<   2013年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








にわかに 賑やかに

梅雨を迎えた庭の植物は葉っぱの緑に包まれ、花は夏の開花に向けて一休み。
その代わり、虫達の活動がにわかに賑やかになってくる。


わずかに咲いた花を求め、蝶や蜂がせわしなく飛び回る。

b0133243_2143303.jpg

なかなか一処にじっとしていてくれないので、撮影する側は大変。
ピントのあった一枚の写真を得るのに、その数倍のピンぼけ写真がボツになる。
デジカメのありがたみが身にしみます。


これは、堆肥の近くに飛び出していた “ カブトムシの幼虫 ” 。

b0133243_2143338.jpg

寝ぼけて堆肥の布団の中から飛び出してきてしまったのかなぁ?
この後、しっかり堆肥の布団の中に戻してあげました。

冬を堆肥の中で無事に越冬した幼虫(3齢幼虫)は、そろそろサナギになる頃。
体が全体的に茶色っぽくなってきているのがその証拠。
多分、多くの幼虫が堆肥の中でサナギになるための部屋を作り始めているのでしょう。
堆肥の山の中から元気なカブトムシが出てきてくれると嬉しいな。


水の流れを取り戻すために蔓延る藻や水生植物を取り除き、
奇麗な流れを取り戻した小川の中にいたのは、子育て中の “ コオイムシ ”。

b0133243_21433931.jpg

メスがオスの背中に卵を産みつけ、オスが羽化まで卵を背負う姿から “ 子負虫 ” と言われるらしい。初めて見ました。この卵、全く関係ないメスが産みつけることもあるらしく、オスは数匹のメスの卵を抱えることもあるそうで、なんだか可哀想な気もします。
でも、羽化まで苦労して背負っていたのに、羽化した幼虫をオスは育てることがないばかりか、捕食対象として食べてしまうのだから、あぁ怖い。
多くの卵を背負わされるのは、その報いかもしれません。


自然と共生する庭。
沢山の植物が多くの虫や小動物を育み、鳥や動物を呼んで、人を癒してくれる。

僕もその力に癒されたのか、二週間ぶりに体がスッと軽くなりました。
昨日までの体調不良はどこへやら。
今日は体調も眼の具合もとても良い。
このまま、また元気に庭仕事に戻れるといいなぁ 。
by eilakuyagarden | 2013-06-29 21:50 | 里山林の庭 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








自宅療養日記 22:くすぶる

6月から始まったお庭の工事も、先週末で前半戦が終了。
空梅雨のおかげで、大雨に降られることもなく、とても順調に仕事が進み、自分でも大満足の仕事ができた。とにかく、体を労りながらの作業で、大体午前中の作業で一日の仕事の進め方を職人さんと決め、昼食を兼ねて体を休め、夕方また現場に戻りその日の仕事の締めくくりと、進み具合を確認し、翌日の作業の進め方を考える。こんな感じで、職人さん達を信頼して作業を進めていった。最初の数日は、半日作業したら午後は動けなくなるほどに体に疲れが出て、横になったら起き上がれなかったりもしたが、最後には体も慣れてきて、日差しの眩しい日中2時間程の休むだけで一日動いていられるまでになった。

しかし、やはり仕事を管理する責任、プレッシャー、緊張感が、自覚はなかったのだけれども結構体を疲れさせていたみたいで、前半戦の庭工事が終わってホッとしたと同時に、どっと疲れが襲ってきて、翌日は一日中横になっていた。

その時点で少し嫌な感じはしていたが、やはりというか、先週の日曜ぐらいから眼がズキズキ、ピリピリ、チクチクし始めた。ああ、やっぱり疲れが眼に出てきてしまった。
この感じは4月以来のこと。嫌な感じだ。

用事があって岐阜に戻らなければならなかたので、最小限の日程で往復し、一昨々日に長野に戻ってきたのだが、やはり眼の痛みは続く。

蒸し暑い梅雨の気象のせいもあってか、なんだか体も重くて、だるい。
明らかな風邪の症状はないけれど、心配で葛根湯を飲み、熱さまシートを額にはってクールダウン。

一昨日は眼の症状に加え、なんだか全身の皮膚がピリピリ、チクチクし始めた。
ヤバい。怖い。これは、原田病が発病する前の状況に似ている。
しっかり体を休めねばと思い、眼を使うことを最小限にし、とにかく横になって休む、休む、休む。

横になって、これまで何度もこんな症状があったなぁと自分に冷静に問いかけてみる。
「 視力の悪化はない。よく見えている。見え方も良好。ちょっと眼のいろんな痛みが出ているだけ。まだ再発しているわけじゃない! 」するとちょっと不安が軽くなる。軽くなると客観的に自分を見ることもできるようになる。そして、起こっている症状を把握し、今あるアイテム(三種類の点眼剤)で、症状が緩和するかを冷静に観察してみる。

その介あってか、昨日起床した時の眼の痛みは少し良くなっていた。
全身のチクチクする皮膚の痛みもかなり改善した。
心因的なところもあるかもしれないなぁ。

でも、痛みが消えてはいない。心配は心配である。
とにかく、眼に何がおこっているのか? 
角膜の炎症なのか? 
また、網膜に水がたまり始めているのか?

これまでの症状の経時変化。
どんな症状に対して、自分でどんな対策をしたか。
そして、今はどうなのか?なにが不安なのか?何を知りたいのか?
どうすれば、不安な気持ちが改善するのか?

こんな内容を自分の中で整理して、今日、退院後14回目の通院となった。
不安になったら悩んでいないで、やっぱり病院に行くのが一番良い。

不安は、これが原田病の再発の前兆なのではないのかとういこと。
だから、網膜に水がたまっていないのか(たまり始めていないのか)知りたい。

違うとすれば、この眼の痛みの原因は何なのか?
どう対処すればいいのか?

いつものように、視力、眼圧、瞳を開いてからのOTCM検査をして、先生の診察。
視力、眼圧は自分でも自覚している通りで全く問題なし。
そして心配な眼底の様子。OTCM検査の画像からは網膜に異常はなく、炎症によって水がたまっているといった様子はなく、状態は安定していた。ホッと一安心。

ドライアイによる角膜の傷、炎症を先生が注意深く診てくれたが、こちらも問題なし。
では、この痛みは何なのか?

結局、この眼のチクチク、ピリピリする感じの原因はわからずじまい。
でも、症状があるのは事実。

ただ、これ以上は今の段階ではなんとも言えないので、今あるドライアイや角膜上の炎症を治療する点眼剤三種類で治療を続け、とにかく、眼が疲れないように体を休めるということで落ち着いた。

『 診察の結果に問題はなく良好です。でも、今の症状が原田病の前兆現象に似ていて不安になる気持ちはわかりますから、何か少しでも異常があったら、すぐに来てください。 』

診察の最後に先生がかけてくれたこの一言が、何よりの治療薬だったかもしれない。
ありがとうございます。

まあ、一昨々日よりは良くなっているし、視力や見え方が悪くなっている訳でない。
以前( コチラ のブログの時のような... )のように、少し体を休めてあげて、改善するようにしていくしかないですね。


やっぱり、まだ安心はできない体のようですねぇ。
自分勝手に、病気の回復を、体調の改善を過信してはダメ。
でも、自分なりに、かなり体と眼を労っていたんだけどなぁ。
やっぱり庭仕事になると、知らず知らずの内に少しずつ無理を重ねていたのかなぁ。

これからも、今以上に体を労って、仕事を続けていかないといけない。
ちょっと反省しました。
でも、庭作りになると自然に体が動いちゃうんだよね〜。
本当に無理しないようにしなければ。

ちょっとした無理で、くすぶる原田病の影。
絶対、原田病を再発させないように...、十二分に注意しなくちゃ!
by eilakuyagarden | 2013-06-21 22:27 | 永楽屋ガーデン | Comments(4)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








不動の名脇役

ひと月前、5月の庭。

b0133243_21523150.jpg


そして、今日、6月16日の庭

b0133243_21523447.jpg

季節事に入れ替わる植物達の存在を、グッと引き立てている陰の主役。
それが、大きく育った、銅葉の “ コルジリネ ”。

オフィス玄関の無理な植栽のおかげで、カイガラムシがついて弱ってしまい、捨てられるはずだったコルジリネ。派手なデザインありきで、植物の生育環境なんてまったく無視した、僕からすればあまりにもセンスの無い植栽計画で、この犠牲になる沢山の植物達が可哀想でしょうがなかった。でも、僕はお手伝いの身だったので、そのデザインや植栽計画に口出しはできないのが歯がゆかった。だから、せめてもと思い「捨てるぐらいならくれませんか?」と言って貰い受け、庭に植えたのが7年前。今では、岐阜の庭の景色に欠かせない存在になってくれた。


緑の中の赤い銅葉が、キュッと庭の景色を引き締める。

b0133243_21523739.jpg

これがあるおかげで、白いアナベルの花も、赤いチェーリーセージの花もその存在感が増す。

お庭をつくる時、こういう不動の存在を持ってくるのは結構大事な事。
それが木でも、草でも良いし、お好みのオブジェでも良い。
ただし、あまり存在感を主張過ぎない事が大事。

何気に目に入って、それでいて風景を邪魔しない、不動の名脇役。
この庭ではそれが 僕が貰い受けてきた銅葉の “ コルジリネ ”。

あなたの庭にも、そんな名脇役はいますか?
by eilakuyagarden | 2013-06-16 21:58 | 岐阜の庭 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








雑木の丘の “ オオヤマレンゲ ” 

昨年の秋に作庭した 『 雑木の丘 』 の庭に、シンボルツリーとして植えた、
大きな “ オオヤマレンゲ ” の木。

b0133243_19232164.jpg

これは 6月5日の様子。
一冬を無事に超えて、元気に葉を広げた オオヤマレンゲ。
よく見ると、沢山の蕾をつけていた。

b0133243_19232345.jpg

植えた翌年の雑木は、それまでいた圃場から移植され環境も大きく変わるから、花を咲かせることは少ないのだが、この木はいい具合の数の蕾をつけた。


それから約一週間。

b0133243_19232628.jpg

最初の一つが開花した。
この花を待っていたんですよね。

b0133243_19232921.jpg

なんて可憐な花なんだろう。何度見ても素敵だ。
花径は約5㌢くらい。それほど大きくならないのがイイ。

花は横向きに咲き、小首を少しかしげるように咲くので、高い位置で咲いても花の顔がよく見える。まるで「 見て見て 」 とアピールしているようです。


今日。二つ目の蕾が開花。

b0133243_19234248.jpg

雨に濡れた “ オオヤマレンゲ ” 。
しっとりとした和風美人。

こんな魅力的な花、見ない訳がないじゃないと思うのです。

オオヤマレンゲ はモクレン科の落葉低木。
秋になると、お仲間のコブシと同じような独特の果実がつけます。
またそれも楽しみ。

b0133243_19234469.jpg

でも今は、天使 のように美しいこの花を楽しみましょう。
by eilakuyagarden | 2013-06-13 19:35 | 木の物語 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








祝福 ? の “ 虹 ”

台風三号の列島直撃が回避され、
心配された梅雨前線の雨もしっとり濡れた感じで終わった。

梅雨に入ったというのに、この二週間ほとんど雨に降られることもなかった。
おかげで、庭工事の前半戦の進捗は、順調。
あと一日で工事は完了である。

作業後の夕方。
職人さんの走らせるダンプの後を追いかけて佐久まで行き、翌日の段取りをすませる。
ホッとして帰るいつもの道の信号待ち。
さて、夕飯は何を食べようかなどと考えながら、ふと空を見上げると。
東の空に大きな虹。

b0133243_19571142.jpg

端から端まで、奇麗にアーチを描いている。よく見ると、くっきり見える虹の上に、もう一つ、うっすらと虹がかかっているんだが、わかるかなぁ。

こんなに奇麗で、くっきりと見える虹は久しぶり。
思わず車を止めて、カメラを構える。

うん、奇麗だ。
工事の無事な完了を前祝いしてくれたのかな?
なんだか元気がでてきます。

さて、明日も元気に安全作業。
良い仕事ができますように... 。
by eilakuyagarden | 2013-06-12 19:58 | 永楽屋ガーデン | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








見上げれば “ ハクウンボク ”

お庭を巡る歩道の先に、沢山の白い小花が落ちていた。

b0133243_18133813.jpg

見上げてみても、そこに花が咲いている木がない。

もっと近づいて、木の下から上を見あげる。

b0133243_1814617.jpg

大きくて薄い葉っぱがつくる明るい木陰。
大きな丸い葉っぱの下には、真っ白な花をつけた沢山の花穂(かすい)が下がっていた。

“ ハクウンボク ” の花。

b0133243_1814849.jpg

なんて奇麗なんだろう。

漢字で書くと 『 白雲木 』。
字のままで、空に浮かぶ白い雲のような花をつける木というのが名前の由来。

ハクウンボクの花は 『 わた雲 』 ってところかな?

僕はこの木が大好き。
可愛い白花を沢山つけた花穂。
木の幹も真っすぐでなく、うねうね伸びて、素敵な樹形をつくる。
そして、なによりも、大きくて薄い、丸い葉っぱがつくる、明るい木陰が大好き。

木漏れ日の降り注ぐ庭を、素敵に演出できる。
僕が作庭するときには、必ず植える雑木の一本だ。

樹高も10m以上になり、枝葉が大きく広がるから、
できるだけ大きな空間に植えてほしい。

b0133243_18141030.jpg

見上げれば “ ハクウンボク ”。
剪定はしないで、ウネウネ伸びる幹や枝葉の自由な姿を生かし、その木陰を楽しんでください。
by eilakuyagarden | 2013-06-09 18:17 | 木の物語 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








ふたつの 更紗

枝先に赤いすじの入った釣り鐘のような花を沢山吊るした
“ 更紗(サラサ)ドウダンツツジ ” 。

b0133243_21403425.jpg


ツツジには珍しく5m以上の大木になるものもある。
生け垣に使われるおなじみのドウダンツツジよりも葉が大きく、そのつき方にも良い間があって、雑木らしい自然な樹形になるところが僕好み(ドウダンツツジは少し苦手。借景で楽しめれば十分です)。紅葉もすばらしく奇麗で、パーフェクトな木の一つだと思う。

八ヶ岳の山麓で自生している大きなサラサドウダンツツジを見たことがあるが、その美しさに見とれてしまい、しばし動けなくなった。


これはサラサドウダンツツジの変種で、花の赤い “ ベニサラサドウダンツツジ ”。

b0133243_21404521.jpg

赤い花って、ちょっと嫌みなぐらいに赤くなるけど、ベニサラサの赤花には嫌みがない。
ちょっとひいき目かな?

どちらの “ サラサドウダンツツジ ” も元気いっぱい。
お客さんの庭ですくすく育っている。

サラサドウダンツツジは里よりも、標高の高い山の中が好適地。
里の暑さはちょっと苦手だ。

ドウダンツツジのように切り詰めたり、ざくざく剪定してはサラサドウダンツツジの樹形の良さを生かせないし、可哀想。心地よい風の抜ける、少し明るい木漏れ日の下で、伸び伸びと枝葉を伸ばした姿が一番奇麗。できるだけ広い空間に植えて、自由に育ててあげてほしい。


“ サラサドウダン ” と “ ベニサラサドウダン ”。
どうか立派な木に育ちますように... 。
by eilakuyagarden | 2013-06-06 21:47 | 木の物語 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








自宅療養日記 21:良いこと、悪いこと

梅雨の晴れ間。
気持ちのいいお天気が続いている。

林の中に咲く “ ルリソウ ” も心地よさそう。

b0133243_21453465.jpg

僕の気分も上々になる。

昨日から今年最初のお庭の工事も始まった。
まるで病気などなかったように、今年も仕事に取り組めている。

でも、原田病の治療のため、半年間の自宅療養によって失った 体力、持久力、筋力は簡単には戻らない。仕事再開から二ヶ月、少しずつ動きながら回復をはかってはいるが、なかなかこれまでのように体が動かない。無理しないで、信頼する職人さん達を頼りにして、今年の庭仕事を進めているのが現状だ。


その原田病だが、岐阜から長野の佐久市の病院に転院して、定期的に診察を受けている。
今現在、症状はすっかり治まり、眼の状態は医者も驚く程に回復した。
眼の見え方は全く持って問題ないレベルに回復。
ただ、原田病の発病後、近くのものが見えづらくなった。
そう、老眼が進んでしまった。
年齢的なものもあるけれど、やはり病気の発病の影響が大きいようだ。
網膜剥離が回復し、ものが良く見え始めてきた2月頃は、眼鏡をかけて近くのものが見えずらくて、眼鏡を外して本を読んだり、文字を書いたりしていた。それも今はずいぶん回復した。年齢的な水晶体の衰えは否めなくて、老眼の症状がなくなった訳ではないが、気にならない程度まで回復してしまった。

老眼の症状が出始めたことで、遠くの視力が驚く程に良くなっていて、ずっと使っている眼鏡での矯正視力が2.0になってしまった。ちょっと見え過ぎのようだ。ちょっと眼鏡の矯正の具合を下げた方が良いと眼鏡屋さんには言われたが、これで慣れてしまっているのでどうしようか考え中だ。

と、まあ、ここまでが自宅療養後の良いこと。


そして、ここからがちょっと悪いこと。

まず、日差しの眩しさがちょっと辛くなってしまった。
日中外で仕事をしていると眼精疲労の症状が現れやすくなってしまった。
土埃や花粉などにも角膜が過敏に反応して、チクチク、ピリピリと痛くなる。
すぐに軽い角膜炎になってしまうのだ。
眼が少しデリケートになってしまったようだ。
さらに、ドライアイの症状もずっと続いていて、とにかく涙がでにくくなった。
おかげで、二種類の点眼薬が手放せない。

眩しさに対しては、今、度付きスポーツサングラスを作っていて、庭仕事の際には、このサングラスをかけて眼を労っていこうと思う。眼精疲労に関しては、辛くなったらとにかく休むことにする。庭のメンテナンスも、庭の工事も、助っ人や職人さんに全面的に頼り、任せていくことにする。これまで、少し自分で無理してガツガツやりすぎていた面もある。そこを巧く人を使う方向にシフトして、全体を組み立てるコンダクター的な立場で今後は仕事を進めていく方向に変える時期なのかもしれない。でないと、長く続けられないと今回病気になってみて実感した。


とにかく、今一番大事なのは仕事のための 体力、持久力、筋力を取り戻すこと。
疲れやすくなってしまった体。
無理して体を動かしすぎると、疲れとストレスの原因になり、原田病再発のリスクも高くなる。だから、疲れず、ストレスの溜まらないレベルを見極めるのが大事。
そして、その時の自分の体の状態の中で、とにかく仕事を楽しめる範囲で無理すること。
すぐにもとの体を取り戻すのは無理だ(特に、僕のように外仕事の体力を回復するのは、無理できない中では時間がかかる)とは医者にも言われているので、焦らず少しずつ回復させていきたい。最低でも今年一年は全く無理しないと決めた。

絶対に原田病を再発させない。

まだまだ、治療は続いています。
これから二年ぐらいは通院して定期的に診察をうける覚悟です。

原田病の登山。
入院という頂を乗り越えてからの下りの行程は思った以上に長い。
傾斜は緩やかでも起伏の変化は激しく、足場は崩れやすくもろい。
まだまだ気をぬけない。

でも、一歩一歩前に進めば、必ずベースキャンプに戻れるはず。
焦らず、ゆっくり歩いて行きましょう。
by eilakuyagarden | 2013-06-04 22:01 | 永楽屋ガーデン | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








いつもの...

緑濃い初夏の庭

b0133243_2038612.jpg

いつもの庭の
いつもの景色


いつもの庭で
いつものように咲く花たち

可憐な “ ヤブデマリ ”

b0133243_20381531.jpg


そろそろ見納めの “ ユキザサ ”

b0133243_20381996.jpg


寄り添う木が枯れて倒れてしまい
自立して花をつける “ フジ ”

b0133243_20382265.jpg

木を登って咲くフジよりも力強い

昨年の秋
いつもの庭に植えた “ ヒメサユリ ” の球根

b0133243_20382521.jpg

しっかりと結果を出してくれた 『 ありがとう 』


いつもの景色も
いつもの花も
新しい景色も
新しい花も

いつものようにこの眼で見ることができている

毎年見てきた いつも の景色だけど

今年の “ いつも ” は、いつもと違う “ いつも ”

また自分のこの眼で見ることができた “ いつも ” に “ 感謝 ”
by eilakuyagarden | 2013-06-03 20:43 | 永楽屋ガーデン | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ











  長野,軽井沢,岐阜 風景に溶け込む雑木の庭自然な庭造りと里山園芸
by 永楽屋garden
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
about 永楽屋garden
山野草、雑木、愛すべき日本の里山風景。そんな自然な庭を愛するあなたへ...

人と自然、植物が触れあえる“ 住まう庭づくり ”


永楽屋garden では...
そこにある自然を生かしたナチュラルガーデンのデザイン、施工、メンテナンスを行っています。

「花木と語らう緑の園芸教室」も不定期に開催。
ガーデニングの基本、お庭、植物と触れ合う楽しさをお伝えしています。


長野県, 軽井沢, 八ヶ岳, 岐阜県で主に活動していますが、ご依頼があれば日本全国どこへでも伺います。まずはご相談くださいね。

お庭造りに関するご相談
お問い合せはこちらまで

mail:
eilakuya_garden@polka.ocn.ne.jp
Tel/Fax:
0267-32-0253
Mobile:
090-2346-6877
※日中は不在にしていることが多いので、mail,Mobileでのお問い合わせが確実です。

カテゴリ
全体
永楽屋ガーデン
里山林の庭
インドアグリーン
木の物語
息抜き
岐阜の庭
大山桜を守る会
追分宿の庭
庭造りいろいろ
園芸教室
浅間山
散歩道
イベント
野草の暮らし
メディアなど
スタッフ募集
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧