つぶやき
このブログで自分の経歴を語ったことなんて無いけど、
庭造りの仕事をする前の職業は研究者をしてました。

金属業界で、素材開発の為の強度評価や加工方法の研究開発がガーデナーになる前の僕の仕事。
厳しく、暖かく指導していただいた上司や同僚、そして、仕事をサポートしてくれた現場の作業者の方々の本物の仕事に沢山触れ、一人前に育てていただきました。
そんな仕事の中に、手抜きは無かったし、許されなかった。

今では関わるスケールがちょっと違ってしまっているが、
研究開発の仕事をしていた時には、常にミクロン(1μm=0.0001mm)の世界の精度が要求されました。

たった、1000分の1mmの違いでも結果が変わる。
再現性のある結果を出すためには、評価サンプルにミクロンの狂いも許されない。
現場のベテランの作業者さん達は、そのミクロンの世界を自分の指先の感覚だけで感じて、素材を加工したりすることが出来た。
そんな小さな違いなんて良いじゃない?って思うかもしれないけど、
現場の作業者は、そんな僅かな誤差でも妥協しない。
手抜きの無い仕事をしていた。

それは、決してお金が欲しいからとか、賞賛とか名誉の為とかではない。
自分自身の職人としての自負。仕事へのプライドである。

そんな本物の仕事を沢山みてきた。
お客さんの「凄い」の言葉に、威張るでもなく「当たり前」と謙遜する。
そんな本物の仕事をする人達に育てられた。

畑が変わった今でも、そんな職人さん達から教えられた心構えは変わらない。

見えないところでも、手抜きをしない。
見えないからこそ、手抜きをしない。
当たり前のことを当たり前にやる。
そして、なによりも楽しく、元気に仕事する。

それが、僕が植物に向き合い、庭造りに入り込むときの「第一義」である。

でも、残念ながら、全ての人が同じ感覚を持っているわけじゃない。
見えないところで、小さな手抜きをしようとする。
憶測で程度を見極め、見てないないんだし、見えなくなるからと仕様を勝手に変えようとする。
利益や効率だけで仕事を組み立てようとする。
そんな人もいる。

口では調子よくても、そんな手抜き仕事をしていれば、どこかで尻尾がでます。
久しぶりにそんな残念な経験をしました。

さすがに「仏の顔も三度まで」です。
久しぶりに怒ってしまいました。
でも、実は怒りよりも、哀しい気持ちの方が大きかった。

前向きに考えれば、これも僕の庭造りの修行の一つと言うことなのかもしれません。
研究者時代が14年なのに対して、(仕事にする前に、自己流で植物のこと、庭造りのことをいろいろ学んでいた期間が7年ほどありますが)仕事として自然や植物に関わるようになってからは、まだ5年なのですから。

研究者になり立ての頃、月例の研究報告会で、初めて成果報告した後に、
当時の研究所長さんに言われた言葉を久しぶりに思い出しました。
「まだまだこれから。五年は修行だな。“くん”から“さん”に変わるように頑張りなさい!」

今年で庭造りの仕事を始めて5年。
実際に**くんと呼ばれることはなく、最初から**さんで呼ばれるけど、
そろそろ「**さん」と呼ばれるにふさわしい仕事が出来るようになってきたかなぁ。
(自分では**さんと呼ばれるに値する仕事をしているつもりですが)こればかりは相対評価なので自分では分かりませんが、皆さん、どうですかねぇ?

なにわともあれ、昨日今日の出来事を反面教師として、
今一度、自分の仕事の「第一義」をしっかりと心に刻んで、
これからも、本物の仕事をしていこうと思う。

写真の無い“つぶやき”ブログになってしまいましたが、
僕の気持ちを素直に言葉にしてみたくなった今日なのでした。
by eilakuyagarden | 2010-06-18 23:01 | 永楽屋ガーデン | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








<< 花と蝶 お気に入りのお役立ち >>



  長野,軽井沢,岐阜 風景に溶け込む雑木の庭自然な庭造りと里山園芸
by 永楽屋garden
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
about 永楽屋garden
山野草、雑木、愛すべき日本の里山風景。そんな自然な庭を愛するあなたへ...

人と自然、植物が触れあえる“ 住まう庭づくり ”


永楽屋garden では...
そこにある自然を生かしたナチュラルガーデンのデザイン、施工、メンテナンスを行っています。

「花木と語らう緑の園芸教室」も不定期に開催。
ガーデニングの基本、お庭、植物と触れ合う楽しさをお伝えしています。


長野県, 軽井沢, 八ヶ岳, 岐阜県で主に活動していますが、ご依頼があれば日本全国どこへでも伺います。まずはご相談くださいね。

お庭造りに関するご相談
お問い合せはこちらまで

mail:
eilakuya_garden@polka.ocn.ne.jp
Tel/Fax:
0267-32-0253
Mobile:
090-2346-6877
※日中は不在にしていることが多いので、mail,Mobileでのお問い合わせが確実です。

カテゴリ
全体
永楽屋ガーデン
里山林の庭
インドアグリーン
木の物語
息抜き
岐阜の庭
大山桜を守る会
追分宿の庭
庭造りいろいろ
園芸教室
浅間山
散歩道
イベント
野草の暮らし
メディアなど
スタッフ募集
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧