<   2008年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








やっぱりタデアイ
寒い。とにかく昨夜は寒かった。
我慢できずに灯油を買いに行って、暖房をつけた。まだ9月なのに...。
こんなに早くにファンヒーターの登場になるとは思わなかった。

庭畑の植物は大丈夫か?
心配になって見に行ってみた。
ハクウンボクはすっかり葉を落としてしまったが、他の植物は大丈夫。
良かった。

今、庭畑はマルバアイが満開。
b0133243_17162272.jpg

濃い紅色の花を咲かせている。
b0133243_17163417.jpg

こんなにドピンクの花もなかなか無い。
雑草のイヌタデよりも一段濃い気がします。

ところで、以前に見つけたタデアイ。
花は咲いているのか?マルバアイの中を探してみた。

居ました居ました“タデアイ”。
b0133243_17164967.jpg

明らかにマルバアイとは異なる花。
長い花穂に薄い紅色の小花をたくさんつけている。
なかなか凛とした花姿である。
今年はこのタネをしっかり採取して、来年はタデアイを撒いてみよう。
ん〜楽しみだ。
by eilakuyagarden | 2008-09-28 17:20 | 永楽屋ガーデン | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








ミョウガの花
あちこち飛び回っていて、久々に軽井沢に戻ってくれば
ほんの数日で、秋を通り越えて冬になってしまっている。
最高気温は15℃、夜は5℃近くまで下がる。
さすがに寒い。
あまりの気温の変化に身体がついて行かない感じ。
何となく体調が良くない。
風邪引かないように注意しないといけません。

先日メンテナンスに行った上山田温泉では、公園の桜の葉が紅葉もせずに散り始めたという。風邪をひいたのかな?
追分の庭畑にある嫁入り前の苗木達も、この寒さで風邪をひかないか心配だ。
再来週には新たなお客さんの庭造りが始まる。頑張ってくれ。

そんな寒さにも負けず元気な雑草達は、最後の一花といわんばかりにワサワサとなってきた。一本一本採るのではなく、出始めの芽をこらしめてやる。雑草退治はこれで十分。鍬でガサガサしてやる。一年草の雑草なら残った根も乾き枯れてくれる。

ガサガサしていて気づいた。ミョウガの花が咲いていた。

b0133243_18371054.jpg

9月の初めにミョウガを初収穫した時、
「食用に収穫する部分はミョウガの花の蕾なんだよ」って教えてあげたら
「うそだぁ。本当に〜」と疑いの目で見られた。

本当なのにと思いつつ、そういう自分もミョウガの花を見た事がないのに気づく。
これはいけませんてことで、今年はミョウガの花をしっかり写真に残しました。
これがミョウガの花ですよ。

b0133243_18372227.jpg

蕾と花のツーショット。咲き乱れております。
アヤメの花に似た?薄い黄色の花。
ミョウガはショウガ科(Zingiberaceae)、ショウガ属( Zingiber)の多年草。
濃い緑の葉が夏には妙に涼しく感じます。
蕾を沢山つくるには株元に敷きワラを厚めに施しておきます。

庭の植栽に加えると、ミョウガの緑の葉が、白い花の植物をとても美しく引き立ててくれます。

b0133243_18373061.jpg

ミョウガの緑を背景にした“ オトコエシ ”の白花。
見てよし、食べてよしのミョウガ。とても素敵な脇役です。
by eilakuyagarden | 2008-09-27 18:44 | 永楽屋ガーデン | Comments(1)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








東奔西走
久々のブログ更新。
この10日程、軽トラックで西へ東へ走り回り、その走行距離は1500km。
毎日タクシー運転手以上に走り回って、
車に乗るのがこんなに嫌になっているのは久々だ。
当の軽トラもエンジンの調子が悪くなり、車検のついでに入院中。

b0133243_10561066.jpg

今日は冷たい雨。日中の気温が20℃を下回る寒い一日になっている。
軽井沢周辺では桜、ニシキギ、ツリバナの葉が赤く色づいてきた。
すっかり秋だな〜。

庭畑では、可愛いノアザミに花が咲いていた。癒される。

明日からまたまた東奔西走の日々。
今日は部屋でゆっくりしようと思う(が、そういう訳にもいかないかなぁ)。
by eilakuyagarden | 2008-09-22 11:01 | 息抜き | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








タデアイ?
秋の空気が降りてきた。ヒンヤリして爽やかな空気だ。
庭畑の植物達も心地良さそうに見える。

b0133243_0101669.jpg

ミソハギの赤紫の花が奇麗に咲いている。
その株元を覆うのは “マルバアイ” の可愛い丸葉。
暑さにも、寒さにも強く、周りの雑草にも負けないタデ科の一年草。
こぼれ種で増え、今年も元気に育ってくれた。
素敵なグラウンドカバーである。

こぼれ種だと増えすぎるのが問題だが、春に間引けば庭を自由にアレンジできる。
結構こんもりとした株にまとまり、グラウンドカバーになって雑草も抑えてくれる。
あまり増やしたくなければ、種取り用の株を残し、種ができる前に花がらを積んでしまえば良い。
採取した種は冷蔵庫(野菜室)で保存し、春先に種を撒いて、苗をつくる。
発芽率はほぼ100%。使える奴である。

b0133243_0102928.jpg

そろそろ、花の蕾もあがってきた。少し薄紅色に染まっているようだ。
もうすぐ、ミソハギと交代に、奇麗な紅色の花が見られそうだ。

ん...。あれ....?

b0133243_0104150.jpg

ミソハギの株もとをよく見ると、丸い葉のマルバアイとは、明らかに異なる葉の形がある。もしかして『タデアイ』の葉?他にも数株ある。
実生で育った苗は、葉や花が親と異なった物ができるというから、そうなのかもしれない。あきらかに、尖った葉の形は『タデアイ』だ。
白い花が咲くかもしれない。楽しみだ。
来年はタデアイを増やせるかも。

秋を迎えた庭畑の七不思議?です。
by eilakuyagarden | 2008-09-11 00:18 | 永楽屋ガーデン | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








フウロソウの仲間達
秋の気配の庭畑に、ハッとするほど鮮やかな赤紫色の花が咲いていた。
“アサマフウロ”だ。

b0133243_131414.jpg

アサマフウロはフウロソウ科フウロソウ属の多年草。
春に咲くサクラソウよりも一段と濃い赤紫色の花がとても印象的だ。

b0133243_1314935.jpg

和名の“アサマフウロ”は、浅間山にちなんで名ずけられた名前。
いわばご当地フウロソウ。

湿った草原等に自生する植物であるが、近年の土地造成、池沼・草地の乱開発によりその自生地が減少。
環境省の植物レッドリストでは絶滅危惧ⅠB類(絶滅危惧IA類ほどではないが、近い将来における絶滅の危険性が高い種)に指定されている。
同じように絶滅が危惧されている軽井沢の町花“サクラソウ”(絶滅危惧Ⅱ類)よりも、絶滅の危険度が1ランク高い種なのである。

b0133243_1315993.jpg

下痢等に効く生薬として有名な“ゲンノショウコ”も同じフロソウの仲間。

大きさは大人と子供だが、よく見ると葉の形も、花の形もアサマフウロにそっくり。
同じフウロソウでも、こちらは人里から、深山まで何処にでも普通に生えている。
抜いても抜いてもこぼれ種で良く増える。

東日本では白花、西日本では赤花が咲く。
真ん中の中部地区では、赤白の花が見られるというから面白い。

ちょっと触れると、ハラリと散ってしまう花びら。
その花の儚さから“風露草”と書くのだろうか。
しかし、育つ環境にあわせて様々に変化し、生き抜く姿はなんて力強いんだろう。
とても親しみの湧く花である。
by eilakuyagarden | 2008-09-08 01:45 | 永楽屋ガーデン | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








壮月(そうげつ)
b0133243_110466.jpg

東京の仕事から戻って来た。
残暑厳しい都会と違い、軽井沢には爽やかな高原の風が吹いている。
天に向かってスッと伸びるススキの姿。
整然としていて気持ちがいい。
空の様子が秋っぽい。

b0133243_1104811.jpg

庭畑でも秋の植物が元気になってきた。
ミソハギの濃い紅色の花が眩しい。

b0133243_111191.jpg

こぼれ種で増えたエリゲロンの絨毯の中、薄紫色のコバノギボウシの花が印象的。
夏に切り戻した黄金葉のシモツケソウ。
また元気に新芽をあげた。
夏の庭とは違った華やかさにあふれる、秋の庭畑。

花の季節といえば“春”という印象があるが、秋も花盛りの季節。
そんな秋を表す言葉に『壮月(そうげつ)』という言葉がある。
“壮”には活力に満ちあふれたという意味がある。
まさに、草花が盛んに咲き誇る、活力に満ち満ちた季節である。

他にも 草津月(くさつづき。“津”は“の”と言う意味だそうだ)、
    木染月(こそめづき)、
    燕去月(つばめさりづき)
など、どれも秋を表す言葉。

動植物を愛で、自然とともに生きて来た古人の残した言葉達。
やっぱり日本語って、すばらしい。
by eilakuyagarden | 2008-09-07 01:20 | 永楽屋ガーデン | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








森の妖精
亀清旅館の中庭。
ツリバナの木陰で、可憐な森の妖精が花開いた。

b0133243_025935.jpg

レンゲショウマ(蓮華升麻)。
キンポウゲ科レンゲショウマ属の多年草。
下向きについた、可憐な薄紫色の花。
中央の紫の紅をさしたような花を包み込むように、薄紫色の透き通る萼片が大きく開いた姿は、まるで森の中を飛び回る妖精のよう。とても可憐な花だ。
深山やブナ林の林床に自生するレンゲショウマ。
森の中で出会ったら、本当に妖精に見えるかも。

b0133243_0252418.jpg

蓮華(ハスの花)を裏返したような花と、升麻(サラシナショウマの漢名)の葉に似た葉の形から、蓮華升麻(レンゲショウマ)と呼ばれるようになった。
日本固有の可愛い野草。
亀清の中庭で、今日も風に揺られ、可憐な花の舞を踊っています。
by eilakuyagarden | 2008-09-03 00:40 | 里山林の庭 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








9月です
夏らしくない8月があっという間に過ぎ、今日から9月。
昨日、一昨日と天気が回復し、少し気温が上がってきたが、
追分の庭畑にはもう秋の気配が漂っている。
午後3時を過ぎると、沢山のハチに混じって、アキアカネが庭にやってくる。
夕方、虫の歌声が何処からともなく聞こえだし、あっという間に大合唱となる。
b0133243_1365531.jpg

モチノキ科の落葉低木 “ウメモドキ” の実。
もう赤く熟し始めている。
標高の低い場所なら10月くらいにならないと赤くならないのに。
そういえば、桜やカエデ、ニシキギ、ツリバナ等も若干赤みを帯びた葉が見られるようになった。紅葉のシーズンはまだまだ先であるのに。
先々週からの季節外れの冷え込みに、植物も秋が来たと勘違いしたのだろうか。

こちらは、今が盛りの “シュウカイドウ”。
b0133243_137435.jpg

シュウカイドウはベゴニア属の多年草(球根植物)。
昔から家庭の庭先でよく見かけるから、すっかり日本の植物と思っていたら、
実は園芸用に持ち込まれた中国、東南アジア原産の帰化植物だった。
追分の風土にはとても似合う植物だと思う。
派手な桃色の花がうつむき加減についた姿は、やさしくて、可憐な感じだ。
サクラソウと入れ替わりで、低木類の足下を奇麗に彩ってくれる。
耐寒性も非常に強い。

シュウカイドウを漢字で書くと“秋海堂”。
桃色の花が、春に花開くバラ科の落葉低木 “カイドウ(海堂)” の花に似ている事から、秋に咲く “海堂” で “秋海堂(シュウカイドウ)”。
花言葉は 『自然を愛する』。
まさに、永楽屋ガーデンのポリシーにぴったり。
『自然を知り、見て、育て、造る』自然と共生するナチュラルな庭造り。
これからもまっすぐ自然と向き合っていこう。
by eilakuyagarden | 2008-09-01 01:54 | 永楽屋ガーデン | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ











  長野,軽井沢,岐阜 風景に溶け込む雑木の庭自然な庭造りと里山園芸
by 永楽屋garden
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
about 永楽屋garden
山野草、雑木、愛すべき日本の里山風景。そんな自然な庭を愛するあなたへ...

人と自然、植物が触れあえる“ 住まう庭づくり ”


永楽屋garden では...
そこにある自然を生かしたナチュラルガーデンのデザイン、施工、メンテナンスを行っています。

「花木と語らう緑の園芸教室」も不定期に開催。
ガーデニングの基本、お庭、植物と触れ合う楽しさをお伝えしています。


長野県, 軽井沢, 八ヶ岳, 岐阜県で主に活動していますが、ご依頼があれば日本全国どこへでも伺います。まずはご相談くださいね。

お庭造りに関するご相談
お問い合せはこちらまで

mail:
eilakuya_garden@polka.ocn.ne.jp
Tel/Fax:
0267-32-0253
Mobile:
090-2346-6877
※日中は不在にしていることが多いので、mail,Mobileでのお問い合わせが確実です。

カテゴリ
全体
永楽屋ガーデン
里山林の庭
インドアグリーン
木の物語
息抜き
岐阜の庭
大山桜を守る会
追分宿の庭
庭造りいろいろ
園芸教室
浅間山
散歩道
イベント
野草の暮らし
メディアなど
スタッフ募集
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧