待ってるだけじゃ
毎日、今、自分に何ができるか考えながら動いている。
庭造りが僕の仕事。それ以外に大したことは何もできないけど、
考えを伝えたり、声をあげることはできる。


数日前から、考えていたことがあってどうしようか悩んでいた。
昨日くらいから、被災地からは医療機関の悲痛な叫びが伝えられていて、
今朝のニュースでは、福島で受け入れ先を探していた被災患者さん14名が避難所で亡くなったとの報道があった。


やはり、これは提案せねばと市役所に連絡した。
僕の故郷の岐阜県各務原市には航空自衛隊の岐阜基地がある。
この基地から車で約5分の所に地域の拠点病院である「東海中央病院」がある。
病床数約300床の総合病院。
今、この病院は隣にできた新病院への移転中で、来週3月25日に新病院が開院する。
ということは、旧病院の建屋は空となるわけだ。


これをうまく使わない手はないじゃないか。
病棟丸ごと空きのある病院なんてそうはない。
しかも、近くには航空自衛隊の基地がある。
震災の被害も混乱もなく、給油制限も物資不足もない。
しかも、各務原市の尾崎住宅にある県営住宅150戸を震災被災者向けに県が無料提供すると発表があった。

地方の自治体と自衛隊、病院がうまく連携すれば、重病の被災患者さんだって被災地から自衛隊機を使って空輸して救えるし、被災地の病院の負担も軽減できる。
さらに、希望があれば、そのまま家族単位で避難もできることになる。

こんなに環境が整っているんだから、動かないでどうするの!
こんな気持ちを込めて、市に提案してみた。


数時間後、市の担当者から反応があった。
「岐阜県や病院も被災者支援は考えているそうです。医師、看護しなど受け入れ体制を整えなければならないし、すぐには対応できませんが、国からの要請があれば応えるつもりだということで病院側から回答をいただきました。ご提案の内容は、病院側に市民からの声として、しっかり伝えてあります。」だそうだ。


市民の声を聞き、素早く動いてくれた市役所の職員の方には感謝いたします。
でも、病院側の回答は哀しすぎます。
こんな非常時なのに、要請がなければ動かないのかい?ってところが哀しい。哀しすぎます。
たしかに、移転準備で大変なのでしょうが、こういう時期だからこそ、こちらから動かないといけないんじゃないですか?
「こういう体制を整えていますから、いつから受け入れできます。希望者はぜひ声をあげてください。」などと言えないのだろうか。
TVに映る同じ医療従事者の悲痛な叫びに、患者さんの窮状に、すぐに応えなければと言う使命感は沸いてこないのだろうか?


僕には力がないから、声をあげるしかない。
でも、本当に待っていていいのでしょうか。
待ってるだけじゃ、なにも伝わりませんよ。

被災地の自治体や病院が、遠く離れた各務原市の病院を知っているわけないじゃないですか。

僕には患者さんや医療機関を助ける力はないけど、声をあげることはできる。
情報を伝えてあげるだけでも、選択肢が増えて何かの役に立つかもしれない。
そう思い、各務原の病院の情報と上記の内容を宮崎県庁の医療整備課にお伝えしました。
「国の、被災地からの要請があれば動くそうです。ぜひ役立ててください。」
どうか、強く強く要請して重い腰を上げさせてやってください。


僕には力がないから、声をあげるくらいしかできない。
でも、この小さな声が被災地の患者さんの窮状を救う一助になってくれればと切に願います。


このブログを書いていた時、NHKのニュースで各務原市の右二つ隣の多治見市にある『多治見市民病院』で被災患者を病院側が受け入れるとの発表がありました。
詳しくはこちら
なんて嬉しいニュースなんだろう。
僕と同じように感じ、動いた病院がある。
僕のような小さな存在でなく、救う力をもった人たちがいた。動いてくれた。
被災地の医療従事者および患者さんの窮状をみて行動を起こしたそうです。
「寒い避難所にいると病状が悪化してしまう。そういう人に手を差し伸べ、こうした動きが全国の病院に広がるとうれしい」とは医療法人の山田理事長の言葉。


待っているだけじゃダメですよ。
患者さんを救う力をもったあなたたちが動かないでどうするんですか。
今動かないでいつ動くんですか。
今こそ、こちらから動くときなんじゃないですか。

被災していないこの地で体制なんていくらでも整えられますよ。

僕には力がない。だから声をあげるしかないんです。
お願いです、動き出してください。
by eilakuyagarden | 2011-03-17 22:11 | 永楽屋ガーデン | Comments(6)
Commented by 石油王ポポロ at 2011-03-18 00:13 x
貴方様の日記に感銘しております
同じ気持ちとして応援します。
Commented by veronica-t at 2011-03-18 00:27
お伺いをたてて、要請があれば・・
こういう災害のとき、必ず耳にする言葉です。
悲しすぎるし、憤りを覚えます。
先日、地元のニュースに、出雲市が空いている市営住宅に
被災者の方を受け入れることにしたと言っていました。
今、一組入居されることが決まったそうです。
署名運動とか、何かお手伝いできることがあればおっしゃってください。
Commented by wazawazapan at 2011-03-18 07:31
素晴らしい行動ですね。感銘いたしました。
永楽屋さんの声が届いて、速やかに受け入れが行なわれることを願います。
お返事入りません^^
Commented by kari at 2011-03-18 10:43 x
私も昨日ニュースで多治見市の受け入れを見ました。
しかし、深夜にはNHKオンラインはリンク切れになってました。
また、市からの正式な発表がありません。
TV放送した割に情報ソースが命じさえれず、安易に広めることはできない状況です。
各務原市の受け入れについても、岐阜新聞が少し取り上げてる程度です。
正式な発表及び資料はないのでしょうか?
Commented by eilakuyagarden at 2011-03-18 14:13
石油王ポポロさん、veronica-tさん、wazawazapanさん。
コメントありがとうございます。本当は、こんなこと書かなくてもと思ったのですが、もし、このブログを見ている人の中に、救う力を持った人がいて、これを見て『よし!』って思って行動に移してくれる人がいればと思い書いたしだいです。
助けたくても何もできない、自分の力のなさを痛感していますが、背伸びしてもしょうがないので、今できることを、自分の範疇でやるしかないですね。今は、この声が病院側に届くことを祈って、しばし見守ろうと思います。地元の救う力を持った人たちから声が上がり、多治見市民病院のように動き出すことを期待して...。
もし、なかなか動きが見えないときには、また、時期をみて、被災地に情報だけは伝えてあげたいと思います。
Commented by eilakuyagarden at 2011-03-18 14:30
kariさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
多治見市民病院の取り組みは、おそらく、病院を運営している社会医療法人厚生会が単独で動いたものだと思います。市民病院とはいえ経営は市の範疇ではありませんから、市からの正式発表はないと思います。医療法人が抱える系列病院の協力を受けながら、独自で被災患者さんを受け入れるのだと思います。
また、各務原市の被災者の受け入れは、岐阜県が主体で動いているので県庁のホームページの緊急情報に被災者支援の情報が出ています。まだ知らない人がいれば、どうか伝えてあげてください。


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








<< 苗畑をつくる 2 苗畑をつくる >>



  長野,軽井沢,岐阜 風景に溶け込む雑木の庭自然な庭造りと里山園芸
by 永楽屋garden
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
about 永楽屋garden
山野草、雑木、愛すべき日本の里山風景。そんな自然な庭を愛するあなたへ...

人と自然、植物が触れあえる“ 住まう庭づくり ”


永楽屋garden では...
そこにある自然を生かしたナチュラルガーデンのデザイン、施工、メンテナンスを行っています。

「花木と語らう緑の園芸教室」も不定期に開催。
ガーデニングの基本、お庭、植物と触れ合う楽しさをお伝えしています。


長野県, 軽井沢, 八ヶ岳, 岐阜県で主に活動していますが、ご依頼があれば日本全国どこへでも伺います。まずはご相談くださいね。

お庭造りに関するご相談
お問い合せはこちらまで

mail:
eilakuya_garden@polka.ocn.ne.jp
Tel/Fax:
0267-32-0253
Mobile:
090-2346-6877
※日中は不在にしていることが多いので、mail,Mobileでのお問い合わせが確実です。

カテゴリ
全体
永楽屋ガーデン
里山林の庭
インドアグリーン
木の物語
息抜き
岐阜の庭
大山桜を守る会
追分宿の庭
庭造りいろいろ
園芸教室
浅間山
散歩道
イベント
野草の暮らし
メディアなど
スタッフ募集
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧