カテゴリ:インドアグリーン( 4 )


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








たまには こんなのも いいかも

この冬を部屋でともに過ごしていた “ デンドロビューム ”が咲いた。
いわゆる西洋ラン。和名で言えば “ セッコク ”。

b0133243_1834698.jpg

日本にも少しだけ自生種がいるけれど、基本は東南アジアを中心に自生する植物。
高温多湿な所に育つイメージがあるので、年中たっぷり水やりしていると
どんどん弱って、バルブ状の茎が腐ってしまう。

秋から冬は乾燥気味で、少し寒さに(といっても5℃前後。冬の夜、暖房を切った室内の温度ぐらいの環境)あてたほうが育ちがいい。

でも、僕は正直いってこの植物が好きではない。
部屋にあるデンドロビュームも母がもらった鉢であって、置き場所が無いからしょうがなく部屋においてあるだけである。

やっぱりセッコクは樹木や石などに着生している姿がよくて、樹上から垂れ下がるように咲いている方が素敵だ。でも日本の雑木林の中にあってもなんだか滑稽だよね。

ようは、似合わないんです。
なんだか空気感があわない。
だから僕の好みではない。

無理してつくられた感があって、なんだか可哀想になるんですよね。

でも、一生懸命活きて、花を咲かせたこの株が なんだか愛おしい。
一緒に療養生活を過ごした相棒だからね...。

たまには こんなのもいいかもね。
by eilakuyagarden | 2013-03-07 18:33 | インドアグリーン | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








ストレリチア・レギネ
b0133243_23484049.jpg
ストレリチア・レギネ。バショウ科ストレリチア属の常緑植物。
南アフリカ原産の植物で、極楽鳥花(ゴクラクチョウカ)と言った方がわかるかな。非常にカラフルで、トロピカルな花が切り花として人気の観葉植物。東京のお客様からの注文で仕入れました。
b0133243_23485166.jpg
大株でとても元気な一鉢なんですが、沢山の子株がでていて、ギュウギュウに詰まった株はとても息苦しそう。成長した根でプラ鉢が大きく変形してしまっています。こうなったら、一株一株が元気に生育できるように株分けしてあげましょう。
b0133243_2349553.jpg
プラ鉢を外した根の様子。太い根が苦しそうに鉢の中でグルグル回っていましたが、細い根が沢山出ていて元気そうです。ここからが、初めての株分けする人には勇気のいる作業。根鉢の下1/3くらいを思い切って切り、土を払い落とし、切り分けやすいところで株を分けていきます。この時細い根を大事にしてください。小さな株に分けたら、根が乾かないうちに新しい鉢に植えます。
b0133243_23493790.jpg
植え土にはピートモス、日向土、赤玉土、腐葉土なんかを混ぜても良いですが、今回はこれらの土があらかじめ配合されている“観葉植物の培養土”と“サボテン多肉植物の培養土”を均等に混ぜて使いました。
b0133243_23513867.jpg
土を入れたら、ジョーロで鉢底から水があふれるまでたっぷりと水やりをします。大〜中サイズの物を3株寄せ植えしたものを一鉢と、小さい株が3株固まったものを一鉢作りました。
b0133243_23515159.jpg
すっきりと仕立て直したストレリチア・レギネは、なんとなくホッとしてるようにも見え『ありがとう』って声が聞こえてくるようです。こちらこそ、ありがとうです。
東京のお客さんの所に行ってからも元気に育って、トロピカルな花を咲かせてくれるといいなぁ〜。
by eilakuyagarden | 2008-05-26 00:03 | インドアグリーン | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








赤い実が福を、白い花は何を呼ぶ?
もうすぐ梅雨なのに、今日はお正月飾りのめでたい植物の話。
師走になると、正月飾り用に使われる“めでたい植物”が店頭に並ぶ。
まずは無くては成らない“松竹梅”。名前からしてめでたい“福寿草(フクジュソウ)”。難を転ずるといわれる“南天(ナンテン)”。そして一番目にするのは、赤い実が奇麗な“センリョウ”、“マンリョウ”、“ヤブコウジ”等の植物達。赤い実が幸福を呼ぶと言われている。

b0133243_0235347.jpg

色々ある中から、昨年暮れに店頭でヤブコウジの仲間“ツルコウジ”の苔玉を購入した。枝垂れたツルに赤い実が奇麗で、つい買ってしまったのだ。

b0133243_0241812.jpg

だけど、長野は寒い。軽井沢は更に寒い。ヤブコウジより寒さに弱いツルコウジ。何日も部屋を留守にした時には寒さにやられて葉がしおれ、何度も枯れそうになりながらもなんとか冬を乗り越えた。春には新芽を出し、今では買った時の2倍の大きさに育ち、ついに花が咲いた。全ての枝に白い小さな花が鈴なりだ。まだ枝に残る赤い実と白い花、何とも言えない花姿である。

b0133243_0291099.jpg

ツルコウジはヤブコウジ科ヤブコウジ属の常緑小低木。マンリョウとヤブコウジも同科、同属。センリョウだけはセンリョウ科センリョウ属の常緑低木。センリョウとマンリョウは実のつき方が違う。センリョウの赤い実は枝先に集まって上向きに、マンリョウは下向きにつく。
ヤブコウジの赤い実が福を呼んで実を結ぶなら、その白い花は何を呼ぶのだろう?未来を咲かせてくれるのだろうか。なんにしても、めでたい植物である。
by eilakuyagarden | 2008-05-20 00:37 | インドアグリーン | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








カラテア "セブリナ"
観葉植物好きですか?
実は、数年前まであまり好きでありませんでした。
南国生まれで高温多湿の環境が好きなものが多く、世話がやける。特に、冬の管理は大変。それに、異国の常緑植物達は、何となく日本の空気にあわない感じがして、好んで育てるものではなかった。そんな観葉植物嫌い?を変えてくれたのが、4年前、思わず買ってしまったカラテア"セブリナ"。

b0133243_1104988.jpg買って来た時は草丈1.2mくらいの大株でした。ゼブラ模様の大きな葉は、つや消しな緑でしっとりしていて、何とも気持ちのよい障り心地。日中葉を広げ、夜には葉を立てて眠ります。
b0133243_111250.jpgしかし、温室で育った大株のカラテア。冬の寒さと乾燥で、3株の寄せ植えの内の2株が消え、残った1株も葉が全部なくなりました。しかし、翌年の春、1本の新芽があがってきました。早速、植え替えし「元気になれよ」とエールを送ったこの新芽、以前の半分ほどの株ですが、ちょうど良い大きさで、寒さや乾燥にも強くなりました。
あれから、岐阜、東京、長野と引越しの度にいろんな環境を経験し、その環境に順応して進化しています。今年は厳しい軽井沢の冬にも耐えたかわいい奴です(密閉性の高いアパートは人が居れば真冬でも5℃くらいあり、軽井沢の湿度は冬でも70%くらいあるから、なんとか冬越しできたんじゃないでしょうか)。
あまり急激な環境変化でなければ、植物達は生育環境の幅を広げ、順応してくれます。買ってきて、数ヶ月で元気がなくなったからといってあきらめないで。
水や、肥料あげすぎて、過保護になってませんか?鉢の中で根がまわって、苦しそうじゃありませんか?植物達の自生地を思い浮かべて、その環境に近い置き場所選んであげてください。
毎日、話しかけたり、見たり、植物の変化にきずいてあげれば、植物もきっと応えてくれますよ。
我が家のカラテア、今年は新芽を8本も出しています。5月になったら株分けしなければ。この他にも数種類のインドアグリーンが僕の部屋を飾っています。また、少しずつ紹介しますね。
理由はなんにしても日本にやって来た植物達、いつまでも元気に育って欲しい。
by eilakuyagarden | 2008-04-07 11:14 | インドアグリーン | Comments(6)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ











  長野,軽井沢,岐阜 風景に溶け込む雑木の庭自然な庭造りと里山園芸
by 永楽屋garden
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
about 永楽屋garden
山野草、雑木、愛すべき日本の里山風景。そんな自然な庭を愛するあなたへ...

人と自然、植物が触れあえる“ 住まう庭づくり ”


永楽屋garden では...
そこにある自然を生かしたナチュラルガーデンのデザイン、施工、メンテナンスを行っています。

「花木と語らう緑の園芸教室」も不定期に開催。
ガーデニングの基本、お庭、植物と触れ合う楽しさをお伝えしています。


長野県, 軽井沢, 八ヶ岳, 岐阜県で主に活動していますが、ご依頼があれば日本全国どこへでも伺います。まずはご相談くださいね。

お庭造りに関するご相談
お問い合せはこちらまで

mail:
eilakuya_garden@polka.ocn.ne.jp
Tel/Fax:
0267-32-0253
Mobile:
090-2346-6877
※日中は不在にしていることが多いので、mail,Mobileでのお問い合わせが確実です。

カテゴリ
全体
永楽屋ガーデン
里山林の庭
インドアグリーン
木の物語
息抜き
岐阜の庭
大山桜を守る会
追分宿の庭
庭造りいろいろ
園芸教室
浅間山
散歩道
イベント
野草の暮らし
メディアなど
スタッフ募集
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧