思い出をたどって 1
本当に久しぶりにゆっくりとした時間を過ごしています。
岐阜の暖かさと仕事から完全に離れているため、疲れも風邪も順調に回復しました。

心身ともに調子もあがってくると、つい庭仕事を始めたくなるんですが、
今回は見て見ぬふりをして、ちょっと思い出をたどって散歩にでかけました。

b0133243_1216271.jpg

小屋の中でしばらく眠っていた10年来の愛車のMTB(マウンテンバイク)が今回の散歩の相棒です。

小春日和の中、風を切って走るのは本当に久しぶり。

昔(っていっても5年程前の話ですが)は、ヘルメット、グローブ、そして完全にレーシーなサイクルジャージを着て、一日50〜60kmの道のりをMTBを駆って、舗装路や河川敷の砂利道、山道など縦横無尽に走り、帰りは馴染みのcafeで一休みなんてのが、僕の週末のライフスタイルでした。
いまでこそ自転車(ロードバイクが主流ですが)ブームで、猫も杓子も週末サイクリングですが、当時はまだまだこんな風に走っている人も少なく、かなり目を引く感じでした。

さすがに今回はお散歩なんでもっとラフな恰好ですが、でもグローブと簡単な修理工具、そしてサドルにあたる股間部分にパッドが入ったサイクルショーツ(とかサイクルパンツ、スパッツと言います)は必須です。

てことで、いざ出発。
愛知県から続く濃尾平野。木曽川を越えて岐阜県各務原市に入ると、少し高くなっています。各務原大地と呼ばれています。今の実家はこの大地の西の端にあります。
ここがスタート地点。

b0133243_12163269.jpg

実家の目の前を走る、国道21号バイパスを西に向かうとすぐに坂があり、これを下ると10年前に暮らしていた昔の家の周辺、そして実家の田んぼがあります。

b0133243_1216468.jpg

今ではすぐ横を国道21号バイパスが走り、沢山の車とお店しか見えませんが、子供の頃は一面田んぼが広がり、遮るもののない田んぼの景色の遥か遠くには伊吹山がその姿を見せていました。
今では、いろんな物に遮られて、ここからは伊吹山が見えません。寂しいですね。

でも、変わらない景色もあります。
b0133243_12164993.jpg


昔、魚とりの網を手に川の中を走り回っていた『三井川』。
一時は生活排水でとても汚れていましたが、水質もかなり良くなり、鯉やフナ、ナマズなんかも帰って来ていました。でも、川の中で遊ぶ子供の姿がないのが悲しいですけどね。

バイパス沿いを西に走ると5分程のところにあるのが『イオン各務原ショッピングセンター』。

b0133243_12165388.jpg

地上3階建て、商業施設面積78250平方メートル、186の専門店で構成され、3500台余りの駐車場を備えたモール型の大型ショッピングセンター。夜11時までオープンしていてここに行けばなんでも揃っちゃいます。ここも昔は畑と田んぼ。植木の苗圃なんかもありました。

ここから北に走ると、中山道が東西に走っています。
東京日本橋を出発して、軽井沢の追分宿などを経由して、国道19号線沿いに木曽川を南下し、ここまで繋がっています。

b0133243_1217521.jpg

鵜沼宿と加納宿を結ぶ中山道の街道筋。今ではバイパスが渋滞した時の抜け道的存在です。ここを西に走り、岐阜市の市街地を目指します。

b0133243_1217111.jpg

ところどころ中山道の街道筋の面影を残した建物が点在しますが、まとまって保存されているのはやっぱり鵜沼宿の周辺ぐらいです。

b0133243_1217381.jpg

でも、点在する古い建物をたどっていくだけでも中山道の街道筋の賑わいを何となく感じることができます。

中山道を西に走り、加納宿の手前で街道を離れ北に向かへばJR岐阜駅と名鉄岐阜駅周辺。岐阜の玄関口です。

ここまで約12kmの行程。
ここで、最初に書いた馴染みのcafe『Le Boudoir(ル ブドワ)』で一休み。

b0133243_12171438.jpg

ずっと通っている珈琲専門店。美味しいコーヒーと居心地の良い空間。
ホッと落ち着ける僕の大事な場所です。
ここの珈琲は全てマスターが自家焙煎した豆を使っていて、全てネルドリップで目の前で入れてくれます。味は本当に絶品!岐阜に行くことがあれば是非一度ご来店ください。

今回はマスターの味を継承するスタッフの川嶋くんがブレンドを入れてくれました。

b0133243_12171659.jpg

実はこのお店、来年から新しマスターとして彼が引き継ぎ、今のまま、お店の名前もそのままで続けていきます。完全にマスターの味を継承していて、既に彼がこの店の顔。ヤングマスター頑張れ!

ゆっくりと一杯のコーヒーを楽しんで、休憩した後はここから更に北に向かいます。

目指すは織田信長が居城とした『岐阜城』と金華山。そして、温泉街と鵜飼宿などのある河原町や長良橋周辺。

b0133243_12171720.jpg

この辺りは僕の高校時代の通学路の途中で、高校時代毎日見ていた懐かしい景色が広がっています。MTBで遠乗りしていた時の休憩地点でもあるし、大好きな甘味処もあり、本当によく行っていた僕の大好きな場所の一つです。

では、出発ですが、この先の話はまた明日。
今日はここまでです。
by eilakuyagarden | 2010-11-07 12:28 | 息抜き | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








<< 思い出をたどって 2 夢のあと >>



  長野,軽井沢,岐阜 風景に溶け込む雑木の庭自然な庭造りと里山園芸
by 永楽屋garden
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
about 永楽屋garden
山野草、雑木、愛すべき日本の里山風景。そんな自然な庭を愛するあなたへ...

人と自然、植物が触れあえる“ 住まう庭づくり ”


永楽屋garden では...
そこにある自然を生かしたナチュラルガーデンのデザイン、施工、メンテナンスを行っています。

「花木と語らう緑の園芸教室」も不定期に開催。
ガーデニングの基本、お庭、植物と触れ合う楽しさをお伝えしています。


長野県, 軽井沢, 八ヶ岳, 岐阜県で主に活動していますが、ご依頼があれば日本全国どこへでも伺います。まずはご相談くださいね。

お庭造りに関するご相談
お問い合せはこちらまで

mail:
eilakuya_garden@polka.ocn.ne.jp
Tel/Fax:
0267-32-0253
Mobile:
090-2346-6877
※日中は不在にしていることが多いので、mail,Mobileでのお問い合わせが確実です。

カテゴリ
全体
永楽屋ガーデン
里山林の庭
インドアグリーン
木の物語
息抜き
岐阜の庭
大山桜を守る会
追分宿の庭
庭造りいろいろ
園芸教室
浅間山
散歩道
イベント
野草の暮らし
メディアなど
スタッフ募集
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧