自宅療養日記 18 : なかなか...

いきなり春を通り越して、軽井沢の初夏のような暑さになった今週。
先週の真冬日から、いきなりの気温上昇に、正直身体がついていかない。

この暖かさで庭の水仙がいっきに花開いた。

b0133243_2035287.jpg

植物達も急な気温変化に開花準備が忙しそうだ。


一昨々日から庭のメンテナンスで、職場復帰のリハビリを始めた僕。
太陽の下で二時間の作業。
一昨々日は庭のメンテ、一昨日は苗畑の掃除。
で、昨日はというと、案の定だが 体調不良で “ 寝て、休む ” となった。

一昨日の苗畑の作業後、なんだか眼が痛くて、ズキズキする。
眼球を握られているような、ギューっとした圧迫感が夕方にかけて強くなる。
瞳の動きも悪く、焦点合わせるのに間がある。
特に左目がなんとも異様な感じで、焦点が併せにくい。

いわゆる、眼精疲労という物なのだろうか?

ドライアイの目薬と非ステロイド性抗炎症点眼剤で少し和らぐけれど、なんとも言えない嫌な感じ。
原田病が発病した時の嫌ぁ〜な感じが蘇ってくる。
眼が痛くなり、頭も痛くなってきて、少し風邪気味のような症状もでてきた。
怖い...。

こりゃ無理しちゃいかん。

ってことで、昨日は午前中に急遽病院の眼科に行って様子を見てもらい、帰宅後、少し寒気もするので、葛根湯を飲んで、部屋を暗くし、横になって眼を休めることしにした。

眼科受診の結果、眼の方にとくに異常は見られなかったのでホッとしたのだけど、痛みはあり、なんとも体調が優れない訳で、不安はつのる。

肉体的な疲労はほとんどないけれど、
今は、疲れなどからくる身体の不調が、まずは眼にくるんだなぁってわかった。

原田病は、本来自分を守る白血球が、なぜだかおかしくなってしまい、自らの身体の中にあるメラニン色素を攻撃しはじめてしうという 『 自己免疫疾患 』。僕の場合は眼の眼底のメラニン色素を攻撃して炎症をおこし、網膜剥離を引き起こしたことで、視力の低下や歪みが発生した訳である。

この眼底のメラニン色素を攻撃するという所が味噌で、原田病が治っても眼底の色素が発症前よりも確実に消失していて、視力や眼圧などが正常でも、この色素の欠乏に比例して日射しがまぶしくなり、眼にも負担をかける結果となるようなのだ。だから、眼底の色素が、病後どこまで回復するのかが大事になってくる。完全に治る事は無いようなのだが、僕の場合、発症前に比べても、それほど日射しを眩しいと感じないから、結構、いい状態に回復しているように思われる。
(あくまで自己診断ですから、一回しっかり診て欲しいなぁ)

でも、やはり、まだまだ元通りでは無い。
たった2時間とはいえ、厳しい日射しが降り注ぐ中での作業は、まだまだ病気療養中の僕の眼には、かなり負担をかける結果になったようだ。見た目には問題なくとも、眼の症状にしっかりと現れる訳である。ここで、少しぐらい大丈夫なんて無理すると... “ 再発 ” にもなりかねない。

ここは、身体の出すサインに正直にしたがって無理しないように進みましょう。

身体は元気、
気力も十分、
でも、なかなか... ですなぁ。

この時期、花粉症に黄砂、PM2.5も飛来して、病んだ眼には特に厳しい環境が続く。

眼が疲れたら休む。
不安なら躊躇せず病院に行く。

今はこれに従いながら、少しづつお日様に身体を、眼を慣らしていくしか無いですね。

ちなみに、昨日しっかり休んだおかげで、
今日は午前中に2時間、無事に作業ができましたとさ。
by eilakuyagarden | 2013-03-09 20:52 | 永楽屋ガーデン | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








<< 馬酔木 たまには こんなのも いいかも >>



  長野,軽井沢,岐阜 風景に溶け込む雑木の庭自然な庭造りと里山園芸
by 永楽屋garden
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
about 永楽屋garden
山野草、雑木、愛すべき日本の里山風景。そんな自然な庭を愛するあなたへ...

人と自然、植物が触れあえる“ 住まう庭づくり ”


永楽屋garden では...
そこにある自然を生かしたナチュラルガーデンのデザイン、施工、メンテナンスを行っています。

「花木と語らう緑の園芸教室」も不定期に開催。
ガーデニングの基本、お庭、植物と触れ合う楽しさをお伝えしています。


長野県, 軽井沢, 八ヶ岳, 岐阜県で主に活動していますが、ご依頼があれば日本全国どこへでも伺います。まずはご相談くださいね。

お庭造りに関するご相談
お問い合せはこちらまで

mail:
eilakuya_garden@polka.ocn.ne.jp
Tel/Fax:
0267-32-0253
Mobile:
090-2346-6877
※日中は不在にしていることが多いので、mail,Mobileでのお問い合わせが確実です。

カテゴリ
全体
永楽屋ガーデン
里山林の庭
インドアグリーン
木の物語
息抜き
岐阜の庭
大山桜を守る会
追分宿の庭
庭造りいろいろ
園芸教室
浅間山
散歩道
イベント
野草の暮らし
メディアなど
スタッフ募集
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧