこへでも伺います。まずはご相談くださいね。

お庭造りに関するご相談
お問い合せはこちらまで

mail:
eilakuya_garden@polka.ocn.ne.jp
Tel/Fax:
0267-32-0253
Mobile:
090-2346-6877
※日中は不在にしていることが多いので、mail,Mobileでのお問い合わせが確実です。

カテゴリ
全体
永楽屋ガーデン
里山林の庭
インドアグリーン
木の物語
息抜き
岐阜の庭
大山桜を守る会
追分宿の庭
庭造りいろいろ
園芸教室
浅間山
散歩道
イベント
野草の暮らし
メディアなど
スタッフ募集
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧