カテゴリ:木の物語( 61 )


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








ヤマブドウの妖精

庭づくりで使えるようになるまで、大事に育ててる樹木達。

b0133243_18193578.jpg

苗畑の一角にある、この小さな苗圃の奥に、
二年前から育てているヤマブドウの苗木があります。
わかるかな。

b0133243_18202627.jpg

大きなリースのように蔓を丸め、長野への移動準備万端の 『 ヤマブドウ 』 の苗木。
【 eilakuya garden 】 の文字の頭にあるポットがヤマブドウの株元。
5〜6mまで育った蔓を、ここから時計回りにリースのように丸めて重ね、麻ひもでまとめてある。

最初に植えた苗木は、上の写真の右側にある変な形のトレリスの2/3ぐらい、1mぐらいの高さしかなかった。まあ、蔓ものの植物の苗木は流通の関係で、運搬しやすい大きさでしか売られていないから、それがあたりまえ。5〜6mの長さの苗木なんて探してもなかなか見つからない。でも、お客さんの庭でグリーンテラス(蔓ものを絡める棚)に絡めるためには1mでは短すぎる。全く届かない。
そこで、すぐに植える必要もなかったので、大きく育ててから植えることにした。
探して購入できるもの以外は、こうして岐阜の苗畑で大きく育てています。

それが二年前。
ぐんぐん蔓が伸びて、苗畑の敷地を乗り越え、庭のハナミズキとムクゲに絡みまくりながら長く生長したヤマブドウ。蔓の長さは5〜6m。木の上まで高く昇ったヤマブドウを、蔓を折らないように丁寧に下し(これが結構大変でした)、リースのようにまとめて運べるようにしたのが三週間前。その時はまだ新芽も芽吹いていなかったのだけれど、3月の異常な暖かさで一気に芽吹きはじめ、小さな可愛い葉っぱが開きました。

b0133243_18202924.jpg

この姿がとても愛らしい。
まるで、妖精が蔓のリースの上で遊んでいるようです。


赤く縁取られた、淡いミントグリーンの新芽。

b0133243_18203299.jpg

こういう色の新芽ってなかなか無いよなぁ。
すごく奇麗です。

b0133243_18203037.jpg

今は直径2㌢程の小さな葉っぱですが、初夏には直径15㌢〜20㌢くらいの大きな葉っぱになります。見応え十分。真っ赤に紅葉する秋の葉っぱもとても奇麗。
しかもヤマブドウの実は、ノブドウとは違ってバッチリ食べられます。

春〜秋まで楽しめる “ ヤマブドウ ”。

早くお庭に植えてあげたいなぁ。
by eilakuyagarden | 2013-04-02 18:28 | 木の物語 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








馬酔木

〔 馬が酔っぱらう木 〕 と書いて “ アセビ ”。
ピンクの小花が満開になった。

b0133243_19415161.jpg

スズランの花にも似た、小さなイチゴのようなピンクの小花が鈴なり。
なんとも可愛い木なのである。

アセビはツツジ科の低木。
岐阜だと、ロウバイよりも少し遅くて、梅が開花する早春に花をつける。
まだ花の少ない時期に花を楽しめるのが嬉しい。


でも、可愛い花には刺がある。
枝や葉に 〔 アセボトキシン 〕などの有毒成分が含まれているのである。

馬がアセビを食べて酩酊したようにフラフラするところから、馬酔木となったようだが、本当に食べたとしたならフラフラどころではない。誤って食べたりすれば 「 腹痛、嘔吐、下痢 」を引き起こし、重症となれば神経系の麻痺や呼吸中枢の麻痺が発生する。量によっては死に至るのである。

でも、この有毒成分は古来より殺虫剤としても利用されてきた。
使い方に寄っては有益でもあるが、やっぱりちょっと怖いよね。
可憐な花姿とは別の顔をもった木なのである。


本州、四国、九州の各地に自生しているアセビ。
軽井沢でもいたる所に植栽されている。

寒さの厳しい冬の軽井沢で、どうしても常緑の樹木が欲しいとなった時に、あまり樹高が高くならない木をとなると、植栽できる樹木は必然的に限られてしまう。その中でも可愛い花の咲くアセビの木はとても重宝される存在なのだ。

アセビの樹高はせいぜい3mぐらい。生育環境が良い場所で育った、樹高5m程の立派な株のアセビを見たことがあるけれど、針葉樹やシラカシなどのような高木にはならない。ある程度株間を空けて植えれば、横に大きくなって丁度いい目隠しにもなるので、安心して使えるのである。入手も容易。だから、軽井沢はアセビだらけ。別荘地内の生け垣などにも使われていて、すぐにお腹いっぱいになるほど沢山のアセビが植えられている。

でも、葉っぱのつき方や花姿、樹形もとても素敵になるので嫌いではない。
できれば生け垣や目隠しなどではなく、面白い樹形に育つように、単独で植えて、こんもり育ったアセビの樹形を楽しみたいものだ。

b0133243_1941536.jpg

早春に可憐な花をつける “ アセビ ” の木。

上手にお庭に取り入れてみては如何ですか。
by eilakuyagarden | 2013-03-10 19:48 | 木の物語 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








秋色の “ ウワミズザクラ ”

昨日の木枯らしで、木々の葉が結構落ちて、たった一日で庭が随分明るくなった。

でも、紅葉はまだまだ奇麗な状態を保っています。

今年、特に奇麗に紅葉していると感じるのが、この写真の左の木。

b0133243_1817464.jpg

“ ウワミズザクラ ” の紅葉。

昨年も、一昨年もそんなに印象的な紅葉にはならなくて、気がつけば葉っぱを落としていた。それほど、紅葉の存在感が無かったこの木。

先日、庭に植える木を仕入れにいった時に、ウワミズザクラの仲間でイヌザクラという木があって、この木の紅葉が淡いピンクから始まって、明るいオレンジに変化するとても奇麗な紅葉を見せていた。仲間だけど、こんなにも違うんだね。こっちの木に入れ替えたいよねぇ〜。なんて思っていたんだけど、それを感じ取ったのか(そんなはずないけど)今年は、とても奇麗な紅葉を見せてくれた。

真っ赤でもなく、褐色でもない、鮮やかなオレンジ。


木の真下から梢を見上げると、その美しさに言葉を失いました。

b0133243_18173831.jpg


入れ替えたいなんて言ってゴメンね。

来年も、また素敵な彩りを見せてください。
by eilakuyagarden | 2012-10-30 18:23 | 木の物語 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








ヒトツバカエデ の黄葉

黄葉した “ ヒトツバカエデ ” 。

b0133243_2135492.jpg

別名 マルバカエデ。

本州の近畿地方より北の山地に自生するカエデの一種。

b0133243_21355235.jpg

カエデの葉っぱといえば、7〜9に裂けて掌状(しょうじょう:指を開いた手の平のような形のこと)になっているのを思い浮かべますが、ヒトツバカエデ の葉っぱは切れ込みが無く ハート形。

b0133243_2135565.jpg

大きさも10〜20㌢くらいあって特大サイズ。
とても見応えのあるカエデです。


ちょっと分かりにくいけど、樹皮は白くてとても奇麗。
ちょっとシラカバにも似ています(あそこまで白くはないけどね)。

b0133243_21355850.jpg

株立ちのこの姿に一目惚れして、この庭に連れてきました。

植栽してから一年。
すっかりこの庭に馴染んでいます。

b0133243_21355431.jpg

樹形、葉っぱ、樹皮の色に秋の紅葉。
全てが素敵な、僕のお気に入りの一本です。
by eilakuyagarden | 2012-10-19 21:35 | 木の物語 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








シラキ の 紅葉

真っ赤に紅葉しはじめた “ シラキ ”。

b0133243_20533112.jpg

葉の縁から順番に赤くなり、緑の部分を浸食していき、やがて鮮やかな赤に染まる。

“ シラキ ” はトウダイグサ科の落葉小高木。
樹皮は滑らかで、奇麗な灰白色をしている。
株立ちの樹形がとても奇麗な木だ。
身近では材が “ シラキ杭 ” などに加工されて売られている。
材が白くて奇麗で、名前の由来にもなっている。


b0133243_2054989.jpg

一般的にはあまり知られていないのだろうけど、別に珍しい木ではなくて、北海道を除く日本全国に自生している。ただ、サクラのように美しい花が咲くわけでもなく、カエデのように葉っぱの形が特徴的でもないから、見向きもされないけれど、実は花も葉も樹皮もとても奇麗で、株立ちの樹形もなかなか素敵です。

特に美しいのは紅葉。

b0133243_20541589.jpg

暖かい地方では赤でなくて黄色くなることが多いけど、軽井沢のように秋の冷え込みが厳しい場所では写真ように真っ赤に紅葉します。葉柄まで真っ赤。奇麗でしょ。


そして、秋にできる 実 がとても可愛いんです。

b0133243_20541832.jpg

3つにプックリ膨らんで、先端に巻きヒゲがクルンとします。
愛らしい実ですよね。

写真が無いけど、春の花もちょっと地味だけど、なかなか美しいんですよ。
来春に花が咲いたら、絶対に紹介します。

軽井沢で自生しているのは見たことありません。
ぼくが庭に植えたこの木くらいじゃないのかなぁ。

何処かに自生していたら、ぜひ教えてくださいね。
by eilakuyagarden | 2012-10-16 20:59 | 木の物語 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








いろんな ツリバナ の実

一昨々日、久しぶりに岐阜の庭に行ってきた。

苗畑で育てている大切な樹木を作庭中の “ 雑木の丘の庭 ” に使うために取りに帰ったのだけど、ゆっくりする時間が惜しかったし、調子も良かったので、日帰り往復 846km の強行スケジュールでの里帰りとなった。翌日疲労困憊だったのは言うまでもない...。

そんなことはどうでもいい話でした。

軽井沢に比べれば圧倒的に暖かい岐阜の庭でも、ここ数日の冷え込みで庭の “ ジューンベリー ” が紅葉しはじめていて苗畑も秋色に染まりはじめていた。

b0133243_1915251.jpg

いい季節だ。

厳しい岐阜の暑さにかなりの苗がヤラレているかなと思っていたけれど、苗畑の植物達は心配していたよりも元気だった。いやいや、本当に良かった。

そんな花苗や樹木の中で何種類かのツリバナを育てているんだけど、それらが奇麗な実をつけていた。今日はいろんな(といっても三種類だが)ツリバナの実を紹介します。


まずは “ ヒロハツリバナ ” の実。

b0133243_191571.jpg

昨年数本仕入れたものの内の一本。
もう一本は 軽井沢の庭畑にいます。

普通のツリバナと違い、実には小さな翼があって、そこがお気に入りのポイント。
実は4つに割れて開きます(普通のツリバナやオオツリバナは5裂です)


この翼が異常に大きくなった個体を選抜種として接ぎ木したのが “ 風鈴ツリバナ ”。

b0133243_19153319.jpg

カエデやハクウンボクの苗木の中に埋もれていたので、冷気から守られていたからか、まだ実が熟していなくて緑でした。でも、ヒロハツリバナ との翼の長さの違いは一目瞭然ですよね。たしかに目を惹く実なのですけど、なんか大味かなぁ。
僕は普通の ヒロハツリバナ の方が好きです。

大味というより巨大で肉厚な実をつけるのがこのツリバナ。

b0133243_19185939.jpg

苗木屋さんの名札には“ オオツリバナ ” と書いてあった。
オオツリバナ は知っていたが、オオツリバナ って言うのは知らなかったので試しに育ててみようと購入した苗木だ。

その実の大きさが分かるように母に百円玉を持ってもらって、その実の大きさを比べてみました。

これが “ オオツリバナ ” の実。

b0133243_19162248.jpg

こっちが “ 風鈴ツリバナ ” の実です。

b0133243_1916324.jpg

どうです。オオツリバナ って謳ってあっただけに、その実はたしかに大きいでしょ?


並べて上から実を見比べてみましょう。

b0133243_19181839.jpg

普通のツリバナの実の大きさは “ 風鈴ツリバナ ” の翼を取り除いた大きさです。
オオツリバナ に比べたら一回り小さいですね。

軽井沢でこんなに実の大きな ツリバナ を見たことは無いけれど、昔、野尻湖畔の林の庭の手入れを手伝った時に大きな実をたわわに付けた ツリバナ を見たことがある。その実はたしかに巨大で最初 ツリバナ だとは思いませんでした。それぐらいにゴツいんですよね。

オオツリバナと言う種があるのかどうかは正直分からない(図鑑にも載っていないんだよねぇ)。でも、面白いのでこのまま生長を見守っていきましょう。

でも、庭に植えるならやっぱり、小さな紅い実が風に揺れる姿が可愛い 普通の ツリバナ がいいですね。だって、オオツリバナ の実を揺らすとなると、そよ風程度では済まないでしょう?( 笑 )

b0133243_19161085.jpg

どのツリバナも紅葉は真っ赤になります。
実の形や大きさで、自分好みの ツリバナ を選んでくださいね。
by eilakuyagarden | 2012-10-14 19:52 | 木の物語 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








梢を染める オオモミジ

朝晩は5〜7℃まで冷え込み、日中の気温も15℃前後。
いつもの秋の気温なのだけど、今年は残暑が厳しかったからいつもの気温がとても寒く感じられます。

この寒さで軽井沢の紅葉も一気に進みはじめました。

b0133243_14512326.jpg

加速する秋。

先週までは緑が目立っていた 追分の オオモミジ。

b0133243_14512756.jpg

梢の先から秋色に染まりはじめていました。

僕がお借りしている追分の庭畑の周りには、大きなオオモミジが沢山生えていて、毎年美しい紅葉を楽しませてくれます。ほぼ一人占め状態で楽しめる、贅沢な空間です。

こんなに素敵なウロのある立派な オオモミジ もあります。
b0133243_14512946.jpg

多分、結構な樹齢の木なんだろうなぁ。

b0133243_19134115.jpg


奇麗な樹形をそのままに、大切に見守っていきたいですねぇ。
by eilakuyagarden | 2012-10-13 14:53 | 木の物語 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








『 紅葉 』 はじめました

梢に舞い降りた “ 秋 ”

葉先が赤く染まりはじめた ミズキの木

b0133243_21194171.jpg


軽井沢の森

『 紅葉 』 はじめました
by eilakuyagarden | 2012-09-27 21:30 | 木の物語 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








秋の光がみせる木のオーラ

爽やかな秋晴れ。

b0133243_205225100.jpg

空気も美味しく、木々の緑が目映い。


真っ青な深い秋空の下、圧倒的な存在感を放つこの木。

b0133243_20522674.jpg

秋の光がみせる木のオーラ。

樹高30mはある大木は僕のお気に入りの一本。
樹種は....あやふやなんで今日のところは大木としときます。

こんなに素敵な樹形の木が、なにものにも邪魔されずにみられる場所は、緑豊かな軽井沢でもなかなかありません。貴重な存在です。

いつまでも切られることなくこの場所に居て欲しいな。
by eilakuyagarden | 2012-09-26 20:56 | 木の物語 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








お腹いっぱい召し上がれ

鳥を誘惑する紅い実。

b0133243_23213131.jpg

ほぼ食べ尽された “ ウワミズザクラ ”の実。



b0133243_2321344.jpg

入れ替わるように食べごろになった “ ヤブデマリ ” の実。


鳥に見つけてもらいやすいように葉っぱの上に実をつけ、鳥の食い気を誘ってる。

花はほぼ同時期に開くのに、熟す時期が微妙にずれているのは木々の生き残り作戦なのかなぁ?


森林食堂は秋の終わりまで無休で営業中。

b0133243_23213622.jpg

完熟をお腹いっぱい召し上がれ。
by eilakuyagarden | 2012-08-25 23:24 | 木の物語 | Comments(2)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ











  長野,軽井沢,岐阜 風景に溶け込む雑木の庭自然な庭造りと里山園芸
by 永楽屋garden
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
about 永楽屋garden
山野草、雑木、愛すべき日本の里山風景。そんな自然な庭を愛するあなたへ...

人と自然、植物が触れあえる“ 住まう庭づくり ”


永楽屋garden では...
そこにある自然を生かしたナチュラルガーデンのデザイン、施工、メンテナンスを行っています。

「花木と語らう緑の園芸教室」も不定期に開催。
ガーデニングの基本、お庭、植物と触れ合う楽しさをお伝えしています。


長野県, 軽井沢, 八ヶ岳, 岐阜県で主に活動していますが、ご依頼があれば日本全国どこへでも伺います。まずはご相談くださいね。

お庭造りに関するご相談
お問い合せはこちらまで

mail:
eilakuya_garden@polka.ocn.ne.jp
Tel/Fax:
0267-32-0253
Mobile:
090-2346-6877
※日中は不在にしていることが多いので、mail,Mobileでのお問い合わせが確実です。

カテゴリ
全体
永楽屋ガーデン
里山林の庭
インドアグリーン
木の物語
息抜き
岐阜の庭
大山桜を守る会
追分宿の庭
庭造りいろいろ
園芸教室
浅間山
散歩道
イベント
野草の暮らし
メディアなど
スタッフ募集
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧