<   2011年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








オオバショウマ
台風も去り、冷たい空気が降りてきました。

北海道の旭岳は平年よりも3日早く “ 初冠雪 ” 。
上高地でも初氷がはったそうです。
あと一月もすれば、軽井沢でも冬の便りが聞こえてきます。

そんな短い秋を迎えた軽井沢の林の中では、ショウマの仲間が純白の花穂を開いていました。

b0133243_19221618.jpg

ちょっと薄暗く湿った林の中。
真っ白な花穂を広げているのは “ オオバショウマ ” です。

b0133243_19254726.jpg

キンポウゲ科サラシナショウマ属の多年草。
草丈は50〜100㌢ぐらいになります。

花茎の先についた小さな丸い蕾。

b0133243_19224353.jpg

下の方から順番に開花していきます。

b0133243_19224861.jpg


最上部が開花する頃には最初に咲いた花は咲き終わり、花びらも散ってしまいます。

b0133243_19225446.jpg


一つ一つの花に花柄はなく、茎から直接咲きます。

b0133243_1924925.jpg

サラシナショウマに比べて花の付き方は少々まばらで、全体的には地味〜な印象。
ちなみに、サラシナショウマの花は花茎から直接でなく、5〜10mmの短い花柄があります。

小さな花の一つ一つはホワホワしていてとても可愛い。

b0133243_19241120.jpg


そして、オオバショウマの最大の特徴がこの葉っぱ。一つの葉柄から3つのモミジのような葉を広げ、左右の2つがシンメトリーになっています。

b0133243_19295768.jpg

ちょっと歪んだ形をしているのが面白い。サラシナショウマの葉とは全く違う形なので、両者を見分けるのは簡単です。

沢山の花穂が集まって咲くオオバショウマ。

b0133243_19241629.jpg

暗い林の中でひときわ輝いて見えました。

オオバショウマが咲き終わる頃、サラシナショウマの花が満開になります。

足早に入れ替わる秋の草花。
どうぞお見逃しなく。
by eilakuyagarden | 2011-09-23 19:42 | 野草の暮らし | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








アメシロ
先週発表された週間天気予報は今日も大はずれ。

今日も爽やかな秋晴れの空が広がりました。

b0133243_18452731.jpg

コスモス、稲穂、浅間山。
ついでにセミなんかも泣いていて、夏もしがみついていました。

秋の景色ですなぁ。

黄金の輝きを増してきた稲穂が美しい田んぼのあぜ道。

b0133243_18454155.jpg

お気に入りの散歩道を歩いていると、道ばたに生える樹木の葉っぱが食べ尽くされて裸になっていたり、

b0133243_1846161.jpg

こんな巣網で覆われた姿になっているのを今年は本当に良く目にします。

b0133243_18472566.jpg


これは [ アメリカシロヒトリ ] という蛾の幼虫に食害された樹木達です。

通称は アメシロ 。

b0133243_1847468.jpg

アメリカからやってきた非常に有名な侵入種の毛虫で、春と秋の二回発生します。
姿形は猛毒の チャドクガ の幼虫に良く似ていますが、アメシロは無毒です。
(でも、見慣れていないと区別し難いので、どちらも触らない様にしてください)

今年はこのアメシロが長野県内で大発生していて、あちこちで街路樹や果樹に大きな被害を与えていて大問題になっています。原因は乾燥と高温。梅雨時期の雨が少なく夏の暑さが厳しいと、この毛虫は大発生します。各市町村では殺虫剤の噴霧器などを貸し出して大規模に駆除を行っているとの報道を何度も聞きします。でも、本当にそれで良いのだろうかって疑問にもなります。

大発生の一番の原因は確かに乾燥と高温でしょう。
でも、アメシロには天敵がいます。シジュウカラや雀などの小鳥達やスズメバチなどがそれです。これらが、沢山来れば全ては駆除できないにしても、ある程度個体数を減らしてくれるでしょう。大規模な殺虫剤の散布はこれらの天敵や益虫にも何らかの影響を及ぼすでしょうから、結局、アメシロの天敵をも減らす結果になります。
アメシロを減らしたいのに、結局は助けているようもの。
天敵よりも毛虫の方が数も多く、繁殖力も強いのだから、正に悪循環のような気がします。

それに、殺虫剤って間違いなく人間にも無害ではありません。
人によってはかなり体調を害するものです。
その危険性を報道する側も気にしていないから、悪者の毛虫はやっつけましたってとこだけしか伝えない。気づかないうちに被害を被る点では、放射能と同じなのかもしれません。
散布するならば、周囲に触れ回ってから行って欲しいものです。


アメシロが大発生する原因の一つが、人間の都合にあわせたこういった対応にもあると考える事も大事なんじゃないかなぁ。もう少し、多くの生態系が共生する環境を大切にし、自然のサイクルに任せてみることを考えても良いんじゃないかなぁ〜って個人的には思います。

もし、自宅で大発生したら、そんな事も考えながら上手に対応してみてください。
そして、毛虫だけでなくその天敵も共生し、自然の自浄作用の働く、本当の意味での自然豊かな庭になる様に考えてみてくださいね。
by eilakuyagarden | 2011-09-19 19:05 | 永楽屋ガーデン | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








リンドウの仲間達 2:アケボノソウ
一昨日に紹介した “ ハナイカリ ” に続いて、リンドウの仲間達を紹介しますね。

b0133243_217266.jpg

先々週はこの様にまだ 硬い蕾でしたが、ハナイカリの開花と同じタイミングで花を開きはじめたのは “ アケボノソウ ”。

b0133243_2173627.jpg

リンドウ科センブリ属の2年草です。

山野の湿り気がある所に生えています。
このお庭でも昨年は数える程しか生えていませんでしたが、今年は庭のあちらこちらで見かける事ができます。

少し暗い場所で育ったの2年目の開花株。

b0133243_2174278.jpg

真直ぐに茎を伸ばした草姿。開花前の草姿はハナイカリに似ていますね。
草丈30〜50㌢くらいで、こじんまりとまとまっています。
枝分かれした花茎の先に沢山の花をつけ、花びらには “ 曙草(アケボノソウ) ”の 名前の由来になっている沢山の斑点が見られます。

b0133243_2174548.jpg

黄緑色の大きな2つの斑点が夜明け前の山、白い花びらは夜明け前の空。
黒に見える沢山の斑点は実は濃い緑色をしていて、夜明け前の空に瞬く沢山の星たちが5枚の花びらで創る小さな花冠の空に浮かびあがっています。
何回見ても奇麗な花です。

アケボノソウは2年草。
2年草とは,1年目はロゼット〔ロゼットとは,星状(放射状)に地面に張り付くようになった葉〕で「冬越し」して沢山の栄養を根に蓄え、2年目にその栄養を利用して花茎を伸ばし、開花結実した後,枯死する植物です。でも、2年草と云われている多くの植物は、生育条件によってその生活スタイルを変化させ、開花後も枯死せずに越年するものや、3年草や4年草となったりするものがあります。

小川の辺で開花した一株。

b0133243_2174825.jpg

この株も生育環境にあわせて生活スタイルを変え、越年した一株です。
日光も水分も充分に得られる場所で越年したアケボノソウは草丈1mにもなります。

これはこれで存在感があってなかなか素敵です。
びっしり生えたスゲの中から茎を高く伸ばし、太陽に向かって沢山の花を開きます。

その花に誘われる様に沢山のミツバチが蜜を集めにきていました。
どの花にしようか迷いながらホバリングして、

b0133243_2175189.jpg

えいやっと見事に着地。

b0133243_2175365.jpg

虫と草花がお互いに支え合い生きていく自然の営み。
この秋の営みが毎年当たり前の様にこの庭で続きますように。

沢山のアケボノソウで繋がる庭の秋をこれからも守っていきたいなぁ〜。
by eilakuyagarden | 2011-09-07 21:38 | 野草の暮らし | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








秋風踊る草原
本日の軽井沢。ほんとうに気持ちの良い青空が広がりました。

b0133243_1562294.jpg

台風の雨が空気中の塵や埃を洗い流してくれたから、とっても爽やかな空気です。
ちょっと肌寒いくらいの気温になり、一気に秋の空気に変わってしまいました。


b0133243_1565045.jpg

緑一色だった休耕田にススキ、ヨシなどの穂があがり、秋風に揺れています。

b0133243_157146.jpg

アブラガヤの穂はすっかり茶色くなりました。


牧野富太郎博士が明治21年(1888年)に発見し、
新種とされた “ ヒメマツカサススキ ”。

b0133243_157716.jpg

松ぼっくのような小穂を沢山つけた姿が可愛いい、僕の大好きな植物の一つ。
軽井沢の日当りの良い湿地に生えています。


b0133243_157129.jpg

風踊る草原。

一歩一歩、秋が近づいてきています。
by eilakuyagarden | 2011-09-06 15:10 | 浅間山 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








リンドウの仲間達 1:ハナイカリ
台風は遠ざかっていきましたが、その影響はまだまだ残り、今日も雨模様の軽井沢。
気温はグッと下がり秋の気配も濃くなってきました。

早々と鮮やかに紅葉していたのは “ ツタウルシ ”。

b0133243_1935098.jpg

とても奇麗なんですけどその危険性も高く、野生のウルシの仲間の中ではかぶれる毒性分の強さが最も強いので要注意です。ウルシオール(Urushiol)という有機化合物がかぶれの原因物質で、ウルシの仲間を切るでてくる白い乳液に含まれています。それに触れば完全にアウトですが、ツタウルシの場合、近寄っただけでも被れますから本当に要注意です。


でも、秋の林の中では、こんな奇麗で危険な植物だけでなく、奇麗な野草達も花を咲かせはじめていますよ。

b0133243_1935224.jpg

見事に群生したこの野草は “ ハナイカリ ” 。

リンドウ科ハナイカリ属の二年草。
山地の日当りの良い草原や山の斜面なんかに生えています。

b0133243_1935551.jpg

真直ぐに伸びた茎が枝分かれし、その先に淡い黄色の花を沢山咲かせます。
花は、イカリソウにそっくり。
こんな形の花の和名は、やはり碇(イカリ)の名を冠するんですねぇ。
草丈は意外に高くて30〜50cmくらいあります。

b0133243_1935752.jpg

一株だけだと気づかないんじゃないかなぁ。
でも、数株がまとまって生えていれば本当に奇麗で見事な草姿です。

この時期、リンドウの仲間が一斉に花を咲かせます。
明日は、別の仲間を紹介します。お楽しみに。
by eilakuyagarden | 2011-09-05 19:08 | 野草の暮らし | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








暗雲たれ込める空
b0133243_234151.jpg

台風12号の影響で暗雲たれ込める空。

低くて暗い雲が次々と足早に通り抜けていきます。

風も強くなったり弱くなったり。
雨も降ったりやんだり。

テレビで四国、中国、近畿地方の台風被害の様子を見ていると、直撃を受けた地方の方には申し訳ないのだけれど、関東地方上陸の予定だった当初の進路が西にそれて、台風の直撃を避けられたことにホッと胸を撫で下ろす思いです。

台風も日本の山、森、水など四季折々の豊かな自然環境を繫いでいく為には無くてはならない気象現象。来なかったら来なかったで困ってしまいますけどね。
とわいえ、やはり台風による人的被害は無い方がいいですから、そこに棲む人間が充分に災害に備えていくしかないですね。

長野への台風12号の最接近は今夜未明から明日の朝ですから、まだまだ安心できません。どうか、大きな影響も無く無事に通り過ぎてくれますように。

皆さんも、充分に用心してくださいね。
by eilakuyagarden | 2011-09-03 23:06 | 永楽屋ガーデン | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








小さい秋みつけた
秋の訪れを感じるのって、どんな時ですか?

紅葉しはじめたツリバナの葉っぱですか?

b0133243_2210487.jpg

赤茶色になったガマの穂でしょうか?

b0133243_2212843.jpg

満開のキオンの花ですか?

b0133243_2211643.jpg

庭いっぱいに生えるキンエノコログサに困った時でしょうか?

b0133243_22119100.jpg

まさか 『 お食事中の蜘蛛を見たから 』 なんて事はないですよねぇ。

b0133243_22111279.jpg


秋の感じ方は人それぞれ。

僕はね、長く伸びはじめた木の陰に小さな秋を感じます。

b0133243_22111797.jpg

太陽が日に日に低くなり、光が林の中まで射し込む様になってくると、庭は少しずつ明るくなります。庭全体がなんだか秋の雰囲気になるのは、真夏とは違うこの陽と陰のせい。小さな秋の気配。

秋の感じ方は人それぞれ。

台風が通り過ぎたら、小さな秋を見つけませんか?
by eilakuyagarden | 2011-09-02 22:14 | 永楽屋ガーデン | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








レンゲショウマ
9月です。
軽井沢の工事自主規制期間も終わり、滞っていた庭畑の造園工事も週明けから再スタート。工事車両が荒らしたお庭の搬入路の復旧工事だから、できるだけ土壌が乾いた状態でないと作業ができないというのに...。お天気は最悪の方向に進んでいます。
上空には、まだまだ遥か遠くにいるはずの台風12号の大外の雨雲が立ちこめてきて、風も強くなってきました。9月の始まりは生憎の天候となりました。

さて、どうにもならないお天気に愚痴っても仕方ないので、気分を変えましょう。
軽井沢のお庭から、今が見頃の花便りです。

小さな株を植栽して2年。
ハクウンボクの木陰に守られ、見事な株に育った満開の “ レンゲショウマ ”。

b0133243_18401558.jpg

木漏れ日の射す林道の入り口など、深山に自生するキンポウゲ科レンゲショウマ属の多年草。葉っぱがサラシナショウマに、花がハス(蓮華)に似てるのが和名の由来。
軽井沢の花期は8〜9月。そういえば、軽井沢植物園のレンゲショウマも『8月が見頃です』と軽井沢新聞だかでアナウンスされていたような...。

b0133243_1840187.jpg

長い花茎を伸ばし、その先に数個の花をまばらにつけます。
うつむき加減に咲く薄紫の花がとても奇麗な山野草。
花の顔が下に向きすぎているから、クリスマスローズと同じで写真を撮るのは大変。

b0133243_18402822.jpg

地面に寝そべり、風で揺れる花にピントを合わせ、息を止めて....カシャッ!
奇麗に撮れるとうっとりするほど奇麗な花だから、少しくらい我慢しないとね。

とても可憐な花だから、育てるのが大変そうだと思うかもしれませんが、乾燥した日陰にとても強いく実は意外に強健。全く陽が射さないとちょっと辛いけど、1日数時間だけでも陽が射す場所なら大丈夫。日向はちょっと苦手ですが、株元に陰をつくってあげる(例えば、いろんな野草と一緒に植えて互いの葉っぱで株元に陰をつくる)とかの工夫をすれば、軽井沢なら日向でも大丈夫です(ただし、日差しで葉っぱが焼けてしまい、草姿はみすぼらしくなります)。
水やりはお天道様頼りで、壁際の日陰の庭などでもきっと元気に育ちます。
むしろ、少し暗い場所の方が花色が奇麗に見えます。

b0133243_18403023.jpg

育てやすく、可憐な草姿の “ レンゲショウマ(蓮華升麻)”。
ぜひ、お庭の仲間に加えて、奇麗な花を楽しんでみてください。
by eilakuyagarden | 2011-09-01 18:44 | 野草の暮らし | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ











  長野,軽井沢,岐阜 風景に溶け込む雑木の庭自然な庭造りと里山園芸
by 永楽屋garden
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
about 永楽屋garden
山野草、雑木、愛すべき日本の里山風景。そんな自然な庭を愛するあなたへ...

人と自然、植物が触れあえる“ 住まう庭づくり ”


永楽屋garden では...
そこにある自然を生かしたナチュラルガーデンのデザイン、施工、メンテナンスを行っています。

「花木と語らう緑の園芸教室」も不定期に開催。
ガーデニングの基本、お庭、植物と触れ合う楽しさをお伝えしています。


長野県, 軽井沢, 八ヶ岳, 岐阜県で主に活動していますが、ご依頼があれば日本全国どこへでも伺います。まずはご相談くださいね。

お庭造りに関するご相談
お問い合せはこちらまで

mail:
eilakuya_garden@polka.ocn.ne.jp
Tel/Fax:
0267-32-0253
Mobile:
090-2346-6877
※日中は不在にしていることが多いので、mail,Mobileでのお問い合わせが確実です。

カテゴリ
全体
永楽屋ガーデン
里山林の庭
インドアグリーン
木の物語
息抜き
岐阜の庭
大山桜を守る会
追分宿の庭
庭造りいろいろ
園芸教室
浅間山
散歩道
イベント
野草の暮らし
メディアなど
スタッフ募集
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧