入院日記 10 : 暮らしの知恵
退院日も決まり、このまま順調に入院生活をと思ってのんびり過ごしていた昨日。
夜になって、また一週間前のような悪寒が襲ってきた。
背中が寒くて、それなのに寝汗が出る。熱は無い。
風邪の引き始めの症状。ここにきて…。

汗で濡れた衣類で風邪をひかないように、とにかくこまめに着ている服を着替え、濡れた衣類を干す。着替えが沢山あって助かったのと、部屋の乾燥が濡れた衣類を意外に早く乾かしてくれたのも幸いした。結局、朝方になって悪寒も治まり、汗もいつも通りと言った感じに落ち着いた。ホッと一息。だが、結局朝まで一睡もできなかった。とにかく、免疫が低下している今、風邪は絶対にひけない。これから数ヶ月こんな戦いが続くんだなぁってちょっとウンザリ。

とりあえずホッとしてそのまま起床。
いつも通りに朝の日課をこなす。

違うのはここから。今日からステロイドは内服になった。
とりあえず退院日までの三日間は

・ステロイド(プレドニン錠)5mg : 朝 4錠、昼 2錠。
・ガスターD錠10mg : 朝 1錠、夜 1錠。
・ワンアルファ錠0.5 μg : 朝 1錠。

の内服となる。ガスターは胃薬。ワンアルファは骨粗しょう症の予防薬。
これから、多分数ヶ月かけてのステロイド剤を飲み続け、原田病の治りと副腎機能の回復などをみながら投薬量を漸減させて、ステロイドの内服をゼロにしていく。すぐにやめられないのがステロイド治療の大変なところ。この治療の中で色々な副作用が出てくるのだろうけど、その一つに骨粗しょう症がある。ステロイドというのは骨の組織が新しく生まれ変わろうという働きを阻害するらしく、そのために骨が脆くなって行くのだそうだ。それを予防する薬がワンアルファ。怖いよね。知らない間に脆くなっていて、いつものように動いていたらポキリとでは溜まったものじゃない。これからは今まで以上にカルシウム取らないとなぁ~。骨が弱っては庭仕事もできませんしね。

退院後、どうやって体調を自己管理してしていくかは、退院して家に戻ってからゆっくり考えましょう。時間はたっぷりあるからね。実は、予後をいかに楽しく過ごして、原田病という山をしっかり下るかを考えるのが、今は結構楽しみ。治療という目的以外に、何か目標を定めて頑張ろうなんて考えている(無理の無い範囲でであるが)。まだ決まってはいないけど、これからゆっくり考えます。


ということで、入院生活も今日で11日目。
この間、入院生活を本当に快適に過ごしてきた。
そんな快適な病室の欠点が、昨日少し書いた部屋の寒さである。

b0133243_18294658.jpg

新しくて、綺麗な病室は大きな窓が解放的で、明るい。
デザイン的にもちょっと洒落ている。

でも、それが災いして、窓からの冷気の流れが凄くて、夕方4時をすぎる頃になるとブラインドから冷たい空気が落ちてくる。これが空調の効いた部屋に中でグルグル周り、ベットに落ちてくる。横になって寝ていると窓際半分は布団をかけていても明らかに寒いのだ。

この部屋だけのことかと看護師さんに聞いてみると、各室同じような状態だとか。
まるで、真冬の長野のアパートにいるような感じ。

まあ、こんな、現象は冬の軽井沢では当り前で、僕の部屋も窓や壁から冷たい冷気がスウゥっと降りてくる。でも、まさかこの病室で体験するとは思ってもみなかった。

さて、どうするべ?と考えて、目をやったのが、スチレッチのために持ち込んだ1m×2mのこのレジャーマット。スポンジの厚さは1cm。

b0133243_1832324.jpg

b0133243_18333435.jpg

これは使える!

長野のアパートでは、冬になると、冷気を遮断するためにホームセンターで売られている発泡スチロールの厚いシートをこうやって窓の前に設置して、冷気をシャットアウトする。

b0133243_1834482.jpg

完全には遮断できないけど、その効果は高くて、冷気の侵入が少し抑制されるだけで結構部屋が暖かくなるのである。

病室の窓の幅にピッタリはまったこのレザーマット。これを設置したおかげで、翌日からはかなり快適になりました。先日、看護師さんに教えてあげたら、寒さを訴える患者さんがいたら教えてあげますねって言ってました。安価で、簡単にできる対策だから是非準備しておいてくださいね。

冬を暮らす長野での生活の知恵がこんなところで活きるとは思っていなかったけど、雪国で暮らす人間ならではの知恵を、どうか患者さんの快適な入院生活に活かしてもらえると嬉しいな。

さあ、今日はゆっくり眠れるかなぁ。
っと、その前に夕食です。

では、また。
by eilakuyagarden | 2012-11-24 18:43 | 永楽屋ガーデン | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








<< 入院日記 11 : 振り返って 入院日記 9 : 快適病... >>



  長野,軽井沢,岐阜 風景に溶け込む雑木の庭自然な庭造りと里山園芸
by 永楽屋garden
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
about 永楽屋garden
山野草、雑木、愛すべき日本の里山風景。そんな自然な庭を愛するあなたへ...

人と自然、植物が触れあえる“ 住まう庭づくり ”


永楽屋garden では...
そこにある自然を生かしたナチュラルガーデンのデザイン、施工、メンテナンスを行っています。

「花木と語らう緑の園芸教室」も不定期に開催。
ガーデニングの基本、お庭、植物と触れ合う楽しさをお伝えしています。


長野県, 軽井沢, 八ヶ岳, 岐阜県で主に活動していますが、ご依頼があれば日本全国どこへでも伺います。まずはご相談くださいね。

お庭造りに関するご相談
お問い合せはこちらまで

mail:
eilakuya_garden@polka.ocn.ne.jp
Tel/Fax:
0267-32-0253
Mobile:
090-2346-6877
※日中は不在にしていることが多いので、mail,Mobileでのお問い合わせが確実です。

カテゴリ
全体
永楽屋ガーデン
里山林の庭
インドアグリーン
木の物語
息抜き
岐阜の庭
大山桜を守る会
追分宿の庭
庭造りいろいろ
園芸教室
浅間山
散歩道
イベント
野草の暮らし
メディアなど
スタッフ募集
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧