自宅療養日記 11 : ザッハトルテの思い出

クリスマスEve 。

残念ながらホワイトクリスマスにはなっていないのだけど、毎年、クリスマスに特別何かするというわけでもないので、正直どちらでも良かったりする。

20代、30代の頃はクリスマスの時期にはスキー場でスキー三昧。
正月もずっと雪上にいた。イベントよりもスキーが大事。
しかも体育会系の真剣スキーヤー。

こんな感じだったので、クリスマスに正直思い入れはあまりない。

ただ、30代半ばになって、なんとなく、行きつけのcafeで jazzなど聞きながら、ケーキと珈琲を注文し、マスターや常連さんと楽しい会話で閉店まで過ごすのが、クリスマスや年末の楽しみになっていた。

その時の一番のお気に入りのケーキが この時期限定の“ ザッハトルテ ”だった。

ビターなチョコレートと甘酸っぱいアプリコットジャムのハーモニー。
深入りで、酸味の少ない、オールドビーンズ珈琲とベストマッチ。

あの味がどうしても忘れられなくて、今日に合わせて ザッハトルテ をお取り寄せ。
いろいろあるけど、試しに大手のザッハを注文してみた。

敷島製パン「Pasco」のザッハトルテ。

b0133243_20591898.jpg


美味しい所は別に知っていたけど、パン屋の作るザッハってどんなん?
興味があって、とりあえず大手の味を試すことにした。


実は、ザッハトルテにはクリスマスにはない思い入れというものがある。

行きつけのcafeでザッハトルテをお店に出せるようになるまでの間、その試作につきあっていて、ダメなケーキの段階から、チョコとアプリコットのバランス、珈琲との相性に至るまで、マスターの試作に実にひと月以上つきあい、試作品を次ぎから次に食べて、正直に意見を述べ、どんどん変わっていく味、形、ケーキの成長の過程をずっと見届けていたので、ザッハトルテの味、見た目、チョコの照りなど結構良くわかっている。

これぞ一番理想に近いと言う、美味しいザッハトルテもマスターと一緒に試食して、なにが違うのか考え、それを超えるために何十回と試食した。僕のザッハトルテに対する思い入れはそんな所によるのである。

もともとチョコレートは大好きだから、嬉しすぎる経験だったけど、珈琲にあうチョコとアプリコット、スポンジのバランスを見つけるのがあんなにも難しいとは思わなかった。

でも、その甲斐あって作れば即売り切れ状態の、冬のcafeの定番人気商品になった。

残念ながら、今はもう作っていないというか、マスターが一線を退き、裏方に回り、コーヒー豆の焙煎へ仕事の主力を移したので、もう店頭に並ぶ事は無い。本当に残念。

でも、そのザッハのお手本になったザッハトルテは、とあるケーキ屋さんで今でも作られているから入手は可能。それを買いにいっても良かったのだけど、今はまだ自宅療養中の身ですから敢えてリスクはおかさない。そのザッハはもう少し体調が良くなってからのお楽しみとして、その比較用に Pasco のザッハを試してみることにした。

箱から出したザッハトルテ。

b0133243_20592066.jpg

見た目はよろしくて、とても美味しそうである。

ナイフをコンロであぶって暖め、ザッハトルテを切り分ける。
こうすると奇麗に切れますよ。

取り分けた ザッハトルテ。

b0133243_20592283.jpg


美味しそう。久しぶりのケーキ。

肝心の味ですが、ちょっと甘めのチョコレートがガンガン前に出てきていて、少し甘過ぎるかな。アプリコットジャムは微かに感じることができるぐらい、チョコの甘さで隠れてしまって、その存在感は小さいです。

ザッハトルテとして食べるとちょとあれですが、チョコレートケーキとして食べるのならば満足なほうかな。

紅茶との相性のほうが良い感じ。
珈琲に合わせるならもう少し、ビターなチョコの方がいいです。
その方がアプリコットジャムが前に出てくるし、珈琲との相性もよくなります。
甘さが、それぞれの良さをかき消してしまわないバランスが大事なんですよね。

とわいえ、久しぶりの ザッハトルテ 。
美味しく、懐かしくいただきました。

元気に外出できるようになったら、あの、お手本の ザッハトルテ を買いにいこう。
自宅療養の楽しみがまた一つ増えた クリスマスEve なのでした。
by eilakuyagarden | 2012-12-24 21:03 | 永楽屋ガーデン | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








<< 自宅療養日記 12 : ... 自宅療養日記 10 : ... >>



  長野,軽井沢,岐阜 風景に溶け込む雑木の庭自然な庭造りと里山園芸
by 永楽屋garden
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
about 永楽屋garden
山野草、雑木、愛すべき日本の里山風景。そんな自然な庭を愛するあなたへ...

人と自然、植物が触れあえる“ 住まう庭づくり ”


永楽屋garden では...
そこにある自然を生かしたナチュラルガーデンのデザイン、施工、メンテナンスを行っています。

「花木と語らう緑の園芸教室」も不定期に開催。
ガーデニングの基本、お庭、植物と触れ合う楽しさをお伝えしています。


長野県, 軽井沢, 八ヶ岳, 岐阜県で主に活動していますが、ご依頼があれば日本全国どこへでも伺います。まずはご相談くださいね。

お庭造りに関するご相談
お問い合せはこちらまで

mail:
eilakuya_garden@polka.ocn.ne.jp
Tel/Fax:
0267-32-0253
Mobile:
090-2346-6877
※日中は不在にしていることが多いので、mail,Mobileでのお問い合わせが確実です。

カテゴリ
全体
永楽屋ガーデン
里山林の庭
インドアグリーン
木の物語
息抜き
岐阜の庭
大山桜を守る会
追分宿の庭
庭造りいろいろ
園芸教室
浅間山
散歩道
イベント
野草の暮らし
メディアなど
スタッフ募集
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧