キハダ
昨日の伐採作業の最後に、樹勢も衰え、もはや木の上の方だけに弱々しく葉をつけた高木を伐採した。高い位置にある葉のつき方や、樹皮の様子から “ ニセアカシア ”かと思っていた。

b0133243_2301431.jpg

でも、木を倒す為に受け口をつけた際に、それが間違いである事がわかった。

b0133243_2301733.jpg

良く発達した厚いコルク層の下には、カレー色に染まる内樹皮。
そう、この木の名前は “ キハダ ” 。

ミカン科キハダ属。雌雄異株の落葉高木。日本全国の山地に生え、樹高は25mくらいになる。

b0133243_2302386.jpg

まだ開花していなかったので、この花が雄か雌かはわからないが、雄株の花には雄しべが5本と雌しべが一本、雌株の花には雌しべが一本と、雄と雌で異なるので簡単に見分けられる。

花はミカンの花には全く似ていないが、葉っぱは何となくミカン似かな?


そして、一番の特徴はその内皮の鮮やかな黄色。

b0133243_2302855.jpg

この内皮には収れん作用(組織や血管を縮める作用のことで、肌をひきしめたり、炎症を抑えたりする効果がある)があり、オウバクという名で下痢止めや健胃薬などに利用されている。

実際、内皮をしゃぶってみると苦い。でも、その皮はスポンジのように柔らかくて気持ちいい。ちょっと高めなスニーカーの中敷きのような感じだ。
“ 良薬口に苦し ” という言葉があるが、色といい、苦みといい確かになんだか効きそうではある(と言いながら、促されても怖くてなかなか口にできずチキッてしまいましたが...)。

内皮の色からもなんとなく想像できますが、このキハダ、原始時代から使われてきた草木染めの染色植物。でも、黄色が焼けて茶色になり易いそうで、そのまま色を利用するよりも、緑染めや赤を染める下染めに使うとよい染材料になるそうだ。高校時代にとっていた美術の選択授業で『油絵』の授業があり、茶色い絵の具を白いキャンバスに塗って下地を作った覚えがあるが、それと同じ事なのかな?


切断したキハダの切り口。
外皮付近が黄色くて、中央部は褐色。奇麗な色。

b0133243_2302851.jpg

一本立ちに見えたキハダの木だったが、切り口を見るとその歴史がよくわかる。
一つの切り口に2つの年輪。その間には裂け目。この裂け目は幹や枝が2つに分かれた叉の部分に外皮が入り込む 『 入り皮 』 という現象の名残。

この木は、この叉の部分から2つに裂ける事を防ぐため、幹をくっつけ、厚い外皮で2つの幹の周りに更なる外皮を造り、一本になって育っていったんですね。
弱い部分を長い長い年月をかけて自己修復していく樹木の力ってやっぱり偉大だ。

一本のキハダの木から、多くを学んだ一日でした。
by eilakuyagarden | 2011-06-11 23:06 | 木の物語 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








<< 伝えることの大切さ 木を切る、庭をつくる。 >>



  長野,軽井沢,岐阜 風景に溶け込む雑木の庭自然な庭造りと里山園芸
by 永楽屋garden
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
about 永楽屋garden
山野草、雑木、愛すべき日本の里山風景。そんな自然な庭を愛するあなたへ...

人と自然、植物が触れあえる“ 住まう庭づくり ”


永楽屋garden では...
そこにある自然を生かしたナチュラルガーデンのデザイン、施工、メンテナンスを行っています。

「花木と語らう緑の園芸教室」も不定期に開催。
ガーデニングの基本、お庭、植物と触れ合う楽しさをお伝えしています。


長野県, 軽井沢, 八ヶ岳, 岐阜県で主に活動していますが、ご依頼があれば日本全国どこへでも伺います。まずはご相談くださいね。

お庭造りに関するご相談
お問い合せはこちらまで

mail:
eilakuya_garden@polka.ocn.ne.jp
Tel/Fax:
0267-32-0253
Mobile:
090-2346-6877
※日中は不在にしていることが多いので、mail,Mobileでのお問い合わせが確実です。

カテゴリ
全体
永楽屋ガーデン
里山林の庭
インドアグリーン
木の物語
息抜き
岐阜の庭
大山桜を守る会
追分宿の庭
庭造りいろいろ
園芸教室
浅間山
散歩道
イベント
野草の暮らし
メディアなど
スタッフ募集
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧