カテゴリ:里山林の庭( 147 )


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








生まれ変わる中庭2
亀清旅館の中庭造り。
今回の中庭は、末広と松風の部屋を繋ぐ渡り廊下の間にある庭。前回造った千歳と末広の中庭の隣。広さは3.5坪程。
b0133243_2223556.jpg
手直し前の中庭は、大きな西洋アジサイととナンテンが一本づつあるだけで、とても殺風景。若旦那がアメリカで買って来た亀のアイアンオブジェが寂しそうに石の上にたたずんでいました。
大きなマツとモミジが植わっているため少し暗い千歳と末広の中庭に対し、大きな木も無く、ぽっかり抜けた感じの末広と松風の中庭は、日当りがよく、土も少し乾燥してます。明るい庭にできます。二つの庭を繋ぐイメージはすぐに湧きました。少し暗い雑木林の庭を歩いていたら、突然青い空が見え、ぽっかり空いた空間には忘れ去られた池と風に揺れる草原の植物達。ほの暗い林床から、光と風を感じる明るい草原に抜け出たというイメージでデザイン。渡り廊下を歩いてお部屋に向かう時に、廊下の窓越しに二つの庭が繋がって見えるように植物を配しました。
b0133243_22263159.jpg
二つの庭を繋げてくれる植物は、このアジサイアナベル。アナベルの白い花が庭を隔てる廊下を飛び越えて咲きほこります。
b0133243_2227316.jpg
林を抜けた中庭にはイネ科の植物が風に揺れ、爽やかな空気を運んでくれます。石で表現した池の周りでは、キキョウ、リンドウ、アヤメ、ホスタ等、青系統の草原の植物が咲き、暑い夏を涼しく演出してくれます。石の小さな池の中には、石の甲羅を背負った、若旦那お気に入りの鉄の亀がお客様をお出迎え。
b0133243_2226523.jpg
秋にはカマツカの樹が赤く紅葉し、イトススキが穂を広げ、四季の移り変わりを感じさせてくれるはず。
次々に生まれ変わる亀清旅館の庭。
まだまだ始まったばかりの庭造り。これからどう変わって行くか楽しみです。
ぜひ一度、亀清旅館に足を運んで、その目でご覧になってください。
by eilakuyagarden | 2008-06-26 22:57 | 里山林の庭 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








生まれ変わる中庭
青い目の若旦那が守る上山田温泉の亀清旅館。昨年の露天風呂の庭造りから始まり、館内の庭を少しずつ直しています。渡り廊下でつながった、離れ風の客間をつなぐ廊下の間には小さい中庭が沢山あり、昨日、この内の一つの庭を直しました。
b0133243_2214927.jpg
5坪の小さな中庭に植えられている大きな赤松ともみじが庭への日差しを遮り、下草も植えられていないから、手直し前の庭の印象は暗くて殺風景。目に入るのは常緑植物の硬い葉と大きな石と灯籠。この中庭を生まれ変わらせます。イメージはやっぱり明るい雑木林。できるだけ明るく、光や風を感じ、植物の変化で四季を感じられる緑豊かな中庭。
b0133243_222123.jpg
風にそよぐ枝がやわらかな印象をあたえるニシキギ科ニシキギ属の落葉低木“ツリバナ”と、白い大きな花に明るい緑葉が奇麗なアジサイ“アナベル”がこの庭の主役です。これらの脇役に沢山の宿根草を植えました。もともと水の溜まりやすい部分は枯れた小川のイメージで石を敷いて排水パイプへと水を導きます。その石の小川に沿ってイネ科の植物を配し、山野の小川を再現。小さい空間ですが、緑豊かな雑木林の庭に生まれ変わりました。
b0133243_2221074.jpg
まだまだどの植物も同じ大きさで、とって付けたような印象ですが、初夏にはそれぞれの植物が個性を現し、植物の高さや大きさに変化が生まれ、どの植物もずっとそこに居たかのような自然な雰囲気の庭になります。少しずつ変わる亀清旅館の中庭。これからも、庭の変遷を少しずつお伝えしていきます。お楽しみに。
by eilakuyagarden | 2008-05-31 22:11 | 里山林の庭 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








露天風呂の花写真
今日は上山田温泉の亀清旅館にて、中庭の庭造りの打ち合わせ。
帰りに露天風呂の庭の様子をうかがうと、庭の緑がすっかり濃くなっていました。なんか他の庭に比べ生育が良いみたい。源泉掛け流しの温泉パワーでしょうか?緑の中にさりげなく咲いた花が奇麗。ということで、今日は露天風呂の庭の花写真展です。

b0133243_146811.jpg
まずはアズマシャクナゲ。ツツジ科ツツジ属の常緑低木。アズマシャクナゲの花って本当はもう少しピンクなんですが、何故か白い花が咲きました。実生苗だからかなぁ?

b0133243_1461867.jpg
同じツツジ科のカルミア。カルミア属の常緑低木。特徴のある花です。今年はこれだけしか咲きませんでした。来年に期待しましょう。

b0133243_1465124.jpg
お次はカンボク。スイカズラ科ガマズミ属の落葉低木〜小高木。山アジサイのような白い花にカシワ葉。秋には赤茶けた色に紅葉してとても奇麗です。アリンコが遊びに来ていました。

b0133243_1471956.jpg
同じスイカズラ科の斑入りタニウツギ。タニウツギ属の落葉低木。薄いピンクの花と斑入りの緑葉が、少し暗い塀の足下を明るく演出してくれます。

b0133243_1473337.jpg
これはヒメウツギ。同じウツギとついていますが、タニウツギとは科が違います。ヒメウツギはユキノシタ科ウツギ属の落葉低木。アジサイと同じ科ですね。でも花のつき方はアジサイと全然違います。上向きの白い小花が黄金葉シモツケの中に映えます。

b0133243_1474543.jpg
最後はトサシモツケ。バラ科シモツケ属の落葉低木。コデマリと同じ仲間。濃い緑色の葉をバックに枝いっぱいに白い小花を咲かせています。

b0133243_1475510.jpg
これは庭に立っていては見えない景色。露天風呂に入って庭を見わたすと、アセビと柏葉アジサイの株元で、沢山のホスタが木漏れ日に輝いています。

花が目立たないように植栽したから、よく見ないとわかりませんがどれも素敵な花ばかり。露天風呂に入りながら、ゆっくり眺めていたい景色です。
by eilakuyagarden | 2008-05-22 14:22 | 里山林の庭 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








庭の変遷(里山林の露天風呂)
先週末、愛知県から遊びに来た友人達と亀清旅館に泊まりました。昨年施工した露天風呂の庭を見ながら、源泉掛け流しの心地良いお湯に癒されていると、以前ここがプールだったとはとても思えません。頭の中に庭造りの変遷が浮かんできます。友人達には見えなかった僕の頭の中の回想を、今日は写真で紹介します。
2007年の7月、今、露天風呂のある場所は、使われなくなったプールがまだ寂しい姿をあらわにしていました。
b0133243_2034412.jpg

露天風呂を亀清旅館の青い目の若旦那タイラーさんが手作りし、僕がその周りの庭をデザインして作庭します。日米合作の露天風呂。テーマは里山林に囲まれた露天風呂。有機無農薬の庭で沢山の生き物が共生する自然の中の露天風呂です。
b0133243_207499.jpg
b0133243_2074381.jpg

田土に、腐葉土と有機肥料をたっぷり鋤き込んで土作り。川石でアプローチをつくり、盛り土をして、四季を感じる事ができる沢山の樹木を植え、多くの多年草を植栽しました。
b0133243_20125725.jpg
b0133243_20133344.jpg

そして、2008年の春、以前のプールは、こんなにも緑豊かな里山林の露天風呂に生まれ変わりました。
b0133243_20141973.jpg

大きな露天風呂ではないけど、若旦那のおもてなしの心が沢山つまった手作りの露天風呂。優しいお湯につかり、温泉街の中にある里山の風景を味わいに来てください。


■亀清旅館

http://kamesei.sakura.ne.jp/

by eilakuyagarden | 2008-05-14 20:28 | 里山林の庭 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








おじいさんの林とヤマユリ
b0133243_2011872.jpg

ここ数日冬に逆戻りの寒さ。暖かさに慣れた身体には応える寒さだ。
それでも、お昼前の晴れ間に見えた5月の浅間山。どんどん緑が濃くなっている。
畑では、3月末に植え付けていた高原レタスが、もうこんなに大きく育っている。この時期の植物の成長は本当に早い。少し見ないうちに大きく様変わりする。
そうだ、おじいさんの林はどうなっているかな?と思い立ち、軽トラを走らせ林に向かった。

b0133243_2023176.jpg

3年前に始めて入った林は、おじいさんの植えたモミの木が陽の光を遮り薄暗く、落葉樹も針葉樹も下枝が枯れ上がり、下草がもやしのようにひょろひょろ生えていた。モミやスギの木を毎年少しずつ間伐したり、昨年の台風で沢山の木が倒れたおかげで、林の中に陽の光が入るようになり、もみじ、コブシ、コナラ、山桜、ダンコウバイ等の広葉樹が生え、林床の植生が蘇ってきた。その証拠がこれ“ヤマユリ”である。

b0133243_2035078.jpg

ヤマユリは日本特産のユリであり、その美しさは、まさにユリの王様。2年前には2〜3本しか生えていなかったヤマユリ。日が射すようになって、林の中のあちらこちらに生えて来た。
b0133243_204385.jpg

コナラの株元にはヤマユリの一枚葉が沢山生えている。2年前、この辺りにヤマユリの種をばら撒いた。落ち葉が厚く堆積したフカフカの腐葉土のベットの中で、すくすく育ったヤマユリの種。今年、こんなに沢山発芽してくれた。
開花までにはあと3年くらいかかるが、毎年元気に育って必ず開花するはずだ。楽しみに待ちましょう。

b0133243_20114741.jpg

ヤマユリも絶滅危惧されている植物の一つ。里山の手入れが行き届かなくなって生育に適した明るい林が激減したり、花の美しさに魅せられた心ない人々によって大量に掘り採られたりして、年々その自生地は減少している。ヤマユリは生育環境適応性が非常に小さい植物。庭に植えても、自生地の生育環境に近い環境が造れないと上手く育たず、消えてしまいます。自生地でも、樹木や下草が茂りすぎて林の中に日光が差さなくなると、茎立ちしなくなり、球根のままで10年〜20年も生き続けます。しかし、生い茂る樹木が伐採され、下草が刈り取られて林床に光が入るようになると、眠っていたヤマユリは一斉に生育し、開花します。
ヤマユリの開花は、林に人の手が入り、健全な植生が再生されたバロメーターの一つ。少しずつ回復しつつあるお爺さんの林。これからも守り続けて行きたい里山の林。
by eilakuyagarden | 2008-05-13 20:35 | 里山林の庭 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








揉み出ず(もみいず)る木
b0133243_23374668.jpg
樹木の奥に、良質のお湯を湛える手作り露天風呂。
ここは、亀清旅館の露天風呂の庭。青い目の若旦那タイラーさん自慢の百年露天風呂。小さい露天風呂だけど、手作りの味がとてもいい。このお風呂を囲むように作った、雑木林の庭。里山の風景をギュギュっと凝縮したこの庭には、沢山の落葉樹が植わっています。これらの木々が、庭に様々な季節の舞台を運んできます。
樹木の木漏れ日とあたたかい風を感じる、春の新緑。
重なる枝葉の陰影が、涼やかな風を呼ぶ、夏の深緑。
色とりどりに染まる葉が、人の心をとらえる、秋の紅葉。
そして、白一色に染まった木々の梢が、人の心を清めてくれる、冬の雪景色。
その舞台の主役が “もみじ”。もみじはカエデ科カエデ属の落葉高木。緑の葉が赤く紅葉する様子が、色が揉み出されているみたいに見えるところから、色を“揉み出ず(もみいず)”が変化して“もみじ”となったそうです。この庭のもみじは四種。


“イロハモミジ ”
b0133243_23381058.jpg
赤や、橙に色づく秋の紅葉は、日本の紅葉を代表するもみじ。


“ハウチワカエデ ”
b0133243_23382630.jpg
天狗の団扇(ウチワ)みたいな大きな葉。カエデの中では最も大きい種類。紅葉も赤く見応えがある。一緒に写る、丸く、深いしわの入った葉は、ハウチワカエデの株元から生えているスイカズラ科ガマズミ属の“ムシカリ”。


“コハウチワカエデ ”
b0133243_2340366.jpg
天狗の団扇みたいな葉はハウチワカエデよりひとまわり小さく、風に揺れる姿がとても涼しげ。木漏れ日の光の変化がとても美しく、赤茶けた紅葉も奇麗なカエデ。


“タムケヤマ(手向山)”
b0133243_2338404.jpg
ヤマモミジ系のもみじで、紅枝垂モミジの代表品種。新芽が紅く、庭の緑をギュッと引き締めています。深く切れ込んだ、細い葉が、枝垂れた枝に揺れる姿はとても軽やか。

庭の主役達が演じる舞台。今年はどんな季節の彩りや舞を見せてくれるんだろう。



■亀清旅館

http://kamesei.sakura.ne.jp/

by eilakuyagarden | 2008-05-01 00:07 | 里山林の庭 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








自然と上手くつきあう庭つくり
b0133243_23133187.jpg

b0133243_23144137.jpg
軽井沢の花木の蕾はまだまだ堅く、春本番までもう少し。
ところが、長野市、千曲市は花盛り。
昨年作ったお客様の庭。沢山の雑木と山野草が、春の訪れに奇麗な新芽を広げはじめました。
b0133243_2314578.jpgここは、上山田温泉亀清旅館の若旦那ご自慢の「百年露天風呂」の庭。
日本の里山林に囲まれたお風呂がテーマです。農薬も、化学肥料も使いません。
田土に腐葉土、有機肥料、沢山のミミズが天然の耕運機。だから、虫や鳥等、沢山の生き物が訪れます。昨日は、早速、モンキチョウがヒマラヤユキノシタの花蜜を吸いに来てました。
実はこの庭、昨年までコンクリートのプールだったんです。こんな場所でも、すまう人が望めば、里山林の庭はつくれます。
自然に手を加える事で、多くの恵みを得られる里山林や屋敷林。自然と上手に付き合ってきた昔の知恵はすばらしい。
自然と上手くつきあう庭。町中にも沢山増えるといいな。
by eilakuyagarden | 2008-04-06 23:28 | 里山林の庭 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ











  長野,軽井沢,岐阜 風景に溶け込む雑木の庭自然な庭造りと里山園芸
by 永楽屋garden
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
about 永楽屋garden
山野草、雑木、愛すべき日本の里山風景。そんな自然な庭を愛するあなたへ...

人と自然、植物が触れあえる“ 住まう庭づくり ”


永楽屋garden では...
そこにある自然を生かしたナチュラルガーデンのデザイン、施工、メンテナンスを行っています。

「花木と語らう緑の園芸教室」も不定期に開催。
ガーデニングの基本、お庭、植物と触れ合う楽しさをお伝えしています。


長野県, 軽井沢, 八ヶ岳, 岐阜県で主に活動していますが、ご依頼があれば日本全国どこへでも伺います。まずはご相談くださいね。

お庭造りに関するご相談
お問い合せはこちらまで

mail:
eilakuya_garden@polka.ocn.ne.jp
Tel/Fax:
0267-32-0253
Mobile:
090-2346-6877
※日中は不在にしていることが多いので、mail,Mobileでのお問い合わせが確実です。

カテゴリ
全体
永楽屋ガーデン
里山林の庭
インドアグリーン
木の物語
息抜き
岐阜の庭
大山桜を守る会
追分宿の庭
庭造りいろいろ
園芸教室
浅間山
散歩道
イベント
野草の暮らし
メディアなど
スタッフ募集
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧