<   2017年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








早すぎる秋ですが...

8月の前半を蒸し暑い岐阜で過ごし、夏バテ気味で長野に戻ると...。
長野は少しは涼しいだろうと思っていたのだけど、寒い、寒すぎる。
いやはやなんとも、季節は秋。10月の寒さ。

今度は寒暖差にやられて、体が上手く体温調節できない。
暑いのに寒い!調整機能が狂っていて変な汗のかき方をする。
こんな極端な環境変化にはほとほと参ってしまう。

人間だけでなく、植物もちょっと季節を勘違いしている感じだ。
もともと、軽井沢の8月は夏と秋が同居しているのだけど、半月ほど秋が早くやってきている。

黒く熟した ハナイカダ の果実。
夏になると受粉できた雌花の花が結実して、葉っぱの真ん中に真っ黒な果実が乗っかる。
b0133243_21355436.jpg

面白い植物だよねぇ。

雄株と雌株があって、お互いが近くにいないと受粉できない。
雄株だけだと何の樹木かわからないので、園芸店で売られている株には雌株と雄株を一緒に寄植えて売られているものもある。

この庭のハナイカダは雌株を植えたはずだから、毎年結実するということは近くの林に多分雄株がいるのだと思う。それとも雌雄株が同居しているのかな?来春しっかり観察してみよう。

夏を感じるハナイカダの果実の近くでは、もうヒロハツリバナが紅葉し、真っ赤に熟した果実が種をこぼし始めている。
b0133243_21360619.jpg

ヒロハツリバナの紅葉は、同種のツリバナやオオツリバナに比べて早い。
ちなみに、ヒロハツリバナの選抜個体種であるフウリンツリバナも紅葉は早い。


それでも、8月末から9月初旬ぐらいに紅葉するのが例年だった。
それが半月も早く紅葉し、庭はすっかり秋の気配が漂い始めている。
やはり8月のこの寒さが植物にも影響を及ぼしているんだろうなぁ。
植物は敏感に季節を感じ取りますから、過激な変化が感覚を狂わせるのだろう。

昨年は9月の長雨。
今年は8月の戻り梅雨?冷夏?

なんだか毎年、少しずつ季節があやふやで、変化が極端で、過激になっているような気がする。自然の森や林の中で、植物の生育や変化を毎日見ているから余計に顕著に感じる。これで、また9月になって夏が戻ってくるとかは...本当に勘弁です。

早すぎる秋ですが、どうかそのまま秋になってください。








by eilakuyagarden | 2017-08-18 21:39 | 木の物語 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








麗しき夕闇の一日花

夏の花には涼しげな姿を期待してしまう。


「 麗しき姿 」
花言葉のままに美しい、その花の名は ” ゆうすげ ”
b0133243_22284537.jpg


涼しげで美しい、浴衣美人を連想させる凜とした花姿。
b0133243_22291908.jpg


1m程に伸びた長い花茎の先に、ユリのような美しい花を咲かせる。
淡い黄色の花は少し薄暗いお庭によく映える。
周りの緑が濃いほど、その花が美しく浮かび上がる。
b0133243_22291191.jpg


何度見てもうっとりしてしまう。

雨や朝露に濡れると、花びらの縁が透明になって、一層綺麗な花になる。
b0133243_22294806.jpg

でも、この美しさが見られるのはたった一晩だけ。
b0133243_22294474.jpg


夕方に咲き始め、翌朝まで咲き、散ってしまう。
だから 「ゆうすげ」。



美しく、儚い一日花。

そんな短い命の輝きがこの花の麗しさを一段と引き立たせているのかもしれない。
b0133243_22285269.jpg


麗しき夕闇の一日花 ” ゆうすげ ”。

僕のお気に入りの一本です。







by eilakuyagarden | 2017-08-13 22:35 | 野草の暮らし | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








僕の道を歩く!

日々暮らす長野から、岐阜に帰省して一週間。

慣れない暑さやらもあって、今年前半の疲れが一気に吹き出し心身ともに疲弊していた。蒸し暑すぎてエアコンの効き過ぎた部屋に籠って思考も停止状態。

こんな時間もないからいいんですって自分に言い訳していたけど、なんだか自分がどんどん腐っていく気がして、こんな時はやっぱりブワぁっと汗かかないと、動かないと、歩かないと!

やっぱり僕には考えるより、動けなのです。
そう、動かないと、緑と触れ合っていないとどうも自分らしくないのです。

で、いつもの散歩道をゆっくり歩く。


” 大木 ”
b0133243_21074634.jpg

各務原市民公園のメタセコイヤの林たち。
大きな木に寄り添うと心身ともに癒される。
b0133243_21074973.jpg

まっすぐに伸びたこの大木を見ていると、僕も思うままにまっすぐ生きなきゃと思う。

やっぱり大きな木はいいなぁ。
ちっぽけな自分を優しく包み込んでくれる。
b0133243_21074253.jpg

なんでも言ってごらん!って囁かれているような気がして、
言葉を交わさないおしゃべりを楽しむ。

そして、また歩く。
学びの森の広大な広場へどんどん歩く。


” 雨宿り ”

雨雲。
少しどんよりした空。
いきなり降り出した雨。
b0133243_21153738.jpg
みな大慌てで大木の傘の下へ駆け込む。


大はしゃぎする子供達を大木は優しく見守る。
b0133243_21150401.jpg


僕も大イチョウの木の下へ。
b0133243_21164657.jpg

見上げる。
大きな枝が幾重にも重なる。
b0133243_21223406.jpg

なんだか優しく包み込まれてあったかい。
なんだろう、この安心感。
いつも軽井沢の森で働いている時の感じ。
一つ一つの枝に見守られているような...。

心がスーッと落ち着いていく。

大きな幹にもたれかかって、しゃがみこむ。
心地いいなぁ。

言葉を交わさない会話を楽しんで、ボーッと遠くを見つめて。
そんな時間が心地いい。

草の斜面が明るくなって、太陽が顔を出した。
b0133243_21235439.jpg

風に乗って雨と草の香りが漂う。
自然に包み込まれる。
ここから動きたくないなぁ!

けど、歩きだす。


” 青空 ”

雲が晴れて、風が乾いた空気をはこんできた。
青空が爽やかさをつれてきた。
b0133243_21310150.jpg

森の木々が一気に動き出した気がする。
下がっていた水を吸い上げるような、そんな勢いを感じる。

緑がまぶしい。

大木、緑、雲と青空。
b0133243_21333398.jpg

この景色だけあったら何にもいらない。
ビルなんていらない。
やっぱり都会には暮らせないなぁって思う。

そして、また歩く。


” 水 ”

水辺。
b0133243_21450711.jpg
なんだろう、やっぱり水辺は心安らぐ。
渇きを癒してくれる、そんな安心感がある。

水があるから緑も育ち、木々も大きくなれる。
水が万物の命を支えてくれている。
たぶん、その安心感なんだろうなぁ。

水辺で遊ぶ親子。
b0133243_21451338.jpg

水辺にはそんな微笑ましい風景が広がる。
いつか、僕も、こんな広大な水辺の景色を作ってみたい。
たくさんの笑顔が集うように。

そうだね。
この景色を創るために、歩かなきゃ。
まっすぐに、一途に!
b0133243_21451840.jpg

もとめてくれる人達がいる。

だから、自分を信じてまっすぐに歩き続けなきゃ。

庭づくりの道を!
僕の人生を!




by eilakuyagarden | 2017-08-12 21:57 | 散歩道 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ











  長野,軽井沢,岐阜 風景に溶け込む雑木の庭自然な庭造りと里山園芸
by 永楽屋garden
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
about 永楽屋garden
山野草、雑木、愛すべき日本の里山風景。そんな自然な庭を愛するあなたへ...

人と自然、植物が触れあえる“ 住まう庭づくり ”


永楽屋garden では...
そこにある自然を生かしたナチュラルガーデンのデザイン、施工、メンテナンスを行っています。

「花木と語らう緑の園芸教室」も不定期に開催。
ガーデニングの基本、お庭、植物と触れ合う楽しさをお伝えしています。


長野県, 軽井沢, 八ヶ岳, 岐阜県で主に活動していますが、ご依頼があれば日本全国どこへでも伺います。まずはご相談くださいね。

お庭造りに関するご相談
お問い合せはこちらまで

mail:
eilakuya_garden@polka.ocn.ne.jp
Tel/Fax:
0267-32-0253
Mobile:
090-2346-6877
※日中は不在にしていることが多いので、mail,Mobileでのお問い合わせが確実です。

カテゴリ
全体
永楽屋ガーデン
里山林の庭
インドアグリーン
木の物語
息抜き
岐阜の庭
大山桜を守る会
追分宿の庭
庭造りいろいろ
園芸教室
浅間山
散歩道
イベント
野草の暮らし
メディアなど
スタッフ募集
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧