お庭の仕舞仕事
b0133243_2225873.jpg

カラマツが黄葉しました。
いよいよ軽井沢の秋も終わりのようです。

もう少ししたら、厳しい寒さに水も土も凍ってしまいます。

その前に来年の春、植物の美しい芽生えを見るために、
お庭も仕舞仕事(しまいしごと ※日本酒用語。麹造りの最終段階の仕上げ作業)の始まりです。

一年間、植物達の営みを見続けて来た庭。
その最後の仕上げ仕事が、宿根草の切り戻し作業。


これは冬枯れの “マツカサススキ”。

b0133243_22255941.jpg

こんな奇麗な冬枯れの姿を切ってしまうのは惜しいのだけれど、
春の芽生えの時期に切り戻すのは、新芽を避けながらの作業となって効率が悪い。
だから、今が最適なんです。

ただ、こんなに広い庭では、切り戻すのも大変なので、
一部は野焼きします。

b0133243_22261129.jpg

周りの林に火が燃え移らないように、いつでも火を消せる準備と、
広く燃え広がらないような対策を施してから、注意深く燃やします。

枯れ草を次々と炎が渡っていく。
暖かい炎が、寒い庭を優しく暖めてくれます。
ちょっと緊張しますが、本当に素敵な時間。

b0133243_22261777.jpg

風の動きに合わせ、炎はあっちに行ったりこっちに行ったり。
大きくなったり、小さくなったり。
生き物のように動き回ります。

何故だか、逃げる方向に煙がやってくるのは気のせいでしょうか?


まっさらになっていく庭と言うキャンバス。
どんどん冬の景色になっていく。
この庭に来年、どんな景色を描こうか?

b0133243_22262151.jpg

なんだか楽しくなってきます。

お庭の仕舞仕事。
新しい庭の景色を描くための、大切な仕上げ仕事です。
by eilakuyagarden | 2010-11-10 22:29 | 里山林の庭 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








<< 樹形は語る 思い出をたどって 2 >>



  長野,軽井沢,岐阜 風景に溶け込む雑木の庭自然な庭造りと里山園芸
by 永楽屋garden
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
about 永楽屋garden
山野草、雑木、愛すべき日本の里山風景。そんな自然な庭を愛するあなたへ...

人と自然、植物が触れあえる“ 住まう庭づくり ”


永楽屋garden では...
そこにある自然を生かしたナチュラルガーデンのデザイン、施工、メンテナンスを行っています。

「花木と語らう緑の園芸教室」も不定期に開催。
ガーデニングの基本、お庭、植物と触れ合う楽しさをお伝えしています。


長野県, 軽井沢, 八ヶ岳, 岐阜県で主に活動していますが、ご依頼があれば日本全国どこへでも伺います。まずはご相談くださいね。

お庭造りに関するご相談
お問い合せはこちらまで

mail:
eilakuya_garden@polka.ocn.ne.jp
Tel/Fax:
0267-32-0253
Mobile:
090-2346-6877
※日中は不在にしていることが多いので、mail,Mobileでのお問い合わせが確実です。

カテゴリ
全体
永楽屋ガーデン
里山林の庭
インドアグリーン
木の物語
息抜き
岐阜の庭
大山桜を守る会
追分宿の庭
庭造りいろいろ
園芸教室
浅間山
散歩道
イベント
野草の暮らし
メディアなど
スタッフ募集
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧