記録写真、記憶写真。
パソコンとにらめっこの毎日。

b0133243_23451775.jpg

昨年の春〜秋までお世話してきた庭の植生調査結果をまとめている。

各月のメンテナンスの様子、お庭の状態、季節毎の植物の植生とその同定などなど。

昨年の結果をまとめた上で、今年のメンテナンスのすすめ方、庭造りの計画を立てていく。どんな植物がどんな場所に、どんな環境のもとで育っているのかがわかれば、あの場所は今のままで維持していこう。あそこは大きく手直しして新しい庭を造っていこうなどを決め、お客様に提案していける。

本当にいろんな植物が、いろんなで育っていた。
良く知った顔の子もいれば、「ん〜これはどっちだ?」と迷う子、「この植物はなんて名前だ?」と見たことのない子もいる。

b0133243_23452030.jpg

だから、全国版の植物図鑑と長野県や軽井沢だけに特化した図鑑などの、いろんな資料と、仕事をしながらこの眼で見てきた経験と知識が欠かせない。


そして、一番はやはりちゃんと記録しておくこと。
そうです、写真です。

かっこいい写真、伝わる写真も大事だけど、それよりもいろんな特徴をしっかり記録として残すことがやっぱり重要。

かっこいい写真、奇麗な写真なら、花のアップやボケを効かせた写真なんてことになるんだろうが、記録として、資料として残すとなるとちょっと違ってくる。


周りの環境を含めて幹、枝、葉、花の姿、成育環境を思い出せる記憶写真と
個々のパーツの特徴を納めた記録写真が必要になる。
僕は勝手にこう呼んでいる。


例えば、これは 「ヤブデマリ」の写真。
木の大きさ、枝ぶり、葉と花の付き方がわかり、周りの環境が思い出せるような記憶写真。

b0133243_2345308.jpg

ミズバショウが自生している、建物の北側の池の畔。
コブシ、ミズキ、カラマツ等の高木の林の下に生えている。
ちょっと薄暗い環境が好きなことを思い出せる。


このヤブデマリに似ている種類に、ヤマアジサイやガマズミ、ゴマギなどがある。
よく見て知っていれば何も問題なけど、もし判別に困った場合、
見分けるポイントは花と葉(あと樹皮の様子などもあれば完璧)だ。

花のつき方、咲き方、実のつき方、熟し方。
葉っぱのつき方、形、紅葉の色の違い。
これらを比べて、同定することになる。


そこで、主体を花に絞って撮影した写真や、

b0133243_23453222.jpg

葉っぱだけを撮影しておく。

b0133243_23453514.jpg

こうすることで、花の特徴として「中央の小さな両性花の周りに大きな白い装飾花がつく」とわかりゴマキやガマズミでは無いとわかる。
そして、葉っぱの大きさや形、葉の縁の形状、葉脈の模様からヤマアジサイとは違うなってわかる。
最後に、育っている地域、環境、樹高などから 「ヤブデマリで間違いないな!」と確信することができる。

森を歩いていて「あれ、これなんて植物だろう?」と思ったら、花ばかりを撮らないで、全体と花、葉をその姿形、つき方がわかるように撮影しておくといい。
できれば、なるべく大きなファイルサイズ(高い解像度)で撮ってください。
種類を見分ける時に、きっと画像を大きく拡大して細かい部分を確認したくなるはずですから。


あとは最後に ちょっとかっこいい写真 も撮っておいたら完璧。
(これが今でも上手くいかないんですけどネ...)
by eilakuyagarden | 2011-01-27 23:53 | 永楽屋ガーデン | Comments(2)
Commented by しゅまい at 2011-01-30 00:13 x
記録することはとても大切ですね。 どのように記録するかで後々参考にできる幅が広がりますよね。  今回の説明はとても参考になりました。 植物の撮影のポイントが分かり易かったです。
でもお手本通りに上手くはいかないだろうな・・・・
今度教えて下さい!!
Commented by eilakuyagarden at 2011-01-30 11:08
しゅうまいさま。
雑誌を何冊ももってその場所でいろいろ調べられたり一番ですけど、現実的には...。仕事が忙しいと、なかなかすぐにも調べられないからやはりしっかり記録することは大事ですね。調べ方など参考になれば嬉しいです。
あと、お庭の様子などは毎年生長し変化していきます。今見ている庭の姿はその時だけ、だからその変化を知るためにも、ぜひ写真に残して欲しいですね。
春、芽吹きの頃に追分の町でも皆でカメラ片手に散策したいっすね〜。


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








<< 新燃岳の噴火に思う 野良野菜 >>



  長野,軽井沢,岐阜 風景に溶け込む雑木の庭自然な庭造りと里山園芸
by 永楽屋garden
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
about 永楽屋garden
山野草、雑木、愛すべき日本の里山風景。そんな自然な庭を愛するあなたへ...

人と自然、植物が触れあえる“ 住まう庭づくり ”


永楽屋garden では...
そこにある自然を生かしたナチュラルガーデンのデザイン、施工、メンテナンスを行っています。

「花木と語らう緑の園芸教室」も不定期に開催。
ガーデニングの基本、お庭、植物と触れ合う楽しさをお伝えしています。


長野県, 軽井沢, 八ヶ岳, 岐阜県で主に活動していますが、ご依頼があれば日本全国どこへでも伺います。まずはご相談くださいね。

お庭造りに関するご相談
お問い合せはこちらまで

mail:
eilakuya_garden@polka.ocn.ne.jp
Tel/Fax:
0267-32-0253
Mobile:
090-2346-6877
※日中は不在にしていることが多いので、mail,Mobileでのお問い合わせが確実です。

カテゴリ
全体
永楽屋ガーデン
里山林の庭
インドアグリーン
木の物語
息抜き
岐阜の庭
大山桜を守る会
追分宿の庭
庭造りいろいろ
園芸教室
浅間山
散歩道
イベント
野草の暮らし
メディアなど
スタッフ募集
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧