<   2012年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








うごきはじめた “ 春 ”

うごきはじめた春。
溶けだした冬。

b0133243_17224158.jpg

かたい氷に閉じこめられていたのは 原色の秋。



ふくらみはじめた春。

b0133243_17173112.jpg

今にも開きそうな アブラチャンの蕾。


めばえはじめた春。

b0133243_17173416.jpg

落ち葉をかき分け背をのばす カタクリ。


春。

b0133243_17173643.jpg

うごきはじめた、春。
by eilakuyagarden | 2012-03-29 17:33 | 永楽屋ガーデン | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








浅間山、微笑む。
草原を滑る穏やかな風。
暖かな日射し。
でも空気は程よく冷たくて気持ちがいい。


b0133243_16322985.jpg


いろんな時期に、いろんな場所から浅間山を見ているけれど、寒さの緩みはじめたこの時期に、ここからの見る浅間山は優しく微笑んでいるようでいいなぁ。

軽井沢にも春が近づいていますね。
さて、お庭の春でも見つけに行ってみましょうか。
by eilakuyagarden | 2012-03-27 15:04 | 浅間山 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








いつか奇麗に彩る日まで
各務原市民公園の南側を東西に走るこの通りは国道21号線。
旧中仙道の通っていた場所にほぼそのままに、美濃地方を横切るように東西に走っています。各務原市役所前から市民公園までの区間が電線の地中下工事をほぼ終えて奇麗に整備されました。

b0133243_16561988.jpg

通りの名前は知りません(調べてないです)。
でも、この道の両脇に植えられた樹木ことは、良く知っています。

この街路樹は “ ハナノキ ”。
岐阜県、愛知県、長野県の一部だけに自生している珍しいカエデの仲間です。

この木。実は今満開になっているんですよ。


b0133243_16562319.jpg

奇麗でしょ。
でも、誰ぁ〜れも開花に気づきません。

ヤマモミジやイロハモミジ、コハウチワカエデなど、ほとんどのカエデ類は葉と花を同時に広げますが、花はとても地味で目立たないのでほとんど注目されません(以前のブログでお伝えした軽井沢のお庭に植えた ハナノキ や カエデ の花の様子が コチラ )。

一方、ハナノキは赤い小さな花が葉よりも先に咲き、花が咲き終わる頃に葉っぱが開きます。だから「 花カエデ 」とも呼ばれます。でも、曇っていたこともあるけど、木が若くてまだまだ花数も少ないせいなのか、満開になっていても全く気づかれていないのです。開花した花の部分だけを見ればこんなに奇麗なんですけどね。

b0133243_16562553.jpg

真ん中の蕾のようなものが葉っぱになる部分。その両脇の伸びた雄しべが目立つのが花。
ちなみに、ハナノキは雌雄別株なので、これは雄花になりますね。雌株の方が数が少ないので、なかなかお目にかかれませんが、シベの伸び方が雄花よりも長くて花姿が全然違うので簡単に見分けられます。

もう少し大きな株に生長すれば、木全体が赤くなり、もっと見応えあるんですけどねぇ。
数年すれば多くの人に開花を気づいてもらえるかな?

しかし、ハナノキって結構大きくなるんですが、こんな狭い場所に大量に植えて大丈夫なんでしょうか(大丈夫な訳ありませんけどね)。岐阜県の限られた場所に自生する貴重種のカエデ。紅葉も綺麗だからってことで街路樹にしたんでしょうけど、どんな大きさに成長するのかちゃんと理解して、何十年も未来の街路樹の姿をちゃんと考えて選んだのかなぁ。バシバシ剪定したら樹形も乱れて悲しいことになるし、夏場のこの場所の暑さや乾きは尋常じゃないから生延びるのは大変。もともと山間部の限られた地域に生えていた木。お庭や公園ならまだしも、大量の排ガスを浴びる街路樹にするのはどうなんだろうか?

昨年夏前に工事が終わった区間に植えられたハナノキの幾つかは既に枯れていました。
工事した土建屋さんや市のお役人さん達は枯れたらまた植えればいいやって感じなんでしょうね。木の立場で考えることは...無いんだろうなぁ。何年後かに、この街路樹が全て別の樹種に変わっていないといいんですけどね。

b0133243_16562875.jpg

いつか皆に気づいてもらえるような立派な街路樹に育って、この通りをハナノキが奇麗に彩ってくれる事を期待したいですね。
by eilakuyagarden | 2012-03-26 17:12 | 木の物語 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








忙しい天気
屋根から響くパラパラという音に起こされた。
外を見ると、地面が白くなっている。

b0133243_791040.jpg

アラレだった。

冬の空。

窓から見える伊吹山も白さを増して “ 美白 ”。

b0133243_797100.jpg

春になったり、冬に戻ったり。
忙しい天気である。
by eilakuyagarden | 2012-03-25 07:11 | 永楽屋ガーデン | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








今日の桜たち(各務原の桜実況)
昨日の大雨のおかげで、花苗の植え替え作業はお休み。
連日、中腰での作業が続いていたため腰が悲鳴をあげはじめていたけど、一人で作業しているとあと少しだけと言って、ダメだと分かっていてもついつい無理してしまう。作業の手を止めるには、自分を納得させる為の理由が必要になる。雨は自分自身を納得させるのに十分な理由となる。身体のためにはありがたいのである。

雲の切れ間に青空が顔を出し始めたので(このブログを書いている今はお日様もでてきましたねぇ)、小雨の中、各務原市民公園や新境側堤の百十郎桜の様子を見るため散歩に出かけました。

公園のお花見ポイントのソメイヨシノたち。

b0133243_12511799.jpg

木々の梢は少しピンク色に輝きはじめましたが、蕾はまだまだ硬い。
開花は来週末から再来週といったところかな。

天気、気温の波が大きいので、春は加速度的に進んでは足踏み状態を繰り返しそうだから、今年の桜は長く楽しめそうな気もします。

新境川堤のソメイヨシノも同じような状態だけど、一晩中こうこうと街灯が灯っている近くに植えられた桜などには、場所によっては蕾が少しだけほころびはじめているものもありました。

b0133243_12512027.jpg

ピンクの蕾が開花を期待させますね。
なんだかちょっとだけウキウキしました。

他にもいち早く咲いている花は沢山ある。

b0133243_12512684.jpg

ほら、ツバキなんて今が見頃(をちょっと過ぎてますか...)。
でも春気分の高揚は小さい。

何故か桜に感じる開花へのウキウキ感は別格。
不思議ですよねぇ。

b0133243_12512356.jpg

待ち遠しい春。
他の花たちにも目をむけつつ、桜の開花も待ちましょうよ。
by eilakuyagarden | 2012-03-24 12:56 | 永楽屋ガーデン | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








膨らみはじめたつぼみの議論
朝一。苗畑で花苗の植え替えをしようとしたら苗の土が凍っていた。
どうりで寒いはずだ。
でも、日中は春本番の暖かさ。

寒暖の差が15℃くらいあって、何を着たらいいのかわからなくなりますね。

悩んでるのは僕だけじゃなく、庭のハクモクレンも数日前からこの状態。

b0133243_22411532.jpg

「どうする?咲いちゃう?」
「お日様がでると暖かいからね。大丈夫なんじゃない。」
「でも風は冷たいぜ!風邪ひいちゃうぜ!」

動きを止めたつぼみの議論は白熱。でも、咲くという結論はでそうにありません。
明日は雨。雨が止んだら、また寒気がやってきて冬に逆戻りだそうな。

悩むハクモクレン。
膨らみはじめたつぼみの議論はまだまだ続きそうだ。
by eilakuyagarden | 2012-03-22 22:50 | 岐阜の庭 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








春へ。一歩一歩。
天気図は西高東低。冷たい風吹く冬のような一日。

でも日射しの下は暖かい。春の陽気。

家が冷たい風を遮ってくれる庭の東側。
咲き出した クロッカス。

b0133243_1829812.jpg

そして スミレ の花。

b0133243_18291145.jpg

冷たい風なんて関係ない。
お日様の恵みを浴びる ヒメダカとタニシ。

b0133243_18292096.jpg

水の中だけど暖かそうだ。

季節は春へ。一歩一歩。
by eilakuyagarden | 2012-03-21 18:31 | 岐阜の庭 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








水からでた春
気温が上がり、陽が射すと、水の中で育つ植物達は丘の植物よりも早く、敏感に動きだします。土の温度よりも溜まった水の方が暖かくなりやすいからなのかもしれません。

水の中で丸まった葉を広げはじめているのは “ コウホネ ” です。

b0133243_20285149.jpg

睡蓮の葉に似ていますよね。


これもミソハギに似ていますが違います。
オカトラノオの仲間の “ ヌマトラノオ ” です。

b0133243_20285376.jpg

花穂は真っ直ぐに立ちます(オカトラノオは花穂がお辞儀しています)。
花穂、草丈ともにオカトラノオよりも一回り小さいです。
なにより、水辺が住処なので区別は簡単です。
東京だと石神井公園の石神井池で見ることができます。


急に伸び始めたこの植物は“ ノウルシ ”。

b0133243_20284920.jpg

ちょっと大雨になると川の水が増水し、すぐに水につかってしまう河川沿いの平らな場所に自生するトウダイグサ科の植物。現在では護岸工事などでその生息場所が激減しているため、自生しているものもまれになり、絶滅が危惧されています。

数年前に購入した株をこの写真の様に、

b0133243_202845100.jpg

いろんな水辺の雑草もそのままにして増やした物を、毎年少しずつ株分けして苗として育てました。

去年の秋に株分けした物も元気に芽生えはじめています。

b0133243_20284365.jpg

少しずつですが自然環境の回復につながるといいなぁ〜。そんな思いで増やしています。こんな大事に育てた苗も少しだけですが春の苗市で販売しますので、ぜひ育ててみたいという方は春の苗市に遊びに来てくださいね。育て方もちゃんと教えますよ(またまた、宣伝でした)。

水辺の植物というのはとても管理が楽。
しゃれた水鉢に水を張って沈めておくだけで毎年綺麗な姿を見せてくれます。
一番の問題点はボウフラと蚊。でも、ヒメダカなどの小魚を一緒に入れておけばこの問題も解決です(小魚の糞は植物の肥料にもなりますしね)。一部地域では水鉢に入れた小魚を狙ってアライグマがやってくるそうですからご注意ください。

軽井沢で水辺の植物を育てるなら、陶器のしゃれた水鉢でなく柔らかいプラスチックの鉢がいいです。陶器の鉢では水が凍結し、膨張した氷のおかげで割れてしまいます。

僕のお薦めはセメントを捏ねる時に使う、緑色した四角いプラ舟ですね。コウホネの写真に写っている緑色の容器がそれです。いろんな水生植物とメダカを入れておけば、小さなビオトープの完成です。見た目は×ですが、管理は楽ちん。サイズも色々あるので、ポットの大きさに合わせて選んでください。

ぜひこの春は、夏に向けて水辺の植物の栽培準備を始めませんか。
水からでた春は、もう動き始めていますよ。
by eilakuyagarden | 2012-03-17 20:35 | 野草の暮らし | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








二度の冬を越えて
カラマツの落ち葉でマルチングされたポット。

b0133243_22235450.jpg

小さな命の芽生えがわかりますか?

b0133243_22235738.jpg

2010年の10月に播種した “ ヤマシャクヤク ” の種の発芽です。
まだかな、まだかなと、岐阜に帰る度に確認してはガッカリしていましたが、二度の冬を越えてようやく発芽しました。

いやぁ〜、本当にうれしいです。

近くには、種から根と双葉がニョキニョキ生え始めたばかりの物もいますね。

b0133243_2224083.jpg

もう一鉢にはまだ落ち葉の上に顔を出した物は見えませんね。

b0133243_2224320.jpg

でも気になる。ちょっとだけカラマツの落ち葉の布団を上げてみると....。

b0133243_2224511.jpg

やっぱり発芽途中の物がいました。
風邪をひかせてはいけないので、すぐに布団を元に戻して辛抱強く発芽を待ちましょう。

この他に紅花ヤマシャクヤクの種を撒いたポットもあるんですが、紅花ヤマシャクヤクは発芽まで2年以上かかるので、発芽は来春かなぁ。待ち遠しいです。


ポットの表土を乾かしすぎず、湿らせすぎず、軽井沢の雑木林の林床のような状態を維持することが発芽させるためのコツであり、難しいところですが “ カラマツの落ち葉 ” がこの管理を非常に楽にしてくれます。

細くて硬い唐松の落ち葉は、厚く重なっていてもいい具合に隙間ができて、その隙間から水と空気、そして光をいい具合に取り込んでくれます。余分な湿気も上手い具合に抜けるので、播種した土の表面が適当な湿度に保たれます。播種してカラマツの落ち葉をマルチングしたポットを、発芽まで木漏れ日があり風通しのいい木の株元や、それに近い条件のある場所に置き、ときどき様子を見がてら(雑草の種が発芽していないかなどと気にしつつ)に水やりしてあげるだけ。あとは2年の月日を辛抱強く(カラマツの布団をあげないように我慢です)待ちつづければ、きっと発芽するはずです。

発芽してもここからがまた大変。
花が見られるまでにはあと2〜3年かかります。

種を播いてから開花まで早くて4年。5〜6年かかっても当たり前。
発芽率も100%じゃないですし、山野草を育てるってことは本当に手間と時間のかかることなんです。

園芸店でヤマシャクヤクの花苗を見てその価格に驚くかもしれませんが、それだけ時間と手間とがかかっているんですね。自分で種から育ててみるとその大変さがわかりますよ。

まずはちょっと高いけど開花するヤマシャクヤクの株を購入して庭に植えましょう。
植え時期は秋がお薦め。地植えして冬を越した株は驚くほど立派になります。
植えた場所がヤマシャクヤクの好みだったら、翌年、無事に春、夏を乗り越え、秋には数個の種をつけることでしょう。まずはこの種を採取して育ててみましょう。

購入した開花株を地植えして育て、種を採取し、発芽させ、開花するまで約7〜8年。
そんなに待てない人は、お近くの園芸店や永楽屋ガーデンの春の苗市にお越しください。
2007年に播種したヤマシャクヤクの開花株など、いろいろな山野草の苗を5月のゴールデンウィークの苗市で販売しますので、どうぞご利用くださいね(最後はイベントの宣伝でした)。
by eilakuyagarden | 2012-03-16 22:36 | 永楽屋ガーデン | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








どちらがお好み?
岐阜の庭でヘレボルス・オリエンタリスが咲き始めました。


b0133243_19311192.jpg

1月18日のブログ で古い葉をバッサリと切ったヘレボレス。


b0133243_19311444.jpg

寒さが緩み始めた3月。ニョキニョキと茎を伸ばし、綺麗に開花しました。


b0133243_19312066.jpg

葉を切ったことで綺麗な花(花びらに見える部分は実際はがく片ですが)がとてもよく目立ちます。


一方、葉を切らなかったヘレボルスはというと、こんな感じです。

b0133243_19312459.jpg

ここは庭の中でも冷たい西風が強く吹き込む場所。
最初の写真のように葉を切って花茎だけにしてしまうと、強い風で花が倒れてしまうという事情もあって、葉を切らないで自然なままにしてあります。

大きな葉のお陰で、綺麗な花があまり目立たないのですが、まあこれはこれでいい感じです。正直こういう雰囲気、僕は嫌いじゃないです。

花が終わる頃に若い葉が開きはじめたら、古い葉だけを切ります。
ただ、新しい葉が動き始めてから古い葉だけを切るのは以外に手間がかかる作業です。メンテナンスの面からは、やはり花や新しい葉が動く前に古い葉をバッサリ切る方が楽ちんですね。


b0133243_19312770.jpg

どっちの方法で管理するのも正解。管理の手間の問題だけです。
葉を切っても切らなくても、綺麗な花はちゃんと楽しめます。
目立つか、目立たないかだけの問題です。

さて、あなたはどちらがお好みですか?
by eilakuyagarden | 2012-03-15 19:41 | 岐阜の庭 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ











  長野,軽井沢,岐阜 風景に溶け込む雑木の庭自然な庭造りと里山園芸
by 永楽屋garden
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
about 永楽屋garden
山野草、雑木、愛すべき日本の里山風景。そんな自然な庭を愛するあなたへ...

人と自然、植物が触れあえる“ 住まう庭づくり ”


永楽屋garden では...
そこにある自然を生かしたナチュラルガーデンのデザイン、施工、メンテナンスを行っています。

「花木と語らう緑の園芸教室」も不定期に開催。
ガーデニングの基本、お庭、植物と触れ合う楽しさをお伝えしています。


長野県, 軽井沢, 八ヶ岳, 岐阜県で主に活動していますが、ご依頼があれば日本全国どこへでも伺います。まずはご相談くださいね。

お庭造りに関するご相談
お問い合せはこちらまで

mail:
eilakuya_garden@polka.ocn.ne.jp
Tel/Fax:
0267-32-0253
Mobile:
090-2346-6877
※日中は不在にしていることが多いので、mail,Mobileでのお問い合わせが確実です。

カテゴリ
全体
永楽屋ガーデン
里山林の庭
インドアグリーン
木の物語
息抜き
岐阜の庭
大山桜を守る会
追分宿の庭
庭造りいろいろ
園芸教室
浅間山
散歩道
イベント
野草の暮らし
メディアなど
スタッフ募集
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧