水からでた春
気温が上がり、陽が射すと、水の中で育つ植物達は丘の植物よりも早く、敏感に動きだします。土の温度よりも溜まった水の方が暖かくなりやすいからなのかもしれません。

水の中で丸まった葉を広げはじめているのは “ コウホネ ” です。

b0133243_20285149.jpg

睡蓮の葉に似ていますよね。


これもミソハギに似ていますが違います。
オカトラノオの仲間の “ ヌマトラノオ ” です。

b0133243_20285376.jpg

花穂は真っ直ぐに立ちます(オカトラノオは花穂がお辞儀しています)。
花穂、草丈ともにオカトラノオよりも一回り小さいです。
なにより、水辺が住処なので区別は簡単です。
東京だと石神井公園の石神井池で見ることができます。


急に伸び始めたこの植物は“ ノウルシ ”。

b0133243_20284920.jpg

ちょっと大雨になると川の水が増水し、すぐに水につかってしまう河川沿いの平らな場所に自生するトウダイグサ科の植物。現在では護岸工事などでその生息場所が激減しているため、自生しているものもまれになり、絶滅が危惧されています。

数年前に購入した株をこの写真の様に、

b0133243_202845100.jpg

いろんな水辺の雑草もそのままにして増やした物を、毎年少しずつ株分けして苗として育てました。

去年の秋に株分けした物も元気に芽生えはじめています。

b0133243_20284365.jpg

少しずつですが自然環境の回復につながるといいなぁ〜。そんな思いで増やしています。こんな大事に育てた苗も少しだけですが春の苗市で販売しますので、ぜひ育ててみたいという方は春の苗市に遊びに来てくださいね。育て方もちゃんと教えますよ(またまた、宣伝でした)。

水辺の植物というのはとても管理が楽。
しゃれた水鉢に水を張って沈めておくだけで毎年綺麗な姿を見せてくれます。
一番の問題点はボウフラと蚊。でも、ヒメダカなどの小魚を一緒に入れておけばこの問題も解決です(小魚の糞は植物の肥料にもなりますしね)。一部地域では水鉢に入れた小魚を狙ってアライグマがやってくるそうですからご注意ください。

軽井沢で水辺の植物を育てるなら、陶器のしゃれた水鉢でなく柔らかいプラスチックの鉢がいいです。陶器の鉢では水が凍結し、膨張した氷のおかげで割れてしまいます。

僕のお薦めはセメントを捏ねる時に使う、緑色した四角いプラ舟ですね。コウホネの写真に写っている緑色の容器がそれです。いろんな水生植物とメダカを入れておけば、小さなビオトープの完成です。見た目は×ですが、管理は楽ちん。サイズも色々あるので、ポットの大きさに合わせて選んでください。

ぜひこの春は、夏に向けて水辺の植物の栽培準備を始めませんか。
水からでた春は、もう動き始めていますよ。
by eilakuyagarden | 2012-03-17 20:35 | 野草の暮らし | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








<< 春へ。一歩一歩。 二度の冬を越えて >>



  長野,軽井沢,岐阜 風景に溶け込む雑木の庭自然な庭造りと里山園芸
by 永楽屋garden
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
about 永楽屋garden
山野草、雑木、愛すべき日本の里山風景。そんな自然な庭を愛するあなたへ...

人と自然、植物が触れあえる“ 住まう庭づくり ”


永楽屋garden では...
そこにある自然を生かしたナチュラルガーデンのデザイン、施工、メンテナンスを行っています。

「花木と語らう緑の園芸教室」も不定期に開催。
ガーデニングの基本、お庭、植物と触れ合う楽しさをお伝えしています。


長野県, 軽井沢, 八ヶ岳, 岐阜県で主に活動していますが、ご依頼があれば日本全国どこへでも伺います。まずはご相談くださいね。

お庭造りに関するご相談
お問い合せはこちらまで

mail:
eilakuya_garden@polka.ocn.ne.jp
Tel/Fax:
0267-32-0253
Mobile:
090-2346-6877
※日中は不在にしていることが多いので、mail,Mobileでのお問い合わせが確実です。

カテゴリ
全体
永楽屋ガーデン
里山林の庭
インドアグリーン
木の物語
息抜き
岐阜の庭
大山桜を守る会
追分宿の庭
庭造りいろいろ
園芸教室
浅間山
散歩道
イベント
野草の暮らし
メディアなど
スタッフ募集
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧