<   2008年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








浅間の雪化粧
b0133243_2157875.jpg

昨日の寒風も今日はすっかりおさまって、日差しの暖かいいい陽気。
本格的な冬に入る前の最後の連休とあって、国道は軽井沢駅方面に向かう車で混雑している。
いつもは静かな追分宿も、今日はさすがに賑わいを見せていた。

浅間山は白く雪化粧。
いつものビューポイントから本日の浅間山を撮影。
冬だなぁ〜。
by eilakuyagarden | 2008-11-22 22:04 | 息抜き | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








つれづれ
昨夜、無事に岐阜から長野に戻って来た。
中央道の小牧東ICから岡谷ICまで高速を使い、そこから新和田トンネル有料道路を越えて佐久に抜ける。トンネルを抜けたら、道路の路側にうっすら雪が積もっていた。
ノーマルタイヤだったから結構緊張する坂道の下りとなったが、何とか問題なく降りることができた。所要時間は約4時間、走行距離は330km。軽トラックでゆっくり、のんびりの移動だけど、結構早く到着した。

さすがに、軽井沢は寒い。今日は冷たい北風も吹いていたから、より寒く感じる。
この一週間ですっかり冬になってしまった。庭畑の植物も突然の寒さに凍えていた。
霜柱で土が盛り上がった形跡も見られる。お隣の家の陰に入る部分は、昼になっても土が凍っていた。

花苗が無事な事を確認し、足早にお客様のお宅へ打ち合わせに向かう。
寒い中、一緒にお庭の様子を見ながら、お客様の希望をヒヤリング。
来年の庭造りが楽しみになって来た。

寒い寒いと言いながら戻って来ると、部屋の中が以外に暖かくてホッとする。

b0133243_223974.jpg

5〜6年前にハマっていた多肉植物の寄せ植えが岐阜の実家には沢山あって、何もしていないが大きく育ち増殖していた。
久々に多肉の寄せ植えがつくりたくなり、鉢からこぼれ、ちぎれ落ちていた子株を集めて、サボテンと一緒に寄せ植えにした。
昨日持って来た岐阜育ちの多肉植物達も、部屋の暖かさにホッとしているようだ。

b0133243_22393045.jpg

水滴を載せた姿がキュートでしょ。

愛らしくて憎めない奴らである。

なんだかあっという間に過ぎた一日だったなぁ。
by eilakuyagarden | 2008-11-21 22:57 | 庭造りいろいろ | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








冬将軍のいたずら
庭のメンテナンスに手間取り、当初の予定を3日程オーバーしてしまっている。
やっと計画の2/3くらいの苗作りが完了したところだが、長野に戻る事にした。

戻る前に、庭を見て回る。

b0133243_0244531.jpg

ネムの木“サマーチョコレート”とバラ“バレリーナ”の周辺は、入り込んだ芝を取り除くため大胆に掘り起こし、はびこっていたタイムを整理した。タイムに埋まっていたバラが姿を現し、コルジリネもその存在が浮かび上がって来た。ここは、濃い緑と赤紫の植物のコントラストを楽しむスペース。来年は、緑葉の植物を見直しだな。

b0133243_0245682.jpg

母の植えた新入りの皇帝ダリアは、庭のシンボルのリンゴを押しのけ、ミモザアカシアを背景に庭に少し溶け込んでいるようだ。青空に映える花である。

b0133243_025760.jpg

これはウッドデッキの上で肩を並べるベストカップルの“ナスタチウム”とレモングラスの鉢植え。竹製の‘手み’に麻布を敷き、そこに用土を入れて鉢とし、寄せ植えをつくったのが2005年の結婚式の時。
あれから、なんの手入れもしなかったから、残ったのはカレックスとレモングラスだけだが、どちらもウッドデッキに根をはやしたかの様に毎年元気に葉を伸ばす。本当に根がはってたりして。
あれから3年、隣に置かれたナスタチウムと一緒に、毎年同じ様にここで肩を並べるベストカップル。お似合いです。

庭を見て回り、最後に気づいた。昨日の寒気を運んで来た冬将軍のいたずらの跡。

b0133243_0251964.jpg

冷たい伊吹おろしの強風が小屋のアスファルトシートの屋根をはがしていた。慌てて、ホームセンターを駆け巡り、同じような屋根材を探したが近くには無い。全部はがして新しく屋根を張り替える時間もない。しょうがなくブルーシートで応急処置。見た目は悪いが我慢してください。来春、暖かくなったら張り替えますから。

バタバタと大変な帰省であったが、奇麗になった庭を見るとやっぱり嬉しい。
植物達も元気になったみたいに見える。笑い声が聞こえてくるようだ。
じゃあ、帰るね。また、合う日まで、お元気で。

バイバイ。
by eilakuyagarden | 2008-11-21 00:33 | 岐阜の庭 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








岐阜にて
b0133243_22591012.jpg

先週から、久しぶりに岐阜の実家に帰省中である。流石に岐阜は暖かい。軽井沢との気温差に体も戸惑い気味である。
本格的な紅葉もまだまだ先だが、庭のハナミズキ等は綺麗に赤く染まっていた。

帰省といってもお休みの帰省ではない。
岐阜の庭で育っている宿根草を株分けし、来年用の苗を作ることと、軽井沢で増やした花苗を冬越しさせるため、岐阜まで移動させるのが今回の目的。
地植えにして、しっかり根が張ってしまえば、寒い軽井沢でも冬越しする耐寒性のある植物でも、ポット苗のままで戸外に出しっぱなしでは、さすがに枯れてしまうものもある。
しかし、暖かい岐阜(岐阜県でも南に位置する各務原市)なら、戸外に置きっぱなしでも十分に冬越ししてしまうのだ。温室をたてて、灯油燃やして温度管理するなんてことを考えれば、移動の交通費だけで苗の冬越しが出来ることはありがたいことだ。

そして、前回帰省してから8ヶ月間、ノーメンテナンスで放りっぱなしの庭の手入れも目的の一つ。毎回のことだが、ローメンテナンスの庭を目指してつくったものの、やはり定期的に手入れしないと、半年もすればジャングル状態。

b0133243_22594788.jpg

たまりかねた母親が、目に見える高さでバサバサ切った樹木は、下枝がすっかり切り落とされ無残な姿になっている。

b0133243_230225.jpg

至る所に知らない花がたくさん植えられ、母の庭スペースでは背丈2m強に育った“皇帝ダリア”が皇帝らしい大輪の花を咲かせていた。

b0133243_2305960.jpg

早春にたくさんのゾウムシが巣くっていたオリーブは瀕死の状態。この庭に来て6年間すくすく育ったオリーブだったのに、残念である。お隣の“ハナミズキ”に主役の座を譲って、ばっさりと切るしかないみたいだ。

b0133243_22584690.jpg

そんなこんなで決めた。
6年間、ほとんど大きな見直しなしに育ててきた庭だが、アメリカ大統領もオバマに変わったことだし、「Change」(変革)と「Yes, We can.」(私たちはできる)ってことで、大改革することに決めました(オバマと何の関係が?)。
まずは混み合った木をバッサリ切ります。その先どうするかは、風通しと見通しがよくなったところで、ゆっくり考えます。

一方、6年間ほとんど実をつけなかったリンゴの木。

b0133243_23235787.jpg

今年は沢山実がなりました。生産者のように肥料もやってないし、無農薬だから葉も毛虫に食べられ放題で、小さな実ではあるけれど、味は結構いけます。

b0133243_23127100.jpg

シャキッとして爽やかな甘さ。品種は分かりませんが、この木はこれからも、この場所で元気に育てますよ。

庭をウロウロし、ぶつぶつ言っている僕を見て『何してんだか?』と、おすましのラッキー。

b0133243_2313863.jpg

カメラを向ければ大あくび。

b0133243_2315246.jpg

う〜ん、今日も平和だニャ〜ァ。
by eilakuyagarden | 2008-11-18 23:26 | 岐阜の庭 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








よみがえれ
すっかり寒くなった軽井沢では、唐松の黄葉が一段と鮮やかなってきた。過ぎ去る季節を憂いでいるのだろうか?ハラハラ落ちる唐松の葉はなんとも物寂しげである。
そんな寒さの中、今日は樹高15mのクリの木を切った。

b0133243_23594890.jpg

新しいお客様の庭造りの初仕事。それが、弱ってしまったクリの木を切って更新する作業。といっても、大きな木を切った経験の無い僕には、とても危険な作業である。
そこで、知り合いにこの道50年のベテランさんを紹介してもらい、助っ人をお願いした。

b0133243_23572431.jpg

とてもおしゃべり好きなおじさんは、いろんな話をしながら、着実に仕事を進めていく。見逃すまい、聞き逃すまいとついていくのに必至な僕。

70歳を超えているとは思えない程の身軽さと、手際の良さで、はしごを掛け、紐をかけたチェーンソウを袈裟懸けに担ぎ、どんどん高い木に登っていき次から次へと枝を落とす。まるで、切る木を手なずけて、気持ち良さそうに散髪してあげてるようでもあった。

b0133243_23581193.jpg
b0133243_23582020.jpg

狙った位置に確実に太い枝を落とし、ついにクリの木は地面にひれ伏した。
見事としか言いようが無い。

その後、持参したチェーンソウの使い方を教えてもらい、倒した木を短く切断。これが以外に難しい。

b0133243_23583687.jpg

切っている木にチェーンソウを何回挟まれただろう。チェーンソウの使い方と木の切り方にやっと慣れてきたころに、全ての切断作業が終了。
あまり細かくは切らないで、とりあえず運べる長さに切断した。
太めなものは庭畑に運び、細い枝や腐った部分は、軽井沢町の貯木場に運んで処分。

クリの木のなくなった別荘の入り口付近はとても明るくなった。

b0133243_23592099.jpg

奇麗に残した切り株からは、新しい芽が勢いよく出て来て、きっと元気なクリの木によみがえってくれる事だろう。昔の人は、こうやって木を切り、利用し、林を再生させながら守って来たんだなぁ。

b0133243_23593523.jpg

今日の仕事を終えた伐採道具達の勇姿。なんだか誇らしげに見えませんか。
この相棒達のおかげで、今日も怪我なく無事に作業を完了することができました。
お疲れさまでした。
by eilakuyagarden | 2008-11-12 00:22 | 庭造りいろいろ | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








色とりどり
紅葉がどんどん里に降りていく。
今は佐久市、小諸市、東御市辺りの紅葉が見頃だ。

今日は、お客さんに頼まれたダンコウバイの木を買出しに、松本市のお隣、波田町の植木屋さんに行ってきた。

b0133243_182412100.jpg

遠くに見える北アルプスが雪化粧している。
冬はもうそこまでやって来ているようだ。

この時期に植木屋さんへ行くのはとても楽しいし参考になることがいっぱい。
庭をデザインする時、木々の紅葉の色はとても気にするポイントである。
僕は黄色や褐色に染まった木々が好き。
そこに、少し赤や橙色の葉、常緑の緑葉があると良い。
微妙な色合いは図鑑で見てもわからないけど、
今なら、色とりどりに染まった木々を見る事ができ、
図鑑で見るよりも参考になる。

b0133243_1828896.jpg

山に行って確認しても良いのだが、狭い範囲でいろんな木々の紅葉を確認できるのは嬉しい。植木屋さんにある樹木は、デザインされた庭と違い、売る事、育てる事を主体に展示されている。
スペースを有効に使うため大木の間に中低木が植えられていたり、同じものがまとまっていたり、売れ残って忘れられた木が突然いたりして、以外に自然な雰囲気ができている。

b0133243_1824496.jpg

庭造りほど作為的で無いだけに、自然に雑木林な感じになっていて、いい雰囲気だ。
密に植わっていたり、適度な間隔があいていたり様々。当然、育てるものはその植物が好む環境を考えて植えてある。こういった状態が植栽の参考になる。
間隔狭くても以外にいけそうとか、あの木はあんなに奥のほうでも育つんだとか、あの木の紅葉は以外に奇麗だなとか、よく見るといろんな情報を得る事ができる。

今日はなかなか行く事のない、圃場の木々の紅葉をお見せします。

まずは、今日の目的の“ダンコウバイ”。
b0133243_18251521.jpg
沢山のダンコウバイが植えられの黄色く染まった圃場。
どれを選ぼう。一つ一つ木の状態を見て周り、お客さんの庭に合う一本を選ぶ。
b0133243_18252330.jpg
鮮やかな黄葉が、青空によく映える。


お隣に植えられていた常緑の“ソヨゴ”。
b0133243_18253778.jpg
常緑の緑葉と赤い実が可愛い。写真のソヨゴは日向に植えられているが、半日陰から日陰だと実つきが悪い。


“コハウチワカエデ”の紅葉。赤すぎない紅葉が良い
b0133243_18262899.jpg



これは“マルバノキ”周辺の紅葉
b0133243_18264112.jpg
マルバノキの別名は“ベニバナマンサク”。色鮮やかな紅葉が終わり、落葉したちょうどこの時期に写真のような赤い小さな花をつける。
b0133243_1840953.jpg
黄花の“マンサク”は4〜5月に花をつけるが、マルバノキは花の少ないこの時期に咲いてくれる。ちょっと地味だが、以外に愛らしい花である。


人気の“エゴノキ”の紅葉。
b0133243_18271639.jpg
黄緑に近い黄色に染まった葉。紅葉よりも花重視で植えるから、あまり紅葉の色は気にしなかったが、以外にやさしい感じで良い。


そして、これは“カツラ”の紅葉。
b0133243_18272478.jpg
ほとんど落葉していたけど、上の方に少し残っていたハート形の葉。オレンジから黄色のグラデーションが鮮やか。このカツラの木、実は庭畑に植える樹木として夏前に買おうかなと思っていたのだが、迷ったあげくあきらめた木である。来年、まだこの場所に居たら、また悩んでみるね。

b0133243_182758100.jpg

どうですか、山の紅葉もいいけど、たまには植木屋で紅葉見物も楽しそうでしょ。
ぜひ、近くの植木屋さんを覗いてみてくださいね。
by eilakuyagarden | 2008-11-05 19:19 | 木の物語 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ











  長野,軽井沢,岐阜 風景に溶け込む雑木の庭自然な庭造りと里山園芸
by 永楽屋garden
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
about 永楽屋garden
山野草、雑木、愛すべき日本の里山風景。そんな自然な庭を愛するあなたへ...

人と自然、植物が触れあえる“ 住まう庭づくり ”


永楽屋garden では...
そこにある自然を生かしたナチュラルガーデンのデザイン、施工、メンテナンスを行っています。

「花木と語らう緑の園芸教室」も不定期に開催。
ガーデニングの基本、お庭、植物と触れ合う楽しさをお伝えしています。


長野県, 軽井沢, 八ヶ岳, 岐阜県で主に活動していますが、ご依頼があれば日本全国どこへでも伺います。まずはご相談くださいね。

お庭造りに関するご相談
お問い合せはこちらまで

mail:
eilakuya_garden@polka.ocn.ne.jp
Tel/Fax:
0267-32-0253
Mobile:
090-2346-6877
※日中は不在にしていることが多いので、mail,Mobileでのお問い合わせが確実です。

カテゴリ
全体
永楽屋ガーデン
里山林の庭
インドアグリーン
木の物語
息抜き
岐阜の庭
大山桜を守る会
追分宿の庭
庭造りいろいろ
園芸教室
浅間山
散歩道
イベント
野草の暮らし
メディアなど
スタッフ募集
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧