<   2009年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








いのり
2009年が過ぎようとしています。

b0133243_212615.jpg

外は雪。過ぎ行く年がなんだか寂しく感じます。

今年は新しい未来にむけて、いろんな物を捨てる年でした。
捨てて空っぽにならないと、新たないただきものが拾えません。

空いてできた場所には、きっと次の希望が入ってくれることでしょう。

いのり。来年は、沢山のものを拾う年になりますように。

今年はいろいろありました。
お世話になった皆さま。
沢山の癒しをくれた、自然に、植物に、家族。
本当にありがとうございました。

どうぞ良いお年をお迎えください。
by eilakuyagarden | 2009-12-31 21:27 | 永楽屋ガーデン | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








足跡
雪の軽井沢は、本当に美しい。

b0133243_22111248.jpg

カラマツ林を抜ける日差しが、白くなった世界に白と黒のコントラストを映し出す。

これは仕事前の寄り道のお話。
軽トラを飛ばして白い雪原をめざす。

凍てつく寒さ。

b0133243_22112549.jpg

圧雪された林の中の抜け道は危険地帯。
いつもの様に運転していては後輪がドリフト状態。
あっ雪道なんだと思い知らされる場面も多々あり、
おかげで運転は雪国モードにチェンジ。

無地到着した下発地の田園。

b0133243_22113464.jpg

浅間山はまだ厚い雪雲がかかっていた。
誰もまだ踏みしめていない白の世界に一番乗り。

そこに最初に足跡を残す僕。
なんとも贅沢なイベント。

一歩一歩。
しっかり雪を踏みしめながら前へ前へ。

自分の歩るいた軌跡。

b0133243_22122176.jpg

なんだか、これまで歩んできた人生のように真直ぐじゃなく、少し曲がっている。
でも、ちょっと遠回りしながらも、今、しっかりとここに立っている。

そして、その先にはまだ足跡のない白い道が続く。

b0133243_22181853.jpg

これから、ここにどんな足跡を刻むんだろう。
一人の足跡。二人の足跡。
大きい足跡、小さな足跡。

それが、どんな軌跡を描こうとも、目指すところは一つ。

遠回りしても強い一歩を刻んでいこう。

この雪原の一歩のように。

b0133243_22144441.jpg

しかし、月面の一歩も、この足跡の様に残っているのかなぁ〜。
なんだか、ちょっとだけニール・アームストロングな気分でもありました。
by eilakuyagarden | 2009-12-19 22:24 | 息抜き | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








いたずら
以前このブログでも紹介したツルコウジの苔玉に、
一月程前、ちょっといたずらをした。

いたずらていっても悪さじゃないですよ。
空いた部分に、山野草の種を埋めておいたんです。

いつも適度に濡れていて、窓際のちょうど良い日差しがあたる苔玉。
水やりしていて「これはとても良い苗床じゃないかなぁ」って思い、
何粒かの山野草の種を苔玉の中に埋めておいた。

そして、埋めたことをすっかり忘れてしまっていた。

でも一昨日、水の枯れていた苔玉に水やりしていたら、
苔の間からなんだか小さな芽が頭を出していた。

b0133243_22185952.jpg

でも、まさか埋めた種が発芽したとは思わなかったから、
てっきりツルコウジの新芽だと思って写真を撮った。

でも、昨日みたら、破れた種皮から緑の芽が伸びている。

b0133243_2219831.jpg

そして、今日仕事から戻って確認すると、
昨日丸まっていた芽が双葉を広げようとしているじゃないですか。

b0133243_22191735.jpg

これは明らかに苔玉に埋めた種の発芽です。
まさか、こんなに早く発芽するとは思わなかった。
なんとも嬉しい出来事です。

でも、残念なことに、なんの種を埋めたか覚えていない。
あまり期待していなかったから、なんでもいいやと適当にチョイスしたんで、
なんの種だか全く記憶に残っていません。
あ〜なんてことだ。
ちゃんと記録しておくんだった.....(反省)。

たしか、3種類ぐらいの種を数粒埋めたはずだから、まだ他にも発芽するかもしれない。でも、なんだかわからない。
本葉が開いたら少しは見当がつくかなぁ。

苔玉から芽生えた新しい命。
正体がはっきりするまで、気長に見守っていくとしましょう。
by eilakuyagarden | 2009-12-15 22:23 | 永楽屋ガーデン | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








雪にも負けず
浅間山頂から伸びる長〜い筋雲。

b0133243_20393287.jpg

筋雲は冬の寒さを連れてくる雲。
その通りに冷たい空気を連れてきました。

雪の残る庭。
土も凍り、凍える植物達。
ん〜寒そうです。

でも、そんな寒さにも、雪にも負けない植物達。

b0133243_20343034.jpg

硬い葉のシュンランは、雪に埋もれること無く、
細長い剣のような葉を雄々しく広げます。
なんだかとても勇ましい。

こんもりした姿を見せてくれたのは “バイカオウレン”。

b0133243_20344515.jpg

バイカオウレンはキンポウゲ科オウレン属の多年草。
キンポウゲ科の仲間は草丈も花も大きくなる物が多いけど、オウレン属の仲間達は草丈5cm前後、花の大きさも1cmくらいと非常に小さい。
株もこんもりしてとても可愛い。
4〜5月に開花する白い花姿(といっても、花に見える部分はたいていが萼片)がとても愛らしい山野草です。
本州〜四国の山地〜亜高山帯に自生しているから、軽井沢の寒さなんてへっちゃらさってな感じ。
雪の中でも元気いっぱいです。

こういう植物って本当にありがたい。
ぜひ、沢山まとめて植えて、小さな群落をいっぱい造り、
庭を愛らしく演出したいですネ。

暖かい岐阜から戻ったばかりで、少し寒さにやられている僕も、
植物達に負けていられない。
少しづつ寒さに慣れていきましょう。
by eilakuyagarden | 2009-12-13 20:40 | 里山林の庭 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








ダイオウショウ
気持ちの良い青空が広がっています。
暖かな日差しがとても気持ちいい。

こんなに暖かいと12月であることを忘れそう。
もうじき年末、そしてお正月なのに....。
こんなに暖かいと植物達も惚けてしまいます。
冬は冬らしくキ〜ンと冷え込んで欲しいものです。

“惚け”で思い出しましたが、
5年前くらいにお正月飾りにと、寄せ植えを造りました。
開花調整させてお正月に花開いていた “木瓜(ボケ)”をメインにして、“大王松(ダイオウショウ)”、カレックス・ブキャナニー、コクリュウ、シクラメン、ビオラの寄せ植え。

カレックス、シクラメン、ビオラは移植してありませんが、
他の植物はまだ鉢の中で元気に育っています。
でも、今の主役はダイオウショウ。
植えたときは樹高30cm位でしたが、今やこの通り樹高1m位に育ちすっかり主役の座を奪ってしまいました。

b0133243_10455624.jpg

ダイオウショウはマツ科マツ属の常緑高木。マツ属の中でも一番長い葉を持つ種類。
原産地は北アメリカ東南部。現地では樹高40m位に育つそうです。
葉の長さは老木で20〜25cm、若木だと40〜60cmにもなります。
マツボックリも巨大で15〜25cmにもなるとか。
何もかもアメリカンサイズということですね。

寄せ植えのダイオウショウの葉も45cmくらいありとても立派。
でも、あまり大きくなってもらっても困るので、
鉢の中でこぢんまり育ってもらいます。

ダイオウショウを一番見かけるのは花屋さん。
この時期になると花材として広く出回ります。
花材として好まれるのは枝葉の姿が綺麗というだけじゃなく、
その花言葉にも理由がありそう。

ダイオウショウの花言葉は「不老長寿」。
縁起の良い花言葉も正月飾りにピッタリなんですね。

となると、この寄せ植えのダイオウショウは絶対に枯らすことができないな〜。
by eilakuyagarden | 2009-12-12 10:50 | 岐阜の庭 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








光の並木道
久々のブログ更新になってしまいました。

週の始めに突然右手が痛み始め、
翌朝起きたら手の甲から肘にかけての腫れと痛み、そして痺れ。
箸も持てない、キーボードも打てない状態。

診断結果は腱鞘炎。

前兆はありました。
前回、帰省した時、右手にずっと筋肉痛のような痛みがありました。
ちょっと疲れているなと思いつつ、それ程の痛みでもないから大丈夫と使い続け、
きづけば痛みも無くなっていました。
そして、ほぼ休み無く使い続けた、要の右手がついに悲鳴をあげてしまいました。

とにかく腫れがひくまで使わないようにと念を押されて帰宅。
使うにも痛くて使えませんよ。
おとなしく過ごすしかありません。
そのおかげで、やっと昨日から少しずつ動かせるようになりました。
これで、キーボードも何とか打てます。

しかし、利き腕が使えないというのは本当に辛い。
普段当たり前にできることに四苦八苦。
身体は元気だけど、予定していた作業ができない悔しさ。
でも、焦りは禁物。
身体が休めよと言ってくれているんだから、ここはゆっくり休みましょう。

気分を落ち着けるため出かけたいつもの散歩道。
この時期は夜が綺麗なんです。

b0133243_20175475.jpg

少し前、黄色く染まっっていたイチョウ並木。

でも、今は白く輝く光の並木道になっています。

b0133243_2018529.jpg

この時期になると、イルミネーションで飾られた場所があちらにもこちらにも出現します。
いろんな色で極彩色に飾られたイルミネーション。
綺麗と言うより、落ち着かないイルミネーションが多い。

でも、学びの森のイチョウ並木のイルミネーションは違います。
今はやりの白いLED一色で飾られたイルミネーション。
とても神秘的で、センス良いじゃないですか。

点灯なんてしてないけど、枝が揺れ、小さなLEDの光を隠すことで瞬いているようにみえる。まるで、満点の星空のようです。

あまりイルミネーションが好きじゃない僕でも
「ちょっと良いんじゃない!」って思えます。

木にとってはちょっと迷惑な話だけど、少し我慢してもらって、
この時期だけの優しい光につつまれましょうよ。

神々しい光に癒されて、痛みも少しひいたかな?
by eilakuyagarden | 2009-12-11 20:20 | 岐阜の庭 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








秋色
b0133243_23541835.jpg
真っ赤に紅葉したカエデ。


b0133243_23542627.jpg
七変化のカシワバアジサイ。


b0133243_23543557.jpg
まん丸 “カマツカ” の実は真っ赤っか。


b0133243_23544362.jpg
一週間前には黄色かったイヌブナの葉っぱは、もう褐色に染まっていた。


岐阜の庭はまだまだ秋色。

美しい秋の植物達。
今年もありがとう。
by eilakuyagarden | 2009-12-06 23:58 | 岐阜の庭 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








作業再開
厚い雨雲が裂けて、少し日差しが戻ってきた。
朝から小雨の中、お客様のお庭の測量作業。
晴れるなら朝からカラッと晴れて欲しかったと恨み言。
まあ、午後にはきっと天気も回復するだろう。

測量作業も無事終わったので、これから、やり残した苗作り作業のため、またまた山を降りて岐阜に向かいます。
ちょっとだけ、仕事の寄り道をしてから、自分の身体のメンテナンスに行って、
岐阜につくのは夜中ですね。

山梨方面へ抜けていくので、いつもと違った景色を見ながらの移動は楽しい。
ちょっとした小旅行気分です。

岐阜で待つのは路地で発芽した植物達。
これは、クリスマスローズ “リウィドゥス”の子供達。

b0133243_12103782.jpg

発芽までに約2年、まだまだ小さな苗ですが、
鉢上げして3年もすれば親株にも負けない立派な株になります。

b0133243_12104597.jpg

その生育を見守っていくのって本当に楽しいです。
これが園芸をやめられない一因なんでしょうね。

さて、そろそろ行かないと。
明日から、また、軽井沢とは違った風景をお届けします。
by eilakuyagarden | 2009-12-04 12:13 | 岐阜の庭 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








クレマチスの綿帽子
落葉したニシキギに絡んだクレマチス。
多分 “ボタンヅル” だと思う。

b0133243_23541786.jpg

フワフワと気持ち良さそうな綿帽子が、陽の光に輝いて、
小枝にまるで雪が降り積もった様に白くキラキラ光っていた。

この綿毛はクレマチスの種。
まるで羽毛のように美しい種。
こんなに沢山あるからと、種を貰って種蒔きしても意外に発芽しない。
ちょっと気難しい。

でも、庭に無造作に取り撒きして、
撒いた場所も、撒いたことも忘れたころ、
可愛い子供達が土の中から立ち上がってくる。
おや、まあって感じである。

まあ、このくらい力を抜いて育てられる方がいいですけどね。

b0133243_23523097.jpg

柔らかな綿帽子と冬の青空。
あぁ〜なんとも気持ちのいい景色。

この空に綿毛のような雪が舞うのも、もうそろそろだ。
by eilakuyagarden | 2009-12-03 23:56 | 息抜き | Comments(2)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








本日も晴天なり。でも悩みはつきず...。
澄み渡った空気。 雲一つない青空。 凛とした浅間山。
本日も晴天なり。

b0133243_2027346.jpg


打ち合わせに、庭の様子伺い、そして、そろそろ始まるスキースクール。
ガーデナーとスキーヤーの二つの看板を掲げる時期が近づいています。

でも、陽気は春といった感じで、暖かい毎日。

最近、お庭の打ち合わせなどで、お庭の目隠しの話が多い。
そこで話題になるのは常緑樹。
年中緑で、ほどほどの大きさの木が望まれる。

もう少し標高が低く、冬の寒さが厳しくなければいろんな選択肢があるんだけど...。
なにせ、ここは軽井沢。
周りの林や、地元の方々のお庭をみればわかるんだけど、
ここで育つ常緑樹はとても少ない。

アセビやシャクナゲは樹高が低く、マツは敬遠され、
結局、常緑広葉樹で寒さに強いソヨゴや、針葉樹のモミ、イチイ、サワラ等になってしまう。
でも、イチイはまだいいとして、モミ、トドマツ、シラビソ、トウヒ類なんかのマツ科の針葉樹は、奇麗な三角錐の樹形を維持するのが大変である。

日当り良く、上に開けた大きな空間が必要だからだ。
植えて数年はいいのだけれど、しっかり根を張ったとたん、あっという間に上に高く伸びてしまい手がつけられなくなる。結局は伐採なんてことは非常に多い。
混み合って植えれば、日陰になる下枝部分は枯れ、樹冠がどんどんあがっていき、人の視線に入る部分は幹だけなんて場所は、軽井沢のあちらこちらにある。
上を見上げて始めて「あぁ〜モミだったんだ」って気づくってちょっと残念。

やっぱり、モミなどの針葉樹を植えるなら、こんな感じに育つところに植えたいものだ。

b0133243_20272094.jpg

ここは畑の真ん中の島のようになった場所だから、
日差しをいっぱいに浴び、下枝も枯れること無く、
大きなモミがのびのびと育っている。
この樹形、迫力満点で素敵じゃないですか。

b0133243_20273264.jpg

すぐ近くでは、カエデ、シラカバ、ニシキギなどの落葉樹が濃い緑のモミとコラボレーション。
岐阜などの暖かい平野部では絶対見られない木々のコラボ。
とても決まっている!
こんな風に、庭に木を植えられたら素敵だよなぁ〜。

さて、目隠しの常緑樹の悩みはつきませんが、
常緑樹でという箍をはずせば、いろんなアイデアが浮かんできます。
隠してしまわないで隠す方法を考えてみます。
by eilakuyagarden | 2009-12-02 20:30 | 永楽屋ガーデン | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ











  長野,軽井沢,岐阜 風景に溶け込む雑木の庭自然な庭造りと里山園芸
by 永楽屋garden
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
about 永楽屋garden
山野草、雑木、愛すべき日本の里山風景。そんな自然な庭を愛するあなたへ...

人と自然、植物が触れあえる“ 住まう庭づくり ”


永楽屋garden では...
そこにある自然を生かしたナチュラルガーデンのデザイン、施工、メンテナンスを行っています。

「花木と語らう緑の園芸教室」も不定期に開催。
ガーデニングの基本、お庭、植物と触れ合う楽しさをお伝えしています。


長野県, 軽井沢, 八ヶ岳, 岐阜県で主に活動していますが、ご依頼があれば日本全国どこへでも伺います。まずはご相談くださいね。

お庭造りに関するご相談
お問い合せはこちらまで

mail:
eilakuya_garden@polka.ocn.ne.jp
Tel/Fax:
0267-32-0253
Mobile:
090-2346-6877
※日中は不在にしていることが多いので、mail,Mobileでのお問い合わせが確実です。

カテゴリ
全体
永楽屋ガーデン
里山林の庭
インドアグリーン
木の物語
息抜き
岐阜の庭
大山桜を守る会
追分宿の庭
庭造りいろいろ
園芸教室
浅間山
散歩道
イベント
野草の暮らし
メディアなど
スタッフ募集
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧