<   2009年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








枕木の小径;第一章完結
K邸の庭造りの続き。
枕木のステージ完成後、枕木の小径は入り口に向かってすすむ。

b0133243_0255987.jpg

小径を敷きながら、
浅間石と枕木と土を組み合わせ、
最初に建てた枕木の壁を支えにして小さな小山をつくる。

土が崩れない様に工夫して、
浅間石と枕木等で盛り土の圧力を支えつつ、
時には逃がしながら慎重に作業を進める。

b0133243_0265863.jpg

お隣との境界。枕木の壁に沿って約16mの小山。
高い所では1.4m程の盛り土になる。

スペースに余裕があるなら、小山を完成させてから樹木を植え
最後に枕木の小径を敷いてといった具合に作業を進めるのだが
重機の移動するスペースも無いため、
ステージ側からブロック毎に完成させながら
入り口側に向かって作業を進める。手間のかかる作業となった。

風合いのある枕木と表情豊かな浅間石の組み合わせは
小山を風景に自然に溶け込ませてくれる。

b0133243_027934.jpg

浅間石は空積み、乱積みとし、石の顔を見て表情豊かに積みあげる。
自画自賛だがとてもいい感じに仕上がった。

そして、作業はいよいよ入り口に到達。

b0133243_0272948.jpg

b0133243_0273972.jpg

最後の石積みをして、家屋の玄関へと繋がる枕木の小径へと繋がる。

文章にすれば短い作業だが、約一ヶ月半に渡る作業。
昨年の暮れに訪れたK邸の庭造りの第一章が完結。

〈作業前の庭〉
b0133243_028261.jpg
〈作業後の庭〉
b0133243_0281478.jpg

庭のメインとなるフォーカルポイントにあったお隣の設備も
完全に隠さなくても視界に入ってこない程に変わった庭。

なんだかお隣の壁も活き活きしてきました。
すっかり庭の一部だな〜。

木漏れ日が気持ち良い、自然な庭に向かって一歩を踏み出しました。

b0133243_0394988.jpg

どんどん変わる庭にワクワクします。
雑木と野草が活き活きと育つ自然な庭。
周りの林の景色を活かし、庭で過ごすことが楽しくなる“住まう庭”。

次は庭造りの第二章。
沢山の野草達で庭を彩る本格的な植栽作業は9月から。

この庭にどんな野草達を迎えるか考えないとね。
僕の夏の宿題です。
by eilakuyagarden | 2009-07-26 00:48 | 里山林の庭 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








ウバユリ
別荘の開発がすすむ軽井沢にあって、まだ開発の手が入っていない林床。

b0133243_21333739.jpg

僕の見つけた野草の聖地。

薄暗く、とても湿っていて、倒木は苔むしている。

b0133243_21334932.jpg

一面に緑葉のフウチソウが自生していて
とても優しく、気持ち良さそうな草の緑の絨毯のようだ。

そんな中に、すくっと立ち上がる大きなユリ。

b0133243_2134202.jpg

“ウバユリ”があちらこちらの林の中で開花している。

b0133243_21355628.jpg

少し緑がかった白花は、少し薄暗い林床の方が奇麗に見える。

でも、この花の名の由来はちょっと可哀想。
なんでも、花が咲く頃に葉が枯れている姿を、
「歯の無い姥(ウバ)」にたとえたのがウバユリの名前の由来らしい。

しかし、実際のウバユリは、花が咲く頃でも、所々虫に食われてボロボロになっているけど葉が枯れることは無い。

b0133243_21354417.jpg

写真の様にちゃんと立派な葉がついている。
種から約8年くらいもかけて大きく育ち、奇麗な花を咲かせるユリなのに、なんか、ちょっと可哀想な名の由来だよね。

ウバユリはヤマユリよりも一足先に開花する。
ウバユリの花が終わるころ
寂しくなった林床には、取って代わってヤマユリが現れる。

植物同士、上手く住み分けができているんだよね。

自然のままの林の中に白く浮かびあがる大きなウバユリ。
ちょっと歩いて、探してみてくださいね。
by eilakuyagarden | 2009-07-23 21:39 | 里山林の庭 | Comments(2)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








2009年第二回園芸教室『ハーブを楽しむ』
梅雨明け宣言されたのに、今日も蒸し暑い一日。
でも、話は爽やかに「ハーブ」のお話。

そう、軽井沢追分宿の「追分コロニー」さんで7月18日に開催した
2009年第二回目の園芸教室のテーマが
『ハーブガーデニングを楽しむ』。

b0133243_041433.jpg

ハーブって何?
軽井沢でも育つハーブは?
ハーブの楽しみ方は?
ハーブの植え方、管理の仕方は?

わかりやすく、楽しくお話ししながら、
実際にハーブを見て、触って、香って、食べて、飲んで。

植える、育てるだけでなく、いろんな方法でその風味を味わえるのがハーブの魅力。

ハーブティーを飲みながら、前日に作ったばかりの、
永楽屋ガーデン自家製『ルバーブジャム』を玄米パンにつけて味わう。
もちろん、このルバーブも、僕が有機無農薬のハーブガーデンで育てたもの。

そして、温室で「ゴマ風味の優しいサラダ菜」の様に食べやすく栽培された市販のルッコラと、有機無農薬のハーブガーデンで、自然のままに栽培した「ピリリと辛くてスパイシー」なルッコラを、フレッシュサラダにして食べ比べ。
栽培の仕方で、ハーブ本来の風味や旨味がこんなに増すんだ、違うんだということを
自分の舌で味わって頂きました。


ハーブを舌で味わった後は、屋外に出てハーブの寄せ植えに挑戦。

b0133243_042517.jpg

好きなハーブを選んで、自分のセンスで寄せ植え造り。
作業中も皆さん、素敵な笑顔がこぼれます。

b0133243_04371.jpg

植物に触れていると、その姿と香りに本当に癒されます。
ハーブは、特にその点において、他の植物よりも優れていると思う。
それに、丈夫で育てやすい。

料理の素材、エクステリアにインテリア。
アロマテラピーに、薬草にと、ハーブの楽しみ方はいろいろ。
はじめて園芸に、植物に触れる人にとって、ハーブはもってこいの素材です。

皆さんも、ぜひ、躊躇せずに、
自分にあった方法で『ハーブ』を楽しんでくださいね。

寄せ植え後の一枚。
自分で作った個性豊かな作品を前に、参加者一同で集合写真。

b0133243_044638.jpg

実は皆で撮影するのは、これまでの教室で初のことでした。

参加してくださった皆さん、本当にありがとうございました。
また、次回の園芸教室でお会いできることを楽しみにしております。
まだ参加されたことの無い方も、
ご都合があいましたら、是非一度ご参加くださいね。

次回の園芸教室は9月に開催いたします。
まだ具体的な日程とテーマは決まっていませんが、
決まり次第『追分コロニー』さんのホームページや、
このブログで告知しますので、ぜひチェックしてくださいね。
by eilakuyagarden | 2009-07-19 00:23 | 園芸教室 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








小さき狩人
梅雨。

雨に濡れた庭に、白く輝く“アナベル”の花。

b0133243_23482856.jpg

小さな小花が集まった姿は、まるで丸い花の絨毯。
空に浮かぶ雲みたいに、フンワリと庭に漂っているようだ。

その花の絨毯の上に小さな何かが歩いていた。
ググっとよって、その勇姿をパチリ。

b0133243_23491895.jpg

その小さき者の名は「カマキリ」。

カマキリは、無農薬の庭で、沢山の害虫を駆除してくれる名ハンター。
雑食の彼らは、動く物を何でも食べてくれる。
だから、益虫も、害虫も分け隔てなく補食してしまうのは少し困りもの。
大きくなれば、小さな爬虫類も食べてしまう。

でも、小さなうちはハダニやアブラムシを沢山食べてくれるし、
少し大きくなれば毛虫も補食してくれる。
やはり、無農薬の庭には欠かせないハンターなのである。

b0133243_23525516.jpg

触角のお手入れも念入りに、今日も、立派な狩人になるべく修行中。
次なる獲物を探しまわる。

b0133243_23492992.jpg

白花の絨毯と小さき狩人。
絵になる一枚だなぁ。
by eilakuyagarden | 2009-07-10 23:54 | 息抜き | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








梅雨
本格的に梅雨入りのようだ。

じとじとした空気に気分も身体も重くなる。
正直、梅雨は好きじゃない。
僕にとっては本当に嫌な季節なのだが、植物にとっては恵みの季節なのだろう。

今、軽井沢ではホタルブクロの紫の花が満開だ。

b0133243_2342574.jpg

釣り鐘のような花を重たそうに吊り下げ、雨の中でも元気に花開いている。
きっと、虫達には、具合のいい雨宿りの場所にもなっていることだろう。

でも、やっぱり雨の庭の主役は、白花の山野草や樹木達。
薄い日差しの中に“トリアシショウマ”泡の様な白花が浮かんでいた。

b0133243_2343718.jpg

晴天の強い日差しの中では、
眩しく光り、白飛びして逆に目立たない。

でも、暗い雨の日には、スポットライトを浴びているかの様に
その姿が緑の中に白く浮かびあがる。

そんな清冽な谷川の水のように清らかな白が、
晴れない気分を優しく癒してくれる。

雨の中じゃなきゃ見えない植物の美しさ。

そうだね。梅雨もいいかもしれないね。
by eilakuyagarden | 2009-07-06 23:48 | 里山林の庭 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ











  長野,軽井沢,岐阜 風景に溶け込む雑木の庭自然な庭造りと里山園芸
by 永楽屋garden
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
about 永楽屋garden
山野草、雑木、愛すべき日本の里山風景。そんな自然な庭を愛するあなたへ...

人と自然、植物が触れあえる“ 住まう庭づくり ”


永楽屋garden では...
そこにある自然を生かしたナチュラルガーデンのデザイン、施工、メンテナンスを行っています。

「花木と語らう緑の園芸教室」も不定期に開催。
ガーデニングの基本、お庭、植物と触れ合う楽しさをお伝えしています。


長野県, 軽井沢, 八ヶ岳, 岐阜県で主に活動していますが、ご依頼があれば日本全国どこへでも伺います。まずはご相談くださいね。

お庭造りに関するご相談
お問い合せはこちらまで

mail:
eilakuya_garden@polka.ocn.ne.jp
Tel/Fax:
0267-32-0253
Mobile:
090-2346-6877
※日中は不在にしていることが多いので、mail,Mobileでのお問い合わせが確実です。

カテゴリ
全体
永楽屋ガーデン
里山林の庭
インドアグリーン
木の物語
息抜き
岐阜の庭
大山桜を守る会
追分宿の庭
庭造りいろいろ
園芸教室
浅間山
散歩道
イベント
野草の暮らし
メディアなど
スタッフ募集
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧