自宅療養日記 20 : 無理を知ること

岐阜の庭で見頃を迎えた “ ハナミズキ ” 。

b0133243_16493863.jpg

強い北風に激しく揺さぶられています。

今年はとっても奇麗に咲いた ハナミズキ 。

b0133243_16494069.jpg

でもこの風で、折角咲いた花が全部飛ばされそうで心配だ。


最高気温が25℃を超えた夏日の昨日から一転、冬のような寒さ。
昨夜から強い北風が吹きはじめ、今日は気温がグッと下がっています。
夕方のニュースをみればハッキリするが、きっと10℃以上低いだろうなぁ。

ここまで気温が大きく変化すると、まだまだ万全でない身体が悲鳴をあげる。
なんとも言えない身体の重さと、眼の痛み。

眼球を握られているような ジンジン する痛み。
眼が膨らみ、はち切れそうな感じの ズキズキ する痛み。
眼球を小さな針で刺されているような ピリピリ する痛みが代わり番こに襲ってくる。

気温の変化だけでなく、強い風が運んでくる花粉や、乾いた畑から巻き上げられる砂塵。
あらゆるものが眼にダメージを与えている感じだ。

こんなときの庭作業はさすがに辛くて、花苗の植え替え作業も昼前で中止して部屋に逃げ込む。

無理をすると先週のように寝込むことになる。
そう、先々週末にも気温が一時的にグッと下がった日があった。
風も強く、砂塵と花粉が大量に舞っていた。

ちょっと寒かったけど、花苗の植え替え作業も思うように進んでいなかったのでちょっと無理して1日作業を続けた。それが悪かった。夕方から寒気がして、眼の痛みも増大。
ヤバいと思って葛根湯を飲み、頭を冷やして横になる。
結局、この悪寒と眼の痛み、違和感が週末まで続き、毎日横になって身体を、眼を休めるハメになった。1日無理して、一週間を無駄にしてしまった。大反省だ。

結局4月はこんな状態の繰り返し。
今の身体で、眼の状態で、どこまで無理ができるのか。
何が無理で、何が無理じゃないのか。

5月から仕事を再開するために “ 無理を知ること ” が今の課題。
でも、無理をしすぎて寝込む事は予定にありませんでしたけどね。
ほんとうに無理は禁物ですね。


さて、昨日は退院後11回目の通院日。
いつも通りの視力、眼圧、OTCM検査をして、先生の診察をうける。
いずれも異常なく、数値的な症状は安定している。
でも、眼の痛み、ピリピリ感はあり、これは花粉症の疑い。
前回と変わらぬ診断。
まあ、安定していて悪くなっていないのだから良しということかな?

とりあえず、これで岐阜での通院は終了。
先生に紹介状を書いてもらったので、来月からは長野の病院に転院となります。
原田病の治療の “ 第三章 ” が始まります。

若干不安はありますが、治療を始めた頃の気持ちを思い出せば、長野に戻れる事は奇跡のようなものです。また、あの自然の中に戻って、自分の眼でしっかりと庭の成長を見ていける。一時は 「 あぁ、もうこれで、元のようには見えなくなるのかなぁ 」 と思っていたのだから、今、自分の眼でしっかりと、奇麗に花咲く植物達を見られる事は本当に奇跡。少しずつでも、明らかに前に進んでいる事に感謝。

b0133243_16494233.jpg

もう後戻りしないように、無理せず、体調第一で、慎重に歩き続けなきゃ。
再発だけはご免です。

まだ完治した訳ではないから、無理を知って、慎重に、一歩一歩、前進です。
by eilakuyagarden | 2013-04-19 17:07 | 永楽屋ガーデン | Comments(5)
Commented by miekichi1014 at 2013-04-19 20:54
こんばんは☆
ハナミズキ綺麗ですね~♪
軽井沢では、寒すぎて、育てるの無理なんでしたっけ?
見かけないですよね。
Commented at 2013-04-19 21:01
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by eilakuyagarden at 2013-04-19 22:16
miekichi1014さま
ハナミズキっていろんな所に生えていますが、以外に、奇麗な樹形で、奇麗に花を咲かせている木って少ないんですよ。一日中陽のさす場所は苦手で、少し日陰ができる場所の方が元気です。もともと、北米、メキシコ原産の木ですからね。耐寒性はある方ですが、軽井沢のように雪も降らない極寒の気候では、多分幹が凍裂などして枯れると思います。仲間のヤマボウシのほうが軽井沢にはあっていますね。ちなみに、岐阜のように暖かい場所ではヤマボウシの方はあまり奇麗に咲かないし、紅葉も、果実も軽井沢のように美しくはないですよ。その場所の環境にあった木を植えるのが重要ですね。
Commented by eilakuyagarden at 2013-04-19 22:36
鍵コメ様
佐久や御代田の土工の職人さんから聞いた話だと、軽井沢から一番近い場所では、御代田中央記念病院の眼科が評判イイらしいです(職人さんの知り合いがそう言っていたらしいです)。

僕の場合は、最初に「95%の確率ですが(つまり5%は診断に自信がない)」と正直に言ってくれて、その5%の理由もしっかり説明してくれて、95%の確率で原田病だと診断つけてくれた先生を信頼して、最初に行った佐久市立国保浅間総合病院の眼科に転院します。

どこが良いかはその人なりです。
人と人なんで、先生との相性もあるでしょうしね。
Commented at 2013-04-19 23:42
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








<< 並べてみた 咲いた 咲いた >>



  長野,軽井沢,岐阜 風景に溶け込む雑木の庭自然な庭造りと里山園芸
by 永楽屋garden
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
about 永楽屋garden
山野草、雑木、愛すべき日本の里山風景。そんな自然な庭を愛するあなたへ...

人と自然、植物が触れあえる“ 住まう庭づくり ”


永楽屋garden では...
そこにある自然を生かしたナチュラルガーデンのデザイン、施工、メンテナンスを行っています。

「花木と語らう緑の園芸教室」も不定期に開催。
ガーデニングの基本、お庭、植物と触れ合う楽しさをお伝えしています。


長野県, 軽井沢, 八ヶ岳, 岐阜県で主に活動していますが、ご依頼があれば日本全国どこへでも伺います。まずはご相談くださいね。

お庭造りに関するご相談
お問い合せはこちらまで

mail:
eilakuya_garden@polka.ocn.ne.jp
Tel/Fax:
0267-32-0253
Mobile:
090-2346-6877
※日中は不在にしていることが多いので、mail,Mobileでのお問い合わせが確実です。

カテゴリ
全体
永楽屋ガーデン
里山林の庭
インドアグリーン
木の物語
息抜き
岐阜の庭
大山桜を守る会
追分宿の庭
庭造りいろいろ
園芸教室
浅間山
散歩道
イベント
野草の暮らし
メディアなど
スタッフ募集
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧