今流行の“ごっこ遊び”って?
お庭のメンテナンスを担当させていただいているお宅では、
子供達の間で今流行の “ごっこ遊び”があるそうだ。
「岡田さんごっこ」と言うらしい(どんなルールだか教えて欲しいものだが)。

何かになったつもりで遊ぶ、子供達の“ごっこ遊び”。

どうやら、その模倣対象が僕だったようだ。

でも、その話を聞いたとき、最初に少し心配になった。
なぜなら、この時期は雑草の成長が旺盛で、手入れされていなかった庭を変えていく最初の作業として、マシンのように草刈り機で草を刈る姿を、頻繁に子供達に見せていたからだ。

b0133243_22153569.jpg

今後のため、沢山種を飛ばし、蔓延る植物を少しでも少なくするために、手で抜けきれない部分については、植物に花と実をつけさせないように、頻繁に草刈り機で刈り込んでいる。必要な作業だけど、とても乱暴な作業でもある。

簡単に沢山の草を一網打尽にできると、本来の目的を忘れ、刈るという(破壊?)行為そのものが楽しくなってくる。すると、植物に対する畏敬の念も薄くなり、全ての植物が邪魔者に見えてくる時があるからだ。
過ぎた力を持つと、ついその力を最大限に発揮してみたくなる。人間のサガなのかもしれない。

僕が作業している所を子供達は良く見に来てくれて、話しかけてくれる。
だから、子供達の間で流行っている「岡田さんごっこ」遊びの話を聞いたとき、
子供達が乱暴に草花を刈る僕の姿を模倣する遊びだったなら困るなぁって思った。

心配になって、ご両親に「岡田さんごっこ」の様子を聞いてみた。

返ってきた回答に安心すると同時に、子供達が素直な目で、興味あるものをしっかり観察し、自分たちなりの解釈で、思ったとおりに模倣していることに感心しました。

今、数を減らそうとしているのは、庭中に蔓延っているアザミ。
たしか、最初のメンテナンスに伺った時、子供達に 「何してるの?」って聞かれて、
「沢山生えているトゲトゲの痛い草を減らすために、切っているんだよ。」と言ったことを覚えている。それから毎回、このアザミを根ごと掘って抜いたり、刈ったりする作業を繰り返している。

どうやら、子供達もこのアザミの刺が苦手なようで 「トゲトゲの花だ」と言っては、それを切る。
あとは、庭の中を流れている小さな小川まで道を作るんだと言っては、小川までの道を切り開くために、ハサミを使って草を切っていたそうです。

b0133243_22154994.jpg

小川までの道の開拓も、子供達が小川に行って遊べるようにと、この前のメンテの時に草刈り機で道を切り開いてあげて「ほら、これで小川まで行けるだろう?」って子供達に自慢げに伝えたばかり。

そんな、作業の一つ一つ、僕と話した会話の一つ一つを、感じるままに模倣し、彼らなりに意図をもって始めた「岡田さんごっこ」だったようです。

その観察眼とそれを遊びにする発想力には、本当に驚かされました。

このごっこ遊びの中、先日ブログでお伝えした、ピンクのクリンソウの花も切られてしまったのですが、それも、庭に咲いていた奇麗な花をお父さんに見せたいという気持ちで、切って持っていったものだそうです。

きっと、子供からお父さんへのプレゼントのつもりだったんでしょうね。
花を切られたクリンソウも、これなら喜んでいるんじゃないかなぁ。

b0133243_22155788.jpg

子供達が、僕のメンテナンスの姿を見て、僕との何気ない会話を通して、
自然に対して、植物に対して沢山の興味を持ってくれると嬉しいな。

今度メンテナンスに行ったら、
僕も一度「岡田さんごっこ」なる遊びの仲間に入れてもらおうと思います。
by eilakuyagarden | 2010-06-23 22:26 | 永楽屋ガーデン | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








<< お手本は野山 見えてくるもの >>



  長野,軽井沢,岐阜 風景に溶け込む雑木の庭自然な庭造りと里山園芸
by 永楽屋garden
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
about 永楽屋garden
山野草、雑木、愛すべき日本の里山風景。そんな自然な庭を愛するあなたへ...

人と自然、植物が触れあえる“ 住まう庭づくり ”


永楽屋garden では...
そこにある自然を生かしたナチュラルガーデンのデザイン、施工、メンテナンスを行っています。

「花木と語らう緑の園芸教室」も不定期に開催。
ガーデニングの基本、お庭、植物と触れ合う楽しさをお伝えしています。


長野県, 軽井沢, 八ヶ岳, 岐阜県で主に活動していますが、ご依頼があれば日本全国どこへでも伺います。まずはご相談くださいね。

お庭造りに関するご相談
お問い合せはこちらまで

mail:
eilakuya_garden@polka.ocn.ne.jp
Tel/Fax:
0267-32-0253
Mobile:
090-2346-6877
※日中は不在にしていることが多いので、mail,Mobileでのお問い合わせが確実です。

カテゴリ
全体
永楽屋ガーデン
里山林の庭
インドアグリーン
木の物語
息抜き
岐阜の庭
大山桜を守る会
追分宿の庭
庭造りいろいろ
園芸教室
浅間山
散歩道
イベント
野草の暮らし
メディアなど
スタッフ募集
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧