カテゴリ:野草の暮らし( 105 )


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








和風美人

なんて艶っぽい花姿なんだろう

b0133243_21521913.jpg

葡萄色(えびいろ)の花

日本の伝統色を纏った “ ジエビネ ”
この花をみていると “ 見返り美人図 ” を思い出すのは僕だけだろうか?

b0133243_21522284.jpg

う〜ん、和風美人

惚れてまうやろぉ〜!
by eilakuyagarden | 2013-04-24 21:55 | 野草の暮らし | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








ノウルシ 増殖中

毎年、少しづつ株分けして増やしている “ ノウルシ ” が開花した。

b0133243_1639252.jpg

お客さんのお庭の湿地で群生させるべく、苗を少しずつ増やしている。

ノウルシはトウダイグサ科の宿根草。
河岸などの湿地に自生する植物。
でも、護岸工事などの乱開発によってその自生地がどんどん少なくなっていて、
今や絶滅が危惧されている植物です。

b0133243_1638575.jpg

早春のこの時期に咲く花(花びらに見えるのは萼ですが)の黄色から緑のグラデーションがとても奇麗で、毎年春が楽しみなんです。

ノウルシの自生地としては、サクラソウとのコラボが楽しめる埼玉県さいたま市の 『 田島ヶ原サクラソウ自生地 』 が有名ですが、軽井沢のお客さんのお庭の湿地にもこのコラボレーションが見られる群落を造るつもり。

そのために、大事に大事に育て、増やし、植栽するための準備中。
これがノウルシの親株。

b0133243_1639321.jpg

できるだけ自然な状態を保つため、水草や湿原で育つ雑草も一緒に植わっています。
水をはったプラケースにポットのまま沈めておけば大丈夫。
元気に育ってくれます。

充分に大きく育った株は土をおとして株分けし、
一つ一つポットに鉢あげして増やしていきます。

大きな親株を一つの残し、土を変え、また元のプラケースに戻してまた大きくなるのを待ちます。

b0133243_1639693.jpg

一緒に植える予定のサクラソウも、順調に増殖中。

b0133243_1639095.jpg

来年にはお庭に植える事ができるかな?
by eilakuyagarden | 2013-03-31 16:44 | 野草の暮らし | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








紅葉の海

そろそろ、紅葉を追っかけて上を見るのにも疲れたでしょ?(そうでもないかな)

だったら、視線を下にして 野草の紅葉を探してみませんか。

足元の紅葉もこんなに奇麗なんですよ。

b0133243_2105357.jpg

これは “ ミソハギ ” の紅葉。
今が見頃。

カエデにも負けない美しさ。
木々の梢よりも風の影響を受けにくいので、紅葉している期間も長いんです。


紅葉の海の珊瑚のようです。

b0133243_21171.jpg


足元の紅葉は、こんな風に紅葉の中に潜れちゃうのが良いよね。

また違った美しさが見えてくる。

さあ、そろそろ足元の紅葉も探してみませんか?
by eilakuyagarden | 2012-11-02 19:10 | 野草の暮らし | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








チコリ Blue

紅葉が始まると、野の花はグッと少なくなり、咲いている花は白が中心となる。
まるで、木々の紅葉に遠慮しているようです。

でも、秋まで元気に花を咲かせる 青花 がある。

b0133243_18515799.jpg

“ チコリ ”

b0133243_1852242.jpg

キク科の多年草。ハーブとして楽しまれる植物。
耐寒性も強くて、軽井沢でもへっちゃら。
植えるなら乾燥した日向。
薄暗い庭では消えてしまいます。


b0133243_18521888.jpg

葉は食用に、可憐な花も Tea に利用できます。
根っこも良く乾燥させてから砕き、焙(ほう)じて珈琲のように入れて飲むことができます(タンポポコーヒーよりは美味しいらしいですが、どうでしょうか?)。

b0133243_18522477.jpg

低地では6月〜8月が花期で夏の花なんですけど、ここ軽井沢では8月から咲き始め、紅葉が始まる10月初旬まで花が楽しめます。今年は残暑が長かったのでまだまだ元気。


バラもそうだけど、寒くなって咲く秋の方が花色が鮮やか。

夏には淡いブルーの花が奇麗だけど、冷え込む程に色鮮やかになる “ チコリ Blue ”。

b0133243_1852318.jpg


寒冷地では秋まで咲き続けるチコリ。
ブルーの花は野の趣。

b0133243_18522743.jpg

可憐な一日花をお見逃しなく。
by eilakuyagarden | 2012-10-10 18:54 | 野草の暮らし | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








fantastic “ コブナグサ ”

これも軽井沢に秋の訪れを告げる景色。

朝露に濡れた “ コブナグサ ” 。

b0133243_1801089.jpg

キラキラ輝く幻想的な景色。
奇麗だなぁ。

毎年楽しみな秋の風景です。
by eilakuyagarden | 2012-09-29 18:03 | 野草の暮らし | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








秋風奏する “伶人”の花

秋を奏でる深山の花 “ レイジンソウ ”。

b0133243_21464557.jpg

今年も薄暗い林の中で秋の歌を奏でています。

“ レイジンソウ ” はトリカブトの近縁種。
有毒ですが、トリカブトのような猛毒ではありません(でも一応ご注意ください)。

小柄で可愛い花。

b0133243_21464292.jpg

特徴的な形をしているでしょ。
この花の形が、雅楽を奏する 伶人が被る “ 冠 ” に似ていることが名前の由来。

薄紫色の紅を引いたような白花がとても可憐。

木漏れ日の射す林の中。
木々を抜ける秋風に揺れる姿は、本当に雅楽を奏でているようです。


b0133243_21464027.jpg

秋風奏する “ 伶人 ” の花。

軽井沢でも、少し薄暗い雑木林で出会えますよ。
by eilakuyagarden | 2012-09-21 21:49 | 野草の暮らし | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








秋なのに “ シモバシラ ”

強い雨が降ったりやんだり。
一文字前線とやらが通過中で軽井沢も雨。

場所が場所だけに、地面が泥濘んでいるとまともに作業ができないだけか、場を荒らして周辺を汚すだけなので、朝一の空模様と本日の天気予報をみて朝一でスパッと決断して、今日の庭づくり作業はお休み。

この前線が通り過ぎると一気に秋の空気になるそうだ。
明日からは秋晴れの天気が続きそうです。
気温の低下で風邪など引かないようにきおつけましょう。


そんな庭では秋の草花が入れ替わりに次々と開花中。

今の一押しは “ シモバシラ ” の花。

b0133243_13294613.jpg

シモバシラはシソ科の多年草。
小さな白花が花穂の片側だけに沢山咲きます。

b0133243_13294873.jpg

真冬に、枯れた茎を登る氷の結晶 【 霜柱 】 が奇麗なのだけど、秋に咲く花もなかなか素敵でしょ。

秋なのに “ シモバシラ ” 。
いいよねぇ。
by eilakuyagarden | 2012-09-19 13:35 | 野草の暮らし | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








秋の草花がつくった天然のアレンジメント

秋の植物。

ツリフネソウ、アケボノソウ、セリ、ミゾソバ。

陽をもとめ、寄り添い、競い合い、絡み合って生きる草花。


b0133243_201312.jpg


秋の草花がつくった天然のフラワーアレンジメント。

生き生きとした花達の共演。

見とれるほどに美しい。
by eilakuyagarden | 2012-09-13 20:14 | 野草の暮らし | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








ミソハギ か エゾミソハギ か、どっち?

b0133243_1935098.jpg

『 あのピンクのお花はなぁに? 』

そう聞かれたのは軽井沢の小学校の夏休みが始まる前日だから、8月21日だったかな。
管理させていただいているお庭で、お客さん家の一番上のお姉ちゃんの何気ない質問。


「 あぁ、あれは “ エゾミソハギ ” だよ 」
b0133243_19352211.jpg


『 じゃあ、その下にあるピンクの花は? 』

b0133243_19354424.jpg

「 あれは “ ミソハギ ” 」

『 ? 同じ花だよねぇ』

b0133243_19373011.jpg

だよねぇ〜。

パッと見は同じ花。

b0133243_1938854.jpg

この庭に限って言えば、毎年、エゾミソハギが7月中旬に咲き、二週間ぐらい遅れてミソハギが咲きはじめる。そして、エゾミソハギは草丈が1.5〜1.8㍍にもなるけど、ミソハギの方は50㌢くらい低い。

b0133243_19381528.jpg

でも、植物図鑑を見ると草丈も開花時期も殆ど同じなので、この見分け方はこの庭独自の見分け方。いろいろ調べると、花の付き方や、葉っぱのつき方、雄しべ、雌しべなど、両者の見分け方はいろいろあるけれど、二種類が近くにあると交配してハイブリッドなミソハギもできるようで、確実に見分けにくい。

そんな中で、お姉ちゃんの期待に応えるべく、小学生でも分かり易い(のかちょっと心配だが)見分け方の野外学習となった。



小学生にもわかる 見分け方 その1)は 葉っぱのつき方 。

どちらも二枚の葉が茎に対して相対するようにつく。

b0133243_19385162.jpg

エゾミソハギは時に3枚の葉がつくと図鑑には書いてあってその通りなのだけど、ミソハギも3枚葉になっていたりする。
そこで、両者の確実に異なる葉っぱの特徴がこれだ。

図鑑に書かれている表現だと 『 葉が茎を抱いてつく 』のが “ エゾミソハギ ” 。
『 葉が茎を抱かない 』 のが “ ミソハギ ”。
わかりにくいですよね。小学生にも分かり易かったのは、この葉っぱの陰。

b0133243_19385341.jpg

葉を抱くようにつく “ エゾミソハギ ” は茎と葉っぱがくっついちゃってる。
でも “ ミソハギ ” には首がある(つまり、短い葉柄があるのです)。
葉っぱを見てもわかりにくかったみたいだったけど、そのシルエットの違いはとても分かり易かったようだ。見事にその違いをあらわしているもんなぁ。形状の違いで比較するなら要らない物をなくした方が分かり易いんだね。



小学生にもわかる 見分け方 その2)は 花ビラの下にあるラッパの形 。

花ビラの下についているのラッパのようなものは、花を構成する要素の中でもっとも外にある ‘ 萼片(がくへん) ’ が集まって一つになった ‘ 萼(がく) ’ のこと。

これは花びらを取り除いていった “ ミソハギ ” の萼。

b0133243_1942387.jpg

萼の先に針のように尖った小さい突起物がついていて、“ ミソハギ ” の萼ではその突起物が萼に対して直角に折れ曲がっている。
それと萼の表面はツルんとしていて、お肌すべすべ

これに対して、 “ エゾミソハギ ” の萼が下の写真の左。

b0133243_1942573.jpg

“ エゾミソハギ ” の萼では、この突起物が萼に対して比較的真っすぐについている。上向きと言った方がいいのかなぁ。
そして萼の表面は細い毛が沢山ついていて、毛深いのである。


b0133243_19425920.jpg

この2つの違いを知っていれば、小学生にだって “ ミソハギ ” と “ エゾミソハギ ” は簡単に見分けられます。

今日の野外学習はこれで終わり。
しっかり復習して、覚えてくださいね。
by eilakuyagarden | 2012-09-11 19:47 | 野草の暮らし | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








庭の Tristar

月明かりに照らされた夜空が明け、太陽が昇る前の星空を眺める。
でも本当の星空の話じゃなくて、庭に煌めく “ 曙 ” の空の話。

そう、池の畔で一足早く花開いた “ アケボノソウ ” の星空。

b0133243_19221487.jpg

このブログでは毎年取り上げている山野草。
(これまでの記事は コチラ からどうぞ)

だって、こんなに奇麗な花びらの植物ってなかなかお目にかかれませんから、お伝えせずにはいられないのです。

軽井沢での花期は本来もう少し遅くて9月中旬から10月中旬。

b0133243_1922168.jpg

こいつはちょっとフライング気味の一株です。


奇麗に並んで咲く “ アケボノソウ ” の花。
まるで、明け方の空に光り輝くオリオン座の Tristar(トライスター)。

b0133243_19221894.jpg

花の名前の由来になったのではと言われる花びらの模様。
太陽が昇りはじめ白みがかった明け方のそらに散らばる小さな暁の星々。
小さな宇宙がそこに広がっています。

庭に煌めく “ トライスター ” 。

素敵な地上の天体ショー。
by eilakuyagarden | 2012-09-01 18:53 | 野草の暮らし | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ











  長野,軽井沢,岐阜 風景に溶け込む雑木の庭自然な庭造りと里山園芸
by 永楽屋garden
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
about 永楽屋garden
山野草、雑木、愛すべき日本の里山風景。そんな自然な庭を愛するあなたへ...

人と自然、植物が触れあえる“ 住まう庭づくり ”


永楽屋garden では...
そこにある自然を生かしたナチュラルガーデンのデザイン、施工、メンテナンスを行っています。

「花木と語らう緑の園芸教室」も不定期に開催。
ガーデニングの基本、お庭、植物と触れ合う楽しさをお伝えしています。


長野県, 軽井沢, 八ヶ岳, 岐阜県で主に活動していますが、ご依頼があれば日本全国どこへでも伺います。まずはご相談くださいね。

お庭造りに関するご相談
お問い合せはこちらまで

mail:
eilakuya_garden@polka.ocn.ne.jp
Tel/Fax:
0267-32-0253
Mobile:
090-2346-6877
※日中は不在にしていることが多いので、mail,Mobileでのお問い合わせが確実です。

カテゴリ
全体
永楽屋ガーデン
里山林の庭
インドアグリーン
木の物語
息抜き
岐阜の庭
大山桜を守る会
追分宿の庭
庭造りいろいろ
園芸教室
浅間山
散歩道
イベント
野草の暮らし
メディアなど
スタッフ募集
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧