<   2012年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








自宅療養日記 12 : よいお年を...

奇麗な夕焼け。
夕日とともに2012年も終わろうとしています。

b0133243_187264.jpg

大晦日。

みなさんは、どんな一年でしたか?


僕の2012年は、春から体調不良との戦いでした。
5月の原因不明の身体の重さで動けなくなり、胃腸の不快感で二ヶ月程病院通い。
その時は、ストレスと疲労が胃腸に出たのだろうという事で、胃カメラ検査と大腸内視鏡検査をし、定期的な通院診察。仕事を減らして静養し、初夏にはなんとか仕事に復帰。

結局、春に行う予定だった庭づくりは秋にずらして施工となり、夏の間に遅れを取り戻すために夏休み期間中も働き続けた。9月からいよいよ庭づくり開始となった時に、またまた原因不明の体調不良。再び病院通いしながら、周りの職人さん達に助けられ庭づくりをはじめ、体調も二週間程で良くなって10月末にはお庭も無事完成。ホッとしたと同時に、ついに原田病が発病。入院、自宅治療の日々。

こんな感じの一年で、今思えば、春からの体調不良も、原田病へと繋がっていたのかなぁって思う。疲れが重なり、小さなストレスが積み重なってついに爆発したのかなぁ。

個人的には、ここ数年頑張った心と身体をいちどリセットするために、仕事から完全に離れて療養しなさいと、神様が試練と休暇を与えてくれたと思いたいですね。

その試練ですが、視力の回復は変わらず順調で、網膜剥離はほぼ治まっている。ステロイドを減らしても安定的にこの状態が続いていくかが今の一番の課題。

先々週にステロイドの内服が10mg(5mg×2錠)に減り、12月27日の通院でさらに減って一錠 ( =5mg ) となった。目の症状が安定しているのでステロイドを良いペースで減らせているのはありがたい。でも、視力は問題ないけど、見え方自体はまだ元通りとはいかず、なんとも微妙に歪みがある。その歪みも少しずつ良くなってきていて、今はカメラのファインダーを覗いてピント合わせができるようになった。実は、前回のブログに載せたザッハトルテのケーキの写真が、ファインダーを覗いて撮影することができた記念すべき一枚なのでした。

視力や見え方が良くなる一方で、ステロイドを減らす事による体調不良が日々の悩みとなってきている。いわゆるステロイド離脱症というやつだ。ステロイドを10mgに減らしてから、とにかく昼前から夕方にかけて倦怠感がひどくて、身体がダル重くてやる気が出ない。それでも最初は気力で起きていられたのだけれど、先週くらいから起きていられなくなって、昼過ぎにはベットで横になる生活が続いている。他にも頭痛、不明な目の痛み、目の乾き、間接痛などいろいろな症状があるが、これらは一晩寝れば消えたりするからまあ良しとしましょう(頭痛なんかは原田病の症状かもしれないですが...)。

ステロイドの離脱症は、ステロイド投薬で休止している副腎の機能が正常に働いていない事からきているようで、ステロイドを減らし、副腎が機能停止状態から『おや、働かなきゃ』って気がついて動き出すまでどうしても避けられない症状です。機能回復しないでステロイドを止めちゃうとステロイド中毒症状になったり、より深刻な状態になるので、ここは慎重に減らすしか無いのですが、僕の主治医の先生は意外に減らすペースが早いのが非常に心配。毎回診察の時に、いろんな身体の変調を訴えているんですけど、視力が回復しているから減らさないといけないと言うばかり。減らさないといけないのは重々承知だけど、副腎機能の回復とのバランスも考えて欲しいのですが...。大丈夫かなぁ。次回の通院日でもダルさが続くなら、もう少し、深刻に症状を訴えてみますかねぇ。

こんな感じで、日々を過ごす内に大晦日になってしまったのですが、とにかく日々の生活を変えないように年末年始もいつも通りに過ごし、しっかり治療に専念していきたい。


いろいろあった2012年ですが、また一つ素敵な庭を造る事もできたし、いい仕事や出会いが沢山あって、原田病の発病もいろいろと自分を見つめ直すいい機会になった。相対的にはとても良い一年だったです。来年はとにかくこの病気を克服し、仕事に復帰する事が一番の目標。多くは望みません。とにかく、また自然の中に、沢山の庭の中に、普通に立って、仕事ができますように。望むのはぞれだけ。2013年も頑張りますよぉ〜。


今年は多くの方々に大変お世話になった一年でした。
ありがとうございました。

厳しい寒さの年越しになりそうですが、皆様、どうぞよいお年をお過ごしくださいね。
by eilakuyagarden | 2012-12-31 18:19 | 永楽屋ガーデン | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








自宅療養日記 11 : ザッハトルテの思い出

クリスマスEve 。

残念ながらホワイトクリスマスにはなっていないのだけど、毎年、クリスマスに特別何かするというわけでもないので、正直どちらでも良かったりする。

20代、30代の頃はクリスマスの時期にはスキー場でスキー三昧。
正月もずっと雪上にいた。イベントよりもスキーが大事。
しかも体育会系の真剣スキーヤー。

こんな感じだったので、クリスマスに正直思い入れはあまりない。

ただ、30代半ばになって、なんとなく、行きつけのcafeで jazzなど聞きながら、ケーキと珈琲を注文し、マスターや常連さんと楽しい会話で閉店まで過ごすのが、クリスマスや年末の楽しみになっていた。

その時の一番のお気に入りのケーキが この時期限定の“ ザッハトルテ ”だった。

ビターなチョコレートと甘酸っぱいアプリコットジャムのハーモニー。
深入りで、酸味の少ない、オールドビーンズ珈琲とベストマッチ。

あの味がどうしても忘れられなくて、今日に合わせて ザッハトルテ をお取り寄せ。
いろいろあるけど、試しに大手のザッハを注文してみた。

敷島製パン「Pasco」のザッハトルテ。

b0133243_20591898.jpg


美味しい所は別に知っていたけど、パン屋の作るザッハってどんなん?
興味があって、とりあえず大手の味を試すことにした。


実は、ザッハトルテにはクリスマスにはない思い入れというものがある。

行きつけのcafeでザッハトルテをお店に出せるようになるまでの間、その試作につきあっていて、ダメなケーキの段階から、チョコとアプリコットのバランス、珈琲との相性に至るまで、マスターの試作に実にひと月以上つきあい、試作品を次ぎから次に食べて、正直に意見を述べ、どんどん変わっていく味、形、ケーキの成長の過程をずっと見届けていたので、ザッハトルテの味、見た目、チョコの照りなど結構良くわかっている。

これぞ一番理想に近いと言う、美味しいザッハトルテもマスターと一緒に試食して、なにが違うのか考え、それを超えるために何十回と試食した。僕のザッハトルテに対する思い入れはそんな所によるのである。

もともとチョコレートは大好きだから、嬉しすぎる経験だったけど、珈琲にあうチョコとアプリコット、スポンジのバランスを見つけるのがあんなにも難しいとは思わなかった。

でも、その甲斐あって作れば即売り切れ状態の、冬のcafeの定番人気商品になった。

残念ながら、今はもう作っていないというか、マスターが一線を退き、裏方に回り、コーヒー豆の焙煎へ仕事の主力を移したので、もう店頭に並ぶ事は無い。本当に残念。

でも、そのザッハのお手本になったザッハトルテは、とあるケーキ屋さんで今でも作られているから入手は可能。それを買いにいっても良かったのだけど、今はまだ自宅療養中の身ですから敢えてリスクはおかさない。そのザッハはもう少し体調が良くなってからのお楽しみとして、その比較用に Pasco のザッハを試してみることにした。

箱から出したザッハトルテ。

b0133243_20592066.jpg

見た目はよろしくて、とても美味しそうである。

ナイフをコンロであぶって暖め、ザッハトルテを切り分ける。
こうすると奇麗に切れますよ。

取り分けた ザッハトルテ。

b0133243_20592283.jpg


美味しそう。久しぶりのケーキ。

肝心の味ですが、ちょっと甘めのチョコレートがガンガン前に出てきていて、少し甘過ぎるかな。アプリコットジャムは微かに感じることができるぐらい、チョコの甘さで隠れてしまって、その存在感は小さいです。

ザッハトルテとして食べるとちょとあれですが、チョコレートケーキとして食べるのならば満足なほうかな。

紅茶との相性のほうが良い感じ。
珈琲に合わせるならもう少し、ビターなチョコの方がいいです。
その方がアプリコットジャムが前に出てくるし、珈琲との相性もよくなります。
甘さが、それぞれの良さをかき消してしまわないバランスが大事なんですよね。

とわいえ、久しぶりの ザッハトルテ 。
美味しく、懐かしくいただきました。

元気に外出できるようになったら、あの、お手本の ザッハトルテ を買いにいこう。
自宅療養の楽しみがまた一つ増えた クリスマスEve なのでした。
by eilakuyagarden | 2012-12-24 21:03 | 永楽屋ガーデン | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








自宅療養日記 10 : 午後の憂鬱

真冬の寒気の包まれた今朝は、岐阜でも氷点下の気温となった。
さすがに寒い。

でも、朝一で病院へ出かける。

今日は退院後五回目の診察日。

朝8時半からの予約なので、7時45分くらいに家をでる。
大体20分くらいで病院に到着。
この時間につくと眼科受付はほぼ1番となり、あっという間に検査の順番がまわってくる。

いつものように眼圧、視力、OCT検査を行い、その後10分前後で診察となる。
眼圧は正常。視力は矯正視力で右が1.2、左が1.5と元通り。
眼底の浮腫もほぼ消えていて、 この前のブログ でお話ししたように富士山の断面のような形状になっていてほぼ正常になっていた。でもね、見え方はやはり前とは違う。なんだか微妙にうねうねと歪んでいるというか、嫌な感じなのだ。一週間前よりは明らかに良くなったけど、なんだろう、やっぱり違うんだよね。

ピントのあわない眼鏡をかけている感じ。
なら、眼鏡があわないんじゃないのかと先生に聞いてみると、数値的にはそうではないらしい。

以前にいろんな人の原田病の治療記なんかを調べてみた時に、網膜の浮腫で浮き上がった網膜は、その影響で少し伸びてしまっている。浮腫が消えて、ある断面では正常になってはいても、眼底部分は伸びて少したるんだようになっているそうだ。そのせいで、眼底に写る画像が微妙に歪んでいるという話があった。

太った人が何十キロもダイエットして痩せたら、脂肪の無くなったお腹の皮がだらだらにたるんで元には戻らないというのに似た事だってことだね。ただ、この網膜の伸び、たるみは時間とともに治ってくると書いてあった。まあ、それに期待してしばらく頑張るしかないですね。

でも、網膜剥離がほぼ治まってくれた事は本当に嬉しい。
事実、目の前にあった雲はほぼ消えている。
あとは微妙な見え方の歪みがなくなれば眼の視力と見え方はほぼ完治。

ただ、これはまだステロイド剤を飲み続けているからでもあることも事実。
本当の完治はステロイドから完全に離脱できた時で、それにはまだまだ時間がかかりそうだ。

とはいえ、明日からまたステロイドの投薬量が一錠減って 2錠(5mg×2錠)=10mg となる。いい調子でステロイドを減らせている事が嬉しい。

でも、一週間前に15mg(5mg×3錠)に減ってから、朝一の身体のだるさはなくなって良かったのだけど、なぜか午後になると憂鬱。やる気が出ないというか気力が落ちて、横になりたくなる状態が続いていた。そこで、寝てしまったら夜に寝られなくなるので、なんだかんだやっては起きるようにしていたのだが、なかなか辛い感じだった。薬が減る毎に大体5〜6日間ぐらい次ぎの身体になるための変調がでて、一週間目には結構調子が上がってくる。そして、またステロイドが減る。次ぎはどんな変調がでるのかは減らしてみないとわからない。それでも、この程度の副作用で済んでいる事は本当にありがたいことで、これ以外は絶好調。体組成の測定値もキープできていて、筋トレの成果もあって筋肉量も結構上がってきた。免疫の低下はステロイドを飲んでいる以上やむおえないから、ここは感染症にかからないように注意して暮らすしか無いが、それ意外はとても良好。
これは、当初予想していた以上の結果である。ありがたい。

ということで、ここ一週間程ブログが更新できなかったのは、この 午後の憂鬱 のせい。
今日も写真無しで申し訳ないけど、病気の治療日記なんで、そこはご勘弁ください。

さて、明日からはステロイド内服は朝2錠(10mg)となります。
ステロイドの副作用、そして薬からの離脱による身体の変調がどうなるかも不安ですが、慎重に、無理せず、笑顔で、楽しく頑張っていきましょう。
by eilakuyagarden | 2012-12-20 18:02 | 永楽屋ガーデン | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








自宅療養日記  9 : 順調に減ってます

朝一の窓辺から優しい日射しがとどいています。

b0133243_1836569.jpg

先日の雪がまだ残っていますけど、今日は平年並みの暖かさ。
部屋の中にいると半袖でも十分過ごせる程の暖かさです。

12月14日。今日で、原田病という高く、厳しい病気の山を制覇するため、ステロイドパルス療法による治療をはじめてからひと月です。

11月14日に入院し、1000mgのステロイドの点滴を毎日5時間、計3日に渡って身体に流し込み、その後 60mg の点滴を3日間、40mg を4日間、内服に変わって 30mg(プレドニン5mg×6錠)を3日間飲んで11月26日に退院。

退院後、11月27〜30日、12月1日〜第一回通院日の12月6日までが ステロイド 25mg(プレドニン5mg×5錠)。12月7日〜第二回通院日の12月13日までが ステロイド20mg(プレドニン5mg×4錠)。

昨日の診察の結果、左目の網膜剥離はほぼ収まっていて、右目だけがまだ少し水が溜まっていて、網膜が浮き上がっている状態だとわかりました。

たしかに、左目で見ると円は丸く “ 円 ” に見えるのだけれども、右目で見ると縦長の楕円に見えます。右目で見れば少しスリムに見えるってことですな(笑)。これを両目で見ると、なかなかに気持ち悪い見え方になって、そうですねぇ、目の前に水の入った水槽を置いて、それを通して物をみているような感じというのが一番近いかな?水の揺らぎで水槽の向こうの景色がゆらゆら動いたりしてなんだか、軽いめまいのような感じですね。

だから、TVやパソコン画面を見ていると、眼が異常に疲れて、乾いて、気持ち悪くなってしまうんです。視力が良くなって、歪みの範囲が小さくなってきたここ数日が、なんとも言えない見え方の違和感がとても強くなっていました。これならもう少し視力が悪い方が楽ちんだ。ということで、ここ数日はできるだけ眼鏡をかけないで、少しぼやけた視界の中で暮らしていました。

見え方の違和感はあるけれど、基本的には原田病の治療はとても順調で、網膜剥離も無事に治まってきているということで、昨日の診察の結果、今日からステロイドの錠剤が一錠減って、内服は 15mg(プレドニン 5mg×3錠。朝2錠、昼1錠で服用)となりました。

一週間に一錠のペースで順調に減らすことができています。

恐れてたステロイドの副作用も今は皆無。
感染症にかかることもなく、体調は良好。
12月3日から感じていた朝一のダル重さも、3日前からなぜか治まって非常に寝覚めが良くなりました。今のところ、ステロイドの副作用は殆ど感じられず、順調な自宅療養生活。

これも完璧な体調管理? ストレスの無い快適な療養環境作りのおかげですかね。


僕の毎日の朝食。

b0133243_1836764.jpg

チーズ、牛乳、ヨーグルトなど乳製品を沢山食べて骨粗しょう症予防。
パンは噛みごたえのあるライ麦パン。
野菜も朝からしっかりとって、ミカンやバナナなどもしっかり食べます。
一番上の小皿に入った薬も朝食の一つ。絶対忘れません。

これをしっかり咀嚼し、20分かけて食べます。

昼、夜もできるだけ 500〜800kcalになるように考えて食べます。
面倒くさそうだけど、慣れれば楽勝です。

時間がたっぷりあるから、運動不足にならないようにするにはどうする?
食べ過ぎないで、お腹を満腹にするにはどうする?
暇な時に眼を疲れさせないで有効に過ごすにはどうする?
な〜んて、日々いろいろ考えて暮らしていると、やる事が多くて飽きません。

キョロキョロしながら、ストレス無く、楽しく治療生活を送り、
順調に原田病の裾野を下山中。

焦らず、明日からも一歩一歩慎重に、軽快に、楽しく歩き続けますよぉ。
by eilakuyagarden | 2012-12-14 18:42 | 永楽屋ガーデン | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








自宅療養日記  8 : 雪景色

昨日、切ない初雪などと叱咤激励したからなのか、未明から降り続いた雪が、辺りの景色を真っ白な世界に変えた。

b0133243_1853161.jpg

積雪は20㌢。
すっかり雪国となった岐阜の庭。

最近、ステロイドの副作用で朝一の身体のダル重さが続いていて、かなり気合いを入れないと起きられない日もある。でも今朝は違う。ダル重さは相変わらずだったけど、窓を開けたら雪景色。一気にダルさが抜けて、テンションが上がる。

あぁ、雪景色はやっぱりいいなぁ。

窓から見た雪景色だけでは我慢できなくなって、ちょっと無謀かなとドキドキしたけど、雪かきしないといけないからと自分に言い訳して外に出た。もちろん風邪をひかないように重装備。


b0133243_1853393.jpg

雪ぃ〜!!景色。
気持ちいい。


b0133243_1853744.jpg

思ったよりもサクサクの雪。
軽井沢の雪に比べれば水分の多い、重い雪だけれども、岐阜の平野部で降る雪とすればかなり軽い。

雪を踏みしめて歩く。

楽しい。

雪景色の庭。

b0133243_1854323.jpg

思い雪にうな垂れたジューンベリーの枝。

b0133243_1854593.jpg

かなり重そうだ。
でも奇麗。

雪国育ちの ドイツトウヒ は雪景色がよく似合う。

b0133243_1854726.jpg

こんな雪はへっちゃら。

b0133243_1854940.jpg

むしろ嬉しそうで、この雪を楽しんでいるようだ。

君も僕と一緒だね(笑)。


やっぱり雪はいい。
冬が好きだなぁ。


原田病になって、岐阜で療養することになり、この冬は雪かきする事なんてないなぁって思っていたのに、まさか、この時期に、しかも岐阜でこんなに本格的に雪かきすることになるとは思いませんでした。

30分程の作業。とてもいい運動になって、気持ちの良い汗もかけた。

上機嫌で部屋に戻る。
いい気分転換にはなったのだけど....。

その後、やっぱり無理はいけないと思い知らされる。

冷たい空気に、感染症を恐れて部屋にこもっている身体はとても敏感に反応する。
風邪を引かないように着替え、身体も拭いたけど、やっぱり悪寒がしはじめた。
いつものやつ。

対応は慣れているので、背中の背骨の上にタオルを一枚入れると悪寒が和らぐ。
そして葛根湯。この二つで、何故かこの不思議な寒気は収まるのである。

でも、やっぱり普通の身体ではない。
いかなる理由があっても無理、無謀はいけません。身体に怒られた気がした。
反省である。

今はまだ、毎日 ステロイド20mg を飲んでいる身体。
見た目には健康体で、ドイツトウヒ のように寒さもへっちゃらそうに見えていても、中身はステロイドを飲む前とは違うのだ。無理は禁物!
内服がもう少し減って、身体の免疫機能がもっと働き始めるまで、これからは、やはり窓からの景色を楽しむだけにしよう。

b0133243_1855211.jpg

だから、この冬は窓越しの雪景色を何度か楽しめますように。
どうかよろしく、冬将軍さん。
by eilakuyagarden | 2012-12-10 18:17 | 永楽屋ガーデン | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








自宅療養日記  7 : 切ない初雪

昨夜。雪雲が広がりはじめ、夕方にはチラチラと雪が舞いはじめた。
初雪。

b0133243_18134284.jpg



今朝。うっすら積もった雪。

b0133243_18142248.jpg

あまりにも少なすぎてなんだか切ない。
やっぱり、長野の雪とは違うな。

寒気が南下。一日中雪が降ったりやんだりの今日。
日中は積もることもないけれど、なんだか雪ぃ〜、冬ぅ〜な気分で嬉しい。


夕方。
雪雲が空を覆い、大きなボタン雪が落ちてきた。
空を舞う雪。

b0133243_1816657.jpg


外に出たいなぁ〜。

b0133243_1816852.jpg

あっという間に茶色い地面が白くなる。

b0133243_181694.jpg

明日の朝は真っ白な世界に変わっているといいなぁ。

今年の初雪は、ちょっと切ない。

大好きな冬なのに。

あぁ〜、早く外に出たいなぁ。
雪を踏みしめたいなぁ。
by eilakuyagarden | 2012-12-09 18:19 | 永楽屋ガーデン | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








自宅療養日記  6 : ひと月経って

11月3日〜5日まで風邪の症状と微熱、頭痛で寝込み、体調が回復した11月6日。

11月6日(火) 
少しだけ体調回復するものの、用心して薬を飲んで一日横になる。
朝一から視界がおかしく、眼鏡が突然あわなくなった。何故?
物が歪むというか、両目の焦点が合わない感じ。

11月7日(水)
今日は朝から目が変である。
左目に丸いスポットが見え、蛾が羽ばたいているようにチラチラ動く。
スポットライトが瞬いているような感じ。
病院の眼科を受診する。視力は問題なく、外観も大丈夫、ということは目の中の問題。精密に検査を行う。
☆どうやら、原田病と言う眼の病気だ! 100万人に数人の病だとか。怖い。


これは、一ヶ月前のスケジュール帳に書いた僕の言葉。

そう、今日で原田病が発病してひと月経ちました。
長いようで、とても短かった。

ひと月前の僕は、正直ショックで頭の中真っ白。何故?何故?がグルグル回っていた。
でも、異常に気がついてすぐに眼科を受診。受診した眼科の先生がすぐに 『 95%ぐらいの確率で原田病です 』 と見抜いてくれたのが、今思えば幸いした。本当に感謝している。

名前も知らない病気。しかも、100万人に数人の病気。
即入院とはいかなかったけど、最短で仕事のスケジュールを調整し、岐阜での入院準備のため長野からいろいろ持って移動。沢山の人に助けられて、一週間後には万全の体制で入院。

入院中も個室で、ストレス無く治療に専念でき、回復も順調。
朝一に身体がダル重いぐらいで、重いステロイドの副作用も無い。
むしろ、完璧に体調管理しているので、発病前よりも健康体になった。
(とわいえ、ステロイドの影響で免疫力が低下し、感染症への抵抗力が弱っているので、要注意な身体になっていることは否めない)


昨日は退院後二回目の通院日。
矯正視力は左右ともに 1.2。
網膜の浮腫も退院時よりかなり小さくなっていて、視力とは違う目の見え方も、少しずつ良くなっている(でも、まだ歪んでいますけどね)。
自宅療養による治療の経過も順調ということで、今日からステロイドの内服が一錠減って ステロイド(プレドニン)20mg〔 5mg×4錠 〕となった。

順調に眼も回復しつつあり、ステロイドから離脱も上手くいっている。
本当に嬉しいことです。


折角なんで、ひと月前がどんな感じだったのか、ちょっと振り返ってみる。

まず、眼の構造について。
日本眼科学会のホームページ[ http://www.nichigan.or.jp/public/disease/momaku_karei.jsp ]からちょっと画像をお借りしました。

眼の中ってこんな感じになっているそうで。

b0133243_1758418.gif

僕の病気で問題になっているのは、眼の眼底部になる『 黄斑 』 という場所。
この部分に、原田病の炎症によって出てきた水分が溜まり、網膜を持上げて剥離してしまった。

この『 黄斑 』部分の断面はこんな風になっている。

b0133243_1805181.jpg

前に正常な眼は富士山の火口のように凹んでいるって書いたのがこの部分で、この黄斑の中心は中心窩と呼ばれ、見ているところ(固視点)からの光が当たる部位になります。網膜は中心(黄斑)では大変良い視力が得られるそうですが、それ以外のところでは正常の目でも十分良い視力は得られません。つまり、黄斑は大変小さな部分ですが、黄斑が障害され、網膜の下に液体が溜まって浮腫み、剥離すると、それ以外の網膜部分に異常がなくても視力は著しく低下してしまいます。

ちなみに、これが正常な眼の黄斑付近の OCT(光干渉断層計)画像。

b0133243_18133929.gif

そして、網膜の下に水が溜まり、剥離した状態がこれ。

b0133243_18134049.jpg

ひと月前の僕の眼の底はほぼこれと同じくらいだった。

この時に僕の眼から見えていた世界はこんな風に写っていた。

b0133243_18134271.jpg


この拝借したサンプル写真よりは歪みは少し小さいかったけれども、見えない部分、雲のかかっている部分の範囲は大きかった。この雲が日々大きくなっていって、入院時には右下と左上はほぼ見えなかった。

今現在、この雲は殆ど消えている。ただ、右目だけはまだ薄い雲が少し残っているので、暗い場所では右下部分が見えにくい。この雲が全部いなくなれば多分、網膜の剥離、浮腫はなくなるんだろう。

どうですか、お借りした画像ばかりで説明したんですけど、ひと月前に僕の眼の中で起こった突然の変化がわかって貰えたでしょうか。僕も、今はこの時に比べて非常に良く見えているので、この時の恐怖とショックを改めて思い出しました。

もう二度とご免ですな。

発病からひと月。
まだ治療は続いている。

まだ、まだ原田病の登山は下山の途中。
決して気を抜かないように、一歩一歩しっかり前を見て、最後の一歩まで頑張ります。

さあ、明日からも治療に専念です!
by eilakuyagarden | 2012-12-07 18:27 | 永楽屋ガーデン | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








自宅療養日記  5 : 身体を知るために

今日も寒い一日。
12月に岐阜でこの寒さになるのって久しぶりで、少々身体にこたえます。

今朝もなんだか身体がダル重い。
am6:00のアラームでは起きられず、結局昨日と同じでam6:45の起床となった。
無理せず少しずつ身体を動かし、約45分かけて体操、ストレッチ、軽い筋トレをこなす。

これで、身体のダルさがとれる。
なんなんでしょ。

朝食と、朝の内服(プレドニン5mg×3錠、ワンアルファ1錠、ガスターD1錠)を準備してから、ドライアイの目薬を点眼。
これで、少しだけ息の上がった身体が平常にもどる。

この後、自分の身体の変化をしっかり知っておくために、毎日行っていることがある。
体温測定、血圧測定、体組成計による体重や体脂肪率の測定である。

体組成計については この前のブログ で書いた通りで、体重や、体脂肪率、基礎代謝量、筋肉量、などなどいろいろな情報を知る事ができる。

b0133243_17274319.jpg

体重は自宅療養を始め、測定開始した11月27日が 73.6kgで、今日の体重は 72.6kg。
食事の管理と、日課の運動、そして午前中に約2時間かけて行う掃除のおかげで、健康的に順調に減っている。大満足の結果である。


体温は大体36℃前後で、今のところ風邪などで熱が出た事はない。

b0133243_172750100.jpg



そして血圧測定。
今回自宅療養に合わせて、オムロンの血圧計を購入した。
初のMy血圧計。結構大きいのにビックリしたけど、見やすいし、使い易いので気に入っている。

b0133243_17275229.jpg

これまで、血圧なんてあまり気にした事はなかった。
とくに高いことも無く、いつも平常値だから。
せいぜい、病院を受診した時か、町の健康診断の時ぐらいに測るだけ。それだけ。

でも、今回、原田病の治療で入院することになって、看護師さんが毎朝、血圧と体温を測っていた。ちょっと体調が悪いかったり、寝不足だと、上だけ高くなったりする。意外に身体の調子を反映しているんだなって思った。

自宅療養になれば、自分の体調を管理するのは自分。
なんとなくダルいとか、なんとなく重いとか、そんな言葉では的確に説明できない身体の状態を、感覚的、主観的には自覚できていても、数値として客観的に知る事はない。だから、これを機に、自分の身体をしっかり知って、なにか不具合があった時には、この間の血圧や体温の遷移はこうでしたってお医者さんに提示できれば、少しは治療の時の参考になるかな。

自分の安心材料にもなりますしね。


それで、実際に測っている結果から身体の変化と血圧の関係を見てみると。

朝一に身体がダル重な昨日、今日の最高血圧は 133、131。最低血圧が 74、73。
その前の、朝の目覚めが良かった時は、上が 113〜122。下が 76〜79。

この差が大きいのか小さいのかは正直わからないし、サンプルが少ないので統計的に整理もできないけど、客観的に見てみて、やはり少し最高血圧が高いようである。

高いとどうだってこともまだ知識不足でわからないけど、なんとなく、身体の不調を血圧が数値として現してくれているような気はする。入院中も体調が悪い時は 最高血圧が 135 や 142 なんて時があったから、“ なんとなく ”不調って時の血圧はやはり正常の時とは違うようだ。


こうやって自分の身体を客観的に見ていく事もなんとなく大事な気がする。
原田病をきっかけに、自分の身体をしっかり管理することの大切さが、なんとなくわかってきた今日この頃。しっかり続けていきたいと思います。
by eilakuyagarden | 2012-12-04 17:51 | 永楽屋ガーデン | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








自宅療養日記  4 : なかなか便利

原田病の治療が始まって以来、朝の目覚めは非常に良くて(入院中は寝られなくて、結局起きていたなんてこともあったけど)、いつもパッと起きられたのだけど、今朝はやはりなんだか身体が重い。いつもは大体am6:00時に起きるのだけれども、今朝は起きられずズルズルと6時45分まで横になっていた。朝の体操しないとと思いようやく起き上がる。でも、やっぱりダルい。これもステロイドの副作用なのかなぁ。

無理はしないけど、ズルズル寝て過ごすのは嫌なので、小さく抵抗してみる。
案の定、身体を動かすと少し楽になる。
なんだか細胞が蘇る感じだ。

その後は比較的好調。日中暑いくらいになったので余計に身体が動く。
躁鬱の変化が激しいのもステロイドの副作用の一つらしいが、これもそうなのかなぁ。

まあ、調子良ければそれで良しです。

今日もステロイド(プレドニン)25mg(5mg×5錠)を服用。
朝8時に3錠、昼12時に2錠。
この時間をしっかり守っている。

だんだん慣れてきて、なんだか服用を忘れないか心配。
一様、忘れないように食事の準備と同時に小皿に薬を盛りつけて、食事と一緒に並べるようにしている。まるで、食事の一品のように。美味しくはないのですけどね。


体操、軽い運動、掃除。これらの日課にあたらし作業をついかすることにした。
それは 『 料理 』 。

時間もあるし、もともと普段から自炊していたので、自分で料理をする事にした。
もともと料理は得意なので、なんの苦にもならない。
それに、実家では鶏肉を全く食べないので、ちょっと鶏肉不足。

長野では鶏肉3、魚3、豚肉1ぐらいの割合で、一週間の夕飯をローテーションしていたので、鶏肉が無いのはちょっと辛い。ならば自炊するしか無いのである。

ただ、問題は買出し。
感染症にご用心の今、スーパーの人ごみの中に出て行くわけには行かない。
わざわざリスクは侵したくないですからね。

そこで、初めて 『 イオンネットスーパー 』 なる宅配サービスを使ってみました。
実家から車で5分の場所に イオンモール各務原店がある。これを使わない手はない。

ということで、昨夜イオンネットスクエアー会員に登録をして、イオンネットスーパーのサイトから必要な物をお買い物。店舗にある物が何でも選べるわけではないのだけど、必要な物は充分に購入できる。唯一選べなかった物は “ 辛子明太子 ”だけでした。

5000円以上購入すれば配送料も無料。
昼12時〜14時の配送分は当日の9時までに注文すれば届けてくれるのである。
これは便利。

僕はたまたま病気のせいでこのサービスを利用したのだけど、身体の不自由な一人暮らしのお年寄りや、車の無い人、時間の無い人など、チャチャッと選べて無料でお届けはなかなかに便利だ。ネットの環境があるかどうかは問題だけど、それがクリアーできれば、いいサービスである。


さて、初のネットスーパーの実力やいかに?

今日、時間通りに12時半頃に荷物が届いた。

b0133243_18271986.jpg

注文した商品はこれだけだけど、折りたたみのプラケース三箱に分けられ、冷凍食品は冷たいまま、魚や牛乳などもしっかり冷やされていた。届いた時は、あれ、こんなに頼んだっけというくらいの大きな荷物だったけど、商品毎に区別してあったので大荷物になっただけだった。

荷物も玄関口まで運んでくれて、箱の中から買い物袋に入った商品を取り出したら、箱は持ち帰ってくれる。この大きなプラケースでの配送がいやなら、エコバックでの配送にもできるらしい。次回はこれで注文してみよう。

さらに、購入した商品のリサイクルできるペットボトルや缶なども、ネットで購入の時にリサイクル希望にチェックを入れておくと、商品を届けてくれた時に一緒に回収してくれるそうだ。なんともありがたい話である。

週に1〜2回、5000円以上まとめて購入というならば、配送料も無料だし、店舗まで行く交通費などを考えればかなりの節約になる。

なんとも便利な世の中になったものだ。

でも、身体が元気なら使わないかなぁ。
だって、僕、買い物に行くの結構好きなんですよね。
あれやこれや選ぶのって楽しいじゃないですか。

でも、こんな風に初めての物にトライしてみるのも、原田病の治療期間の楽しみの一つでもあるので、また、利用してみよう。

今の僕にとっては なかなか便利 ですから。
by eilakuyagarden | 2012-12-03 18:32 | 永楽屋ガーデン | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








自宅療養日記  3 : ゆるり、ゆるりと
b0133243_20583326.jpg

太陽が昇り、窓から暖かな光が射しこむ。
朝7時。

いつもと違うのは、真冬の空気に変わってること。
窓ガラスが結露して曇っている。

b0133243_20583593.jpg


西側の小窓から見た畑には霜がおり、いかにも寒そうである。

朝一の気温は0℃。岐阜では1月中旬の気温。
長野では11月初旬くらいからこの程度の冷え込みだったので、僕的にはどうということの無い寒さではある。長野で暮らして5年。すっかり雪国仕様に体質が変わっていることを実感する。身体の慣れというのはすごい物だと思う。

自宅療養七日目。
一昨日からステロイド(プレドニン)の内服が25mgとなり、気分的には少し楽になったものの、目の見え方は本当に少しずつ、少しずつ変化しているといった感じ。焦らず、焦らずと思いながらも、これ以上良くならなかったらちょっと辛いなぁ〜なんてネガティブな事も考えてしまう。

まだひと月も経ってないのにねぇ。本当に焦らず頑張りましょう。


ラジオ体操、ストレッチ、軽い筋トレ、そして掃除。
毎日の日課にも慣れてきて、すっかり習慣として定着して来た。
掃除しないとなんだか身体がムズムズするのである。

この僕の習慣に一番迷惑しているのは、掃除機が大っ嫌いな我が家のお猫様。
僕が行くとカーテンの裏に隠れ、逃げ回っている。そこがちょっとおもしろくてワザと掃除機のヘッドを近づける。ビックリした猫様がついにお漏らししてしまい、自分のいたずらで余計な仕事を増やしてしまった。反省。


視力以外、体調の方は基本的に良好である。
今のところステロイドの重い副作用のような症状は全く出ていない。
ただ、ここへ来て少し疲れ易いと言うか、やる気が出ないような、何とも気分的にだる〜い感じがする時間帯があったりする。そんな時は無利しないで寝る、これに限る。決まって1〜2時間くらいでパタッと目が覚めるのだが、これで十二分に体調が回復する。

やはり、普通とは何かが違うんだなぁって感じる。
見た目には何も変わらず、むしろ体重が減り、身体も締まって健康的に見えてはいても、身体の中では抵抗力が弱くなっていて、無理できないんだなぁ〜って分かる。ここで、気を抜いたり、無理したりすると、多分良くないんだな。慎重に、慎重に、行きましょう。

もう少し動けるようになるには、やはりいろんな人がネット上に書いているように、ステロイドの内服が一桁にならないと無理なのかな。

時間は一杯ありますから、ゆるり、ゆるりと行きましょう。
焦る気持ちを抑えながら、そう自分に言い聞かせている毎日です。
by eilakuyagarden | 2012-12-02 21:00 | 永楽屋ガーデン | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ











  長野,軽井沢,岐阜 風景に溶け込む雑木の庭自然な庭造りと里山園芸
by 永楽屋garden
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
about 永楽屋garden
山野草、雑木、愛すべき日本の里山風景。そんな自然な庭を愛するあなたへ...

人と自然、植物が触れあえる“ 住まう庭づくり ”


永楽屋garden では...
そこにある自然を生かしたナチュラルガーデンのデザイン、施工、メンテナンスを行っています。

「花木と語らう緑の園芸教室」も不定期に開催。
ガーデニングの基本、お庭、植物と触れ合う楽しさをお伝えしています。


長野県, 軽井沢, 八ヶ岳, 岐阜県で主に活動していますが、ご依頼があれば日本全国どこへでも伺います。まずはご相談くださいね。

お庭造りに関するご相談
お問い合せはこちらまで

mail:
eilakuya_garden@polka.ocn.ne.jp
Tel/Fax:
0267-32-0253
Mobile:
090-2346-6877
※日中は不在にしていることが多いので、mail,Mobileでのお問い合わせが確実です。

カテゴリ
全体
永楽屋ガーデン
里山林の庭
インドアグリーン
木の物語
息抜き
岐阜の庭
大山桜を守る会
追分宿の庭
庭造りいろいろ
園芸教室
浅間山
散歩道
イベント
野草の暮らし
メディアなど
スタッフ募集
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧