入院日記 3 : 病院食を楽しむ
入院生活4日目。

今日からステロイドの点滴が一気に少なくなった。
今回の原田病の治療はステロイドパルス療法で、最初の三日間で大量のステロイド剤を点滴により流し込み、一気に眼底の炎症を抑え込む。その後、ステロイド剤をゆっくりと慎重に減らして、視力の回復と、副腎機能の回復などを計ってステロイド剤から離脱していく。

その最初の三日間が昨日で終わり、3000mgのステロイド点滴が終った。
今のところこれか?というような副作用の自覚症状はないのだけど、戦いはこれから。
まだまだ安心できない。本当に慎重に減らして欲しいと思う。

とはいえ、今日からステロイド(プレドニゾロン)が60mgとなった。
断崖絶壁の岩山を三日でクライミングし、一気に頂上まで登りつめたのち、一気に下って、これから里までの長くて曲がりくねった山裾野を、副作用という障害物を乗り越えながら下って行くことになる。一歩一歩慎重に、頑張らねば。


さて、そんな話はここまでで、ここからは入院生活を楽しくする工夫の話。
今日は食事のアイテム。

入院中は毎日三食病院食ということになる。
とくに、僕の場合、ステロイロドの副作用の一つにある食欲増進の作用で太らないようにするためにも病院食だけで満腹にさせて、間食はしないが絶対条件。
ありがたいことに、僕は昨年よりタニタの料理レシピを使って、一日に1500kcalの食事制限を自分自身で実践していたので、今の病院食でも全然満足。

一食を約20〜30分かけて食べる。一口入れたら50回以上咀嚼する。
こうやって食べると、15分も過ぎた頃には満腹で、最後に残った果物なんかはいらないぐらい。本当にやってて良かったタニタダイエットなのである。
僕の場合、実際に体重が10kgほど落ちました。

まあ、これは食べ方の工夫なんだけど、美味しく食べるためには、お気に入りの箸やスプーンなんかを使って、病院食を楽しむようにしている。だって、コンビニの割り箸や使い捨てスプーンじゃ味気ない食が、もっと味気ないでしょ(あっ、でもこの病院の病院食は正直美味しいですけどね)。

で、僕の使っている箸がこのモンベルの携帯箸。

b0133243_209015.jpg


b0133243_2011998.jpg

*写真の向きの検証なんですが、上の二枚の写真。
どっちが天地逆になってます。ぼくのipadではどっちも正常なんですけど…。

クルッと回すと小さくなる。
先端が木製なんで食べやすいし、掴みやすい。

b0133243_20124816.jpg

縮めたらこんな可愛い付属の箸入れに収納できる。

b0133243_20151337.jpg
口はちゃんと留めることもできるので安心。

こういう道具一つで食事が楽しくなります。

こちらは、アウトドア雑誌の付録についていた折りたたみのスプーンとフォーク。

b0133243_202036100.jpg

缶切りなんかもついていて便利。

b0133243_20222811.jpg
大きさがちょうど良くて、付録なのにちゃんとしていて僕のお気に入りなのである。
ただ、今回はまだ使い道がない。箸で食べる食事ばかりなものでね。

こんな小さなGoodsでも食事の時間をとても豊かにしてくれます。
入院なのに何をバカなことをっていう人もいるかもしれないけど、明るく、楽しく過ごすことで、精神的なストレスをへらせれば、 治療の効果もアップするかもしれない。
病は気からって言葉もあるしね。

さあ、明日の病院食は何だろうな〜。

一日一回の点滴が終ると、することは食事と寝ることしかないんで、楽しみなんです。

明日も楽しい入院生活。
無事退院するまで頑張りますよ。
by eilakuyagarden | 2012-11-17 20:27 | 永楽屋ガーデン | Comments(4)
Commented by しんのすけ at 2012-11-17 22:01 x
岡田さん、モンベルの箸の写真は二枚ともちゃんとした向きになってますよー。
Commented by eilakuyagarden at 2012-11-18 07:53
しんのすけさん ありがとうございます。
そうなんですね。想定外でした。下の写真は天地逆になる想定だったんですが。でも、ほぼ解決です。ありがとうございます。
Commented by AA at 2012-11-18 16:35 x
突然の発病、お見舞い申し上げます。ゆっくり休んで完治させてください。
写真ですが、私は今パソコンで見ていますが、箸、もスプーン、フォークも文字が上下逆です。前日の景色もジーンズの後ろの写真も上下逆です。私は最初IPodで見たのですが、その時は全く正常でしたので、何のことかよく分かりませんでしたが、パソコンでは逆に見えるものがあるのが分かりました。
Commented by eilakuyagarden at 2012-11-18 18:08
AAさん、ありがとうございます。
とにかく、完治するまで、仕事のことは一先ず忘れ、治療に専念します。再発や慢性化で入退院の生活は絶対に嫌なので、ここでしっかり治したいです。

写真の件、コメントありがとうございます。う〜ん、閲覧するハードで見え方が違うことがよくわかりました。難しいですね。
とりあえず、今日までである程度結論でたので、これからはこのままで写真アップします。天地逆の時はご容赦ください。


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








<< 入院日記 4 : 楽しく歩... 入院日記 2: 初めての入院... >>



  長野,軽井沢,岐阜 風景に溶け込む雑木の庭自然な庭造りと里山園芸
by 永楽屋garden
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
about 永楽屋garden
山野草、雑木、愛すべき日本の里山風景。そんな自然な庭を愛するあなたへ...

人と自然、植物が触れあえる“ 住まう庭づくり ”


永楽屋garden では...
そこにある自然を生かしたナチュラルガーデンのデザイン、施工、メンテナンスを行っています。

「花木と語らう緑の園芸教室」も不定期に開催。
ガーデニングの基本、お庭、植物と触れ合う楽しさをお伝えしています。


長野県, 軽井沢, 八ヶ岳, 岐阜県で主に活動していますが、ご依頼があれば日本全国どこへでも伺います。まずはご相談くださいね。

お庭造りに関するご相談
お問い合せはこちらまで

mail:
eilakuya_garden@polka.ocn.ne.jp
Tel/Fax:
0267-32-0253
Mobile:
090-2346-6877
※日中は不在にしていることが多いので、mail,Mobileでのお問い合わせが確実です。

カテゴリ
全体
永楽屋ガーデン
里山林の庭
インドアグリーン
木の物語
息抜き
岐阜の庭
大山桜を守る会
追分宿の庭
庭造りいろいろ
園芸教室
浅間山
散歩道
イベント
野草の暮らし
メディアなど
スタッフ募集
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧