雑木の丘の庭づくり:命を植える

雑木の丘に一日がかりで運び込んだ新しい雑木。

b0133243_2082025.jpg

大きいものから小さいものまで11種類、12本の新しい命です。
ついにこの日になりました。長かったなぁ。


真剣に選んだ木達だから、植えるのも真剣。
ちょっと緊張します。
(ちなみに【 真剣勝負 】 のブログに書いた問題の答えは “ キブシ ” の木でした)


まずは、一本だけ残っていた この “ イチイ ” の木を抜きます。

b0133243_2082347.jpg

この木はなんだかとても弱くて、太さの割に枝葉が少なくて、なんだか残念な木。
塩でお清めしてから切り倒して、根っこを掘り出しました。
その結果分かったことがあるんですけど、それはまた別にお話しします。


イチイを抜いたら、モミジに囲まれた空間がポッカリと空きました。

b0133243_2085431.jpg

ステージからこの景色を見た瞬間に、この空間に植える木はすぐに決まりました。

ここに植えるのは “ アブラチャン ”。

b0133243_20906.jpg

春にいち早く可憐な黄花を咲かせて、森を明るく照らしてくれます。
この場所にはこの木しかありません。

イチイを抜いた場所の周辺の土にたっぷりと腐葉土を混ぜ、土をフカフカにしてからアブラチャンを植えます。

施主さんの希望とこの庭全体の景色から、雑木の丘に植える木々を選ぶにあたって、いくつかのポイントがありました。

1)春一番に黄色い花を咲かせる木々。全て落葉樹の雑木。
2)マユミの奇麗な樹形と切り株の存在感を活かすこと。

b0133243_2094334.jpg

3)ステージからの夕日が見えること。
4)そして、ステージから見上げた空。

b0133243_2091532.jpg

この奇麗な空を覆い隠さないような植栽。

これらを満たすように、成木の大きさ、葉っぱの茂り方、紅葉の色、花。
全てを考えに考え抜いて選んできた樹木達。


その中で最も大きな木がこの “ オオヤマレンゲ ” 。

b0133243_2093127.jpg

大人三人でやっと持ち上がる大きな木。
株立ちの奇麗な樹形。苗圃を探しまくってやっと見つけた木です。

オオヤマレンゲは成木でも高さは5〜7m。
朴の木の花よりも一回り小振りな真っ白い花を咲かせる雑木です。

ステージから見た一番遠い場所で、その花を楽しんで欲しい。
葉も密に入らないし樹高も丁度いいので、夕日を遮ることもありません。
これも一発で植える場所は決まりました。

大きな二本の木の場所が決まったら、あとは残った中低木をどんどん配置していきます。
とはいえ、なんども場所を変え、向きを変えの大変な作業。
一番大変で、一番大事な作業なんです。

b0133243_2010082.jpg

置いては庭全体を歩き、将来の成長した姿を想像しながら本当にその場所がベストか?と考えて一つ一つ植える場所を定めていきます。

全ての位置が決まったのが丁度お昼12時でした。

配置が決まったら、一本一本大切に植えていくだけです。

植え穴と掘り上げた土にたっぷりの腐葉土を混ぜ、土をフカフカにして根が張り易い土にしてあげてから植えていきます。植え穴に木を置き、掘り上げた土を7割程埋め戻したら火山の噴火口のような水鉢を作り、その中にたっぷり水を張ります。これが水決めです。この時、木の根を優しく揺すって、余分な空気を抜いて水が引くのを待ちます。水が引いたら植え穴に土を埋め戻して終了です。

b0133243_2010214.jpg

深く植えるより、ちょっと株元を高くして植えましょう。
この方が木にも優しいですし、なによりも植えた後の様子がとても自然です。

全ての木を植えたら、残っていた土にも腐葉土をたっぷり混ぜてから庭全体に敷き均します。さあ、完成間近ですよ。


最後に、庭全体に腐葉土を厚くマルチング。

b0133243_2010674.jpg

これで作業終了です。


新しい命が吹き込まれた 『 雑木の丘 』の庭。

b0133243_20102119.jpg

b0133243_20102388.jpg

b0133243_20102693.jpg



以前は、草薮だった丘が、

b0133243_20102864.jpg

こんなに楽しい庭に生まれ変わりました。

b0133243_20103043.jpg

『 また庭の魅力が増しましたね 』
お客様から言われた一言が本当に嬉しかった。
きっと、はるばるやって来た新しい仲間達も喜んでいますよ。

でも、雑木の丘の庭の完成はまだ先です。このまま来年の9月まで庭の様子を見ながら、ここに植える予定の山野草達の植え場所を整備していきます(抜ききれなかった草達を抜いたりしてもっといい状態にしていきます)。

来年の9月〜10月になったら、この庭全体に沢山の山野草を群生させます。
これが終わるまで、この庭は未完成。

まだまだ楽しみは続きます。

続きは来年のお楽しみです....。
by eilakuyagarden | 2012-10-23 20:22 | 里山林の庭 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








<< Happy Birthday ... もう一つの道づくり >>



  長野,軽井沢,岐阜 風景に溶け込む雑木の庭自然な庭造りと里山園芸
by 永楽屋garden
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
about 永楽屋garden
山野草、雑木、愛すべき日本の里山風景。そんな自然な庭を愛するあなたへ...

人と自然、植物が触れあえる“ 住まう庭づくり ”


永楽屋garden では...
そこにある自然を生かしたナチュラルガーデンのデザイン、施工、メンテナンスを行っています。

「花木と語らう緑の園芸教室」も不定期に開催。
ガーデニングの基本、お庭、植物と触れ合う楽しさをお伝えしています。


長野県, 軽井沢, 八ヶ岳, 岐阜県で主に活動していますが、ご依頼があれば日本全国どこへでも伺います。まずはご相談くださいね。

お庭造りに関するご相談
お問い合せはこちらまで

mail:
eilakuya_garden@polka.ocn.ne.jp
Tel/Fax:
0267-32-0253
Mobile:
090-2346-6877
※日中は不在にしていることが多いので、mail,Mobileでのお問い合わせが確実です。

カテゴリ
全体
永楽屋ガーデン
里山林の庭
インドアグリーン
木の物語
息抜き
岐阜の庭
大山桜を守る会
追分宿の庭
庭造りいろいろ
園芸教室
浅間山
散歩道
イベント
野草の暮らし
メディアなど
スタッフ募集
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧