カタクリ
山頂の雪も溶け、まだら模様の浅間山。

b0133243_1843389.jpg

山麓に春の訪れを知らせてくれます。

とわいえ今朝は-1.3℃と冷え込んだ軽井沢。
早朝の撮影は手がかじかみました。

なにを撮りに行ったかというと.....、これです。

b0133243_1843124.jpg

そう “カタクリ”です。


軽井沢のお庭にカタクリの球根を植えたのは2009年の10月。

b0133243_18431852.jpg

ギボウシやスミレ、フシグロセンノウなどと一緒に300球の球根を植えました。

b0133243_18433719.jpg

白く細長いカタクリの球根。小さいけど意外に深く植え込んだ方がよく育ちます。
「って、どのくらいなの?」
う〜ん、そうですね、10cmぐらいの深さでしょうか。カタクリの球根はとても脆くて細長いので少し無理に扱うとポキッと折れてしまいますから要注意です。

慎重かつ大胆に植え込んでから1年半。
昨年は葉っぱだけ。
でも今年はこんなに沢山の花が咲きました。

b0133243_1844316.jpg

何も無かったデッキ横のスペースが、今やすっかりカタクリの群生地です。

こうなることを頭に描き、庭の中でカタクリが育つのに一番の好適地を見極め植栽したのですが、自分の思い描いた姿に育った庭を見られるのは本当に嬉しいことです。
残念なのは、この週末にお客様自身がこの満開の“カタクリ” を見られないことです。
あと2週間、カタクリの花が保ってくれるといいんだけどなぁ〜(ちょっと無理ですかねぇ)。


花はまだ咲きだしたばかり。

b0133243_18441492.jpg

蕾が開きはじめ、花びらが少しずつ反返り、

b0133243_18441637.jpg

すっかり反返れば、ホラ皆さんご存知の “カタクリ” の顔になります。

カタクリは山野に自生する球根。
生育地は山野の夏場薄暗い雑木林の林下。
暑さや蒸れにはとても弱く、平野部のお庭で育てることは少々難しいです。

球根部分(鱗茎)に質の良いデンプンを多く含んでいるので、それを精製して「カタクリ粉」をつくっていました。現在食用に用いられているカタクリ粉はジャガイモのデンプンです。「そうか良質のカタクリ粉の塊か」って考えると、球根のあの脆さもなんだか納得?

b0133243_18441869.jpg

葉はとても美味しい春の山菜としてしられています。
美味すぎるという話(僕は食べたこと無いです)ですが、葉を食べれば球根に蓄えるための栄養を作ることもできません。来年開く葉や花は今ある球根の中のエネルギーを消費してつくるしかありませんから、球根は痩せて細くなり、これを繰り返せば球根は消えてしまいます。採り過ぎないようにしてください。

また、その花の美しさに乱獲や盗掘も多く、土地開発などによる環境破壊で生育地や数は減少の一途。各地で群生地として保護したり、植栽して増やしたりする試みが行われています。人間の横柄な乱獲や開発は繊細な山野草の自生地を滅ぼす大災害なんです。自生地を保護する為にも、そっと見守る優しさを忘れないでください。


高台で津波の被害を免れた青森県八戸市鮫町にある青森県立種差少年自然の家でカタクリがいつもの春とかわらない奇麗な花を咲かせたそうです。デーリー東北新聞社4月14日の記事。素敵な花便りです。可憐なカタクリの花が、きっと被災地の方々の疲れを癒してくれることでしょう。

b0133243_1844264.jpg

実生のカタクリが花をつけるまで7〜8年かかります。
今年咲いたカタクリの花が種をこぼし、球根を育み、奇麗な花を咲かせる頃、きっと東北地方も今までよりも、もっと、ずっと奇麗な花を咲かせ、力強く復興しているに違いない。

この花便りが被災地の沢山の人達に届いて欲しいものです。

この庭がカタクリの赤紫色の花で埋め尽くされるのは、いつの日かなぁ。
庭の成長も東北地方の復興も、ず〜っと見守り、応援し続けていきたい。
by eilakuyagarden | 2011-04-17 18:59 | 里山林の庭 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








<< 幸せ色 その実は知ってますが... >>



  長野,軽井沢,岐阜 風景に溶け込む雑木の庭自然な庭造りと里山園芸
by 永楽屋garden
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
about 永楽屋garden
山野草、雑木、愛すべき日本の里山風景。そんな自然な庭を愛するあなたへ...

人と自然、植物が触れあえる“ 住まう庭づくり ”


永楽屋garden では...
そこにある自然を生かしたナチュラルガーデンのデザイン、施工、メンテナンスを行っています。

「花木と語らう緑の園芸教室」も不定期に開催。
ガーデニングの基本、お庭、植物と触れ合う楽しさをお伝えしています。


長野県, 軽井沢, 八ヶ岳, 岐阜県で主に活動していますが、ご依頼があれば日本全国どこへでも伺います。まずはご相談くださいね。

お庭造りに関するご相談
お問い合せはこちらまで

mail:
eilakuya_garden@polka.ocn.ne.jp
Tel/Fax:
0267-32-0253
Mobile:
090-2346-6877
※日中は不在にしていることが多いので、mail,Mobileでのお問い合わせが確実です。

カテゴリ
全体
永楽屋ガーデン
里山林の庭
インドアグリーン
木の物語
息抜き
岐阜の庭
大山桜を守る会
追分宿の庭
庭造りいろいろ
園芸教室
浅間山
散歩道
イベント
野草の暮らし
メディアなど
スタッフ募集
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧