お庭の悲しい真実
切り倒した高木を玉切りして、無事に搬出し終えた軽井沢H邸の庭畑造成予定地。

b0133243_22234133.jpg

この場所には ツリバナ、ウワミズザクラ、コブシ、イチイ、モミ など、計10本程が植えられていた。でも、なぜだかどれも元気無く、元の幹が枯れてしまっているものが多い。

庭畑を作るため、かろうじて元気の良さそうなものを数本残し、弱ってる株は残してもしょうがないので抜く事にした。

でも、なぜこの場所の木は元気が無いのだろう。
ず〜っと疑問でした。

土なのか、もともと植えた木が弱っていたのか?それとも祟りか(ありえません)?

その答えが、今日、やっとハッキリしました。

木々が弱って枯れてしまった原因。それは “ 深植え ” 。


では、なぜ木を深植えすると枯れるのか。
それは酸欠になるからである。

普通、木を植える場合は下のイラストのような植え付け深さに植えます。

b0133243_2223539.jpg

水はけが良すぎる場合は深く植え付けたり、湿った場所では高く山を盛って植え付けたりするが、普通の場所ならば、通常はイラストの位置で植える。

しかし、この場所に植えられてた木は、

b0133243_2236573.jpg

全てこのイラストのように深植えされてしまっていて、深い位置にある元の根が酸欠で弱り、腐りはじめていました。

地面の深い所では二酸化炭素が多く、酸素は極めて少なくなっています。
大気中の二酸化炭素濃度は約0.036%ですが、地中の浅い所では0.3%、深い所では3%もあり、大気中の10〜100倍にもなります。その分地中の酸素は少なくなります。地中の深い場所というのが、いかに息苦し場所なのかわかりますよね。

深植えされた木は酸素を求め、息も絶えだえになりながら地上部付近の幹から新しい根を出します。こんな状態を二段根といいます。
上段の新しい根から、水、酸素、栄養を吸い上げ、新しい “ ひこばえ ” を沢山生やして、命をつなぎとめようとするのです。

この場所の木々はどれもこんな状態でした(写真撮り忘れましたが、上記のイラストのようでした)。

b0133243_22234520.jpg

前の持ち主が植えた木々をそのままにして、土を盛って造成しこの場所を作ったようです。この場所を造った造園屋さんが木の深植えは御法度だという事を知らなかったとは思えません。じゃあ、知っていたけど対策をとらなかったということか?

b0133243_2223479.jpg

こんな風に掘り上げて根巻きをして養生し、造成後適切な深さに植えるだけなのに。
新しい木を植える為にわざと枯らそうとしたのか?
それとも、堀上げるのが面倒になってやっつけ仕事的に施工しちゃったのか?

どちらにしても信じたくない話です。木も、お客さんも可哀想。
こういういい加減な仕事をして恥ずかしくないんだろうか?
もっと植物のプロとして、自覚と誇りをもって仕事して欲しいものです。

結果的になんですが、この庭を施工した業者さんはもうありません。
(こんな仕事をしていては当たり前の結果ですね)
でも、こういう業者さんが後を絶たないのも軽井沢の真実。
苗市などでもこんな業者さんに庭の木々をダメにされ、何度も木を植え替えられたというお悩みをぶつけてくる方もいました。皆さんも気おつけてください。

今回の庭造りで判明したお庭の悲しい真実。
救出した木々達だけでも、元気に育って欲しいものです。
by eilakuyagarden | 2011-06-14 22:44 | 里山林の庭 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








<< 偉いぞ!凄いぞ! 伝えることの大切さ >>



  長野,軽井沢,岐阜 風景に溶け込む雑木の庭自然な庭造りと里山園芸
by 永楽屋garden
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
about 永楽屋garden
山野草、雑木、愛すべき日本の里山風景。そんな自然な庭を愛するあなたへ...

人と自然、植物が触れあえる“ 住まう庭づくり ”


永楽屋garden では...
そこにある自然を生かしたナチュラルガーデンのデザイン、施工、メンテナンスを行っています。

「花木と語らう緑の園芸教室」も不定期に開催。
ガーデニングの基本、お庭、植物と触れ合う楽しさをお伝えしています。


長野県, 軽井沢, 八ヶ岳, 岐阜県で主に活動していますが、ご依頼があれば日本全国どこへでも伺います。まずはご相談くださいね。

お庭造りに関するご相談
お問い合せはこちらまで

mail:
eilakuya_garden@polka.ocn.ne.jp
Tel/Fax:
0267-32-0253
Mobile:
090-2346-6877
※日中は不在にしていることが多いので、mail,Mobileでのお問い合わせが確実です。

カテゴリ
全体
永楽屋ガーデン
里山林の庭
インドアグリーン
木の物語
息抜き
岐阜の庭
大山桜を守る会
追分宿の庭
庭造りいろいろ
園芸教室
浅間山
散歩道
イベント
野草の暮らし
メディアなど
スタッフ募集
未分類
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧