霜柱の思い出
良く晴れた翌日の朝。
キーンと冷え込んだ庭畑の地面は、一面の霜柱にザクザクと音をたてる。

b0133243_2220574.jpg

小学生の頃の冬の朝は、実家の岐阜でもグンと冷え込んだものだ(今では霜柱ができる日は数える程だが)。
寒い冬の朝には、学校に行く前のお決まりの行事があった。
弟と競争して畑の納屋まで走り、ワラを片手に2束ずつ持ってきて、
家の庭先で“たき火”をした。

稲ワラのやさしい炎で軍手を暖めてから手にはめ、体を温めてから学校に出かけた。
おかげで朝から体は煙臭かった。

b0133243_2221886.jpg

お宮さんに集まり、住んでいる地区ごとに一班から三班に分れる。各班ごとに2列に並び行儀良く集団登校。
先頭を歩くのは、交通安全の旗を持った六年生の班長。列を崩せば、班長に旗の柄で叩かれるのがとても怖かった。
それでも、冬の通学路の脇にできた霜柱を見つけると、班長の目を盗んでは列を抜け出し、霜柱をザクザク踏んで歩いていた。

とっても楽しかった。
あの感触は今でも覚えている。

b0133243_22212294.jpg

朝一の庭畑、久しぶりの霜柱に心が踊り、童心にかえってザクザク踏んでみた。
懐かしい感触。やっぱり楽しい。

忘れられない霜柱の思い出。
懐かしい冬の記憶。
by eilakuyagarden | 2008-12-20 22:26 | Comments(0)


永楽屋garden イベントのご案内

イベント告知など....

☆ *********

 *年 *月 *日 (※) 、*日 (※) --時~--時  
・**********。
・**********。    

詳しくは ****


*****

☆ 第*回『花木と語らう緑の園芸教室』

*月 *日 (*) **時 ~ **時
◆テーマ◆「********」

・**********。
・**********。
◎参加費: *****円(花苗、実技資材費、飲み物代込み)
◎場所 追分コロニー/ブックカフェ及び裏庭
お問い合わせ、お申し込みは 追分コロニーさんのホームページへ








<< 庭畑からのプレゼント 大切な道具達 >>



  長野,軽井沢,岐阜 風景に溶け込む雑木の庭自然な庭造りと里山園芸
by 永楽屋garden
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
about 永楽屋garden
山野草、雑木、愛すべき日本の里山風景。そんな自然な庭を愛するあなたへ...

人と自然、植物が触れあえる“ 住まう庭づくり ”


永楽屋garden では...
そこにある自然を生かしたナチュラルガーデンのデザイン、施工、メンテナンスを行っています。

「花木と語らう緑の園芸教室」も不定期に開催。
ガーデニングの基本、お庭、植物と触れ合う楽しさをお伝えしています。


長野県, 軽井沢, 八ヶ岳, 岐阜県で主に活動していますが、ご依頼があれば日本全国どこへでも伺います。まずはご相談くださいね。

お庭造りに関するご相談
お問い合せはこちらまで

mail:
eilakuya_garden@polka.ocn.ne.jp
Tel/Fax:
0267-32-0253
Mobile:
090-2346-6877
※日中は不在にしていることが多いので、mail,Mobileでのお問い合わせが確実です。

カテゴリ
全体
永楽屋ガーデン
里山林の庭
インドアグリーン
木の物語
息抜き
岐阜の庭
大山桜を守る会
追分宿の庭
庭造りいろいろ
園芸教室
浅間山
散歩道
イベント
野草の暮らし
メディアなど
スタッフ募集
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧