さて、どうしたものか?
【目呂二(メロジ)の追分俳画展】も4日目となりました。

b0133243_21511963.jpg

一昨日の天気予報では台風一過の青空が広がる予定だったのに...。
今日も雨........(涙)。
天気予報の嘘つきぃぃぃぃ!と叫びたくなります。

とわいえ、会場は室内ですから雨の心配もなく、足元の悪い中、沢山の方々にお越しいただきました。ありがとうございます。

でも、ここにきて心配事もチラホラとでてきて、どうしたものか!?
と悩んでおります。

これは2日前の追分コロニー店頭の様子。

b0133243_21511180.jpg

気持ちいい青空が唯一広がった日。

室内展示してあったヤマモミジ。

b0133243_2152184.jpg

この時はまだまだ元気で、下葉は緑の部分も多く見られました。

b0133243_21521911.jpg

黄葉した葉もピンとしていて美しい。



でも、陽の光の入らない室内。
絵を照らすために当てられたビームスポットライトの熱。
このイベントのために畑から掘り上げられたモミジにとって、
それは非常に過酷な環境。

そんな環境に飾られたため、今日現在のヤマモミジは葉も縮れとても可哀想な状態になってきてしまいました。

b0133243_21532567.jpg

自己防衛機能が働き、生き残るために、自らどんどん葉を枯らしはじめていて、緑色していた葉がたった2日で黄色くなり、どんどん縮れています。

b0133243_2153362.jpg

予想していたことですが、思っていたよりも早くに全体が縮れはじめています。

明日も含めて残り3日間。

縮れるのも生きているからと割り切ってこのまま行くのか?
でも、見に来てくれたお客様に残念な印象与えるのも嫌ですし....。

思いきって、背丈も、ボリュームも一回り小さいけど、フェイルセーフで用意していたコハウチワカエデに植栽を変えるか?
でも、植え込んであるヤマモミジに比べると、枝ぶりが今ひとつなんだよなぁ〜。

さて、どうしたものか?
悩んでいます。

絵は変わらないけど、生き物である植物は違う。
環境に合わせて、日々状態を変えます。
生きている植物を使って、一週間の会期を乗り切るのって難しいです。
しかも、繊細なモミジを使った室内展示。
季節と植物の生育状況、それに合わせた準備のタイミング、紅葉の調整、付帯設備が及ぼす影響などなど。でも、とても良い経験になっています。


ヤマモミジには悩まされますが、その株元を飾る下草達は元気いっぱい。

b0133243_2154541.jpg

“ハリイ”、“アカバナ”や “アケボノソウ”といったブログで紹介した軽井沢の野草達。

b0133243_21545227.jpg

枯れた姿がきれいな “マツカサススキ” 。

目呂二が描いた軽井沢の植物達と、実際に植えられている野草達にどうぞ逢いに来てやってくださいね。

僕は、明日からも休みなく毎日会場にいることになりました。
皆さまのお越しを、会場(追分コロニーさん)でお待ちしています。
by eilakuyagarden | 2010-10-31 22:09 | イベント | Comments(2)
Commented by miekichi1014 at 2010-10-31 23:09
先生お疲れ様でーす!
俳画と本物の植物の 3Dコラボ展示(?)
楽しく拝見しました♪
アケビ 好いですねー!

おーそんなご苦労があるとは・・^^;
生け花なら 間単に挿し替えれば済みますが、
根っこがある生きた植物となると難しいですね。。

ちょうどFM軽井沢で、コロニーのご主人が目呂二展について
話されてるのを聞きながら帰りました!

お菓子も美味しかったです!
またブログでUPさせていただきます^^v

では、残りの期間もがんばってくださいねー!
Commented by eilakuyagarden at 2010-11-01 09:38
miekichi1014さま、昨日は会場にお越しいただきまして、ありがとうございました。
僕の植栽展示が、メロジの俳画を引き立てていたでしょうか?
ホンモノのアケビの実はやはり皆さん驚かれます。あの大きさですしね。イベントに合わせてタイミングよく開いてくれました。
僕が毎日語りかけていたからかな?

準備の苦労などは、俳画をご覧になる方には見せてはいけない所なのでしょうが、ブログでは展示までの準備の姿も楽しんでいただければと紹介してます。
あと、3日。モミジの悩みをどうするか、今日の課題です。
追記)「おやつあや」さんのおやつも、どうぞ御ひいき!いろんなおやつのリクエストにも応えてくれるので、ブログにmiekichiさんの生の声をコメントしてあげてくださいね。


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








<< 秋晴れ 亀清旅館『松風』の庭造り:その2 >>



  長野,軽井沢,岐阜 風景に溶け込む雑木の庭自然な庭造りと里山園芸
by 永楽屋garden
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
about 永楽屋garden
山野草、雑木、愛すべき日本の里山風景。そんな自然な庭を愛するあなたへ...

人と自然、植物が触れあえる“ 住まう庭づくり ”


永楽屋garden では...
そこにある自然を生かしたナチュラルガーデンのデザイン、施工、メンテナンスを行っています。

「花木と語らう緑の園芸教室」も不定期に開催。
ガーデニングの基本、お庭、植物と触れ合う楽しさをお伝えしています。


長野県, 軽井沢, 八ヶ岳, 岐阜県で主に活動していますが、ご依頼があれば日本全国どこへでも伺います。まずはご相談くださいね。

お庭造りに関するご相談
お問い合せはこちらまで

mail:
eilakuya_garden@polka.ocn.ne.jp
Tel/Fax:
0267-32-0253
Mobile:
090-2346-6877
※日中は不在にしていることが多いので、mail,Mobileでのお問い合わせが確実です。

カテゴリ
全体
永楽屋ガーデン
里山林の庭
インドアグリーン
木の物語
息抜き
岐阜の庭
大山桜を守る会
追分宿の庭
庭造りいろいろ
園芸教室
浅間山
散歩道
イベント
野草の暮らし
メディアなど
スタッフ募集
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧