満開の大ボケ

追分宿の村中線沿いにある村の古本屋 『 追分コロニー 』 さん。
その店舗の裏手にある石垣で囲まれた堀のような小さな池の辺に生える “ 木瓜(ボケ) ” が満開になった。

b0133243_22251595.jpg


池の上にまで伸びた大きなボケの枝に咲く赤花が本当に奇麗で、見事です。

b0133243_22251763.jpg


樹高は2.5〜3mほどもある。
花後につく実も巨大で “ 大ボケ ” と呼ばれている。

晩年を追分宿で過ごした 芸術家 【 河村目呂二 】 が半世紀以上前に描いた俳画に、このボケの木を描いた作品がある。その頃にはもう既にこの大きさだったみたいだから、かなり昔からこの場所で暮らしているんだよな〜。

池は江戸時代に賑わった宿場時代からあるということだから、その頃からず〜っと追分宿の歴史を見続けてきたのかもしれない。そこまでではないとしても追分宿の歴史を知る一本。また半世紀、そしてその次ぎの半世紀と生き続けて欲しいです。

b0133243_22251995.jpg


追分宿の歴史の生証人 “ 大ボケの木 ” 。 今が見頃です。

ぜひ 『 追分コロニー 』さん の裏庭のボケの木に逢いにいってみてくださいね。
by eilakuyagarden | 2012-05-14 22:29 | 追分宿の庭 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








<< 追分の庭畑。ようやく始動です。 春を迎えた敷石のアプローチ >>



  長野,軽井沢,岐阜 風景に溶け込む雑木の庭自然な庭造りと里山園芸
by 永楽屋garden
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
about 永楽屋garden
山野草、雑木、愛すべき日本の里山風景。そんな自然な庭を愛するあなたへ...

人と自然、植物が触れあえる“ 住まう庭づくり ”


永楽屋garden では...
そこにある自然を生かしたナチュラルガーデンのデザイン、施工、メンテナンスを行っています。

「花木と語らう緑の園芸教室」も不定期に開催。
ガーデニングの基本、お庭、植物と触れ合う楽しさをお伝えしています。


長野県, 軽井沢, 八ヶ岳, 岐阜県で主に活動していますが、ご依頼があれば日本全国どこへでも伺います。まずはご相談くださいね。

お庭造りに関するご相談
お問い合せはこちらまで

mail:
eilakuya_garden@polka.ocn.ne.jp
Tel/Fax:
0267-32-0253
Mobile:
090-2346-6877
※日中は不在にしていることが多いので、mail,Mobileでのお問い合わせが確実です。

カテゴリ
全体
永楽屋ガーデン
里山林の庭
インドアグリーン
木の物語
息抜き
岐阜の庭
大山桜を守る会
追分宿の庭
庭造りいろいろ
園芸教室
浅間山
散歩道
イベント
野草の暮らし
メディアなど
スタッフ募集
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧