<   2011年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








葉書き
『はがき』とは郵便葉書のこと。
紙などに書いた覚え書き「端書(はしがき)」が名前の語源。

もともと平仮名で 「はがき」 だったのが 『葉書』 という漢字が当てられたんだけど、その由来になったのが別名 「 ハガキの木 」 と呼ばれてる “ タラヨウ ”の木。
本州中部から西の暖かい地方に生えるモチノキ科の落葉高木。
楕円形で10〜20㌢くらいの大きな葉は、肉厚で、光沢のあるモチノキ科の仲間らしい葉っぱで、古代インドではこの葉を字を書く為に用いたそうである。だから「葉書」と言う字を当てはめる由来になったとか。僕も実際にタラヨウの葉に字を書いた事がありますが、旨い具合に書く事ができるんですよ。“ タラヨウ ” は「郵便局の木」にも指定されています。


えぇ〜、前置きのお話が長くなりましたが、今日はタラヨウの話ではありません。

落葉が始まったこの時期。
紅葉を楽しみながら、葉っぱの形で木の名前を覚えるには最適。

なぜなら、紅葉して水分が抜け、硬くなった落葉だからできるこんな事。

b0133243_22345618.jpg

紙ならぬ、葉っぱに書いた覚え書き 。
これぞまさに 「 端書 = はがき 」 です。

春〜夏のみずみずしい緑の葉ではできないことですが、秋の落ち葉にならこんな事もできちゃいます。葉っぱの形と紅葉の色、そして木の名前を覚えられちゃう一石三鳥の ナイス、アイディア!

お庭のメンテナンスをお手伝いしてくれているTさんが、何度聞いても覚えられない庭の樹木を覚えようと何気なくやっていた 「 葉書き 」。

皆さんも 「葉書き」 で、沢山の木の名前を覚えてくださいね。
by eilakuyagarden | 2011-10-31 17:00 | 永楽屋ガーデン | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








こんな秋はいかが?
雑木林が黄色や茶色に染まりはじめました。

b0133243_8311126.jpg

軽井沢の紅葉の名所である雲場池辺りは今週あたりが紅葉のピークだとか。
木々の生え方、日当り、乾湿、周辺環境、ちょっとした標高の違いなどに加え、浅間山からの空気の流れなどの影響もあって、狭い軽井沢という場所の中でも紅葉の状況は千差万別。面白いですよね。


僕がお世話している雑木林では “ カマツカ ” の赤茶色の褐葉が見頃。

b0133243_8311148.jpg

標高の低い場所だと、色が抜けた様に黄色くなって枯れるだけだけど、軽井沢ではとても鮮やかに紅葉してくれるます。

b0133243_8311590.jpg



葉っぱを広げた直径が2mにもなろうかというほどに大きく育った “ ゼンマイ ”。

b0133243_8311550.jpg

ここまで大きくなるとは、さすがは軽井沢というところでしょうか。
オシダの立派な姿に押されて、普段は見向きもされない “ ゼンマイ ” ですが、茶枯れた姿はなかなかの存在感。

普段目立たない植物達が、葉を落とす前に最後の輝きを放ち、主役になるのもこの時期だけの楽しみ。
こんな秋はいかがですか?
by eilakuyagarden | 2011-10-30 08:35 | 野草の暮らし | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








僕の好みは
ツリバナ

b0133243_22591551.jpg

ニシキギ

b0133243_22591868.jpg

マユミ

b0133243_22592192.jpg

みんな ニシキギ科ニシキギ属の落葉中低木。仲間達。

どれも秋になると可愛い果実をつけるけど、
僕の好みは淡いピンクの “ マユミ ”の果実。

ツリバナ、ニシキギよりも遅くまでその実を楽しめるマユミ。
可愛い果実が初冬まで残り、楽しませてくれます。

初雪を被るマユミの実もなかなか素敵ですよ。
by eilakuyagarden | 2011-10-27 23:05 | 木の物語 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








“ 葉っぱ ” なんです!
b0133243_2231438.jpg

茶色く枯れた “ コウヤワラビ ” の胞子葉。

胞子をつける事だけに特化し、光合成する葉っぱとは完全分業制になった胞子葉。
これでも歴とした 「 葉っぱ 」 なんですよ。

こんな植物も、秋の終わりを感じる風物詩です。
by eilakuyagarden | 2011-10-26 17:00 | 野草の暮らし | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








朝露
b0133243_2242567.jpg

朝露キラキラ。

嫌われ者のスギナも この時ばかりは “ 宝物 ”。

b0133243_2263483.jpg

しかし、なぜ落ちない?
by eilakuyagarden | 2011-10-25 22:12 | 永楽屋ガーデン | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








また一歳。ありがとう。
b0133243_10252584.jpg

葉も落ちて、赤い実だけが残った “ ナナカマド ” 。
新しい命の種が実を結び、次ぎの世代に繋がっていきます。
次世代を生み終えた森の木々は深い眠りの季節を迎えます。
毎年変わらぬ自然の営みです。


『永楽屋ガーデン』は今日で4周年。

4歳になりました。もう4年も経ったのですね。早いものです。
大学生なら卒業の年。

震災、大雨、台風、猛暑 etc...。
今年の庭造りシーズンは本当にいろんな事があり、自分の中でもいろんなことを考えさせられる一年となりました。いろいろ振り返るのは年末の仕事にしますが、とにかく、生むも壊すも自然の力というものは本当に偉大であるという現実を、改めて思い知らされました。

そんな中でも、変わらずにお庭づくりをできる幸せ。
大切な自然を、庭という形で、造り、育て、共生していく仕事をさせていただける事に本当に感謝しています。

多くの人に助けられ、この一年もまた素敵なお庭を造ることができました。
作庭させていただいたお庭をこれから一緒に育てていく施主様、
大変な暑さの中、お庭づくりをお手伝いしてくださった業者の方々、
元気で強い樹木や野草達を大切に育ててくれる馴染みの植木屋さん、苗屋さん、
ブログが更新されないと心配されて声をかけてくださる馴染みの方々、
そして、陰ながら応援してくれる友人や実家で苗畑を維持してくれている家族。

僕一人の力では限りがあっても、多くの方々の力を借りて、自分のスペック以上の仕事をする事ができました。本当にありがとうございました。

明日から5年目。
学生が社会人としてデビューする様に、僕もこの4年間をベースとしてなにかこれまでとは違う形の新しいアプローチにも挑戦したい。今は漠然とした妄想的な構想しかありませんが、社会人一年目の気分で、夢いっぱいの希望を膨らませながら、さらに成長する為の一歩を踏み出していきたいです(その先に、現実が見え、夢が消え、結局会社の歯車になり、組織に染まってしまうような事がないように、いつまでも夢と希望を追い続けたいですね)。

まずは、夢妄想ではなく、今完成させるべき新しい庭と、来年のお庭づくりの為に苗畑の苗の充実(種蒔き、株分け)という大切な現実からスタートです。


5年目の永楽屋ガーデンも、人が自然と関わる最初の一歩として、お家でも、お店でも大切な存在であり続けるような庭を造っていきます。

b0133243_10225329.jpg

自然、植物、人が共生し、庭で暮らすように楽しめる 『住まう庭造り』。

5年目の 『 永楽屋ガーデン 』 とガーデナー岡田英人。
これからもどうぞ宜しくお願いいたします。
by eilakuyagarden | 2011-10-24 16:00 | 永楽屋ガーデン | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








枯れ草フェチ
b0133243_12331136.jpg

“ ホスタの種子に掛かった枯れ葉 ”

草木の枯れた風景に心惹かれる今日この頃。
気温が下がり、澄んだ空気に枯れ草がキラキラ輝いて見えます。
冬が近づいてきたからかなぁ。

枯れ草フェチには溜まらない季節の始まりです。
by eilakuyagarden | 2011-10-23 12:00 | 永楽屋ガーデン | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








アール・ヌーヴォーな感じ
b0133243_21445394.jpg

まるで美術工芸品のように美しい“ ツルリンドウ ” の真っ赤な果実。

なんだか、とっても “ アール・ヌーヴォー ”な感じ。
by eilakuyagarden | 2011-10-22 17:30 | 野草の暮らし | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








一人占め
長野県松本市の波田町まで植木の仕入れに出かけた。
毎年秋の仕入れはウキウキする。

b0133243_1613446.jpg

紅葉の見頃を過ぎようとしている軽井沢と違い、松本市周辺の紅葉はこれから日に日に深まっていく。でも、山裾にある植木屋さんの苗圃は松本市街地より一足早く紅葉が見頃になる。

b0133243_1613737.jpg

毎年書いていることだけど、この時期の仕入れはガーデナーとしては、樹木の紅葉の色や姿を実際に眼にできる貴重な時間なのである。毎年通っていても、夏の暑さや冷え込み具合によって、紅葉の様子が全然違うから面白い。

b0133243_16131933.jpg

ホームセンターや軽井沢界隈の植木屋さんでは樹種、サイズ、数などが圧倒的に少ない。でも、僕の通う植木屋さんの苗圃は広大。

b0133243_16132586.jpg

全てを見られないくらいの数とサイズの中から、お客さんのお庭に最もマッチする一本を選ぶ。手間ひまかかるけど、楽しくて大切な時間。でも、これは本当に大事なんです。庭の土の様子、周辺環境、お客さんの趣向、未来の庭の姿。これら全てを知っているのは自分だけ。植物と庭を繫ぐ第一歩なのだから。

植木屋さんの事務所周辺にも広大な畑があるけど、僕は各所に点在する広大な植木の畑(っていうか林)を歩き回って自分の思い描く最高の一本を探す。
植木屋の職人さん曰く 『 ここまでして畑を歩き回って樹木を選びまわるのはあんたくらいだよ 』 だそうな(ちょっと変わり者ってことか)。
でも、おかげでこんな奇麗な雑木林の紅葉を一人占めできるし、もちろん職人さんとも仲良しになれる。良い事尽くめなのです。


いろんなカエデが植えられている林。

b0133243_16133175.jpg

まるで造られたモミジ公園のようだが、ここは単なる植木屋の畑。

b0133243_16133454.jpg

上を向けば色鮮やかな紅葉の雨が降ってくる。
正直なところ、紅葉の赤が眩しすぎて長居しているとちょっと気持ち悪くなる。



そんな時は、点在する広大な畑の中で僕の一番お気に入りの場所に行く。

b0133243_16133694.jpg

ここが何故お気に入りの場所なのか?
それは、いろんな樹種の植物が、他の畑と違って自生している環境に近い状況で植えられているから。しかも、陽の当たり方が絶妙で、樹形の美しい木が多いからだ。

b0133243_16133895.jpg

木々の間に分け入って探せば、素敵な一本が見つかる。
植木屋の職人さんも知らなかったものが見つかる。
まるで宝探しをしているようでとても楽しい。

だからこの場所が大好きなのです。
今回の庭には使えないけど、これを植えられるお客さんと出会えたら、是非とも使いたいなぁ〜って思える素敵な木を数本見つけた。場所はしっかりインプット。あとはお客さんと出会うだけだ...。ご依頼お待ちしております。


b0133243_16134327.jpg

ここからお客さんの庭に貰われていった木は本当に多い。僕の理想とする木が見つかる大切な場所(しかも、普通の業者さんで見に来る人も少ないのです)。


時間も忘れて大好きな林を歩き回る。

美しい紅葉の雑木林。

素敵な時間と空間を一人占めの贅沢。

b0133243_16134598.jpg

はぁ〜、お腹いっぱいです。
お疲れさまでした。
by eilakuyagarden | 2011-10-21 16:33 | 永楽屋ガーデン | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








下を向いて歩こう
平日にも関わらずハルニレテラスの駐車場は満車。
お昼時の食べ物屋さんにはランチ待ちの列ができている。

湯川沿いを歩く多くの観光客。
手に持ったカメラのレンズは上を向き、美しく紅葉した木々を狙う。

b0133243_1513874.jpg

カメラを持つ手が疲れたら、ちょっと一息。
下を向いて歩いてみませんか?

落ち葉の中には小さな幸せが潜んでいます。

奇麗な青花を咲かせた “ ササリンドウ ”。

b0133243_15135945.jpg

これは僕が作庭したお庭に植えたササリンドウ。



でも軽井沢の林道を下を向いて歩けば、ほらこの通り。

b0133243_1514979.jpg

軽井沢の林に自生する可愛い “ ササリンドウ ”にも出会えます。

目線を落とし、下を向いて歩きませんか?
小さな幸せさがしませんか?
by eilakuyagarden | 2011-10-20 15:16 | 野草の暮らし | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ











  長野,軽井沢,岐阜 風景に溶け込む雑木の庭自然な庭造りと里山園芸
by 永楽屋garden
about 永楽屋garden
山野草、雑木、愛すべき日本の里山風景。そんな自然な庭を愛するあなたへ...

人と自然、植物が触れあえる“ 住まう庭づくり ”


永楽屋garden では...
そこにある自然を生かしたナチュラルガーデンのデザイン、施工、メンテナンスを行っています。

「花木と語らう緑の園芸教室」も不定期に開催。
ガーデニングの基本、お庭、植物と触れ合う楽しさをお伝えしています。


長野県, 軽井沢, 八ヶ岳, 岐阜県で主に活動していますが、ご依頼があれば日本全国どこへでも伺います。まずはご相談くださいね。

お庭造りに関するご相談
お問い合せはこちらまで

mail:
eilakuya_garden@polka.ocn.ne.jp
Tel/Fax:
0267-32-0253
Mobile:
090-2346-6877
※日中は不在にしていることが多いので、mail,Mobileでのお問い合わせが確実です。

カテゴリ
全体
永楽屋ガーデン
里山林の庭
インドアグリーン
木の物語
息抜き
岐阜の庭
大山桜を守る会
追分宿の庭
庭造りいろいろ
園芸教室
浅間山
散歩道
イベント
野草の暮らし
メディアなど
スタッフ募集
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧