防草対策の効果
昨日の園芸教室で箱庭の寄せ植えを製作していた庭畑の一角。

b0133243_1935295.jpg

今日からこの庭畑の一角に工事が入った。
僕の事情ではないが、鉄板が敷かれ、これから一月半ほどの作業が始まる。

その準備のため、工事業者さんの手を借りながら、折角奇麗においた瓦を取除き、奇麗に張った防草シートの南1/3ぐらいを捲りあげた。
b0133243_194260.jpg


基本的には作業後現状復帰なのだが、元に戻すと言っても土木工事屋さんに任せておくと、出来は現状以下なので自分でやるしかないんだろうなぁ。

b0133243_1941592.jpg

作業期間中、キュッと北側に移動した花苗達に問題が無い事を祈るばかり。
今回防草シートをあげた所は、作業後どうにでも作り替える事はできるからね。
しかし、庭畑を奇麗にして一年と2ヶ月。どうも、この地に庭畑作ると平安にいかないようだと呟いてみる。


まあでも、こんな事があると気分もリフレッシュしていいかな。
(とも思いながら、いろいろ心配事もあるが...)


この工事が入ったおかげで、一ついいこともあった。
一年と2ヶ月前に施工した防草対策 の効果を実際に確認できる事だ。
こんな工事でもないかぎり、決してシートを捲りあげるなんてしないからね。


ということで、地味な話題ですが
『 麻袋と防草シートによる防草対策 』 の効果を見てみましょう。

シートを捲った庭畑の苗置き場の様子。

b0133243_1935733.jpg

手前の防草対策していない場所とシートを敷いた場所の違いは歴然です。

では部分的に見てみましょう。


【1】麻袋だけの場所 ( 防草シートはなし。苗も置いてない ) 。

b0133243_194197.jpg

野ざらしの麻袋は一年でぼろぼろになってしまう。麻袋の下からはスギナなどが顔を出す。一年草の雑草も光が入る場所を狙って出てきます。
ある程度の防草効果を必要とするなら、毎年新しい麻袋を重ねていく必要がある。


【2】麻袋+防草シート(苗を置いていなかった場所)。

b0133243_197781.jpg

麻袋と防草シートの二重の対策により、光が完全に遮られ雑草を押さえ込んでいる。
花苗を置いていなかったので、雨以外に水が溜まるなんて事は無かったから、まだ麻袋が原型をとどめている。


【3】麻袋+防草シート(苗を置いてあった場所)。

b0133243_194259.jpg

【2】と同じ防草対策方法だが、花苗を置いてあった部分は定期的に水やりなどを行っているので、土壌の菌類や微生物が活発に活動して麻袋が分解されている。
土が見えるん部分にモヤシのような雑草の発芽は無く、一年草の雑草は麻袋と同じでほぼ腐って消えたようだ。防草効果は上々である。
でも、こうやって捲って光が当たると 「これは好機!」 と腐りきらなかった雑草や種達がきっと発芽するんだろう。それほど雑草やその種達は強いのである。それに、スギナは消えたように見えて土の中で眠っているだけで、地上部の変化を感じ取ればニョキニョキ生えてくる。まあ、スギナと戦っても負け負けなんで、作業が終わったらまた眠ってもらいます。


ご覧のように 『 麻袋と防草シートによる防草対策 』 の効果は十分過ぎるくらいに “ 効果あり ” って事がハッキリ確認できました。

地面が少しくぼんでいて水が溜まり易い場所や、苗が置いてあって湿気が溜まり易い場所では、菌類や微生物がシート下で活発に活動し、麻袋の分解がそうでない部分よりもかなり早いというのは凄いなぁ。

まあ、想定通りの防草効果で一年草の草がほとんど消えているから問題ないが、花苗が置いてある部分は二年ぐらいで麻袋が分解し土に還るとすると、防草シート一枚だけになってしまうからスギナがちょっと心配。その時は岐阜の苗畑でやっているように、シートの上に一枚重ねるしか無いかな。

防草シートの耐用年数も5年くらいだから、4年くらいでシートを全取っ替えし麻袋を敷き直すのが良いんでしょうね。

それがハッキリ判った事が今回の工事の収穫です。
by eilakuyagarden | 2011-06-06 19:36 | 永楽屋ガーデン | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








<< これシダですか? 2011年第一回園芸教室「寄せ... >>



  長野,軽井沢,岐阜 風景に溶け込む雑木の庭自然な庭造りと里山園芸
by 永楽屋garden
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
about 永楽屋garden
山野草、雑木、愛すべき日本の里山風景。そんな自然な庭を愛するあなたへ...

人と自然、植物が触れあえる“ 住まう庭づくり ”


永楽屋garden では...
そこにある自然を生かしたナチュラルガーデンのデザイン、施工、メンテナンスを行っています。

「花木と語らう緑の園芸教室」も不定期に開催。
ガーデニングの基本、お庭、植物と触れ合う楽しさをお伝えしています。


長野県, 軽井沢, 八ヶ岳, 岐阜県で主に活動していますが、ご依頼があれば日本全国どこへでも伺います。まずはご相談くださいね。

お庭造りに関するご相談
お問い合せはこちらまで

mail:
eilakuya_garden@polka.ocn.ne.jp
Tel/Fax:
0267-32-0253
Mobile:
090-2346-6877
※日中は不在にしていることが多いので、mail,Mobileでのお問い合わせが確実です。

カテゴリ
全体
永楽屋ガーデン
里山林の庭
インドアグリーン
木の物語
息抜き
岐阜の庭
大山桜を守る会
追分宿の庭
庭造りいろいろ
園芸教室
浅間山
散歩道
イベント
野草の暮らし
メディアなど
スタッフ募集
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧