底力
【底力】:ふだんは表面に出ないが、いざという時に出てくる強い力。

カラカラに乾ききっていた庭に、久しぶりの恵みの雨。
ギリギリで耐えていた植物達の歓喜の声が聞こえます。

いち早く庭のあちこちで咲き始めている “ スノードロップ ”の球根。
なんだか一気に背が伸びた気がする(気のせいかなぁ)。

b0133243_19431875.jpg

小さな球根はこうやってまとまって咲くと見応えがあります。

こんな球根のすぐ横に、ちょっと可愛そうな感じの球根達がいました。

b0133243_19432079.jpg

これもスノードロップですが、ミミズを探して庭を縦横無尽に掘り進むモグラのおかげで、土の中から表面に出てきてしまいました。この状態でも根を土の中に伸ばし、葉を出し、花を咲かせようとしています。球根植物の強さがわかりますね。

球根を植える深さは『 球根の大きさの3倍の深さの穴 』 という基本を覚えた上で、こういう状態もあるんだって知っておけば、「 深すぎると球根が腐りそうだし芽を伸ばすのも大変そうだけど、浅いのは結構大丈夫なんだね 」と対応力がアップします。

さらに、軽井沢のような雪も降らず、最低気温-10℃なんて場所で同じことをやってみて、「あれまあ、ここまで寒さが厳しいと土の上にでた球根は乾燥して枯れちゃうのね。暖かい平野部とは違うんだね」ってさらに対応力がアップします。

ふだんは土の表面にでていない球根の 【 底力 】を知り、多くの経験を積むことで、いざという時のガーデニングの対応力 【 底力 】もアップします 。

ちょっと強引でしたか?

でも、いつも庭をみて、毎日変わる状況から多くのことを知り、いろいろなことを考え、対応力の【 底力 】を上げることは大事なこと。

寒い寒いと部屋に閉じこもっていないで、お庭を散策してみてください。
厳しい冬だからこそ気づく植物達の【 底力 】 がありますよ。
by eilakuyagarden | 2012-01-19 19:47 | 野草の暮らし | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








<< いつものお山 花の咲く前に >>



  長野,軽井沢,岐阜 風景に溶け込む雑木の庭自然な庭造りと里山園芸
by 永楽屋garden
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
about 永楽屋garden
山野草、雑木、愛すべき日本の里山風景。そんな自然な庭を愛するあなたへ...

人と自然、植物が触れあえる“ 住まう庭づくり ”


永楽屋garden では...
そこにある自然を生かしたナチュラルガーデンのデザイン、施工、メンテナンスを行っています。

「花木と語らう緑の園芸教室」も不定期に開催。
ガーデニングの基本、お庭、植物と触れ合う楽しさをお伝えしています。


長野県, 軽井沢, 八ヶ岳, 岐阜県で主に活動していますが、ご依頼があれば日本全国どこへでも伺います。まずはご相談くださいね。

お庭造りに関するご相談
お問い合せはこちらまで

mail:
eilakuya_garden@polka.ocn.ne.jp
Tel/Fax:
0267-32-0253
Mobile:
090-2346-6877
※日中は不在にしていることが多いので、mail,Mobileでのお問い合わせが確実です。

カテゴリ
全体
永楽屋ガーデン
里山林の庭
インドアグリーン
木の物語
息抜き
岐阜の庭
大山桜を守る会
追分宿の庭
庭造りいろいろ
園芸教室
浅間山
散歩道
イベント
野草の暮らし
メディアなど
スタッフ募集
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧