カテゴリ:岐阜の庭( 92 )


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








最後の勇姿

今も変わりつづける庭の変わらぬ風景。

b0133243_1954213.jpg

“ フレンチラベンダー ”

今年も綺麗に咲きましたと言いたいけど、実はいよいよ厳しくなってきた。
小さなポット苗から10年の年月を経て大株に育った “ フレンチラベンダー ” 。

でも、それが災いした。
今年の1月〜3月の厳しい寒さと雪が古株のラベンダーにも大きなダメージを与えた。
3株が雪の重さで枝が折れて潰れ、写真のラベンダーもかなり傷ついている。
今年が見納めになると思う(多分...)。

植えてから10年。よく枯れなかったものだと思う。
毎年綺麗な花を楽しませてくれて本当にありがとう。

変わらぬ風景が一つ消えるのは哀しいけど、新しい仲間にバトンタッチ。何を植えるかはまだ考えていないけど、次の10年を楽しむために庭はまた変わっていきます。

b0133243_1954420.jpg

10年間庭を彩ってくれた “フレンチラベンダー ” の最後の勇姿です。
by eilakuyagarden | 2012-05-19 19:58 | 岐阜の庭 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








10年目の岐阜の庭

小屋の入り口に腰を下ろして見る庭。

b0133243_2181094.jpg

ここから見た庭の景色が僕のお気に入り。

幾重にも折り重なった緑の中に、大きく育った銅葉のコルジリネが良いアクセントになっている。


ちょっと前なら一番奥に満開の黄モッコクバラがナイアガラの滝のように枝垂れていて、いっそう綺麗だったんだろうけど、今年は残念ながら間に合いませんでした。

満開の頃の黄モッコウバラはこんな感じだったようです。

b0133243_21884.jpg

弟の撮影した写真を借りました。
今年は昨年以上の花つきだったようで、木の上から枝垂れる黄モッコウバラはまるで滝のようです。見たかったなぁ。


今も変わり続ける、10年目の岐阜の庭です。
by eilakuyagarden | 2012-05-18 21:11 | 岐阜の庭 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








自然の妙

鋭い棘に覆われたメギの枝の隙間をかいくぐり顔を出したチューリップ。

b0133243_19591593.jpg

庭にあけたプランターの土の中に球根が残っていたようだ。


偶然できた組み合わせの美しさは、時として人間の想像をはるかに凌駕する。
これもそんな偶然からできた自然の妙。

b0133243_19591379.jpg

メギの銅葉の海の中に浮き出したクリームイエローの花。
綺麗だ。

ガーデナーも脱帽の素敵な組み合わせ。

自然から学ぶことって本当に多いです。
by eilakuyagarden | 2012-04-19 20:03 | 岐阜の庭 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








満開“ ジューンベリー ”

桜吹雪が舞う岐阜は春本番。
まだ蕾だった木々が一斉に動きだし、岐阜の庭はすっかりにぎやかになっていた。

b0133243_20264411.jpg

動き始めるとあっという間に庭の景色が変わってしまうから凄いよなぁ。

軽井沢のお庭でも、お客さまが別荘にくるタイミングと開花のタイミングが合わずに、早春に咲く野草達の顔が見られないなんてことはザラである。タイミング良く花を見られたのなら本当に幸せだ。


タイミング良く満開になってくれた “ ジューンベリー ”の花。

b0133243_20264645.jpg

毎年綺麗に咲いてくれる。

b0133243_20264887.jpg

この花の開花を皮切りに、庭の花が一斉に咲きはじめる。
そして、あっという間に庭は花と緑につつまれてしまう。

次はなんだっけ?
あれかな?これかな?

b0133243_20265061.jpg

なにわともあれ、楽しい季節。
まずは満開のジューンベリーを楽しみます。
by eilakuyagarden | 2012-04-18 20:30 | 岐阜の庭 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








三つ叉の木

先日の春の嵐を耐えぬいたハクモクレンの北面の蕾たちが満開になりました。

b0133243_2047183.jpg

南側の面は暴風にやられてこの通り。

b0133243_2047523.jpg


開花前だった北側の面の蕾たちはなんとか難を逃れ、綺麗な花を咲かせてくれました。

b0133243_2047256.jpg

日照の違いで二度楽しめるとはなんて贅沢。ありがたや!ありがたや!


さて、話は唐突に変わりますが、皆さんの近所にはご神木ってありますか?
いろいろな謂われがあって、神社の境内や鎮守の森などに生えている巨木などを神様が宿る木としてあがめられている木のことです。いろいろな樹種の古木、巨木がご神木としてあがめられているんですが、幹が三又に分かれた木も神様が宿るとして、全国各地で昔から御神木としてあがめられているんだそうです。

でも、軽井沢の豊かな森の中を歩いていても幹が三つ叉に分かれた木なんて見つかりません。(なかなか無いからご神木としてあがめられているのですから、当たり前。)

でも、今日みつけちゃいました。あったんですよ三つ叉の木が!
しかもこんな近くに。実家の庭にあったんです。本当に驚きました。

まず、この写真を見てください。

b0133243_20478100.jpg

これは最初に紹介したハクモクレンの木の幹です。
この角度から見ていると幹が二叉になっていて左の幹がまた二つに分かれているだけに見えます。でも、今日満開のハクモクレンの写真を撮っていて、ふと幹の二叉に分かれているところに目をやったら、おや?

b0133243_20471013.jpg

な、なんと三つ叉に分かれているじゃないですか。
しっかり確認するため上から三つ叉に分かれている部分を撮影してみました。

b0133243_20471397.jpg

この位置からだと、たしかに三つ叉になっていることが良くわかりますね。

いつから幹が三つに分かれたのだろうか?
この庭に植えられたときは幹を両手で握って少し余るぐらいの太さの木でしたが、ここに植えられて十年。今や立派な木に成長しました。でも、最初は一本立ちの木だったはず。とするとこの10年の間に幹が三つに分かれたことになります?う〜ん、不思議だ。

三つ叉の木だからって訳じゃ無いけど、たしかにこのハクモクレンはここ数年でなんだか急に立派になったなぁって印象があります。これもいつからか三つ叉に分かれた部分に神様が住み始めたからなのでしょうか。

このハクモクレンは、僕がまだサラリーマンだった頃にこの庭を造るにあたって、どうしてもこの庭に植えたいと指定した樹種の一つ。この庭のシンボルツリーの一つだというだけであって、特になんの謂われもありませんが、なんにしても貴重な 「 三つ叉の木 」。神が宿るとしてあがめられている木なのだといわれては、もはやこの 「 三つ叉ハクモクレン 」は我が家のご神木に認定です。(といって、特別なことはなにもしませんよ。これまで通りに庭の大切な木の一つとして大事にしていくだけです)

b0133243_20471513.jpg

ありがたや!ありがたや!

しかし、自然の森の中であれだけ探して無かったのに、まさかこんな近くにあるとは...。
「 灯台もと暗し 」ってことですかねぇ。
by eilakuyagarden | 2012-04-07 20:59 | 岐阜の庭 | Comments(2)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








嵐の爪痕

咲ききらずに散った沢山のハクモクレン。

b0133243_20172875.jpg

これから咲く予定のモッコウバラの蕾や沢山の木の枝。そして、木の上にあった巣から揺さぶり落とされたのであろう青緑色のカラスの卵(が5つほど)。防風の爪痕はなかなかなものでした。

落ちた枝葉をため息ついて眺めていたら、こんな花が咲いていました。
庭のアオダモの木の株元に住んでいる “ シュンラン ” の花。

b0133243_20171163.jpg

シュンランの自生する涼しい山林とはほど遠い環境の岐阜の庭。
毎年猛暑に見舞われる庭で本当に良く育っていると思います。
早朝の涼しい風がとおり、朝日は一番に当たるけど、日中から夕方は、庭木と建屋の陰が厳しい日射しを遮ってくれてちょうどいい日陰ができる場所だからだと思います。この場所を気に入ってくれたんだね。ありがとう。

嵐の後には穏やかな春がきてくれるといいのですが...。
今年はまだまだ油断できないようです。
by eilakuyagarden | 2012-04-04 20:22 | 岐阜の庭 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








春らんまん

満開の “ ハクモクレン ”

b0133243_21352580.jpg

ぽかぽか陽気。

b0133243_213558100.jpg

春らんまん。
by eilakuyagarden | 2012-04-02 21:37 | 岐阜の庭 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








膨らみはじめたつぼみの議論
朝一。苗畑で花苗の植え替えをしようとしたら苗の土が凍っていた。
どうりで寒いはずだ。
でも、日中は春本番の暖かさ。

寒暖の差が15℃くらいあって、何を着たらいいのかわからなくなりますね。

悩んでるのは僕だけじゃなく、庭のハクモクレンも数日前からこの状態。

b0133243_22411532.jpg

「どうする?咲いちゃう?」
「お日様がでると暖かいからね。大丈夫なんじゃない。」
「でも風は冷たいぜ!風邪ひいちゃうぜ!」

動きを止めたつぼみの議論は白熱。でも、咲くという結論はでそうにありません。
明日は雨。雨が止んだら、また寒気がやってきて冬に逆戻りだそうな。

悩むハクモクレン。
膨らみはじめたつぼみの議論はまだまだ続きそうだ。
by eilakuyagarden | 2012-03-22 22:50 | 岐阜の庭 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








春へ。一歩一歩。
天気図は西高東低。冷たい風吹く冬のような一日。

でも日射しの下は暖かい。春の陽気。

家が冷たい風を遮ってくれる庭の東側。
咲き出した クロッカス。

b0133243_1829812.jpg

そして スミレ の花。

b0133243_18291145.jpg

冷たい風なんて関係ない。
お日様の恵みを浴びる ヒメダカとタニシ。

b0133243_18292096.jpg

水の中だけど暖かそうだ。

季節は春へ。一歩一歩。
by eilakuyagarden | 2012-03-21 18:31 | 岐阜の庭 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








どちらがお好み?
岐阜の庭でヘレボルス・オリエンタリスが咲き始めました。


b0133243_19311192.jpg

1月18日のブログ で古い葉をバッサリと切ったヘレボレス。


b0133243_19311444.jpg

寒さが緩み始めた3月。ニョキニョキと茎を伸ばし、綺麗に開花しました。


b0133243_19312066.jpg

葉を切ったことで綺麗な花(花びらに見える部分は実際はがく片ですが)がとてもよく目立ちます。


一方、葉を切らなかったヘレボルスはというと、こんな感じです。

b0133243_19312459.jpg

ここは庭の中でも冷たい西風が強く吹き込む場所。
最初の写真のように葉を切って花茎だけにしてしまうと、強い風で花が倒れてしまうという事情もあって、葉を切らないで自然なままにしてあります。

大きな葉のお陰で、綺麗な花があまり目立たないのですが、まあこれはこれでいい感じです。正直こういう雰囲気、僕は嫌いじゃないです。

花が終わる頃に若い葉が開きはじめたら、古い葉だけを切ります。
ただ、新しい葉が動き始めてから古い葉だけを切るのは以外に手間がかかる作業です。メンテナンスの面からは、やはり花や新しい葉が動く前に古い葉をバッサリ切る方が楽ちんですね。


b0133243_19312770.jpg

どっちの方法で管理するのも正解。管理の手間の問題だけです。
葉を切っても切らなくても、綺麗な花はちゃんと楽しめます。
目立つか、目立たないかだけの問題です。

さて、あなたはどちらがお好みですか?
by eilakuyagarden | 2012-03-15 19:41 | 岐阜の庭 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ











  長野,軽井沢,岐阜 風景に溶け込む雑木の庭自然な庭造りと里山園芸
by 永楽屋garden
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
about 永楽屋garden
山野草、雑木、愛すべき日本の里山風景。そんな自然な庭を愛するあなたへ...

人と自然、植物が触れあえる“ 住まう庭づくり ”


永楽屋garden では...
そこにある自然を生かしたナチュラルガーデンのデザイン、施工、メンテナンスを行っています。

「花木と語らう緑の園芸教室」も不定期に開催。
ガーデニングの基本、お庭、植物と触れ合う楽しさをお伝えしています。


長野県, 軽井沢, 八ヶ岳, 岐阜県で主に活動していますが、ご依頼があれば日本全国どこへでも伺います。まずはご相談くださいね。

お庭造りに関するご相談
お問い合せはこちらまで

mail:
eilakuya_garden@polka.ocn.ne.jp
Tel/Fax:
0267-32-0253
Mobile:
090-2346-6877
※日中は不在にしていることが多いので、mail,Mobileでのお問い合わせが確実です。

カテゴリ
全体
永楽屋ガーデン
里山林の庭
インドアグリーン
木の物語
息抜き
岐阜の庭
大山桜を守る会
追分宿の庭
庭造りいろいろ
園芸教室
浅間山
散歩道
イベント
野草の暮らし
メディアなど
スタッフ募集
未分類
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧